金属加工会社における生産工程
管理システムの開発
-工程管理の自動化技術の検討とそのシステム化-
越田研究室
蔵野 晋也
1.はじめに
汎用ソフト 30万~100万
カスタマイズ 200万~400万
そこで・・・
MZPlatform
2.MZPlatformについて


部品の組み合
わせでソフトを
作成できる
生産工程管理
ソフトの作成を
前提に作られ
ている
3.共同開発企業の問題点
日報
日報
日報


手入力で打ち込み
電子データ上で確認できるのは前日までの
もの
一人でデータを入力するので、大変な上にミ
スも出やすい
入力データの一例
日付
作業者
作番
作番2
機械ID
時間1
1/23
5
G
1234
111
7.5


時間2
何時から何時まで、というデータがない
ので工場の稼働率を数値化できない
同様の理由で正確な工程順がデータ上
で表現できない
開発目標


バーコード利用によって、各ロットにおける
各工程機器実績入力を自動化し、入力方法
を工夫することによって正確な工程作業を
抽出する
各工程機器の作業時間表示などに対応で
きるように新たなデータベースを設計する
4.システム開発
入力方式の変更
・入力にバーコードを利用する
・作業時に入力する
作業開始時
バーコード入力
作業終了時
データ入力の効率化を図る!!
MZPlatformによる実装(開始時)
作業者ID →名札から
作番
→設計書から
工程
→工程表から
114
H0987
108
登録ボタンを押すことで
作業日と現在時刻を取得
MZPlatformによる実装(終了時)
登録の方法は開始時
と同じ
現在作業中の工程
を確認できる
データベース
終了:0 作業中:1 中断:2
5.終わりに
現在までの成果


バーコードの利用により入力負荷の低減と
作業時間の正確な把握が実現できた
作業状態の判別が可能なのでリアルタイム
での工程進捗を把握することが可能になっ
た
今後の課題




フィールドテストを行うため、一つのソフト
ウェアにまとめる
データベースの設計をさらに検討する必要
がある
工場別に入力用パソコンを配置するので、
社内LANの設計なども必要である
実用化へ向けて機能と使いやすさのバラン
スも考えていく
ダウンロード

Document