ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー トと ヘ シ オ ドス
働 き蜂 と怠 け蜂
山根 正弘
はじめ に
17世 紀 イ ギ リス の 宗 教 詩 人 ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー ト(GeorgeHerbert,1593-1633)
は 「
仕 事(1)」("Employment[1]")と
題 す る詩 で 、 天 職 を知 らず 行 き場 を失 っ た 不 安
を 表 現 す る の に、 蜜 蜂 の イ メー ジ を 用 い る 。 自然 界 や 日常 生 活 の さ さい な 事 物 を イ
メ ー ジ と して 用 い る こ とを得 意 と し た詩 人 に格 好 の 題 材 で あ る 。
AllthingsarebusiesonleyI
Neitherbringhonywiththebees,
Norflowrestomakethat,northehusbandrie
Towaterthese.(ll.17-20)1)
(す べ て の も の は 働 き者 、 た だ 私 だ け が
蜜 蜂 と蜜 を集 め る こ ともせ ず 、
蜂 蜜 を 生 む 花 を 植 え る こ と も な く、 そ れ ら の 花 に
水 を や る 農 作 業 も し な い 。)
万 象 の 鎖 とい う秩 序 の 中 で 下 に 降 っ た 小 さ な 生 き物 、 蜜 蜂 で さ え仕 事 が あ る 。 そ れ
よ りも上 位 の 人 間 ハ ー バ ー トに は そ れ に 相 応 しい 仕 事 が あ る は ず だ 、 とい う。 「賛 美
(1)」("Praise[1]")と
題 す る詩 で は 、 人 と して の 責 務 が 神 の 賛 美 で あ る と確 信 す る 。
一89一
Oraisemethen!Poorbees,thatworkallday,
Stingmydelay,
Whohaveawork,aswellasthey,
Andmuch,muchmore.(11.17-20)
(そ れ で は 私 を 引 き 上 げ て 下 さ い 、 終 日働 く小 さ き 蜜 蜂 が
私 の 停 滞 を針 で 刺 激 せ ん こ とを 。
私 に は 蜜 蜂 と同様 仕 事 が あ る が 、
そ れ は 遙 か に 立 派 な も の 。)
森 羅 万 象 す べ て が 神 を讃 え る 役 割 が あ り、 ハ ー バ ー トも賛 美 の 歌 を 数 々作 成 して
は じめ て 、 神 の 許 へ 帰 る こ とが で き る。 そ の 喜 び は、 「
星 」("TheStarre")で
、巣箱
に勇 ん で 戻 る蜜 蜂 と二 重 写 し と な る。
ToEliehomelikealadenbee
Untothathiveofbeams
Andgarland-streams.(11.30-32)
(荷 を積 み 込 ん だ 蜜 蜂 の よ う に
御 光 と幾 重 もの 花 冠
の 巣 箱 へ と 飛 び 帰 る 。)
今 日の 英 語 で も"asbusyasabee"と
い え ば 、 い つ もせ わ し な く働 く姿 が 想 起 さ れ
る。 蜜 蜂(ミ ツバ チ)は 働 き者 の 象 徴 で あ る2)。 こ の 点 は 万 人 が 認 め る こ と で あ り、
古 代 ギ リシ ャや ロ ー マ の 権 威 を 引 き合 い に 出 す 必 要 も な か ろ う。 だ が 、 ち な み に ア
リス トテ レス は 『
動 物 誌 』で 、 「
有 節 動 物 の 中 で 、 否 そ の 他 の ほ とん どす べ て の 動 物
と比 べ て み て も、 最 も勤 勉 なの は ア リの類 と ミツバ チ の 類 で … 」とい い、 さ ら に 「ミ
ツバ チ は働 か ぬ 者 や 倹 約 し な い もの を 追 い 出 す 」とい う3)。プ リニ ウス も 『
博 物 誌 』で 、
「蜜 蜂 は仕 事 に 出 か け 、 天 気 が 許 す な らた っ た1日 た りと も無 駄 に す る こ とは な い 」
とい い 、 怠 け者 につ い て は 「
蜜 蜂 は 目下 進 行 中 の 仕 事 を き び し く監 視 し、 動 作 が 緩
一90一
慢 な 蜂 の 怠 慢 に 目を留 め 、 後 に死 刑 に処 す る こ と もあ る」 と、 記 す4)。
ま た 、 ア リス トテ レス は 様 々 な 生 き物 を そ の 生 活 習 慣 や 行 動 パ タ ー ン に よ り分 類
を試 み る。 群 を な す 、 な さ な い とい う点 か ら分 け た 場 合 、 社 会 的 に ま と ま っ た もの
とバ ラバ ラ の も の とが あ る と し、 前 者 す な わ ち社 会 的 動 物 に は そ の 構 成 員 す べ て に
仕 事(役 割 分 担)が あ る とす る。 こ の 代 表 例 に、 人 間 や 蜜 蜂 そ れ に蟻 な ど を挙 げ る。
さ ら に、 社 会 的 動 物 を細 か く見 る と、 リー ダ ー の 支 配 下 に あ る も の とそ うで な い も
とが あ り、 蜜 蜂 に は リ ー ダ ー(指
導 者 ・主 権 者)が い る が 、 蟻 に は い な い と分 析 す
る5)。 蜜 蜂 に は支 配 者 が い て 統 率 され た社 会 を形 成 し全 員 に 仕 事 が あ る とい う観 点
か らす る と、 蜜 蜂 の イ メ ー ジ で 表 現 され るハ ー バ ー トの 苦 悩 は社 会 を 動 か す 歯 車 に
な れ な い こ とに 起 因 す る、 つ ま り存 在 意 義 を見 失 っ た 苦 悩 で あ る と い え る 。 こ の 詩
に 援 用 さ れ た 蜜 蜂 の イ メ ー ジ は、 ア リス トテ レ ス が 基 と な っ て い る の で あ ろ うか 。
そ れ と も、 敬 慶 な詩 人 に相 応 し く聖 書 の 一 節 が 基 とな っ て い る の で あ ろ うか 。17世
紀 後 半 の イ ギ リ スで は 、 古 代 と近 代 との 優 劣 につ い て論 争 が 盛 ん に 行 な わ れ 、 そ の
社 会 現 象 を風 刺 した ジ ョナ サ ン ・ス ウ ィフ トの 『
書 物 戦 争 』に 蜘 蛛 と蜜 蜂 の 寓 話 が あ
る が 、 前 者 は近 代 を 後 者 は古 代 を 象 徴 し て い る6)。古 来 よ り人 間 の 生 活 に密 着 し人
間 社 会 の 模 範 を 示 唆 す る、 こ の 蜜 蜂 の イ メー ジ形 成 の 由 来 を解 明 す るの が 本 稿 の 目
的で ある。
1昆
虫の劇場
蜜 蜂 の リー ダ ー は 、 現 代 で は 女 王 蜂 と認 知 され て い る が 、 古 代 ギ リシ ャ で は 雌 雄
の 別 が 曖 昧 で あ っ た 。 そ もそ も蜜 蜂 の 生 殖 や 発 生 自体 が 定 か で は な か っ た 。 あ る 説
で は 、 幼 蜂 を草 木 か ら運 ん で く るの で あ り、 ま た 死 肉 か ら 自 ず と湧 き出 る と い うの
で あ る 。 とい う の も交 尾 行 動 が 人 目の 付 か ぬ 空 中 で 行 な わ れ 、 生 殖 が 謎 の ま ま だ っ
た 。 そ れ ゆ え 人 間 は 道 徳 観 念 を 持 ち 込 み 、 衆 人 環 視 の も と交 尾 を す る他 の 生 き物 と
違 い 、 蜜 蜂 は ま こ と慎 み 深 い と考 え て い た 。 自然 の 事 物 を鋭 く観 察 し た ア リス トテ
レス で さ え、 リー ダ ー の 性 別 を特 定 せ ず 、 自然 科 学 者 の 諸 説 を羅 列 す る7)。養 蜂 家
で 気 付 い て い た 者 も あ ろ うが 、 広 く社 会 に 承 認 され ず 、 「女 王 蜂 」の 存 在 は 故 意 に 隠
一91一
蔽 さ れ た 可 能 性 が あ る 。 時 代 が 下 っ て 王 政 時 代 の イ ギ リス で は 、 蜂 窩 ま た は 巣 箱 を
統 べ る リー ダ ー が 雄 の 王 蜂 と考 え る方 が 、 人 間 世 界 との 類 推 か ら、 ま た 家 父 長 制 の
維 持 ・強 化 か ら、 都 合 が 良 か った と推 察 され る。
エ リザ ベ ス朝 の 劇 作 家 シ ェ イ ク ス ピ ァ は 蜂 の性 別 に は無 関 心 で あ っ た が 、 『
ヘ ンリ
ー 五 世 』(1599年 頃)で 人 問社 会 の 縮 図 と し て蜜 蜂 の 世 界 を描 く
。
...thehoney-bees,
Creaturesthatbyaruleinnatureteach
Theactofordertoapeopledkingdom,
Theyhaveakingandofficersofsorts;
Wheresome,likemagistrates,correctathome,
Others,likemerchants,venturetradeabroad,
Others,likesoldiers,armedintheirstings,
Makebootuponthesummer'svelvetbuds;
Whichpillagetheywithmerrymarchbringhome
Tothetent-royaloftheiremperor...(HenryV,1.ii.187-96)8)
(蜜 蜂 、 そ れ は 自 然 の 法 に よ っ て 人 間 界 の 秩 序 あ る 行 動 を 教 え る 生 き 物 で 、 彼
ら に は 王 や 各 種 の 役 人 が い る 。 あ る 者 は 行 政 官 よ ろ し く本 国 で 不 正 を 匡 し 、 あ
る 者 は 商 人 よ ろ し く海 外 と 貿 易 を な し 、 ま た あ る 者 は 軍 人 よ ろ し く刺 針 で 武 装
し 、 ヴ ェ ル ヴ ェ ッ トの よ う な 夏 の 花 蕾 に 襲 い か か り、 分 捕 っ た 品 を 陽 気 に 行 進
し な が ら、 王 の 天 幕 に 持 ち 帰 る …)
この 台 詞 は 女 王 エ リザ ベ スー 世 の 御 代 に書 か れ たが 、1603年
の 崩 御 が 聞近 に 迫 っ て
いた。
1634年
