「未来観光戦略会議」フォーラム
韓国から見る魅力ある日本観光への期待
-富山、北陸を中心に-
2004.02.19
発表時間:13:10~13:45(35分)通訳含
韓国 自由旅行社
CEO代表取締役 沈 良輔
(SHIM YANG-BO)
P .1
近くて遠い国、温泉と着物の国、お茶を
楽しむ国日本。
韓国人は日本人同様、温泉を好み単純にお風呂に
入るだけでなく、温泉の効果を体験するため、
日本各地の有名温泉探し廻っている。
心身の癒しと病気を治すのが主な目的であるが、
お年寄りの方だけではなく、家族、若い層も、
雰囲気のある宿泊施設やその地方ならではの
日本伝統料理、顧客のニーズに応えられる所なら、
どこでも行こうとしている。
P .2
その中で北陸・富山は九州、関西、関東、北海道
とは違い、独特な生活風習も持ち魅力的な観光資
源である。便利なソウル富山直行便のある北陸地
域の富山は韓国人が行きたがる魅力たっぷりの
豊富な観光資源を持っている。
韓国人が魅力的に感じる富山には温泉と大自然
の絶景を感じさせてくれる観光地が豊富である。
例えば地球の火山活動によるアルプス・立山の湖
などやシベリア季節風がもってきた雪は長い濾過
時間を通り、水と自然を提供している。
P .3
富山の水は川と田畑を潤わせ、肥沃な土壌の養
分が流れ込んだ海は豊富な魚介類となり人々に
新鮮な自然産物の味を十分に感じさせられる。ま
たその地域ならではの本場の味、珍しい食材、
列を並ぶ市場などで、グルメなど日本の料理を
満喫するのも良いだろう。特に日本の高級料亭
でしか味わえない懐石料理、一般的で一番知ら
れている寿司、刺身、てんぷらなどの庶民料理
であるそばまで、日本料理文化体験も韓国人が
日本を訪れる魅力の中で一つである。
P .4
ゴルフ場も、海に密接したコース、高原の
コースを持ち、自然景観を横見ながら社交
と健康の為の良好なコースである。
黒部峡谷に寄り立山の雪景色と雪壁を通るのも
韓国では見れない観光見所である。登山も夏の
猛暑を避け、又、新緑から紅葉まで外国人の心
を捕まるのに十分である。
冬が来たら、100%自然雪のスキー場に家族が
一緒に楽しめる上級者用試合コース、森のコー
スまで多彩なスキーのスリルを満喫でき、富山、
北陸を世界に知らせるのに十分である。
P .5
しかし、観光資源は富山県にあるにも関わらず、
「北陸・富山」に対する認知度が不足で、「アルプス
が何故、日本にあるのか」と聞かれる。
短い飛行時間、山林浴と楽しめる露天風呂、四季とも
楽しめる北アルプス、新鮮な海産物・お米・お酒は富
山を韓国人に知らせるのに十分魅力である。
メディアを通した「富山」認知度向上と韓国語が可能な
ホテルの従業員と現地案内人が配置することが誘致
に必要。
P .6
韓国に販売する温泉観光ルート例として
(1)名古屋/富山を繋ぐ温泉観光である下呂/白馬/宇奈月温泉
や加賀/和倉/宇奈月の3泊4日の韓国では有名な観光温泉巡礼
として冬季商品ルートを開発。
(2)名古屋空港を通し、下呂温泉、江戸時代の昔ながらの町であ
る飛騨や上高地まで入り、大正池、河童橋、白骨温泉/長野県/
宇奈月温泉など
(3)富山県と長野県の間に海抜3000メーター以上の山が10個以
上も並んでいる山脈が横立っている。いわばこの山脈を北アルプ
スと言うが夏シーズンに旅行目的として山岳人と一般観光客が訪
れ多彩な魅力を実感することができる商品で北アルプスアルペン
ルート+黒部峡谷3泊4日商品。
(4)立山火山で出来た湖や谷等は、子供の学習、日本を再発見
する「子供ECOツアー」や修学旅行のプロモーションを試みること
を提案する。
P .7
富山県も観光産業のソフト競争力を
強化し、市場環境変化に対応する徹
底したマーケティング戦略が必要。
日韓中の市場をターゲットとした競争
力のある新しい観光商品を創出するア
イデアと運営能力を強化すべきである。
