2015/09/17
テ ク ニ カ ル アナ リ ス ト ジ ャー ナ ル 投 稿 の手 引 き
NTAA 事 務 局
1. ま え が き
日 本 テ ク ニ カ ル ア ナ リ ス ト 協 会( NTAA)は 、定 款 第 3 条 に 定 め る 通 り 、 証 券 投 資 等
に お け る テ ク ニ カ ル 分 析 理 論 の 教 育 普 及 活 動 を 行 い 、テ ク ニ カ ル 分 析 理 論 の 向 上 、お よ
びテクニカル分析業務に従事する者の育成を図ることを目的としている。同第 5 条で
は 、そ れ を 実 現 す る た め の 事 業 の 1 つ と し て 、資 産 の 効 率 管 理 に 寄 与 す る テ ク ニ カ ル 分
析 理 論 の 研 究 、調 査 を 挙 げ て お り 、テ ク ニ カ ル ア ナ リ ス ト ジ ャ ー ナ ル の 発 行 は そ の 一
環 で あ る 。本 誌 に 掲 載 さ れ る 記 事 お よ び 論 文 は 、そ の 目 的 に 資 す る も の で あ る こ と を 原
則とする。
2. 投 稿 要 件
会 員 資 格 の 有 無 に か か わ ら ず 誰 で も 投 稿 で き る 。投 稿 原 稿 は 未 公 開 か つ 未 投 稿 の も の
に 限 り 、他 誌 に 投 稿 中 も し く は 掲 載 さ れ た も の を 投 稿 し て は な ら な い 。公 開 と は 配 布 ま
た は 販 売 さ れ た も の を 指 し 、 IFTA( International Federation of Technical Analysis)
も し く は NTAA が 主 催 ま た は 共 催 す る セ ミ ナ ー 等 で 配 布 さ れ た 資 料 は 含 ま な い 。 こ れ
ら の 確 認 は 著 者 が 行 う も の と す る 。既 発 表 も し く は 既 投 稿 で あ る こ と が 確 認 さ れ た 場 合
には掲載を認めない。
投 稿 は 編 集 委 員 会 の 審 査 も し く は 審 査 委 員 会 の 査 読 を 経 て 掲 載 の 適 否 を 判 断 す る 。掲
載料は無料とする。
3. 懸 賞 な ど
審 査 委 員 会 に よ る 査 読 の 上 、最 優 秀 賞 、優 秀 賞 、佳 作 に 該 当 す る 論 文 が あ れ ば NTAA
の定める賞等を授与する。
4. 著 作 権
掲 載 さ れ た 原 稿 の 著 作 権 は 原 則 と し て NTAA に 帰 属 し 、 共 著 者 が あ る 場 合 に は 全 共
著 者 が こ れ に 同 意 し て い な け れ ば な ら な い 。著 者 あ る い は 共 著 者 が 全 文 を 他 の 著 作 物 に
複 製 し て 利 用 す る 場 合 は 、 事 前 に NTAA に 申 し 出 て 承 認 を 得 る こ と と す る 。 著 作 権 に
関 し て 問 題 が 生 じ た 場 合 に は 、す べ て の 責 任 は 著 者 も し く は 全 共 著 者 が 負 う も の と す る 。
5. 投 稿 期 限
査読を伴う論文については、毎年 3 月末日を提出最終日とし、4 月 1 日以降に提出
さ れ 受 理 さ れ た 原 稿 は 、翌 年 出 版 分 の 原 稿 と し て 取 り 扱 う 。提 出 は 原 則 と し て 電 子 メ ー
ルの送信日に行われたものとして扱う。
6. 投 稿 方 法
原 稿 は す べ て 電 子 フ ァ イ ル で の 提 出 と し 、所 定 の 送 付 先 へ 電 子 メ ー ル に 添 付 し て 提 出
す る 。 最 終 原 稿 は す べ て の 図 表 を 本 文 中 に 埋 め 込 ん だ 日 本 語 の Word 文 書 と し 、 PDF
は 認 め な い 。す べ て の 図 表 は カ ラ ー で 印 刷 さ れ る こ と を 前 提 と し て 作 成 し 、高 画 質 の 原
図 を 別 フ ァ イ ル と し て 添 付 す る こ と 。ま た 、Excel 等 を 用 い て 計 算 し た 場 合 に は 、元 デ
ー タ と 計 算 式 を 埋 め 込 ん だ Excel シ ー ト も 添 付 す る こ と 。