に 『昆 虫 た ち の 、 あ る い は、 微 少 な 動 物 た ち の 劇 場 』(lnsectrumsive
minimorumanimaliumtheatrum)が
1533-1604)の
トマ ス ・マ フ ェ ッ ト(ThomasMoffet/Muffet,
名 を冠 して 出 版 され る。 こ の 昆 虫 誌 が 出版 され る 経 緯 は す こ し複 雑 で
あ る 。 も とは 、 著 名 な 博 物 学 者 ゲ ス ナ ー(KonradGesner,1516-1565)に
一92一
よ っ て着 手
さ れ 、 遺 さ れ た 仕 事 をそ の 友 人 トマ ス ・ペ ニ ー(ThomasPenny,d.1588)が
受 け継
ぎ、 そ の 遺 稿 を マ フ ェ ッ トが 整 理 した 模 様 だ が 、 完 成 は し な か っ た 。 マ フェ ッ トの
手 に 渡 っ た の は 、 お そ ら く彼 が1599年
に 『
蚕 の 幼 虫 と蛾 』(TheSilkewormesand
theirFlies)を 公 に し て い た か らで あ ろ う9)。英 国 に お け る桑 の 植 林 と養 蚕 の 促 進 を
目的 と し、 ウ ェ ル ギ リウ ス(Vergil,70-19B.C.)の
農 耕 詩 を真 似 た 教 化 詩 だ が 、 マ フ
ェ ッ トは 昆 虫 の 生 態 を 描 くの が 本 業 で は な く、 昆 虫 誌 の ま とめ 役 と して 適 任 とは 言
え な か っ た 。 マ フ ェ ッ トの 没 後30年
、 よ うや く後 援 者(TheodoreMayemeな
ど)の
尽 力 ・編 集 に よ り日の 目 を見 る こ と とな っ た 。 当 時 の昆 虫 学 の 集 大 成 と もい え る この
書 は ラ テ ン語 で 書 か れ て い た た め か 、1658年
に ジ ョン ・ロ ー ラ ン ド(JohnRowland)
に よ る英 訳 『
昆 虫 の 劇 場 』(TheTheateroflnsects)が
Tbpsell)の
、エ ドワ ー ド ・トプ セ ル(Edward
『
動 物 誌 』(TheHistoryofFour-FootedBeasts)と
(TheHistoryofSerpents)と
『
爬 虫 類 ・両 棲 類 誌 』
併 せ て1巻 本 の 形 で 出 版 され る。 英 語 版 『昆 虫 の 劇 場 』
で 、 蜜 蜂 の 性 別 に つ い て 次 の よ うに 描 写 され る。
TheprinceofPhilosophersconfoundsthesexofBees:butmostwriters
distinguishit:somesayfemalesarethegreater,andwithoutstings:otherssay
theyareJesseandhavestings.ThesounderPhilosophers(whoseopinionI
follow)acknowledgenomalesbuttheirchiefleaders,whicharemorestrong,
greater,moreable,andalwaiesstayathomeforpropagation,andseldomego
forthbutthewholeswarm;whomnaturehathcommandedtobefrequentin
Venusoccasions,andordainedthemtostayalwaiesathomewiththeir
females.(BookI,ChapterI)10>
(哲 学 の 第 一 人 者[ア
リ ス トテ レ ス]は
蜜 蜂 の 性 別 が 曖 昧 だ。 け れ ど、 た い て い
の 著 作 家 は 区 別 し て い る 。 雌 の 方 が 大 き く針 が な い と い う 者 も い れ ば 、 そ の 逆
だ と い う者 も い る 。 信 頼 す る に 足 る 哲 学 者 た ち 、 そ の 者 た ち の 考 え に 私 は 従 う
が 、 彼 ら は 主 た る リ ー ダ ー 以 外 に 雄 は 認 め な い 。 そ の リ ー ダ ー は 、強 く、 大 き く 、
有 能 で 、 常 に 繁 殖 た め に 巣 に 籠 も り 、 群 全 体 と連 れ 立 つ 以 外 は め っ た に 巣 を 離
れ ず 、 し か も 生 ま れ つ き交 尾 に 及 ぶ こ と し ば し ば で あ り、 常 に 雌 と 時 を 過 ご す 、
一93一
と い う 。)
1世 紀 以 上 に わ た り複 数 の 専 門家 が 係 わ っ た 書 物 で あ る が 、 イギ リス で は 王 政 復 古
直 前 に もか か わ らず 、 蜜 蜂 の 群 の リー ダ ー は 雄 で 、 女 王 蜂 とい う語 は現 れ な い。
1649年 イ ギ リス で は 国 王 チ ャ ー ル ズ が 処 刑 され 、 時 代 は共 和 制 へ と移 行 す る。 試
逆 に 憤 慨 し た 大 陸 の 王 党 派 は 、 フ ラ ンス の 学 者 サ ル マ シ ウ ス(Salmasius)に
ー ル ズ1世 弁 護 論 』を 書 か せ る
『チ ャ
。 護 国 卿 ク ロ ム ウ ェ ル の も とラ テ ン語 の 秘 書 官 を務
め て い た 詩 人 ジ ョ ン ・ミ ル トン(JohnMilton,1608-1674)が
、 英 国 民 た め に弁 護 を
引 き受 け る。 国 王 は い か な る法 を も超 越 し、 そ の 王 を 断 罪 す る こ とは で きな い とす
る 論 敵 サ ル マ シ ウ ス に対 し、 ミル ト ンは 彼 の 言 は歴 史 的 に も虚 偽 で あ り、 彼 自身 も
か つ て は そ の 様 に解 釈 して い た が 、 賄 賂 に 目が 眩 ん で か そ の 論 を 翻 す とい う。 つ ま
り、 サ ル マ シ ウ ス は そ の 著 『
教 皇 首 位 権 反 駁 論 』で 、 トレ ン ト公 会 議 の 席 上 、 教 皇
の 首 位 権 を立 証 す る の に 蜂 を範 例 と して 用 い た神 学 者 に対 し、 博 物 学 の 知 見 か ら次
の よ う に反 論 し て い た 。
コモンウ ェルス
「
蜂 の 統 治 形 態 は共 和 制 で あ り、 博 物 学 者 もそ う言 っ て い る 。 王 は い る が 害 を
及 ぼ さ な い 。 そ れ は専 制 君 主 とい う よ りもむ し ろ 指 導 者 と い え よ う。 臣下 の 蜂
を突 い た りこづ き まわ し た り、 殺 し た りす る こ と は な い 。」(新井 ・野 呂 訳 『
イン
グ ラ ン ド国 民 の た め の 第1弁 護 論 』第2章)ll)
「蜂 の 範 例 」 と は、 ウ ェ ル ギ リ ウス の 『
農 耕 詩 』(TheGeorgics)第4巻
で 描 か れ る蜜
蜂 の こ と で あ ろ う。 「エ ジ プ ト人 も、 強 大 な リュ デ ィ ア の 人 も、 パ ル テ ィ ア の 民 も、
ヒ ュ ダス ペ ス 河 畔 の メ デ ィア 人 も、 蜜 蜂 ほ ど に 王 を敬 う こ と は な く、 王 が 安 泰 で あ
る か ぎ り、 み な が 心 を ひ とつ に し、 崇 敬 の 的 とな る 」と い う一 節 だ12)。ミル トンは サ
ル マ シ ウ ス 自身 の 言 葉 を、 い わ ば逆 ね じを 食 わ せ る形 で 彼 に投 げ 返 し、 悪 業 を為 す
なま くらもの
国 王 処 刑 の 正 当 性 を 主 張 し、 さ らに サ ル マ シウ ス を 「刺 針 を もた ぬ 雄 蜂 」 と断 罪 す
る と と も に、 「トレ ン トの蜂 」(第5章)と
椰 楡 す る 。 サ ル マ シ ウ ス の 言 葉 か らは 女 王
蜂 で は な く王 蜂 の 存 在 が 窺 わ れ る。
一94一
イ ギ リス で は18世 紀 に な っ て も、 寓 話 の な か の こ とだ が 、 ミル トンが 引 用 し た サ
ル マ シウ ス の蜂 の 世 界 が 存 在 す る 。 キ リス ト教 で 説 く従 来 の 美 徳 、 禁 欲 や 節 制 に 重
き を置 か ず 、 奢 修 を肯 定 して こそ 経 済 は 発 展 す る 、 と当 時 と して は 大 胆 な パ ラ ド ッ
クス を示 し た バ ー ナ ー ド ・マ ンデ ヴ ィ ル(BernardMandeville,1670-1733)の
「ブ ン
ブ ン う な る 蜂 の 巣 、 悪 者 が 正 直 者 に な る 話 」("TheGrumblingHive,orKnaves
tum'dHonest,"1705)で
も王 蜂 で あ る。 「
彼 らは 暴 政 の 奴 隷 で も な く/気 まま な 民 主
政 治 に支 配 され て い る わ け で も な く/王 に よ って 統 治 され て い た 。 そ の 王 の 権 力 は 、
!法 に よ り制 限 さ れ て い た が 故 に、 王 は 悪 事 を な す こ とが で きな か っ た 。」(泉谷 治 訳
『
蜂 の 寓 話 』所 収)13)イ
ギ リ ス で この 問 題 、 蜜 蜂 の リー ダ ー が 雄 か 雌 か 、 に決 着 が
付 くの は18世 紀 半 ば で あ る。 歴 史 学 者 キ ー ス ・トマ ス に よ る と、 女 王 蜂 の 存 在 を証
明 し た の は 、 オ ラ ン ダ の 昆 虫 学 者 ス ヴ ァ ン メ ル ダ ム(Swammerudam,d.1685)で
彼 の 著 書 は1740年
、
まで 出 版 され ず 、 しか もオ ラ ンダ 語 と ラ テ ン語 版 だ け だ っ た とい
う14)。
古 代 ギ リ シ ャ以 来 、 リー ダ ー と な る蜂 の 性 別 の 他 、 も う ひ とつ 明 確 で な い の は、
怠 け蜂 「ドロ ー ン」(drone)で あ る 。 現 代 で は 蜜 蜂 の 雄 、 つ ま り雄 蜂 の こ とで あ る が 、
蜜 蜂 の1種
と も、別 種 の 蜂 と も考 え られ て い た節 が あ る 。こ の 蜂 は、一 見 し た と こ ろ 、
蜂 窩 に 寄 寓 し働 き蜂 が 採 取 ・貯 蔵 す る 蜜 を食 べ る だ け が 能 で あ る 。 古 代 ロー マ の ア
