二つのプリアンブルの例をあげておきました。
(1)jarticle
によるもの伝統的な感じ LaTeX らしい。
¥documentclass{jarticle}
¥usepackage[dvips]{graphicx}
¥usepackage{amsthm}
¥topmargin=0cm
¥setlength{¥headheight}{6pt}
¥addtolength{¥textheight}{1in}
¥addtolength{¥textwidth}{.9in}
¥setlength{¥oddsidemargin}{.4in}
¥setlength{¥evensidemargin}{.4in}
¥pagestyle{myheadings}
¥markboth{数式の出力}{数式の出力}
¥title{¥LaTeX{}による数式の出力について}
¥author{K.Kiyosi¥¥Department of Mathematics}
¥date{平成5年8月}
¥begin{document}
¥maketitle
{¥bf 概要}
¥begin{abstract}
教育実習生の K.K.君が話していた¥LaTeX{}¥footnote{¥LaTeX{}は L.Lamport 氏が¥TeX{}を使
いやすくしたものである.}が気になっていた.以前は本校でも¥TeX{}を使用していたが,いつ
のまにかだれも使わなくなってしまった.
¥end{abstract}
¥section{基本的な数式の出力}
¥begin{enumerate}
¥item 肩文字と添字
¥begin{equation}
a_{n}x^{n}+a_{n-1}x^{n-1}+¥cdots + a_{1}x+a_{0}=0
¥label{eq:sisu}
¥end{equation}
¥item ベクトル表示
¥begin{equation}
A¥mbox{¥boldmath{$x$}}=¥lambda¥mbox{¥boldmath{$x$}}
¥end{equation}
¥end{enumerate}
¥section{算術関数}
対数関数や三角関数などは関数を示す部分だけ Roman 体で出力する.
¥begin{enumerate}
¥item 三角関数
次はディスプレイ用モードである.
¥[ ¥sin (¥alpha + ¥beta ) = ¥sin ¥alpha ¥cos ¥beta + ¥cos ¥alpha ¥sin ¥beta ¥]
¥item 対数関数
¥(¥log xy = ¥log x+ ¥log y ¥)はテキスト用モードである.¥¥
¥item 剰余
¥( ¥gcd(m,n)=a ¥bmod b ¥) と¥( x ¥equiv y ¥pmod{a+b} ¥) の違いに注意.
¥end{enumerate}
¥begin{thebibliography}{99}
¥bibitem{lamport} L.Lamport.{¥em ¥LaTeX{}: A Document Preparetion System,2nd
ed. }Addison-Wesley
¥bibitem{goossens} M.Goossens. etal.¥ {¥em The ¥LaTeX{} Companion }Addison-Wesley
¥bibitem{nakano} 中野
賢
¥bibitem{nodera} 野寺
隆志 楽々¥LaTeX{}
日本語¥LaTeX{}2$¥epsilon$ブック
アスキー出版局
共立出版 ¥¥[0.7mm]
¥end{thebibliography}
¥end{document}
(2)amsart
によるもの最近使用しています。シンプルなところが気に入ってます。
¥documentclass[11pt,reqno]{amsart}
¥usepackage[dvips]{graphicx}
¥usepackage{delarray}
¥usepackage{amssymb}
¥usepackage{amsmath}
¥usepackage{epic,eepic}
¥usepackage{latexsym}
¥topmargin=0cm
¥setlength{¥textheight}{23cm}
¥setlength{¥textwidth}{18cm}
%¥addtolength{¥textheight}{3cm}
¥addtolength{¥textwidth}{-2cm}
¥setlength{¥oddsidemargin}{0cm}
¥setlength{¥evensidemargin}{0cm}
¥newcommand{¥xvec}[1]{¥ensuremath{¥mathbf{#1}}} %マクロの定義
¥title{¥LaTeX{}
による数式の書き方}
¥author{K.¥ Kiyosi}
¥date{August¥ ¥ 2012}
¥begin{document}
¥maketitle
¥section{は じ め に}
教育実習生の K.K.君が話していた¥LaTeX{}¥footnote{¥LaTeX{}は L.Lamport 氏が¥TeX{}を使
いやすくしたものである.}が気になっていた.以前は本校でも¥TeX{}を使用していたが,いつ
のまにかだれも使わなくなってしまった.
