ネットマスク
1
IPアドレスの構成とアドレスクラス
 IPアドレスの構成
32bit
ネットワーク番号
長さは可変
ホスト番号
000 ....................................................00000 と
111 ....................................................11111 は、予約済み
 ネットワークアドレス


ホスト番号が全て「0」
ルータが、パケットの中継先となるネットワークを区別するために使うアドレス
 ブロードキャストアドレス


ホスト番号が全て「1」
ネット上の全ての機器に対して、同一のデータを送信するときに使うアドレス
2
ネットマスク
 ネットマスク


IPアドレスのネットワーク部分(含サブネット)の範囲を示すもの
2進数で表記。
 ネットワーク部の範囲を1、それ以外(=ホスト部)を0で示す
(例) IPアドレスの上位16ビットがネットワーク番号、下位16ビットがホスト番号の場合
ネットマスクの値はいくつ?
32bit
8bit
8bit
ネットワーク番号部分
ネットマスク
の値
11111111 11111111
8bit
8bit
ホスト番号部分
00000000 00000000
3
ネットマスクの表記方法 (その1)
 10進数表記

ネットマスクを10進数に変換して表記。
(例)
24bit
ネットマスク
11111111 11111111
11111111 00000000
255 . 255 . 255 . 0
26bit
ネットマスク
11111111 11111111
11111111 11000000
255 . 255 . 255 . 192
4
ネットマスクの表記方法 (その2)
 スラッシュ表記

ネットワーク部分の長さを、/(スラッシュ)に続けて、IPアドレスの後ろに
記載。
(例)

133.26.1.4 / 24
⇒ 先頭から24ビットはネットワーク番号部分である、という意味。
8bit
8bit
8bit
ネットワーク
133.
26.
8bit
ホスト
1.
4
5
OSPFとワイルドカードマスク
6
OSPFの設定方法
1~65535の任意の数
1台のルータ上で複数の
OSPFプロセスを動かすことができる
 OSPFの起動
Router(config)# router ospf プロセスID
 Router(config-router)#
 OSPFで隣接ルータへ通知するネットワークを指定
 Router(config-router)# network ネットワーク番号
area エリア番号

0~65535の任意の数
シングルエリアの場合は0を指定

ワイルドカードマスク
ホスト番号部分を1で指定した値。
設定例
 TokyoルータでOSPFを起動
 Tokyo(config)# router ospf 1
 Tokyo(config-router)# network 192.168.1.0 0.0.0.127 area 0
 Tokyo(config-router)# network 192.168.1.192 0.0.0.3 area 0
 Tokyo(config-router)# exit
192.168.1.0/24
192.168.1.0/25
Tokyo
Nagoya
192.168.1.192/30
192.168.1.128/26
7
ワイルドカードマスクの求め方
192.168.1.0/24
Tokyo
192.168.1.0/25
Nagoya
192.168.1.192/30
ネットマスク:
255.255.255.128
ネットマスク:
255.255.255.192
ネットマスク:
255.255.255.252
ホスト番号部分を、1で指定。
ネットマスクのビット反転値なので、
(255.255.255.255)-(ネットマスク)
で求めることもできる。
TokyoルータでOSPFを起動
Tokyo(config)# router
Tokyo(config-router)#
Tokyo(config-router)#
Tokyo(config-router)#
割当可能アドレス
192.168.1.128/26
192
ospf 1
network 192.168.1.0 0.0.0.127 area 0
network 192.168.1.192 0.0.0.3 area 0
exit
168
1
11000000 10101000 00000001 ????????
192.168.1.0
11000000 10101000 00000001 0???????
11111111 11111111 11111111 10000000
00000000 00000000 00000000 01111111
192.168.1.0
/ 25
255.255.255.128
0.0.0.127
*本社~大阪
11000000 10101000 00000001 110000??
(ネットマスク) 11111111 11111111 11111111 11111100
ビット
反転
(ワイルドカード)
00000000 00000000 00000000 00000011
192.168.1.192 / 30
255.255.255.252
8
0.0.0.3
*東京
(ネットマスク)
ビット
反転
(ワイルドカード)
/ 24
アクセス制御(ACL)とワイルドカードマスク
9
ワイルドカード マスク を用いたACL文
通常のACL
192.168.2.1
:
○
192.168.2.255
192.168.3.1
access-list
access-list
:
access-list
access-list
access-list
:
access-list
10
10
permit
permit
192.168.2.1
192.168.2.2
10
10
10
permit
deny
deny
192.168.2.255
192.168.3.1
192.168.3.2
10
deny
192.168.3.255
255
行!
255
行!
×
:
192.168.3.255
ワイルドカードマスクを使用したACL
access-list
access-list
10
10
permit
deny
192.168.2.0 0.0.0.255
192.168.3.0 0.0.0.255
たった
2行!
ワイルド カード マスク
10
ワイルドカード マスク の表記方法
 ワイルドカード マスクは、IPアドレスのどの部分(ビット)をチェックするのか、
どのビットはチェックしないのかを2進数で指示したもの。
⇒ 「ネットマスク」との違いに注意!
 チェックしないビットは「1」
⇒ 「ネットマスク」の場合は、
 チェックしたいビットは「0」
・ネットワーク番号部分を「1」
・ホスト番号部分を「0」で指定
(例) IPアドレスの下8ビットをチェックしたくない
(=IPアドレスの下8ビットは1でも0でもどちらでもOK)
場合のワイルドカードマスク
32bit
送信元
IPアドレス
0~255
192
168
1
*******
ACL
・・・
2進数
00000000 00000000 00000000 11111111
ワイルドカード
マスク
10進数
0.0.0.255
11
例
(permitされるIPアドレスの範囲は?)
(1) access-list 10 permit 192.168.1.0 0.0.0.255
ACL
IPアドレス
11000000 10101000 00000001 00000000
ワイルドカードマスク
00000000 00000000 00000000 11111111
マッチするIPアドレス
11000000 10101000 00000001 ????????
⇒ 送信元IPアドレスが 192.168.1.0~192.168.1.255 であるパケットをpermit
(2) access-list 10 permit 192.168.2.0 0.0.0.127
IPアドレス
11000000 10101000 00000001 00000000
ワイルドカードマスク
00000000 00000000 00000000 01111111
マッチするIPアドレス
11000000 10101000 00000001 0???????
⇒ 送信元IPアドレスが 192.168.2.0~192.168.2.127 であるパケットをpermit
(3) access-list 10 permit 192.168.3.128 0.0.0.63
IPアドレス
11000000 10101000 00000001 10000000
ワイルドカードマスク
00000000 00000000 00000000 00111111
マッチするIPアドレス
11000000 10101000 00000001 10??????
⇒ 送信元IPアドレスが 192.168.3.128~192.168.3.191 であるパケットをpermit
12
【参考】ネットマスク長とワイルドカードマスク
13
ネットマスクの長さと、
ネットマスク、ワイルドカードマスクの値
14
ダウンロード

ネットマスク