パケットの流れ
BPM
1.HTTPメッセージの生成
①リクエスト:クライアント→サーバ。何を(URI、文書や画像)どうしてほし
いのか(メソッド、GETやPOST)。ファイルの呼出しは一度に一つだけ。
②レスポンス:サーバ→クライアント。実行結果とその状態。
③IPアドレスの調査:ドメイン名(人が対象、255バイト)からIPアドレス
(機械が対象、32ビット)への変換。
ブラウザ
HTTPメッセージ
OS
TCP
TCP
HTTP断片
TCP
HTTP断片
MAC
TCP
HTTP断片
2.パケットの生成
①ソケットを生成する。送信元IP&ポート番号、受信先IP&ポート番号、
通信状態(どこまでデータを送ったか、データ送信後の経過時間は)。
②コネクションの作成。接続、データ送受信、切断の3フェーズ。
③パケットの生成。MTU(Maximum Transmission Unit)に基づいて
データのためこみと分割。
④TCPヘッダの作成。送/受信ポート番号、パケットの通し番号。
⑤IPヘッダの作成。送/受信IPアドレス、生存期間。
⑥MACヘッダの作成。送/受信MACアドレス。受信MACアドレスは相
手サーバまたはルータ。IPアドレスとMACアドレスの変換はARP
(Address Resolution Protocol)。
IP
IP
LANアダプタ
ハブ
3.LAN内での伝送
①ハブは、送信元機器からパケットを受信したら、接続された全ての機器
にパケットを送信。
②受信先機器は、パケットの受信先MACアドレスが自分に該当すれば
受信し、そうでない場合は捨てる。
ルータ
MAC
0
<TCPヘッダ>
送信元ポート番号
32bit 0
受信先ポート番号
<IPヘッダ>
IP
32bit
TCP
0
HTTP断片
<MACヘッダ>
32bit
受信先MACアドレス
Ver.
シーケンス番号(送→受)
ID情報
確認番号(受→送)
生存期間プロトコル番号
フラグ フラグメントオフセット
送信元IPアドレス
受信先MACアドレス 送信元MACアドレス
送信元MACアドレス
イーサタイプ
4.インターネットでの伝送
①ルータは、パケットの受信先IPアドレスまたはそれを含むネットワーク
のIPアドレスを経路表から探し、指定されたポートにパケットを送信する。
②ネットワーク方式の違いによりパケットのMTUがイーサネットのそれよ
り小さい場合は、パケットを分割する(フラグメンテーション)。
③OSのTCP/IPと同様に、受信先機器(目的の計算機か中継ルータ)の
MACアドレスをセットする。
受信先IPアドレス
チェックサム
データ
データ
データ
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
0
ダウンロード

【表紙】 Solutionmax with EAI Version.2 社内発表PPTシナリオ