イ リア ノ ス の 『
動 物 の 特 性 に つ い て』 に よ る と、 蜜 蜂 が 寝 静 ま っ た の を 見 計 らっ て 蜂
蜜 を 略 取 す る 。見 張 りの 蜂 に 見 つ か る と、軽 い 罰 を受 け 巣 か ら追 い 出 され る 。しか し、
ドロ ー ン は こ れ を教 訓 とせ ず 、 とい うの も生 来 、 怠 惰 で 貧 欲 な も の だ か ら、 巣 外 で
身 を 潜 め 働 き蜂 が 牧 場 に 出 か け る と、 そ の 隙 に た らふ く蜜 を平 らげ 身 動 きが とれ な
くな り、 労 働 か ら戻 っ た 蜜 蜂 に露 見 。 今 度 は ひ ど い 仕 打 ち を 受 け 命 を奪 わ れ る 、 と
い う15)。先 に触 れ た 、 す べ て の 者 に は仕 事 が あ る とい う社 会 的 動 物 の 規 定 に抵 触 す
る が ゆ え に 分 類 が 曖 昧 だ った の か も知 れ な い。 そ もそ も生 殖 や 発 生 が つ まび らか で
は な く、 巣 や 巣 箱 の リー ダ ー が 雄 か 雌 か 曖 昧 な 時 代 で あ れ ば 、 女 王 蜂 に受 精 させ る
雄 蜂 の 存 在 は 不 確 か で あ ろ う。 だ が 、 この い わ ゆ る 怠 け蜂 は、 ア リス トテ レ ス に よ
る と(さ す が に 自説 を裏 書 きす るか の よ うに)、 「少 しい る方 が 巣 箱 の た め に は よい 。
一95一
ミ ツ バ チ が よ く働 く よ う に な る か ら で あ る 」 と 、 あ る 意 味 で 触 媒 の 役 割 を 果 た す が ゆ
え に 存 在 意 義 は 認 め ら れ て い る16)。
『昆 虫 の 劇 場 』 で は 、 従 来 の 説 、 つ ま り 外 で 蜜 を 採 取 す る 働 き 蜂 は 雄 、 巣 内 で
怠 惰 を 貧 り刺 針 の な い 怠 け 蜂 は 雌 で あ る 、 を 否 定 し 「怠 け 蜂 が 雌 で あ る と は と う て
い 考 え ら れ な い 」("Iscarsethillkthey[Drones]arefemales"[BookI,Chapter7])
と控 え め に 新 説 を 唱 え る17)。 だ が 、 働 き 蜂 が 通 常 は 子 を 産 ま な い 不 完 全 な 雌 、 あ る
い は 中性 と ま で は 観 察 が 及 ん で い な い 。 詩 人 シ ェ イ ク ス ピ ア で は 、怠 け 蜂 は性 別 を
超 え 行 動 ・振 る 舞 い が 析 出 さ れ 比 喩 表 現 と な る 。 「他 者 の 労 苦 に 結 晶 を 喰 ら う怠 け
者 の よ う に は せ ず 、」 「こ れ ら の 怠 け 者 、 蜜 蜂 か ら 蜜 を か す め 取 る 。」("Nottoeat
honeylikeadrone/Fromothers'labour,""thesedrones,thatrobthebeeofher
honeジ'[Pericles,II.Prologue,18-19;andII.i.52])そ
し て 「大 食 ら い で 、 儲 け に
は 蝸 牛 の よ う に 鈍 く、 日 中 は 山 猫 も 顔 負 け に 寝 る 。 穀 潰 し を 家 に 置 く も の か 。」("a
hugefeeder;/Snail-slowinprofit,andhesleepsbyday/Morethanthewildcat:
droneshivenotwithme:'[MerchantofVenice,II.v.45-48])
皿
労働 と怠惰
生 業 に勤 しむ の 反 対 は 、 怠 惰 に 過 ご す で あ る 。 ハ ー バ ー トの 仕 事 や 労 働 に 対 す る
考 え方 は、 怠 惰 を 憎 む 態 度 に は っ き りと現 れ る。 怠 惰 は キ リス ト教 で は七 大 罪 の ひ
とつ で あ り、 教 区 牧 師 を 勤 め て い た ハ ー バ ー トが 許 す は ず が な い 。 ル ター も、 赦 し
て は な らぬ ふ た つ の 罪 と し て 、 怠 惰 と貧 欲 を挙 げ る 。 とい うの も、 教 会 の 内 部 か ら
そ の 統 一 を 破 壊 す る 罪 だ か らと 強 く非 難 す る18)。ハ ー バ ー トの 散 文 の 作 品 『田舎 牧
師』(TheCountryParson,1652)の
第32章
「牧 師 の 傭 騒 」("TheParson'sSurveys")で
無 為 に 過 ごす 人 々 の 行 為 が 具 体 的 に 示 され 、怠 惰 が 活 写 さ れ る 。
TheCountreyParsonbathnotonelytakenaparticularSurveyofthefaultsof
hisownParish,butagenerallalsoofthediseasesofthetime,thatso,when
hisoccasionscarryhimabroad,orbringstrangerstohim,hemaybethebetter
一96一
、
armedtoencounterthem.ThegreatandnationallsinofthisLandheesteems
tobeIdlenesse;greatinitselfe,andgreatinConsequence:Forwhenmen
havenothingtodo,thentheyfalltodrink,tosteal,towhore,toscoffe,to
revile,toallsortsofgamings.Come,saythey,wehavenothingtodo,letsgo
totheTavern,ortothestews,orwhatnot.WhereforetheParsonstrongly
opposeththissin,whersoverhegoes.(Works,p.274)
(田 舎 牧 師 は 教 区 内 の 罪 を 個 別 に 見 渡 す だ け で は な く 、 時 代 の 病 弊 を 全 体 的 に
見 渡 す べ き で あ る 。 そ う す れ ば 、 何 か の 機 会 に 教 区 外 に 出 た り、 見 知 ら ぬ 人 が
訪 ね て きた と き、 病 弊 に 遭 遇 して も 一 層 慎 重 に 身 構 え る こ とが で き る。 牧 師 は
この 国 全 体 に 蔓 延 す る 大 罪 が 怠 惰 で あ る と認 定 す べ き だ。 怠 惰 は そ れ 自体 大 罪
で 、 及 ぶ す 影 響 力 も 大 き い 。 人 は 何 も す る こ と が な け れ ば 、 酒 を 飲 ん だ り、 盗
み を 働 い た り、 女 を 買 い に 行 っ た り、 嘲 笑 し た り、 悪 口 雑 言 し た り、 あ る い は
ま た あ ら ゆ る 種 類 の 賭 事 に 走 る よ う に な る 。さ あ 、何 も す る こ と が な い の だ か ら 、
居 酒 屋 や 売 春 宿 な ど に 行 こ う、 と彼 ら は 言 う 。 そ れ ゆ え 、 教 区 牧 師 は ど こ に 行
こ う と も 、 こ の 罪 に 強 く反 対 し な け れ ば な ら な い 。)
『
田 舎 牧 師 』が 実 地 の 経 験 に基 づ く作 品 で あ る こ と を考 え れ ば 、 教 区 内 を家 庭 訪 問
す る と き 目に し た 光 景 を 潤 色 し た の で あ ろ うか 。 こ こ に 挙 げ られ た 悪 行 の 数 々 は 、
ま さ に 衝 動 的 な 快 楽 で あ り、 禁 欲 ・節 制 の 敵 で あ る。 また これ らの 情 況 は、 カ ル ヴ
ァ ン主 義 の ジ ュ ネ ー ヴ で 教 会 当 局 が 各 家 庭 を訪 問 し、 怠 け て な い か 、 酩 酊 して い な
い か 、 よか らぬ 悪 事 に 身 を染 め て い な い か 監 視 し て い た の と、 相 通 じ る も の が あ ろ
う19)。な お 、 プ ラ トンは ア テ ナ イ の よ うな 寡 頭 政 治 の 弊 害 を述 べ る 際 、 殖 財 の 道 を
ひ た す ら進 み 、金 に の み 執 着 す る支 配 者 を 浪 費 家 と断 罪 し、「怠 け 蜂 」に た とえ る 。"as
thedronespringsupinthecell,apestofthehive,sosuchamangrowsupinhis
home,pestofthestate?"「
ま る で 蜂 の 巣 穴 の ひ とつ に 怠 け 蜂 が 発 生 し巣 箱 の 疫 病 と
な る よ う に、 そ の よ うな 人 間 が 家 庭 に育 ち 国 の 病 とな る。」(『国 家 』第8巻)20)腐
っ
た林 檎 が 箱 に ひ とつ あ る とす べ て に伝 染 す る 如 く、 個 々 人 の 怠 惰 が 国 全 体 に蔓 延 す
る とは 、 ハ ー バ ー トも同 じ考 え 方 だ 。
一97一
また 、 ハ ー バ ー トに よ る と、 田 舎 牧 師 は 病 弊 の 原 因 を 究 明 す る だ け で は 事 足 りず 、
教 区 民 に 説 諭 して 怠 惰 を な くす た め 尽 力 し な け れ ば な らぬ とい う。
AndbecauseIdlenessistwofold,theoneinhavingnocalling,theotherin
walkingcareleslyinourcalling,hefirstrepresentstoeverybodythenecessity
ofavocation.Thereasonofthisassertionistakenfromthenatureofman,
whereinGodhathplacedtwogreatInstruments,Reasoninthesoul,anda
handintheBody,asingagementsofworking:SothateveninParadiseman
hadacalling,andhowmuchmoreoutofParadise,whentheevillswhichheis
nowsubjectunto,maybeprevented,ordivertedbyreasonableimployment.