添 付 フ ァ イ ル の 合 計 が 2MB 超 5MB 未 満 の 場 合 は 1 つ の フ ォ ル ダ に ま と め て 、 5MB
超 の 場 合 は 各 フ ォ ル ダ の サ イ ズ が 5MB 未 満 に な る よ う に 分 割 し 、 zip 形 式 で 圧 縮 し て
送 付 す る 。DVD、USB メ モ リ 等 、電 子 記 録 媒 体 に 記 録 し て 提 出 す る こ と も 可 と す る が 、
電子記録での提出を必須とし手書き原稿など紙媒体での提出は受理しない。
7. 投 稿 の 種 類
募集する原稿は以下の通りとする。
(1) 論 文
テクニカル分析理論の研究、調査を目的とした新規性、信頼性、有用性、客観性、
論理性のすべてを有する原著論文もしくは研究領域を総合的に記述した調査論文で
あ る こ と 。論 文 審 査 委 員 会 に よ る 査 読 を 行 う 。A4( 1 頁 40 文 字 ×37 行 )で 10 枚 以
内 ( 概 要 、 本 文 、 参 考 文 献 、 図 表 含 む )。 図 表 は 合 計 で 10 点 以 内 。
(2) 講 演 再 録
IFTA も し く は NTAA の 主 催 も し く は 共 催 の セ ミ ナ ー で 発 表 さ れ た 講 演 の う ち 、 編
集 委 員 会 が 適 当 と 認 め た も の を 再 録 す る 。A4( 1 頁 40 文 字 ×37 行 )で 10 枚 以 内( 本
文 、 参 考 文 献 、 図 表 含 む )。 図 表 ( パ ワ ー ポ イ ン ト 等 の ス ラ イ ド ) は 合 計 で 40 点 以
内。
(3) 寄 稿
テクニカル分析理論の普及、啓発を目的として客観的かつ平易に記述したもの。編
集 委 員 会 に よ る 審 査 を 行 う 。 A4( 1 頁 40 文 字 ×37 行 ) で 5 枚 以 内 ( 本 文 、 参 考 文
献 、 図 表 含 む )。 図 表 は 合 計 で 10 点 以 内 。
いずれも、必要に応じて 5 割程度以内の超過を認める。
8. 原 稿 の 書 式 お よ び 構 成
( 1) 使 用 言 語
日本語とする。かな遣い等は日本エディタースクール出版部刊「日本語表記ルー
ルブック第 2 版」に従うものとする。
( 2) フ ァ イ ル 形 式
Windows PC で 読 み 書 き 可 能 な Word 形 式 に 限 る 。
( 3) ペ ー ジ 設 定
①ページレイアウト
A4 縦 長 、 1 頁 40 文 字 ×37 行 ( 1,480 字 )、 上 余 白 35mm、 下 余 白 20mm、 左 余 白
20mm、 右 余 白 20mm と し 、 段 落 以 外 の イ ン デ ン ト ( 字 下 げ ) は 使 用 し な い 。 た
だ し 印 刷 時 に は A4 版 22 字 ×37 行 、 左 右 2 段 組 。
②フォント
タ イ ト ル に つ い て は MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 、本 文 は MS 明 朝 /MSP 明 朝 と し 、
本 文 の フ ォ ン ト サ イ ズ は 10.5 も し く は 11 ポ イ ン ト を 基 本 と す る 。 英 語 表 記 の フ
ォ ン ト は Roman も し く は serif と し 、 フ ォ ン ト サ イ ズ は 日 本 語 に 合 わ せ る 。 ラ テ
ン語を用いる場合はすべて斜体表記とする。
③頁番号
表紙には付番しない。概要から表の索引まではローマ数字小文字(ⅱ、ⅲ、ⅳな
ど)を用いる。概要の頁番号はⅱとし、以下連番とする。
本 論 の 中 ( 緒 言 か ら 要 約 ・ 結 語 ま で ) は ア ラ ビ ア 数 字 ( 1、 2、 3 な ど ) を 用 い る 。
本論の最初の頁番号は 1 とし、以下連番とする。頁番号の表示位置は、各ページ
の 下 部 中 央 、下 余 白 の 中 と し 、数 字 の み を 表 示 す る 。「 - 4 -」「 p4」「 Page 4.」 等 の
装飾は用いない
( 4) 論 文 の 構 成
論文の頁建ては以下の通りとする。
① 表紙
a. タ イ ト ル