P .8
提 言
富山県は、観光で発展する潜在力をもっ
ている。
韓国から見る魅力ある日本観光地の北
陸・富山の観光活性化のために
次のような5つの基本方針を守っていけ
ば富山ならではの観光潜在力の現実化
がより早まるのではないかと思う。
P .9
1. 観光に対する認識転換
市民、行政政策担当者、観光従業者に
よる観光産業の重要性と波及効果の
理解と認識転換が必要。観光産業は
未来の中核産業となる。 又、地域経済
活性化及び雇用創出にも大きく寄与す
ることができる。
P .10
2. 品質と人質のサービスの向上
観光は感性産業である
観光客を感動させ、また訪れてくるようにする
には目に見える外形だけの変化だけではなく、
外国人でも、日本人でも観光客を迎える心が
最も大切である。
基盤施設が良く整っており、準備したサービス
があってもそれだけでは有効で無い。営利や
商業主義的な匂いがするとリピート観光客の
足は向かなくなる。
P .11
3. 地域社会協力体制の構築
当事者の相互有機的な協力体制を構築すべき
地域社会の自発的な協力こそ、成功要因
(Key Success Factors)
観光振興は一個人または団体の力だけではできないこ
とを認識し、地域社会一体となった観光
(Community Based Tourism)
つまり、一般市民、自治体、観光事業体、その他の関
連団体などが網羅し、地域社会の協力を基にする時、
「観光を通した地域活性化」という目標を達成すること
ができる。
P .12
4. 観光マーケティング活性化
観光マーケティングは市場調査、観光商品の開発、
価格政策、広報及び案内、活動、事後評価作業等を
含めた総合的な概念である。
北陸・富山観光をより活性化させるためには多様な
側面から政策を進めるべきである。
観光商品の開発は変化する観光客の欲求と現在提
供している観光商品の差を把握し、それを補完する
努力が必要である。
観光客の理解を高めるための体験、解説プログラム、
イベントなど休むことなく、魅力を開発し、観光客にア
ピールしなければならない。
P .13
5. 制度改善及び支援拡大
観光広報と案内体制の改善、マーケティング活動
だけでは大きい効果を得ることは期待できない。
持続的な制度改善と金融税制支援、観光財源の
合理的配分がなければならない。
近隣地方自治体と共同で資金を調達し、観光商
品を開発したり、広報活動を展開することも一つ
の方法である。
未来型観光は文化資源及び自然環境の保存と観
光開発という二つとも目標にしなければならない。
地方自治体の持続的な制度改善努力と政府の支
援も必要である。
P .14
終わりに 富山の四季
富山の四季は素晴らしい、春にチューリップ 、夏
に山岳登山で滝と峡谷が楽しめ、冬に雪による
白銀ロマンを満喫することができる。
即ち日本列島の真ん中にある富山県は3000メー
ターの高さを誇る日本北アルプスの立山山脈から
日本海までの雄大な自然のスケールを、世界でも
例のない山と海が一緒となっている景観を満喫で
きる。
春に多様な種類の花やチューリップが100万輪咲き、
秋には立山山脈と黒部峡谷の紅葉と同様により大
勢の観光客によって富山県が染まることを祈って
P .15
いる。
会場にいる観光産業関連業、地域を愛するフォーラム参加の
皆様と共に新しい未来型観光商品を考え創造して韓日両国の
友好と発展に貢献しましょう。皆様の企画提案を待っています。
17:00~18:30の商談会(205号室)にご参加下さい。
ありがとうございました。
(1)双方向旅行社
沈 良輔
求む!
(2)受入れ宿泊先
(3)土産グッズショッピング・フーズ・イベントアトラクション・名所
(4)新観光商品ルート
(5)広域観光ルート
健康・温泉・韓国人ルーツ・知的教育等
北陸から東京・京都・北海道等
P .16
ダウンロード

韓国から見る魅力ある日本への観光の期待