Besides,everygiftorabilityisatalenttobeaccountedfor,andtobe
improvedtoourMastersAdvantage.YetisitalsoadebttoourCountreyto
haveaCalling,anditconcernestheCommon-wealth,thatnoneshouldbeidle,
butallbusied.(Works,p.274)
(そ し て 怠 惰 に は 二 種 類 あ る 、 ひ とつ は 仕 事 が な い こ と、 も う ひ と つ は い い 加 減
に 仕 事 を す る こ と で あ り、 牧 師 は ま ず 仕 事 の 必 要 性 を 皆 に 説 く。 こ の 主 張 の 拠
り所 は 人 間 の 本 質 か ら 導 き 出 さ れ る 。 つ ま り、 神 は 人 問 に ふ た つ の 素 晴 ら し い
道 具 、 魂 に は理 性 を、 身 体 に は 手 を 与 え た 。 そ れ に よっ て 我 ら人 間 は労 働 に 従
事 で き る よ うに な っ た 。 楽 園 に お い て で さえ 、 人 に は仕 事 が あ っ た 。 ま し て 楽
園 の 外 で は、 今 陥 っ て い る悪 事 が 仕 事 に よ っ て 妨 げ られ 回避 で き、 な お さ らで
あ る 。 そ の 上 、 天 稟 つ ま り天 賦 の 才 は、 我 が 主 に収 支 報 告 を し、 主 の た め に 増
殖 す べ き も の[タ
レ ン ト]で
あ る 。 さ ら に 、 仕 事 に 就 くの も ま た 国 民 の 義 務 で あ
り 、 だ れ ひ と り と し て 怠 惰 で は な く働 き者 で あ る こ と が 国 家 に と っ て も 重 要 で
あ る 。)
「創 世 記 」 に よ る と、 人類 の 始 祖 ア ダ ム が エ デ ンの 園 に置 か れ た と き、 そ こ は食 べ 物
を差 し出 す あ らゆ る木 々 が 地 に繁 茂 し て い た が 、 そ れ で も主 な る 神 は庭 の 手 入 れ や
樹 木 の 勢 定 を す る よ う命 じ られ た とい う(2章15節)21)。
一98一
楽 園 追 放 の あ と、 額 に汗 し
て 天 与 の 仕 事 に打 ち 込 め ば 、 怠 惰 に な らず 悪 事 に 手 を 染 め る こ とが な い 、 つ ま り、
禁 欲 ・節 制 の 手 段 とな る。 ま さ に プ ロ テ ス タ ン トに典 型 的 な 考 え 方 だ。 な お 、 「マ タ
イ福 音 書 」25章14-30節
「タ ラ ン トンの た と え」に よ る と、 あ る主 人 が 遠 出 をす る際 、
下 僕 に そ れ ぞ れ の 能 力 に 応 じて1タ
ラ ン トン、2タ
戻 っ て きた と き収 支 報 告 を させ る 。1タ
ラ ン トン、5タ
ラ ン トンを 預 け 、
ラ ン トンの 者 だ け が 利 殖 を 得 られ ず 、 主 人
の 不 興 を 買 う。 タ ラ ン トン は古 代 ギ リ シ ャ ・ヘ ブ ル の 通 貨 単 位 で、 英 語 の タ レ ン ト
(talent)は こ の 語 に 由 来 す る 。 天 与 の 才 能 ・能 力 は、 後 生 大 事 に保 管 して お くの で は
な く、 勤 労 に よ っ て 利 潤 を得 るべ きだ とい う話 で 、 お 金 儲 け を正 当 化 す る 文 脈 、 カ
ル ヴ ィニ ス トに引 用 され る。 ハ ー バ ー トも そ の 家 系 は 、 イギ リ ス ・プ ロ テ ス タ ン トの
旗 頭 ペ ンブ ル ック 伯 爵 家 と縁 戚 関 係 に あ る。 長 兄 の エ ドワー ド ・ハ ー バ ー トは そ の
推 挙 で 駐 仏 特 命 大 使 を務 め 、 後 に 男 爵 の 位 に 叙 せ られ る 。 ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー トは
ケ ン ブ リ ッ ジ大 学 の 要 職 で 政 界 に進 む足 掛 か りと な る は ず の 大 学 代 表 弁 士 と な る
つて
が 、 夢 破 れ て 結 局 は、 ペ ン ブ ル ッ ク伯 爵 の伝 で そ の お 膝 元 ウ ィル トン ・ハ ウ ス 近 く
べ マ トンの 教 区 牧 師 の 僧 職 を得 る22)。ペ ン ブ ル ッ ク伯 爵 の 派 閥 の 中 に は 、 ヴ ァー ジ
ニ ア な ど植 民 地 事 業 に 加 担 す る投 機 的 な 冒 険 商 人 もい た 。 ハ ー バ ー トは これ らの 派
閥 の 雰 囲 気 を身 近 に 感 じ、 意 図 的 に 文 中 に そ の 思 想 の 一 端 を 盛 り込 ん だ と思 わ れ る。
とこ ろ で 、 長 老 派 の 牧 師 リチ ャ ー ド ・バ ク ス ター(RichardBaxter,1615-1691)は
実 践 的 な 問 答 集 『キ リス ト教 徒 の 指 針 』(AChristianDirectory,1673)で
、
、個 人の救
い の た め 世 事 を捨 て 去 る こ と の是 非 を問 い 、 次 の よ う に戒 め て い る。
Everyonethatisamemberofchurchorcommonwealth,mustemploytheir
partstotheutmostforthegoodofthechurchandcommonwealth:public
serviceisGod'sgreatestservice...AndGodhathcommandedyousomeway
orothertolabourforyourdailybread,andnotliveasdronesonthesweatof
othersonly.InnocentAdamwasputintothegardenofEdentodressit;and
fallenmanmust"eathisbreadinthesweatofhisbrow,"Gen.iii.19;andhe
that"willnotworkmustbeforbiddentoeat:'2Thess.iii.6,10,12.zs>
(教 会 や 国 家 の 一 員 で あ る 者 す べ て は 教 会 と 国 家 の 福 祉
..
の た め に 、 で
き う る 限
り自分 の 才 能 を発 揮 しな け れ ば な りま せ ん 。 人 々 の た め に尽 くす こ とが 神 へ の
最 大 の奉 仕 に な ります 。[中 略]そ し て神 は 日々 の パ ンを手 に す るた め に何 らか
の 方 法 で 働 き、 怠 け 蜂 の よ うに 他 者 が 汗 水 流 し て得 た も の を貧 らな い よ うに 命
じて い ま す 。 罪 の な い ア ダ ム は 手 入 れ をす る た め に エ デ ン の 園 に置 か れ 、 堕 落
後 は 額 に汗 して パ ン を食 べ な け れ ば な りませ ん。[「 創 世 記 」3章19節]そ
して
働 か な い 者 は 食 べ て は な り ませ ん 。[「 テ サ ロ ニ ケ 信 徒 へ の 手 紙 」{2}3章6
・10・12節])
浮 浪 者 や 生 活 の 扶 助 を受 け て い る 者 だ け で は な くて 、 た とえ 働 か な くと も生 きて い
け る 富 裕 層 、 貴 族 や ジ ェ ン トリー 階 級 で あ っ て も独 り瞑 想 に 耽 り祈 る の で は な く、
社 会 の 中 で 仕 事 に 励 み 日々 の 糧 を得 る こ と が 人 の 生 き る道 だ と い う。 や は り、 怠 惰
は 労 働 の 敵 で あ り、 説 教 壇 か ら も激 し く非 難 さ れ 、 「怠 け蜂 」が そ の象 徴 と し て 用 い
メル クマ ル
られ る 。 ミル トンに と っ て も、 仕 事 こそ 人 間 の 徴 表 で あ る 。 「
神 は 、 昼 と夜 と同 じ く、
労 働 と!休 息 と を交 互 に 人 間 に 課 し て お られ る(中 略)1他
な く(中 略)1し
の 生 き物 に は別 に 仕 事 も
か し 人 間 に は 、/日 々 定 め られ た 心 と体 の仕 事 とい う もの が あ る 。
そ れ が 人 問 の1尊 厳 を示 し て お り …
」(平井 正 穂 訳 『
失 楽 園 』第4巻)24)
怠 惰 の象 徴 とな る 雄 の怠 け 蜂 は 、 『
失 楽 園』 で 天 地 創 造 の 第6日 目、 無 数 の 生 き物
が 生 み 出 さ れ る 際 、 蟻 の あ と姿 を現 す 。
Swarmingnextappeared
Thefemalebeethatfeedsherhusbanddrone
Deliciously,andbuildsherwaxencells
Withhoneystored.(ParadiseLost,VII,489-492)zs>
(つ ぎ に 、 群 を な し て/雌
蜂 が 現 れ 、 美 味 豊 か な 食 物 を 供 し て1そ
の 良人で ある
こ しら
雄 蜂 を 養 う と とも に 、 蜜 を入 れ る!蜜 蝋 を持 え て い た。[第7巻
、34頁 】)
『
失楽 園』が 出版 された のは、王立 協会 設立後 の1667年 である。『
昆 虫の劇場』と同様 、
女 王蜂 の存在 は確 認で きない もの の、雌 の働 き蜂 と雄 の怠 け蜂 との 関係 は明確 に理
一100一
解 され て い る 。
さ ら に 、 ハ ー バ ー トは 長 子 相 続 制 の も と親 の 跡 目 を 継 げ な い 二 男 ・三 男(ハ ー バ
ー ト自 身 もジ ェ ン トリー 階 級 の五 男 で あ っ た)の 無 為 な生 活 もや り玉 に挙 げ る
。
AsforyoungerBrothers,thosewhomtheParsonfindsloose,andnotingaged
intosomeProfessionbytheirParents,whoseneglectinthispointisintolerable,
andashamefullwrongbothtotheCommon-wealth,andtheirownHouse:To
them,afterhehathshew'dtheunlawfulnessofspendingthedayindressing,
Complementing,visitingandsporting...(Works,p.277)
(嫡 子 で な い 子 弟 に つ い て は 、 彼 ら を 牧 師 は 自 由 気 ま ま で あ る と 考 え 、 そ れ も 親 は
彼 らを 職 に就 け ず 、 そ の 親 の 怠 慢 た る や 、 こ の点 に お い て は 許 容 で きな い ば か りか 、
一 族 や 国 家 に対 して 恥 ず べ き悪 業 とな って い る
。彼 ら に 、衣 装 に 凝 り、お 世 辞 を 言 い 、
訪 問 し 、 遊 ん で 時 を 浪 費 渉 る こ と が 非 合 法 で あ る こ と を 示 し た あ と …)
上 流 階 級 の 子 弟 で 伊 達 男 が す る 「衣 裳 に 凝 りお 世 辞 を言 う」は 、 よ ほ ど 目障 りだ
っ た の か 椰 楡 の 対 象 とな り、 酔 生 夢 死 の 生 活 態 度 を嫌 うハ ー バ ー トの 心 性 が 現 れ る
26)
。 ハ ー バ ー トは こ れ ら の 輩 に、 商 工 業 の 基 本 とな る 民 法 と、 頭 脳 の鍛 錬 の た め 数
学 とを 教 え 、 そ の あ と築 城 術 と航 海 術 を 習 得 さ せ る よ う奨 め る。 そ れ で も彼 らが 興
味 を示 さ な い な ら、 「新 大 陸 の 植 民 地 以 外 に働 け る と こ ろ は な い」("wherecanhe
busiehimselfbetter,theninthosenewPlantations,anddiscoveryes..:?"[Works,
p.278」)と
、 「牧 師 の 傭 瞳 」の 章 を結 ぶ27)。
とこ ろ で 、 ハ ー バ ー トの 親 友 にハ ン テ ィン ドン州 リ トル ・ギ デ ィ ン グ の 地 に宗 教 共
同 体 を拓 い た ニ コ ラ ス ・フ ェ ラー(NicholasFenar,1592-1637)が
い る。 ハ ー バ ー ト
と 同 じケ ン ブ リ ッジ 大 学 出 身 で 、 父 親 の 跡 を 継 ぎ 商 人 とな っ た が 、 投 資 して い た ヴ
ァー ジ ニ ア ・カ ンパ ニ ー が 突 然 、1624年
に 認 可 を取 り消 され た 。 ヴ ァ ー ジニ ア が 国
王 の 直 轄 植 民 地 に な っ た か らだ 。 そ れ を機 に(あ る い は恨 み に思 い)、 一 族 の 者 と自
足 自給 の 瞑 想 生 活 に入 る。 フ ェ ラ ー の 従 弟 で や は りハ ー バ ー トの 親 友 と な っ た アー
‐ioi‐
サ ー ・ウ ッ ドノス(ArthurWoodnoth,c.1590-c.1650)は
ロ ン ドンの フ ォス ター レ ー
ンで 金 細 工 商 あ る い は 金 融 業 に携 わ っ て い た が 、 身 近 な ふ た り、 一 方 は宗 教 共 同 体
の リー ダ ー を務 め 、 も う一 方 は 田舎 の 教 区 牧 師 を勤 め る の に 刺 激 され て か 、 聖 職 に
就 く決 意 を 表 明 す る。 ウ ッ ドノ ス は 自分 の 生 業 に つ い て 、 如 何 に して キ リス ト教 徒
は 良 心 の 呵 責 な く商 工 業 に 勤 しむ こ とが で きる の か 、 とい う疑 問 を も とよ り抱 い て
い た らし い 。 あ るい は、 金 融 業 に従 事 して い た の で あ れ ば 、 「
利 子 所 得 の 罪 悪 」に さ
い な ま れ て い た か も しれ な い 。 フ ェ ラ ー は 、 中 世 以 来 の原 則 、 公 平 ・公 正 な 価 格 設
定 を 語 気 を 強 め て 主 張 し、 従 弟 に転 職 す る な と繰 り返 す ば か りで あ っ た28)。1631年
10月 の こ と、 ウ ッ ドノ ス は ハ ー バ ー トの 継 父 で ヴ ァー ジ ニ ア ・カ ンパ ニ ー に 携 わ っ
て い た ジ ョ ン ・ダ ンヴ ァー ズの ア シス タ ン トを務 め て い た が 、 従 兄 フ ェ ラー の 助 言 に
は飽 きた らず 、ハ ー バ ー トに も転 職 の 相 談 を す る。 同 年10月13日
付 の ウ ッ ドノ ス か
らフ ェ ラー に 宛 て た 手 紙 に よる と、 ど うや ら出 世 で き る望 み が 薄 く勤 め 口 を 変 え 聖
職 者 に な りた い とい う。 ハ ー バ ー トは即 答 を 避 け 、 翌 日、 文 書 に し た た め 読 み 上 げ
た とい う。7項
目 に わ た っ て 反 対 理 由 を 示 す も の の 、 例 え ば使 徒 パ ウ ロ の 掟 「お の
お の 召 され た とき の 身 分 に と ど ま っ て い な さい 」(「コ リ ン ト信 徒 へ の 手 紙 」[1]7章
20節)を
援 用 し、 芽 が 出 な い と言 うな ら種 を 蒔 い た こ とは 確 か で 収 穫 を待 ち な さ い
と説 得 す る が 承 伏 しが た い。 そ れ で さ ら に翌 日、 ハ ーバ ー トは付 則 を ひ とつ 補 い 職
業 倫 理 を 表 した とい う。
Foranyscrupleofleavingthetrade,throwitaway.whenweexhortpeopleto
continueintheirvocation,itisinoppositiontoidlenes.workratherthendoe
nothing.buttochuseahigherwork,asGodgivesmehigherthoughts,&to
risewithhisfavours,cannotbutbenotonlyallowablebutcommendable.