原 稿 の 内 容 を 具 体 的 か つ 的 確 に 表 し た も の と す る こ と 。40 文 字 以 内 。MS ゴ
シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 16 ポ イ ン ト を 用 い る 。会 社 名 、商 品 名 、社 内 用 語 の 他 、
商業的な内容の記述は避けること。続報の場合はタイトル末尾に(第〇報)
と記載する。
b. サ ブ タ イ ト ル
サ ブ タ イ ト ル は な る べ く 使 用 し な い 。補 足 説 明 の た め に つ け る も の で 、や む
を 得 ず つ け る 場 合 は サ ブ タ イ ト ル の 前 後 に 「 - 」( ダ ッ シ ュ ) を 記 載 す る 。
40 文 字 以 内 。 MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 11 ポ イ ン ト を 用 い る 。
c. 投 稿 の 種 類
投 稿 の ジ ャ ン ル を 記 載 す る 。MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 11 ポ イ ン ト を 用 い
る。
d. 著 者 名
主 著 者 を 筆 頭 と し 、姓 、名 を 略 さ な い 。著 者 が 複 数 の 場 合 は 当 該 研 究 に 寄 与
し た 人 を 必 要 最 小 限 で 記 載 す る 。 地 位 、 身 分 、 称 号 は 省 略 す る 。 MS ゴ シ ッ
ク /MSP ゴ シ ッ ク 11 ポ イ ン ト を 用 い る 。
e. 応 募 年 月 日
応 募 し た 西 暦 年 、月 、日 を 記 載 す る 。MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 11 ポ イ ン
トを用いる。
② 要旨
論 文 の 内 容 を 簡 潔 か つ 明 瞭 に 説 明 す る こ と 。 200 字 ~ 400 字 程 度 。
③ 謝辞・許諾
特定の個人、団体、組織などから経済的、物質的あるいは人的援助を受けた場
合に記載する。また、利益相反が生じる可能性がある場合にも明記する。論文
ページ数には含めない。
④ 目次
論文ページ数には含めない。
⑤ 図の一覧
掲載順に連番として記載する。論文ページ数には含めない。
⑥ 表の一覧
掲載順に連番として記載する。論文ページ数には含めない。
⑦ 本文
a. 緒 言
緒言の目的は、読者に課題や疑問を提示することである。諸言で研究の概観
や目的を簡潔に説明する。
b. 材 料 と 方 法
どのようなデータを元に、どのようなソフトを使用し、どのような計算方法
で評価したのか、研究方法を簡潔に説明する。読者が再現追試のできるよう
必要十分な情報が含まれていなければならない。
c. 結 果
この研究で自身が発見したことだけを書き、関連分野で他者が発見したこと
は書かないこと。図や表その他から明らかになった発見やデータを要約して
述べる。
d. 考 察
結果をどのように判断、評価するかを記述する。関連分野の他の分析、研究
などと比較し、多少の推測を含んでいても良い。
e. 結 語
研究の目的と発見を意義づけるまとめの文章である。実在する課題や疑問に
関することに限定し、客観性を重視して推測を排除すること。
⑧ 参考文献
論文を書く際に実際に参照した文献および図表の中で使用した文言などに関す
る引用のみを記載する。本文中に言及がないものは引用としないこと。また、
投 稿 中 の 文 献 、 私 信 は 引 用 文 献 と し な い こ と 。 掲 載 文 献 数 は 40 件 以 内 と す る 。
文献は著者姓のアルファベット順に記載して通し番号を付け、本文中の該当箇
所 に ( *3) の よ う に 文 献 番 号 を 表 示 す る 。
a. 論 文 : 文 献 番 号 著 者 名 ( 西 暦 発 表 年 ) 「 論 文 名 」, 編 者 名 『 掲 載 雑 誌 名 』
巻 号 , pp 開 始 頁 - 終 了 頁
b. 図 書 :文 献 番 号 著 者 名 ( 西 暦 出 版 年 ) 『 書 籍 名 』 出 版 社 名 ,pp 開 始 頁 -
終了頁
