ライブ・システムの複製
Rev 0.1
あ
複製先ドライブの準備
番
号
作業項目
開始時刻
備考
1
複製先ハードディスクを用意・
確認する
: :
2
複製先ハードディスクを消毒
する(省略時は3へ)
: :
□
: :
□
型番:
確
認
□
コマンド:
wipe \\E:
3
複製先ハードディスクをフォー
マットする
コマンド: (/Q オプション指定でクイックフォーマット)
format E: /FS:NTFS /V:evidence /X /Q
署名
終了時刻
い
CD-ROMのセット
作業項目
開始時刻
番
号
1 CD-ROMドライブを
: :
確認しトレイを開ける
備考
確
認
□
2 すでにCDが入ってい ラベル:
た場合に記録
□
3 CD-ROMドライブへ
CDを挿入する
□
署名
終了時刻
う
複製先ディスクのセット
作業項目
番
号
1 USBポートの状態を
確認
開始時刻
備考
: :
2 空きポートが無い場
合に記録
3 USBポートへケーブ
ルを挿入する
署名
確
認
□
□
: :
□
終了時刻
え
システムへのログオン
作業項目
番
号
1 すでにログオンしている
場合は撮影(記録)
状況:
2 システムへログオンする
開始時刻
備考
: :
□
: :
□
ユーザー名:
署名
確
認
終了時刻
お
シェルの起動
番
号
作業項目
開始時刻
1
複製操作に使用するシェルを
CD-ROM から起動する
: :
2
プロンプトの表示項目を変更
する(時刻とパスの表示)
: :
備考
ファイル名を指
定して実行
確
認
□
□
コマンド:
prompt $D$T$S$P$G
3
スクロールバッファのサイズを
増やす
: :
現在のウィンドウ
へ適用
コマンド:
プロパティ ⇒ レイアウト ⇒ 画面バッファのサイズ ⇒ 高さ ⇒ 9999
署名
終了時刻
□
か
複製元ディスクの確認
番
号
作業項目
1
ディスク一覧の確認
開始時刻
備考
: :
□
コマンド:diskpart
list disk
Disk ###
□
□
□
□
□
□
□
□
署名
Disk
Disk
Disk
Disk
Disk
Disk
Disk
Disk
Status
Size
Free
確
認
Dyn
0:
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
終了時刻
Gpt
き
作業項目
番
号
1
複製元ボリュームの確認
開始時刻
ボリューム一覧の確認
備考
確
認
: :
□
コマンド:diskpart
list volume
Volume ### Ltr
□
□
□
□
□
□
□
□
署名
Volume
Volume
Volume
Volume
Volume
Volume
Volume
Volume
Label
Fs
Type
0:
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
終了時刻
Size
く
ドライブの複製
作業項目
番
号
1
ドライブ毎に複製を行う
開始時刻
備考
: :
確
認
□
コマンド:CD-ROM上のddコマンドを利用する(全て1行に記述)
dd if=\\.\複製元ドライブ:
of=E:\複製先出力ファイル名
bs=512 conv=noerror
--md5sum --md5out=E:\複製先出力ファイル名.md5
--log=E:\複製先出力ファイル名.log
□ドライブ:
□ドライブ:
□ドライブ:
□ドライブ:
□ドライブ:
署名
ファイル名:
ファイル名:
ファイル名:
ファイル名:
ファイル名:
終了時刻
け
作業項目
番
号
1
複製の確認
開始時刻
複製されたファイルの確認
備考
: :
□
コマンド:複製物のMD5ハッシュ値の確認
複製先出力ファイル名.md5
ファイル名
□
□
□
□
□
□
□
□
署名
Size
:
確
認
MD5
:
終了時刻
こ
ログの確認
番
号
作業項目
1
ログファイルの確認
開始時刻
備考
: :
□
コマンド:ログファイルのMD5ハッシュ値の確認
md5sum –b 複製先出力ファイル名.log
ファイル名
□
□
□
□
□
□
□
□
署名
Size
:
確
認
MD5
:
終了時刻
さ
読み取り専用複製の作成
作業項目
番
号
1
開始時刻
備考
: :
CD-ROM / DVD-Rへ複製
□
コマンド:
ファイル名
□
□
□
□
□
□
□
□
署名
枚数
:
確
認
ラベル
:
終了時刻
ダウンロード

ライブ・システムの複製