Thecaseofministers&magistratesisanotherthing,&theoneareGods
servants,theotherthecommon-wealth,&thereforenotrelinquishablewithout
theirmastersconsent.butaTradehavingtwothingstheoneimployment,the
otherprofit.theworkTmaychange,theprofitt,Iammasterof.z9)
た め ら
(生業 を辞 めるの にほんの少 しで も躊 躇 いがあ るな ら、そ の考 えを捨 て去 りな さ
一102一
い 。 人 に 現 在 の 職 業 を続 け る よ うに 勧 め る の は 、 そ れ が 怠 惰 の 対 極 に 立 つ も の
で す か ら。 無 為 に 過 ご す よ りは 働 きな さい 。 しか し、 神 が 私 に さ らに 崇 高 な 考
え をお 与 え に な る 如 く、 さ ら に 高 尚 な仕 事 を 選 び そ し て神 の 恩 寵 を 得 て 出 世 す
る こ と は、 許 容 さ れ る ば か りか 称 賛 され る べ きこ とで あ りま す 。 聖 職 者 と政 治
に 携 わ る 者 の場 合 は 商 工 業 とは 別 で 、 前 者 は 神 の 遣 い で 、 後 者 は 国 家 の 使 い で
あ り、 し た が っ て 、 主 や 主 君 の 同 意 な し に辞 め る こ とは で き ませ ん。 しか し商
工 業 に は ふ た つ の 面 、 仕 事 と利 益 、 自分 で 変 え られ る仕 事 と意 の ま ま に で き る
利 益 が あ ります 。)
ウ ッ ドノ ス は 説 得 さ れ 、 ダ ン ヴ ァ ー ズ の も とに 留 ど ま り植 民 地 事 業 の 草 分 け と し て
名 を残 す こ と に な っ た 。
ハ ー バ ー トは 詩 人 で 、 散 文 の 形 で 長 広 舌 を 揮 っ た 勤 労 と怠 惰 の 対 置 を 詩 の 形 で 縮
約 して提 示 す る。 『
聖 堂 ゴ(TheTemple,1633)に
Church-Porch")で
納 め られ た 「教 会 の 袖 廊 」("The
、 無 為 な 生 活 を避 け 怠 惰 に 身 を任 せ る な、 と教 訓 を垂 れ る。
Flieidlenesse,whichyetthoucanstnotflie
Bydressing,mistressing,andcomplement.(11.79-80)
(怠 惰 を 吹 き飛 ば せ 、 け れ ど も 、 そ れ は 、 衣 装 に 凝 り、
恋 人 と 戯 れ 、 お 世 辞 を 言 う こ と で 果 た せ る も の で は な い 。)
この 怠 惰 は 、 プ ラ トンの 『国 家 』で 指 摘 され た よ う に、 実 は イギ リス 全 土 に 蔓 延 して
い る と い う。 続 け て 、 「あ あ 、 英 国 よ、 罪 に ま み れ た 国 、 な か で も 怠 惰 に 」("O
England!fullofsinne,butmostofsloth."1.91)と
断 罪 す る。
これ まで 見 て きた こ とか ら、 ハ ー バ ー トが 用 い る蜜 蜂 の イ メ ー ジ は プ ロ テ ス タ ン
トが 推 奨 す る勤 労 の象 徴 で 、 怠 惰 を戒 め る も の で あ っ た。 だ が 、 説 教 壇 で 攻 撃 され
標 語 とし て 援 用 さ れ る 「
雄 の 怠 け 蜂 」は 、 彼 の 著 作 に 現 れ る こ とは な い 。
一103一
皿
ヘシオ ドスと怠 け蜂
ア リス トテ レス よ りも前 の 時 代 に蜜 蜂 の 勤 勉 さ を描 い た 詩 人 は 、 紀 元 前700年
ろ の ヘ シ オ ドス(Hesiod)で
ご
あ る。 ホ メ ロ ス は ヘ シ オ ドス の先 輩 叙 事 詩 人 で、 た しか
に 蜜 蜂 の イ メ ー ジを 用 い る が 、 そ れ は 会 議 の 場 へ 繰 り出 す 兵 士 の 軍 勢 を表 して い る。
その有様 は、 さなが らに ぎっ しり群 れ塊 った蜜蜂 の群が 次か ら次へ と
つつ ろ
空 洞 の 岩 よ り絶 えず 新 規 に繰 り出 して は や っ て 来 る よ う、
集 団 を な して 春 に咲 く花 々 の 上 を飛 び 回 って ゆ き、
此 処 に い っぱ い群 れ て 飛 び 交 う と見 れ ば 彼 処 に も飛 び 交 わす
そ の さ ま に も似 て …(『
イ ー リア ス』呉 茂 一 訳 、 第2書)30)
蜜 蜂 の 自 由活 発 な働 きぶ りが 観 察 され 比 喩 と な っ て い るが 、 主 眼 点 は勤 勉 さ で は な
い 。 同様 に 、 ホ メ ロ ス を 下 敷 き に しな が ら ミル トン は、 地 獄 に 堕 ち た サ タ ンの 呼 び
か け に よ り鷹 下 の 天 使 た ちが 万 魔 殿(パ
ンデ モ ニ ウ ム)に 参 集 す る様 を 蜜 蜂 に な ぞ
らえ る が 、 や は り焦 点 は勤 勉 さで は な い 。
太 陽が金 牛宮 に入 る陽春 の頃 ともなれ ば、蜜蜂 は彩 しい
若蜂 の群 をそ の巣か ら外 へ追 い出すが 、それ らの群 は、
い くつか の塊 りとなって爽や かな朝露 や花 の間 を右 往 左往 して
じょう さい
飛 びかい、か と思 うと、 いわば藁 の城砦 ともいえる
巣箱 の外 郭、つ ま り酸郁 た る蜜液 が 附着 した ばか りの
滑 らか な板 の上 に降 りた ち、行 きつ戻 りつ しなが ら
国家 の大事 を協議 す ることが ある 一 まさにその光景 を
きゅうぜん
思 わせ るのが飛 翔す る天使 の群 が 笏然 として集 ま り、
ひし
韓 め き合 って い る姿 で あ っ た 。(『失 楽 園 』第1巻 、49-50頁)
「詩 編 」118番12節
の 聖 句 「彼 らは蜂 の よ う に我 を 包 囲 し、 茨 が 灰 儘 に 帰 す よ う に消
一104一
滅 す る 」が ミル トン の 念 頭 に あ っ た か も知 れ な い 。 聖 書 で は、 普 通 、 蜜 蜂 は勤 勉 の
象 徴 で は な く、 敵 の 襲 来 や 脅 威 を 表 す 。 い ず れ に して も、 こ こで は 蜜 蜂 は 悪 の 象 徴
とな っ て い る。
『
詩 論 』で 知 られ る 古 代 ロ ー マ の ホ ラ テ ィ ウス(Horace,65-8B℃.)は
文学研 究者 ・
批 評 家 で あ りな が ら、 拝 情 詩 人 で も あ る。 彼 に よ る とギ リ シ ャの 先 輩 詩 人 ピ ン ダ ロ
ス は 白鳥 で 、 彼 自身 は 蜜 蜂 だ とい う。
デ ィ ル ケ ー の 白 鳥[ピ ン ダ ロ ス]が 、 雲 奔 る た か き境 に 駆 け る とき は 、 つ よ き風
が つ ね に こ れ を 飛 翔 せ しめ ます もの 。(さ れ ど)こ の わ た しは 、 マ テ ィー ヌス(の
山)の 蜜 蜂 の 、 限 りもな き杜 、 水 ゆ た け きテ ィー ブ ル の 川 岸 を め ぐ り、 骨 折 りて
うたびと
う
た
快 き香 草 を摘 む に も似 た る す が た に て 、 つ つ ま し き詩 人 とし て 、 推 敲 の 詩 歌 を
も の しま し ょう。(藤 井 昇 訳 『
歌 章 』第4巻 第2節)31)
古 典 学 者 ギ ル バ ー ト ・ハ イ エ ッ トの解 説 に よ る と、 ホ ラ テ ィウ ス は 自身 、 蜜 蜂 の よ う
だ とい う。 勤 勉 で 、 地 面 に 近 い 所 を少 しの 距 離 だ け 飛 び 、 様 々 に 異 な っ た 無 数 の花
か ら甘 い 蜜 を 集 め る 。 た しか に 白 鳥 の 方 が 強 く、 人 目 に 立 っ て 美 し い 。 だ が 、 蜂 は
蜜 を作 る。 蜜 とい う もの は この 世 で 独 特 の もの で 、無 数 の 花 の 香 りを秘 め 、 食 物 で
あ る だ け で は な く不 死 の 象 徴 で もあ る、 とい う32)。
蜜 蜂 が 蜜 を 漁 る情 景 は古 今 東 西 普 遍 的 な も の で あ る が 、 そ れ を 目に す る者 の 感 覚
次 第 で 様 々 な イ メ ー ジが 形 成 さ れ る。 上 記 以 外 で は 例 え ば、 モ ンテ ー ニ ュ
(Montaigne,1533-1592)の
『
エ セ ー 』(Essays)の
一 節 が 挙 げ ら れ る。 「蜜 蜂 は あ っ
ち こ っ ち と花 を あ さ っ て 、 そ の 後 で こ れ か ら蜜 を作 り ます 。 こ の 蜜 は 全 部 彼 らの も
の で す 。 も は や た ち じゃ こ う草 で もマ ヨナ ラ草 で もあ りませ ん 。」(原 二 郎 訳 、 第1巻
第26章
「
子 供 の 教 育 に つ い て 」)33)モ ンテ ー ニ ュ が こ こ で 言 い た い の は、 古 の 権 威
あ る 言 葉 を 鵜 呑 み に す る の で は な く、 十 分 咀 囎 して 自分 の もの に す べ きだ 、 と い こ
と で あ る。 ち な み に 、 ア リス トテ レス は 蟻 と蜜 蜂 と蜘 蛛 の違 い を、 「ア リは 何 も狩 り
取 らず{何 か 作 り出 す こ と も な く}、す で に で きあ が っ た もの を 集 め る だ け で あ る が 、
ク モ は 何 も作 らず 、 何 も貯 え ず 、 餌 を 狩 り捕 る だ け で あ る。 しか る に[中 略]ミ ツ バ
一105一
チ は 何 も狩 り捕 らな い が 、 自分 で 食 物 を作 っ て 貯 え る」 と分 析 し て い る 鈎)。
蜜 を集 め た働 き蜂 が 夕 暮 れ 巣 箱 へ と帰 る姿 は 、 シ ェ イ ク ス ピ ア の 『トロ イ ラ ス とク
