平成26年11月27日
株式会社ジェイエイフーズおおいた
FSチームリーダー 河野 重徳
1
発表内容







工場概要・沿革
FSSC22000の構成
認証取得の目的
認証取得までの取組み
取得に関して苦労した点
取得後の効果
今後の取組み
2
工場概要
■所在地
■創立
■事業内容
■資本金
■従業員
■敷地面積
■建物面積
大分県杵築市大字本庄1453番地の1
昭和47年11月(会社設立は平成3年12月)
果菜の加工・搾汁、清涼飲料水の製造、販売
4億9千3百万円
175名(平成26年4月1日現在)
57,220㎡
25,351㎡
3
沿革
昭和47年11月
昭和49年11月
昭和52年12月
昭和59年12月
平成3年4月
平成3年12月
平成5年5月
平成13年3月
平成15年2月
平成15年3月
平成17年2月
平成24年4月
平成25年12月
国の果実加工需要拡大緊急対策事業により、大分県果実農業協同組合
連合会杵築工場として操業開始
搾汁ライン、ビンライン、缶詰ライン製造開始
原料処理施設、搾汁施設の増設
粒入りジュース充填ラインの新設
ドラム無菌充填設備の新設
缶ラインへ全自動殺菌冷却レトルト施設の導入
株式会社ジェイ工イフーズおおいた発足
野菜搾汁開始
ボトル缶ライン(ペットボトル兼用)新設
HACCP(総合衛生管理製造過程)認証
残滓物堆肥工場増設
第2ボトル缶ライン(レトルト、固形物充填)新設
ボトル缶・ペットボトル兼用ラインに固形物充填設備を増設
FSSC22000(食品安全マネジメントシステム認証)及び
ISO9001(品質マネジメントシステム認証)を取得
4
主力商品
全23商品
5
FSSC22000の構成とは・・・
ISO22000
ISO/
TS22002-1
システム
マネジメント
(一般衛生管理を
強化し明確化)
相互
コミュニケー
ション
HACCP
前提条件
プログラム
追加要求事項
6
システムマネジメント
• 経営の視点から仕組みを改善するという概念
• 従来のHACCPでは不十分であった
• PDCAサイクルによる継続的な運用
相互コミュニケーション
• 組織内での食品安全の情報伝達
• 他の組織(仕入先、加工委託先、協力会社、顧
客、消費者、監督官庁)とのコミュニケーション
7
HACCP
予め想定されるハザード(生物学的、化学的、物理的)の発生や
増殖を防ぐための予防を中心とした管理手法
7原則/12手順
• HACCPチームの編成
• 製品の記述
• 意図する用途の特定
• フローダイヤグラムの作成
• フローダイヤグラムの現場確認
• 《原則1》ハザード分析の実施
• 《原則2》重要管理点(CCP)の決定
• 《原則3》許容限界の設定
• 《原則4》各CCPのモニタリングシステムの確立
• 《原則5》モニタリングにより特定のCCPが管理状態でないことが示された
場合にとる修正の確立
• 《原則6》 HACCPシステムが有効に機能していることの検証手順の確立
• 《原則7》上記の原則とその適用が適切に行われていることを示す、全ての
手順や文書・記録の確立
8
前提条件プログラム
具体的な内容の記載はなく、組織の規模・業態・ 取扱い製品
によって異なる
a. 建物・関連施設の構造・配置
b. 作業空間・構内の配置
c. 空気・水・エネルギー等の供給源
d. 廃棄物・排水処理
e. 設備の適切性、清掃・洗浄・保守・予防保全のしやすさ
f. 購入資材、廃棄物、製品の取扱い管理
g. 交差汚染の予防手段
h. 清掃・洗浄、殺菌・消毒
i. 防虫防鼠
j. 要員の衛生
9
認証取得の目的

ブランドオーナーの要望に応える
(コカ・コーラ、サントリー、ネスレ日本、他)