¥section{基本的な数式の出力}
¥begin{enumerate}
¥item 肩文字と添字
¥begin{equation}
a_{n}x^{n}+a_{n-1}x^{n-1}+¥cdots + a_{1}x+a_{0}=0
¥label{eq:sisu}
¥end{equation}
¥item ベクトル表示
¥begin{equation}
A¥mbox{¥boldmath{$x$}}=¥lambda¥mbox{¥boldmath{$x$}}
¥end{equation}
¥end{enumerate}
¥section{算術関数}
対数関数や三角関数などは関数を示す部分だけ Roman 体で出力する.
¥begin{enumerate}
¥item 三角関数
次はディスプレイ用モードである.
¥[ ¥sin (¥alpha + ¥beta ) = ¥sin ¥alpha ¥cos ¥beta + ¥cos ¥alpha ¥sin ¥beta ¥]
¥item 対数関数
¥(¥log xy = ¥log x+ ¥log y ¥)はテキスト用モードである.¥¥
¥item 剰余
¥( ¥gcd(m,n)=a ¥bmod b ¥) と¥( x ¥equiv y ¥pmod{a+b} ¥) の違いに注意.
¥end{enumerate}
¥begin{thebibliography}{99}
¥bibitem{lamport} L.Lamport.{¥em ¥LaTeX{}: A Document Preparetion System,2nd
ed. }Addison-Wesley
¥bibitem{goossens} M.Goossens. etal.¥ {¥em The ¥LaTeX{} Companion }Addison-Wesley
¥bibitem{nakano} 中野
賢
¥bibitem{nodera} 野寺
隆志 楽々¥LaTeX{}
¥end{thebibliography}
¥end{document}
日本語¥LaTeX{}2$¥epsilon$ブック
アスキー出版局
共立出版 ¥¥[0.7mm]
LATEX による数式の出力について
K.Kiyosi
Department of Mathematics
平成5年8月
概要
概 要
教育実習生の K.K. 君が話していた LATEX1 が気になっていた.以前は本校でも TEX
を使用していたが,いつのまにかだれも使わなくなってしまった.
1
基本的な数式の出力
1. 肩文字と添字
an xn + an−1 xn−1 + · · · + a1 x + a0 = 0
(1)
Ax = λx
(2)
2. ベクトル表示
2
算術関数
対数関数や三角関数などは関数を示す部分だけ Roman 体で出力する.
1. 三角関数 次はディスプレイ用モードである.
sin(α + β) = sin α cos β + cos α sin β
2. 対数関数 log xy = log x + log y はテキスト用モードである.
3. 剰余 gcd(m, n) = a mod b と x ≡ y
(mod a + b) の違いに注意.
参考文献
[1] L.Lamport.LATEX: A Document Preparetion System,2nd ed. Addison-Wesley
[2] M.Goossens. etal. The LATEX Companion Addison-Wesley
[3] 中野 賢 日本語 LATEX2² ブック アスキー出版局
[4] 野寺 隆志 楽々LATEX 共立出版
1L
AT
EX は L.Lamport 氏が TEX を使いやすくしたものである.
1
LATEX による数式の書き方
K. KIYOSI
1. は じ め に
教育実習生の K.K. 君が話していた LATEX1が気になっていた.以前は本校でも TEX を使用して
いたが,いつのまにかだれも使わなくなってしまった.
2. 基本的な数式の出力
(1) 肩文字と添字
an xn + an−1 xn−1 + · · · + a1 x + a0 = 0
(1)
Ax = λx
(2)
(2) ベクトル表示
3. 算術関数
対数関数や三角関数などは関数を示す部分だけ Roman 体で出力する.
(1) 三角関数 次はディスプレイ用モードである.
sin(α + β) = sin α cos β + cos α sin β
(2) 対数関数 log xy = log x + log y はテキスト用モードである.
(3) 剰余 gcd(m, n) = a mod b と x ≡ y (mod a + b) の違いに注意.
References
[1]
[2]
[3]
[4]
L.Lamport.LATEX: A Document Preparetion System,2nd ed. Addison-Wesley
M.Goossens. etal. The LATEX Companion Addison-Wesley
中野 賢 日本語 LATEX2² ブック アスキー出版局
野寺 隆志 楽々LATEX 共立出版
Date: August 2012.
1LAT X は L.Lamport 氏が T X を使いやすくしたものである.
E
E
1
ダウンロード

二つのプリアンブルの例をあげておきました。 (1)jarticle によるもの伝統