レ シ ダ』(1602年 頃)で 、 ギ リ シ ャ 軍 の 位 階 制 度 の 模 範 とな っ て い る。 メ ネ レー ア ス
の 妻 ヘ レ ン奪 還 を 期 して トロイ を包 囲 し て 、 は や7年
。 長 引 く戦 争 に 決 着 が つ か な
い 理 由 を討 議 す る ギ リ シ ャ軍 。 ユ リ シー ズ の 分 析 で は、 我 が 軍 の 指 揮 系 統 の乱 れ が
原 因 で あ る とい う。そ の 元 凶 が ア キ レ ウス で あ る と、総 大 将 ア ガ メ ム ノ ンに 進 言 す る。
Whenthatthegeneralisnotlikethehive
Towhomtheforagersshallallrepair,
Whathoneyisexpected?(TroilusandCressida,1.iii.81-83)
(総 大 将 は 蜂 の 巣 箱 に 似 て 、/働
き蜂 が す べ て そ こ に戻 って 来 る の で な け れ ば 、
/如 何 な る 蜜 が 期 待 で き よ う 。)
総 大 将 と兵 士 との 理 想 の 関 係 が 、 わず か の 詩 行 で 簡 明 に 示 され る。
とこ ろ が 、 蜜 蜂 と勤 労 とが ひ とつ の 連 結 と し て 人 類 史 上 は じ め て 登 場 す る の は 、
ヘ シオ ドス の 教 訓 叙 事 詩 『仕 事 と 日々 』(WorksandDays)だ
。 話 の 大 枠 は 、 ヘ シオ
ドス 自 身 が 父 の 遺 し た土 地 を め ぐ り、 裁 判 で 策 を 弄 す る 弟 ペ ル セ ス に 正 義 と労 働 の
大 切 さ を 語 る 、 とい う もの で あ る。 特 に前 半 で は 、 人 聞 に は労 働 と い う宿 命 が 課 せ
られ 、 農 作 業 に 精 を 出 す こ と こ そ 飢 え ず に暮 らす 最 善 の 方 策 だ と訓 戒 を 垂 れ る 。 勤
労 の 尊 さを 詠 ん だ箇 所 に 蜜 蜂 が 現 れ る 。
神hも 人 々 も、 怠 け もの に は とが め を む け る 、
針 の な い 怠 け ば ち の性 根 が よ くな い と。
仕 事 を怠 け 、 働 き もの の み つ ば ち の 労 苦 を喰 らっ て い るか ら、 と。
(中略)人 間 は 怠 け もの を に くむ もの 。
農 は 恥 で は な い 、 怠 け た 暮 らし こ そ 恥 な の だ 。(久 保 正 彰 訳)35)
1618年 ロ ン ドンで 、 ホ メ ロ ス の 翻 訳 者 と して 著 名 な ジ ョー ジ ・チ ャ ップ マ ン(George
一106一
Chapman,1559-1634)に
GeorgicsofHesiocl)の
よ り 『仕 事 と 日 々 』 が 、 『ヘ シ オ ド ス の 農 耕 詩 』(The
タ イ トル で 出 版 さ れ る 。 当 該 の 箇 所 は 、
Whoeueridlyliues,bothGods,andMen
Pursuewithhatefullandstill-punishingspleene.
Theslothfullmanislikethesting-lesseDrone,
Thatallhispower,anddisposition,
EmploiestorobthelaboursoftheBee;
Andwithhissloth,deuourherIndustrie....
Hatewithinfernallhorror,th'idleDrone.
Labour,andthriue;andth'idle'twillin且ame.
Noshametolabor;slothisyok'twithshame.s6>
と詩 的 に 置 き換 え ら れ る。 こ こで 怠 け 蜂 とは 、 同 じ父 の 遺 し た 財 産 を使 い 果 た し、
さ らに 分 け 前 を 訴 訟 で 要 求 す る 浮 浪 者 同然 と な っ た 弟 ペ ル セ ス を指 す と の 指 摘 もあ
る が37)、普 遍 的 に は、 農 事 に 勤 し む の が 神 が 嘉 す る 人 間 の 道 で あ り、 働 き者 の 蜜 蜂
を 大 い に 誉 め そ や す 代 わ りに怠 け 蜂 を こ き下 ろ し、 諸 悪 の 元 凶 が 怠 け者 とい う構 図
が 示 さ れ る。
ま た 、 ヘ シ オ ドス は も う ひ とつ の 作 品 『
神 統 記 』(Theogony)で
、 怠 け蜂 の 比 喩 を
さ ら に展 開 す る。 パ ン ドラ神 話 を語 る際 、 妻 が 美 の 破 滅 の 原 因 で あ る と説 く。 そ れ
自体 は、 諸 家 に よ り指 摘 され る よ うに 、 ヘ シ オ ドス の 女 性 蔑 視 の 一 端 が 窺 え る箇 所
で あ る が 、 女 性 が 怠 け 蜂 と同 じで あ るか らと理 由 づ け が な され る。
Forfromhercomestheraceoffemalewomen,agreatwoeformortals,
dwellingwithmen,nocompanionsofbalefulpovertybutonlyofluxury.As
whenbeesinvaultedbeehivesnourishthedrones,partnersinevilworks‐all
daylonguntilthesungoesdown,everyday,thebeeshastenandsetupthe
whitehoney-combs,whiledronesremaininsideamongthevaultedbeehives
一ion一
andgatherintotheirownstomachsthetoilofothers...38)
(彼 女[パ ン ドラ]に 人 間 の 大 きな 禍 の種 、 女 の 種 族 が 由 来 す る 。 赤 貧 洗 うが 如
き者 とは 連 れ 添 わ ず 、 裕 福 な 者 と だ け 連 れ 添 う。 そ れ は あ た か も、 ドー ム 状 の
巣 箱 の 中 で 蜜 蜂 が 悪 行 を為 す 連 れ の 怠 け蜂 を養 う の に 似 て い る 。 毎 日、 日が 暮
れ る まで 終 日、 蜜 蜂 は 白 い 蜂 巣 造 りに 勤 しむ の に 、 怠 け 蜂 は とい う と ドー ム状
の 巣 箱 に 陣 取 り蜜 蜂 の 揚 が りを お 腹 に放 り込 む …)
先 に触 れ た よ うに 、 古 代 ギ リシ ャで は蜜 蜂 の 性 別 は曖 昧 で あ り、 こ こで 現 代 的 な知
見 を持 ち 込 み 「ドロ ー ン」("(hones")を
「
雄 蜂 」 と訳 す と、 男 女 ・雌 雄 の 対 置 が 逆 転
して 不 適 切 で あ る 。 重 要 な の は 、 『仕 事 と 日々 』 と同 様 、 働 き者 の 蜜 蜂 は 善 、 浪 費 家
の 怠 け 蜂 は 悪 とい う構 図 で あ り、 昆 虫 学 者 の 視 点 か ら眺 め た雄 蜂 で は な く、 詩 人 の
比喩 表現 としての 「
怠 け 蜂 」の 誕 生 で あ る 。
とこ ろ で 、ヘ シオ ドス は 『
仕 事 と 日々』と 『
神 統 記 』の 両 方 で 、 パ ン ドラ神 話 を語 る。
火 を 盗 ん だ 神 プ ロ メ テ ウ ス と人 類 最 初 の 女 性 パ ン ドラ の 話 。 ヘ シ オ ドス が 説 くパ ン
ドラ神 話 で 共 通 す る話 の 筋 は こ うだ 。 先 を 見 通 す 力 の あ る神 プ ロ メ テ ウ ス が 主 神 ゼ
ウ ス を 罠 に か け 騙 す と、 腹 を 立 て た ゼ ウ ス は そ の 報 復 に人 間 の 頼 み とす る 火 を そ の
視 界 か ら遠 ざ け る 。 と こ ろが 、 好 智 に長 け た プ ロ メ テ ウ ス は 大 ウ イ キ ョウ の 窪 み に
火 種 を 隠 匿 し、 ゼ ウ ス の 目 を盗 み 人 聞 に与 え る。 怒 り心 頭 に 発 した ゼ ウ ス は 新 た な
禍 を人 間 に 与 え よ う と、オ リ ンパ ス の神 々 に命 じて 人 類 最 初 の 女 性 を造 らせ る。神 々
よ り贈 り物 を 与 え られ た の で 、 彼 女 は パ ン ドラ と呼 ば れ た 。 プ ロ メ テ ウ ス は 先 々 の
用 心 か ら、 弟 エ ピ メ テ ウ ス に 神 々 よ り贈 り物 を 受 け 取 らぬ よ う指 示 を与 え て あ っ た
が 、 あ と で後 悔 す る と言 う名 に 違 わ ず 弟 はパ ン ドラ を 妻 に迎 え 、 人 類 の破 滅 を招 く。
『
仕 事 と 日々 』で は 、 パ ン ドラ が好 奇 心 か ら神 々 よ り授 か っ た 壷(あ るい は 甕 や 瓶 、
あ るい は 箱)の 蓋 を 開 け る と、 人 間 を 懲 ら しめ る 目的 で 神 々 が 悪 意 を 込 め て 贈 っ た
災 禍 が 一 斉 に 飛 び 出 し、 そ れ 以 前 に は 未 知 で あ っ た不 幸 、 病 気 、 辛 い 労 働 が 遍 満 す
る に 至 る。 た だ 、 慌 て た パ ン ドラが 蓋 を閉 め た壺 の 中 に 、 「希 望 」(エ ル ビス)だ け が
残 っ た とい う。 は た して 、 希 望 が 悪 意 の 贈 り物 の 範 疇 に 入 る か 否 か 、 議 論 の 分 か れ
一108一
る と こ ろ で あ る 。 た しか に 、 一 見 し た と こ ろ 、 希 望 は 悪 意 の 贈 り物 に相 応 し くな い
よ うに 思 わ れ る 。 だ が 、 ヘ シ オ ドス は こ の 教 訓 的 な叙 事 詩 の 冒 頭 、 詩 の 女 神 ム ー サ
た ち に 鼓 吹 を 祈 願 し た あ と、2種
類の 「
争 い 」(エ リス)に つ い て 新 説 を 唱 え る 。 人
を不 幸 に 陥 れ る妬 み や 嫉 妬 に 起 因 す る悪 い 意 味 で の 「争 い 」ば か りで は な く、 人 を