c. ウ ェ ブ サ イ ト 等 :文 献 番 号 著 者 名 ( 西 暦 発 表 年 ) 「 文 書 名 」,html も し く
は pdf ま で 記 載 し た 完 全 URL ( 参 照 年 月 日 )
d. 外 国 文 献 の 場 合 の 著 者 名 は 、 姓 フ ァ ー ス ト ネ ー ム の イ ニ シ ャ ル . ミ ド ル ネ
ー ム の イ ニ シ ャ ル ( 明 ら か な 場 合 の み ). の 順 で 表 記 す る 。
⑨ 図
図(グラフを含む)は本文中で最初に参照された文になるべく近い位置に表示
する。それが難しい場合には次頁以降でなるべく近い位置に表示する。1頁の
中 で は 文 章 の 上 ま た は 文 章 の 下 に 表 示 す る 。 図 1、 図 2 の よ う に ア ラ ビ ア 数 字
の 連 番 と し 、図 1-1、図 ⅱ -a の よ う な 表 記 は 用 い な い 。図 の 幅 は 1/2 頁 も し く は
1 頁とし、表示位置は頁の上端か下端に合わせる。結果を分かりやすくまとめ
たものとし、複数の図を並列して 1 つの図としないこと。
タイトルはそれぞれの図の下に配置し、本文を読まなくても図の内容が分かる
簡 潔 な も の と す る 。 MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 11 ポ イ ン ト 、 中 央 揃 え と し 、
軸 メ モ リ 、 単 位 、 付 属 説 明 は MS 明 朝 /MSP 明 朝 で 8~ 10 ポ イ ン ト と す る 。
図が他の文献からの引用である場合は、タイトルの後に括弧書きで明記する。
その際の書式は参考文献に準じる。
⑩ 表
表は本文中で最初に参照された文になるべく近い位置に表示する。それが難し
い 場 合 に は 次 頁 以 降 で な る べ く 近 い 位 置 に 表 示 す る 。 表 1、 表 2 の よ う に ア ラ
ビ ア 数 字 の 連 番 と し 、 表 2-1、 表 Ⅲ -b の よ う な 表 記 は 用 い な い 。 表 の 幅 は 1/2
頁もしくは 1 頁とし、表示位置は頁の上端か下端に合わせる。結果を分かりや
すくまとめたものとし、複数の表を並列して 1 つの表としないこと。
タイトルはそれぞれの表の上に配置し、本文を読まなくても表の内容が分かる
簡 潔 な も の と す る 。 MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク 11 ポ イ ン ト 、 中 央 揃 え と し 、
単 位 、 付 属 説 明 は MS 明 朝 /MSP 明 朝 で 8~ 10 ポ イ ン ト と す る 。
表が他の文献からの引用である場合は、タイトルの後に括弧書きで明記する。
その際の書式は参考文献に準じる。
⑪ 数式
a. 数 式 は 1 式 1 行 を 基 本 と し 、独 立 し た 数 式 に は 式 番 を 付 し て 式 1、式 2 の
ようにアラビア数字の連番とする。
b. 括 弧 の 順 序 は 〔{(
)}〕 と す る 。
c. 数 式 は 一 般 に 斜 体 文 字 で 表 す 。 た だ し 、 演 算 記 号 ( log, ln, sin exp, lim, d
( 微 分 ) , Re, Im な ど )、 虚 数 単 位 ( i, j な ど ) は 立 体 文 字 と す る 。
d. 本 文 中 に 挿 入 す る 数 式 を 工 夫 し ( 例 :
→ a/b)、 2 重 添 字 を 使 用 し な い
等、印刷に便利な記法を心がけること。
⑫ 巻末注
原 則 と し て 脚 注 は 用 い な い 。図 表 や 本 文 に 巻 末 注 を 設 け る 場 合 に は 該 当 箇 所 に
( 注 1)( 注 2) と 括 弧 書 き 連 番 を 表 示 し 、 巻 末 で 番 号 順 に 解 説 す る 。
⑬ 付録
必 要 が あ れ ば 補 完 デ ー タ 等 を 表 示 す る 。例 え ば 、使 用 し た デ ー タ の 表 、調 査 票
のサンプル、イラスト、模式図、チャートなど。イラストやチャートでは表現
で き な い 場 合 は 他 の 方 法 を 用 い て も 良 い ( 写 真 、 表 な ど )。