品質の向上、食品安全の強化を図る
10
食品安全方針
『次工程はお客様 愛されるもの創り』
外部コミュニ
ケーションに
要求事項遵守
よる満足され
による信頼さ
るもの創り
れるもの創り
食品安全方針
熟知による与
えられた責務
の遂行
マネジメントシステムの構築とその維持管理及び改善
11
認証取得までの取組み
 H25年1月
1.
2.
3.
4.
年間の活動スケジュール作成
食品安全チーム(HACCPチーム)編成
食品安全マニュアルの作成開始
HACCP文書・記録との照合
 H25年2月12日
トップマネジメントによるキックオフ宣言
12
 H25年2月
1. 食品安全目標の設定
2. ISO22000の基礎研修会
3. ISO構築担当者理解度テストの実施
 H25年3月
1. ISO22000及びISO/TS22002-1の現状調査
結果の対応
2. HACCP基礎と応用編研修会
13
 H25年4月
FSSC22000 内部監査員コース受講(2日間)
1. ISO22000及びISO/TS22002-1の対応進捗
2. 食品安全マニュアルの作成進捗
3. 製品説明書・原料規格書・製品に接触する材
料の情報整理/ハザード分析への活用
4. HACCP原則の進捗確認
(フローダイアグラム、QC工程表、ハザード
分析リスト、CCP整理表、等)
5. 教育・訓練の仕組みについて
6. 内部コミュニケーション
7. 内部監査の準備について
14
 H25年5月
1. 内部監査の実施
目的:ISO規格の構築状況の確認と文書及び
記録の確認
基準:ISO22000、ISO/TS22002-1
範囲:原材料受入から製品出荷まで
2. 内部監査のチェックリストについて
3. 内部監査の進め方について
4. 是正処置要求書/是正処置報告書
15
 H25年6月
1. 内部監査結果報告・是正処置要求書/回答書
内容の確認
2. 食品安全マニュアル変更箇所の確認
3. 是正処置内容に対する進捗の確認と文書化
と記録の確認
4. 教育・訓練の仕組み運用状況
5. HACCP原則の資料の進捗確認
16
 H25年7月
1. 24-25日 第1段階認証審査の受審
2. 認証審査指摘に対する対応
3. FSSC22000 Ver3による要求事項について
 H25年8月
1. 食品安全マニュアルの検証の為、コンサル
タントによる内部監査の実施
17
 H25年9月
1. マネジメントシステムの構築状況の確認
及び第2段階審査に向け最終確認
2. 審査焦点エリアであるPRPの状況確認
3. 26-27日 第2段階認証審査(本審査)の受審
 H25年11月
1. マネジメントシステムを構築・維持していく
ために必要な内部監査員の力量の強化及び、
要員の教育・訓練の方法について考察
2. 内部監査員の力量アップトレーニング
18
H25年7月
H25年1月
H25年2月
取組み開始
キックオフ
H25年9月
H25年11月
H25年12月
第2段階認証
審査指摘
FSSC22000
審査
是正計画書提出
認証取得
第1段階認証
審査
19
 H26年6月
コンサルタントによるFSSC22000 内部監査員
養成研修(2日間)
 H26年7月
26年度 内部監査の実施
 H26年9月
FSSC22000 第1回定期監査の受審
20
取得に関して苦労した点
 2月にキックオフを行い、7ヶ月後の9月に認証審
査を行うスケジュールとなったため、必要とする資
料の作成に時間が無かった。
(FSSC22000とISO9001の2種同時の認証取得)
 事務局員は社員からの選出で、実務を持っている。
日常業務で時間が取れず、資料作りが進まなかった。
21
 ISOの要求事項が、何を要求しているのか非常に解
り難い。コンサルタントによる勉強会に力を入れた。
⇒ 教本は100回読むように指導を受ける。
また、内部監査員についても実践形式での教育を
実施し、監査のやり方についても研修を受けた。
(監査会社による研修及びコンサルタントによる研修)
 要求事項が理解できてなく、食品安全マネジメント
マニュアルが教本の写しの様になり、具体的な運用
が解らないものとなった。
 PRPとして実施しなければならない事が、なかなか
現場レベルまで正確に伝わらない。
⇒ 従業員に対する研修会を2回実施。
22
取得後の効果
 手順の文書化により体系づけられたため、自らの業
務の位置や役割、必要事項等が明確になった。
23
 フードディフェンスの取組みが進んだ。(機密場所
へのドアの施錠管理、監視カメラの増設)
24
今後の取組み
製品の安全性を証明できる体制作りを更に
進める。
従業員教育を充実させ、“質”の向上を目指
す。
25
ご清聴ありがとう御座いました。
26
ダウンロード

FFSC22000取得事例(JFO) 20141127(第3回研修会発表用)