繁 栄 に 導 く向 上 心 に 由 来 す る よ い意 味 で の 「争 い 」が あ る と。 「
争 い」には二面性 が
あ る 、 つ ま り、 捉 え 方 に よっ て 両 刃 の 剣 に な る と い う物 事 の 見 方 を提 唱 して い る と
考 え られ る。「希 望 」につ い て 、ヘ シオ ドス は2種 類 あ る と うた っ て い る訳 で は な い が 、
詩 人 の 「争 い 」に つ い て 、 先 述 の 解 釈 ・分 析 に 基 づ け ば、 人 の 命 を繋 ぐポ ジ テ ィヴ
な 「希 望 」だ け で は な く、 夢 を諦 め ず 人 生 の 局 面 で 新 た な 一 歩 を踏 み 出 せ な くす る
ネ ガ テ ィヴ な 「希 望 」 も想 定 さ れ よ う。 見 方 に よ っ て は 、 「希 望 」 は必 ず し もバ ラ 色
だ け と は 限 らず 、 悪 意 を も って 収 め た 贈 り物 の ひ とつ と考 え られ る。
こ の パ ン ドラ神 話 を、 偶 然 の 一 致 か 、 ハ ー バ ー トが 「滑 車 」("ThePulley")で
援
用す る。
WhenGodatfirstmademan,
Havingaglasseofblessingsstandingby;
Letus(saidhe)poureonhimallwecan:
L,ettheworldsriches,whichdispersedlie,
Contractintoaspan.(11.1-5)
(神 が は じ め て 人 間 を 創 り給 う た と き、
人 間 の か た わ らで 恵 み の グ ラス を手 に持 ち
さ あ 、[仰
せ ら れ た]持
て るす べ て を注 ぎ込 み
散 在 す る世 の 富 を
掌 の 大 き さ に 縮 約 さ せ よ 、 と 。)
通 常 は 、 ひ たす ら神 の 言 葉 に信 を置 き世 俗 的 な イ メ ジ ャ リー を 避 け る ハ ー バ ー トで
あ る が 、 こ こ で は ギ リ シ ャ神 話 を下 敷 きに 、 しか も巧 妙 に 裏 返 した 形 で 語 り始 め る 。
様 々 な 財 宝 と う い うべ き もの が 人 間 に 与 え られ た と こ ろ で 、 「
希 望 」な らぬ 「
安息」
一109一
("Rest")が 底 に 止 ま っ て い る。 ス タ ンザ の 最 終 行(底)に
「
安 息 」が 鎮 座 す る よ う工
夫 が 凝 ら され る。
Sostrengthfirstmadeaway;
Thenbeautieflow'd,thenwisdome,honour,pleasure:
Whenalmostallwasout,Godmadeastay,
Perceivingthataloneofallhistreasure
Restinthebottomelay.(11.6-10)
(そ れ で 、 ま ず 力 が 躍 り 出 た 、
そ れ か ら美 が 進 み 出 た 、 次 ぎ に 智 慧 と 名 誉 と 快 楽 が 続 い た 。
ほ とん どす べ て が 出尽 く した と き、 神 は手 を休 め、
す べ て の 財 宝 の うち 、 安 息 だ け が
グ ラ ス の 底 に 残 っ て い る の に 気 付 か れ た 。)
とこ ろが 、 ハ ー バ ー トの 神 は こ こ ま で 来 て 逡 巡 す る。 は た して 「安 息 」 を人 間 に 与 え
た もの か と。 なぜ か と い う と、 人 間 は 神 の贈 り物 「
安 息 」に 満 足 して 、 そ の 贈 り主 た
る 神 に感 謝 し な くな る の で は ない か 、 との 懸 念 が 払 拭 で きな い か らで あ る 。 『
仕事 と
日々 』で ヘ シ オ ドス が 示 唆 す る 「希 望 」 と同 様 に 、 「安 息 」が 捉 え 方 に よ っ て は 両 刃
の 剣 とな る可 能 性 が あ る。 パ ン ドラ神 話 は 、 イ ギ リス ・ル ネ ッサ ンス 時 代 に 人 口 に
胎 表 した 話 の ひ とつ で あ り、 ハ ー バ ー トが 「滑 車 」 を構 想 す る際 ヘ シオ ドス か ら直 接
に 着 想 を得 た とは 思 え な い が 、 ヘ シ オ ドス 的 な物 事 の 二 面 性 の 捉 え方 が 共 通 し て い
る こ と、 また 聖 書 の 世 界 か ら離 れ て あ え て ギ リシ ャ の 古 典 を ベ ー ス に し た こ と、 さ
ら に勤 勉 な 蜜 蜂 の イ メ ー ジを 他 の 詩 で 援 用 して い る こ とを 考 慮 す る と、 両 者 に 共 通
性 が な い と断 言 で き よ うか 。
むす び
17世 紀 イ ギ リス で は、 プ ロテ ス タ ン トの 職 業 倫 理 か ら仕 事 の重 要 性 が 叫 ば れ 、 牧
一110一
師 の 説 教 や 文 学 者 の 詩 に ま で 、 そ の 考 え方 が 忍 び 寄 っ て い る。 牧 師 兼 詩 人 の ジ ョー
ジ ・ハ ー バ ー トも時 代 精 神 の 影 響 を 免 れ ず 、 詩 の 中 に 蜜 蜂 の イ メ ー ジ を挿 入 す る。
人 類 史 上 は じめ て 蜜 蜂 の イ メ ー ジ を用 い な が ら勤 労 の大 切 さ を 訴 え た の は、 ヘ シ オ
ドス で あ っ た 。 そ れ 以 来 、 働 き蜂 と怠 け 蜂 を 対 比 させ 、 勤 労 を 勧 め る と と も に怠 惰
を諌 め る こ と は 普 遍 的 な テ ー ゼ と な り、 ま た 雄 の 「
怠 け 蜂 」の 象 徴 が 昆 虫 学 の 知 見
も相 侯 っ て 古 典 の 素 養 の あ る プ ロ テ ス タ ン トに も受 け入 れ られ た もの と推 察 され る 。
ペ ンブ ル ッ ク伯 爵 の プ ロ テ ス タ ン ト派 閥 に属 し て い たハ ー バ ー トが 、 カル ヴ ィニ ズ
ム の 考 え 方 に多 少 とも影 響 さ れ 、 労 働 や 仕 事 の 大 切 さ を 説 くの に蜜 蜂 の イ メ ー ジ を
用 い た の は 、 ヘ シオ ドス に 深 く感 化 さ れ た とい う訳 で は な い が 、 古 典 の 伝 統 を 無 意
識 の うち に受 け 入 れ た 証 左 で は な い だ ろ うか 。
註
)
1
ジ ョ ー ジ ・ハ ー バ ーrの
引 用 は 、TheWorksofGeorgeHerbert,ed.F.E.Hutchinson(1941;
corn.rpt.Oxford=ClarendonPress,1945)に
よ る。 以 下 本 文 中 の引 用 につ い て、 詩 の 場 合 は、 題
)
2
名 と行 数 を 示 し 、 散 文 の 場 合 は 、Worksと
略 記 し 頁 数 を 示 す 。 詩 の 邦 訳 は 、 鬼 塚 敬 一 訳 『ジ ョー
ジ ・ハ ー バ ー ト詩 集 』(南 雲 堂 、1986年)を
参 照 した 。 な お、 散 文 の 邦 訳 は 試 訳 。
Cf.MorrisPalmerTilley,ed.,ADictionaryoftheProverbsinEnglandintheSixteenthand
) 4
),
3
SeventeenthCenturies(1950;rpt.NewYork:AMSPress,1984),p.37.
ア リ ス トテ レ ス
『
動 物 誌(下)』
島 崎 三 郎 訳 、 全2冊(岩
波 文 庫 、1998-1999年)166頁
、181頁
。
Pliny,NaturalHistory,trans.H.Rackham,vol.30fBooks8-ll,2ndedn.(1940;Cambridge,
) ) )
5 1
07
Mass.:HarvazdUniversityPress,1983/1997),p.441andp.449.
ア リ ス トテ レ ス
『
動 物 誌(上)』
前 掲 、25頁
。
ス ウ ィ フ ト 『桶 物 語 り ・書 物 戦 争 』深 町 弘 三 訳(岩
波 文 庫 、1968年11988年)160-193頁
ア リ ス トテ レ ス
。 ア リ ス ト テ レ ス 『動 物 発 生 論 』 島 崎 三 郎 訳 、
『動 物 誌(下)』
ア リ ス ト テ レ ス 全 集 第9巻
第4歌
前 掲 、169-182頁
所 収(岩
波 書 店 、1969年)228-234頁
。
。 ウ ェ ル ギ リウス の
『農 耕 詩 』
で は 、 ブ ー ゴ ニ ア と 呼 ば れ る 蜜 蜂 再 生 の 秘 法 が 紹 介 さ れ て い る 、 「殺 さ れ た 若 い 雄 牛 の 腐
敗 し た 血 が 、 こ れ ま で し ば し ば 、 蜜 蜂 を 生 み 出 し た か ・ ・9」(ウ
小 川 正 廣 訳 、[京 都 大 学 出 版 会 、2004年1187頁)ま
ェ ル ギ リウス
『
牧 歌/農
耕 詩 』
た 、 旧 約 の 「士 師 記 」 で は 、 サ ム ソ ン が
「あ
の ラ イオ ンの 屍 を見 よ うと脇 道 に そ れ た とこ ろ、 ライ オ ンの 死骸 に は蜜 蜂 の群 が い て、 蜜 が あ っ
た 。」(『聖 書
新 共 同 訳 』[日 本 聖 書 協 会 、1987年1[旧]469頁)以
下 、 聖 書 の邦 訳 の 引用 は この
)
8
版 に よ る。
シ ェ イ ク ス ピ ア の 引 用
は 、Shakespeare:CompleteWorks,ed.WJ.Craig(1905;London:
一111一
OxfordUniversityPress,1954/1974)に
よ り、 以 下 本 文 中 に 、 幕 、 場 、 行 数 を 示 す 。
9)ThomasMoffet,TheSilkewormesandtheirFlies,ed.VictorHouliston(1599;rpt.Binghamton
,
N.Y.:Medieval&RenaissanceTexts&Studies,1989).