⑭ 著者紹介・著者写真
100 文 字 程 度 で 記 載 す る 。 顔 写 真 は 上 半 身 無 帽 無 背 景 と し 、 縦 600×横 400 ピ
ク セ ル 以 上 の 画 素 数 で jpg 形 式 も し く は png 形 式 も の を 添 付 す る こ と 。 論 文 ペ
ージ数には含めない。
以上
付表 1
フォントについて
カテゴリー
タイトル
表紙
本文
タイトル以外
MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク
MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク
16 ポ イ ン ト
11 ポ イ ン ト
MS ゴ シ ッ ク /MSP ゴ シ ッ ク
MS 明 朝 /MSP 明 朝
11 ポ イ ン ト
10.5~ 11 ポ イ ン ト
図
同上
表
同上
MS 明 朝 /MSP 明 朝
8~ 10 ポ イ ン ト
同上
Roman/serif、 斜 体
数式
付表 2
10.5~ 11 ポ イ ン ト
頁構成について
カテゴリー
頁番号
内 容 を 具 体 的 か つ 的 確 に 示 す 。 40 文 字 以 内 。 続 報 の 場 合 は
タイトル
表
紙
サブタイトル
投稿の種類
記載内容など
(第〇報)を付す。
な る べ く 使 用 し な い 。 前 後 に 「 - 」( ダ ッ シ ュ ) を つ け る 。
ⅰ
非表示
40 文 字 以 内 。
原著論文・調査論文・セミナー再録・寄稿
姓 、名 を 略 さ な い 。複 数 の 場 合 は 必 要 最 小 限 で 記 載 す る 。地
著者名
位、身分、称号は省略。
応募年月日
西暦年月日
内 容 を 簡 潔 か つ 明 瞭 に 説 明 す る 。 200 字 ~ 400 字 程 度 。
要旨
ⅱ
謝辞・許諾
ⅲ
目次
ⅳ
本文の目次を頁順に記載する。
図の一覧
ⅴ
本文に掲載した図を掲載順に記載する。
表の一覧
ⅵ
本文に掲載した表を掲載順に記載する。
緒言
1
課題や疑問を提示し、研究の概観や目的を簡潔に説明する。
本
文
材料と方法
連番
結果
連番
個 人 、団 体 、組 織 な ど か ら 経 済 的・物 質 的・人 的 援 助 を 受 け
た場合に記載。利益相反が生じる可能性がある場合も明記。
使 用 デ ー タ・使 用 ソ フ ト・計 算 方 法・評 価 方 法 を 簡 潔 に 説 明 。
再現追試のために必要十分な情報を記載する。
図や表などを用いて明らかになった発見やデータを要約し
て述べる。自身の発見以外には触れない。
カテゴリー
頁番号
考察
連番
結語
連番
記載内容など
関 連 す る 他 の 分 析 、研 究 な ど と 比 較 し 、結 果 を ど の よ う に 判
断、評価するかを記述する。
実 在 す る 課 題 や 疑 問 に 関 す る こ と に 限 定 し 、主 観 と 推 測 を 排
除して研究の目的と発見の意義をまとめる。
本文中で実際に参照した文献および図表の中で使用した文
言 な ど に 関 す る 引 用 の み を 記 載 す る 。 40 件 以 内 。
著 者 姓 の ア ル フ ァ ベ ッ ト 順 に 記 載 し て 通 し 番 号 を 付 け 、本 文
中 の 該 当 箇 所 に ( *3) の よ う に 文 献 番 号 を 表 示 す る 。
a. 論 文 : 文 献 番 号 著 者 名 ( 西 暦 発 表 年 ) 「 論 文 名 」, 編
本
者 名 『 掲 載 雑 誌 名 』 巻 号 , pp 開 始 頁 - 終 了 頁
参考文献
連番
b. 図 書 : 文 献 番 号 著 者 名 ( 西 暦 出 版 年 ) 『 書 籍 名 』 出
版 社 名 , pp 開 始 頁 - 終 了 頁
c. ウ ェ ブ サ イ ト 等 : 文 献 番 号 著 者 名 ( 西 暦 発 表 年 ) 「 文
文
書 名 」, html も し く は pdf ま で 記 載 し た 完 全 URL ( 参
照年月日)
d. 外 国 文 献 の 場 合 の 著 者 名 は 、姓 フ ァ ー ス ト ネ ー ム の イ ニ
シ ャ ル .ミ ド ル ネ ー ム の イ ニ シ ャ ル( 明 ら か な 場 合 の み ).
の順で表記する。
巻末注
連番
付録
連番
著者紹介
頁なし
原 則 と し て 脚 注 は 用 い な い 。 該 当 箇 所 に ( 注 1)( 注 2) と
括弧書き連番を表示し、巻末で番号順に解説する。
補 完 デ ー タ 等 を 示 す 。例 え ば 、実 際 に 使 用 デ ー タ 、調 査 票 の
サンプル、イラスト、模式図、チャートなど。
100 文 字 程 度 。顔 写 真 は 上 半 身 ・ 無 帽 ・ 無 背 景 で 縦 600×横
400 ピ ク セ ル 以 上 の jpg 形 式 も し く は png 形 式 も の 。
付表 3
図・表・数式について
カテゴリー
表
記
ル
ー
ル
等
図の下に配置し、図の内容・意図が分かる簡潔なものとする。
タイトル
他 の 文 献 か ら の 引 用 で あ る 場 合 は 、タ イ ト ル の 後 に 括 弧 書 き で 明 記 す る 。
書式は参考文献に準じる。
図
・
グ
本文中で最初に参照された文になるべく近い位置に表示し、それが難し
位置等
ま た は 下 端 に 合 わ せ る 。 図 の 幅 は 1 頁 ま た は 1/2 頁 と す る 。
ラ
フ
い場合には次頁以降でなるべく近い位置に表示する。1頁の中では上端
結果を分かりやすくまとめたものとし、複数の図を並列して1つの図と
内容
し な い こ と 。図 1、図 2 の よ う に ア ラ ビ ア 数 字 の 連 番 と し 、図 1-1、図 ⅱ
-a の よ う な 表 記 は 用 い な い 。
補足説明
図の意図を分かりやすく説明した短文を付加しても良い。
表の上に配置し、図の内容・意図が分かる簡潔なものとする。
タイトル
他 の 文 献 か ら の 引 用 で あ る 場 合 は 、タ イ ト ル の 後 に 括 弧 書 き で 明 記 す る 。
書式は参考文献に準じる。
本文中で最初に参照された文になるべく近い位置に表示し、それが難し
表
位置等
い場合には次頁以降でなるべく近い位置に表示する。1頁の中では上端
ま た は 下 端 に 合 わ せ る 。 図 の 幅 は 1 頁 ま た は 1/2 頁 と す る 。
結果を分かりやすくまとめたものとし、複数の表を並列して1つの表と
内容
し な い こ と 。表 1、表 2 の よ う に ア ラ ビ ア 数 字 の 連 番 と し 、表 2-1、表 Ⅲ
-b の よ う な 表 記 は 用 い な い 。
補足説明
表の意図を分かりやすく説明した短文を付加しても良い。
a. 1 式 1 行 を 基 本 と し 、 式 番 は 式 1、 式 2 の よ う に 連 番 と す る 。
b. 括 弧 の 順 序 は 〔{(
)}〕 と す る 。
c. 斜 体 文 字 で 表 す 。た だ し 、演 算 記 号( log, ln, sin exp, lim, d ( 微 分 ), Re, Im な ど )、
式
虚 数 単 位 ( i, j な ど ) は 立 体 文 字 と す る 。
d. 本 文 中 に 挿 入 す る 数 式 を 工 夫 し ( 例 :
に便利な記法を心がける。
→ a/b)、 2 重 添 字 を 使 用 し な い 等 、 印 刷
ダウンロード

NTAAジャーナル投稿の手引き - NPO法人 日本テクニカルアナリスト