10)ThomasMuffet,TheTheaterofInsects,inTheHistoryofFour-FootedBeastsandSerpents
andInsects,vol.3(1658;rpt.NewYork:DaCapoPress,1967),pp.891-892.
11)ジ
ョ ン ・ミ ル ト ン 『イ ン グ ラ ン ド国 民 の た め の 第 一 弁 護 論 お よ び 第 二 弁 護 論 』 新 井 明 ・野 呂 有 子
訳(聖
12)ウ
学 院 大 学 出 版 会 、2003年)42頁
、146頁
ェ ル ギ リ ウ ス 、 前 掲 書 、188-189頁
13)バ
。
。
ー ナ ー ド ・マ ン デ ヴ ィ ル 『蜂 の 寓 話 一
私 悪 す な わ ち 公 益 』泉 谷 治 訳(法
11頁 。 な お 、 原 文 は 、"TheywerenotSlavestoTyranny
政 大 学 出 版 局 、1985年)
,!Norrul'dbywildDemocracy;!But
Kings,thatcouldnotwrong,because/TheirPowerwascircumscrib'dbyLaw
.°(Bernard
Mandeville,TheFableoftheBees,ed.F.B.Kaye,vol
.1[1924;rpt.Indianapolis,-N:Liberty
Press,1988],p.17)
14)KeithThomas,ManandtheNaturalWorld:ChangingAttitudesinEngland1500-1800(1983;
rpt.NewYork:OxfordUniversityPress,1996),p.62
出 版 局 、1989年}83頁
註)な
の 説 は 彼 の 死 後 、1752年
.(『人 間 と 自 然 界 』 山 内 測 監 訳[法
お 、 河 津 千 代 訳 『牧 歌 ・農 耕 詩 』新 装 版(未
に 発 表 さ れ た 」(327頁
15)Aelian,OntheCharacteristicsofAnimals
、 訳 註[5])と
い て は 、 カ ー ル ・フ ォ ン ・ブ リ ッ シ ュ
16)ア
あ る。
前 掲 、182頁
。
19)ト
.919.
『宗 教 と 資 本 主 義 の 興 隆(上)』
11993年)156頁
くま学
を参 照 。
リ ス トテ レ ス 『動 物 誌(下)』
ー ニ ー
き蜂 に よ る 雄 蜂 の 殺 裁 に つ
『ミ ツ バ チ の 生 活 か ら』 桑 原 寿 太 郎 訳(1975年;ち
17)ThomasMullet,TheTheateroflnsects,op.cit.,p
18)ト
政 大 学
は 、 「こ
,trans.A.F.Scholfield,vol.10fBooks1-4
(Cambridge,Mass.:HazvazdUniversityPress,1958),PP・23-25.働
芸 文 庫 、1997年)78-79頁
来 社 、1994年)に
出 口 勇 蔵 ・越 智 武 臣 訳 、 全2冊(岩
波 文 庫 、1965年
参 照 。
ー ニ ー 、 前 掲 書 、188頁
参 照 。
20)Plato,TheRepublic,trans.PaulShorey,vol.20fBooksVI-X(London:Heinemann
1963),pp。267-269.藤
沢 令 夫 訳
『国 家(下)』
全2冊(岩
,1935/
波 文 庫 、1979年/1980年)で
は 、 「雄 蜂 」
と訳 さ れ て い る(191頁)。
21)"AndtheLORDGodtooktheman,andputhimintothegazdenofEdentodressitandtokeep
it."(TheHolyBible,KingJamesVersion[NewYbrk:AmericanBibleSociety
,1986],p.2);「
主
な る 神 は 人 を 連 れ て 来 て 、 エ デ ン の 園 に 住 ま わ せ 、 人 が そ こ を 耕 し、 守 る よ う に さ れ た 。」(『聖
書
22)山
新 共 同 訳 』 前 掲 、[旧]3頁)
根 正 弘 「ア ン ・ク リ フ ォ ー ド と ジ ョ ー ジ ・ハ ー バ ー トー
大 学 英 文学 会 編
ペ ンブ ル ック伯 派 閥 の 中 で一
『英 語 英 文 学 研 究 』 第66号(2010年3月)61-81頁
23)AChristianDirectory,vol.IofThePracticalWorksofRichardBaxter(1846;rpt
SoliDeoGloria,2000),p.115.マ
義 の 精 神 』 大 塚 久 雄 訳 、 改 訳 版(岩
ッ ク ス ・ヴ ェ ー バ ー
.Morgan,PA:
『プ ロ テ ス タ ン テ ィ ズ ム の 倫 理 と 資 本 主
波 文 庫 、1989年12000年)298-299頁
Malcolmson,Heart-Work:GeorgeHerbertandtheProtestantEthic(Stanford:Stanford
UniversityPress,1999),pp.37-38.
一112一
」創 価
参 照 。
参 照 。Cf
.Cristina
24)ジ
ョ ン ・ミ ル ト ン 『
失 楽 園(上)』
平 井 正 穂 訳 、 全2冊(岩
波 文 庫 、1981年/1983年)195頁
。 以 下 、
『失 楽 園 』 の 邦 訳 は 平 井 訳 を 拝 借 し 、 本 文 中 に 、 巻 、 頁 数 を 示 す 。
25)JohnMilton,ParadiseLost,ed.StephenOrgelandJonathanGoldberg(Oxford:Oxford
UniversityPress,2004/2008),p.182.
26)ハ
ー バ ー トの 先 輩 詩 人 ジ ョ ン ・ダ ン は 「聖 職 者 に な っ た テ ィ ル マ ン 氏 に 」("ToMr
、 酷 似 す る 語 句 を 使 用 し て い る 。 「そ の 彼 ら は 、 あ た か も 終 日 、
衣 装 に 凝 り、 恋 人 と 戯 れ 、/お
世 辞 を 言 う の に 費 や す と い う の に 」(26-30行)。
そ の影 響 関 係 に
つ い て は 、 山 根 正 弘 「ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー トの 聖 職 者 に な る こ と へ の 逡 巡 一
ジ ョ ン ・ダ ン の 『聖
職 者 に な っ た テ ィルマ ン氏 に』 と関 連 して一
『英 語 英 文 学 研 究 』
第58号(2006年3月)73-90頁
53-63頁
27)ハ
.Tilmanafter
hehadtakenorders,"1618)で
」(前 編)創
。 お よ び 同(後
価 大 学 英 文 学 会 編
編)『 英 語 英 文 学 研 究 』 第59号(2006年9月)
。 を参 照 。
ー バ ー トの 親 友 ニ コ ラ ス ・フ ェ ラ ー と ア ー サ ー ・ウ ッ ド ノ ス の 親 戚 筋 に エ ド ワ ー ド ・コ レ ッ ト
が い る 。 両 親 が リ トル ・ギ デ ィ ン グ に 移 り住 ん だ と き 、 ロ ン ド ン で 徒 弟 と し て 働 くが 不 良 少 年 で
一 族 の悩 み の種 だ っ た
。 サ ザ ー ク に あ る 場 末 の 居 酒 屋 に 通 い 詰 め 、 借 金 ま み れ に な り挙 げ 句 の
果 て 解 雇 さ れ た 。 ウ ッ ド ノ ス は 彼 を 日 雇 い の 下 男 で さ え 務 ま る か ど うか 危 ぶ み 、 最 後 の 手 段 と し
て ヴ ァ ー ジ ニ ア か バ ー ミュ ダ 諸 島 に 遣 る し か な い と考 え る 。Cf
.AZ.Maycock,1>icholasFerran
ofLittleLidding(1938;rpt.GrandRapids,Mich.:WilliamB.Eerdmans,1980),pp
.247-248.
29)Ibid.,pp.162-163;pp.245246.
29)B.Blackstone,ed.,TheFerrarPapers(Cambridge:CambridgeUniversityPress
30)ホ
メ ー ロ ス 『イ ー リ ア ス(上)』
31)ホ
ラー テ ィウス
呉 茂 一 訳 、 全3冊(岩
『
歌 章 』 藤 井 昇 訳(現
,1938),p.270.
波 文 庫 、1953-1958年11982-1983年)51頁
代 思 潮 社 、1973年)184頁
。
。
32)GilbertHighet,TheClassicalTradition:GreekandRomanInfluencesonWesternLiterature
(1949;rpt.NewYbrk:OxfordUniversityPress,1985),p.226.(ギ
文 学 に お け る 古 典 の 伝 統[上1』
33)モ
ン テ ー ニ ュ
1603年
『エ セ ー(一)』
ル バ ー ト ・ハ イ エ ッ ト 『西 洋
柳 沼 重 剛 訳 、 全2冊[筑
原 二 郎 訳 、 全6冊(岩
摩 叢 書 、1969年
〆1985年]237頁)
波 文 庫 、1965-1967年/1986年)288頁
の ジ ョ ン ・フ ロ ー リ オ に よ る 英 訳:"TheBeesdoehereandtheresuckethis
thatflower,butafterwazdtheyproducethehony
。
,andcull
,whichispeculiarytheirowne,thenisitno
moreThymeorMajoram°(Montaigne'sEssays,trans.JohnFlorio,3vols.[1603;rpt
.London:
Dent,1980],1,p.157)
34)ア
リ ス トテ レ ス 『
動 物 誌(下)』
35)久
保 正 彰(編
松 平 千 秋 訳
前 掲 、169-170頁
訳)『 ギ リ シ ャ 思 想 の 素 地
。
ヘ シ オ ドス と 叙 事 詩 』(岩 波 新 書 、1973年)205-206頁
『
仕 事 と 日 』(岩 波 文 庫 、1986年/2000年)で
も 人 も と も に 憤 る 、/怠
け 者 は そ の 性 情 が 、 雄 蜂 の 労 苦 の 結 晶 を 、/み
い つ ぶ す 針 の な い 雄 の 蜜 蜂 に 似 て お る 」(47頁)と
36)GeorgeChapman,trans.,TheGeorgicsofHesiod(1618;rpt
。
は 、 「怠 惰 な 生 を 送 る 者 に 対 し て は 、 神
ず か らは働 きもせ ず 食
、 「雄 蜂 」 と訳 さ れ て い る 。
.NewYork:DaCapo,1971),p.15.
37)MariaS,Marsilio,FarmingandPoetryinHesiod'sWorksandDays(Lanham
,Maryland:
UniversityPressofAmerica,2000),p.12.
38)Hesiod,Theogony,WorksandDays,Testimoia
,trans.GlennW.Most(2006;corr.rpt.
Cambridge,Massachusetts:HarvardUniversityPress,2010),p,5L廣
川 洋 一訳
『神 統 記 」(岩 波
つれあ
文 庫 、198412010年)で
は、 「男 た ち とい っ しょに暮 らす に も/忌 まわ しい 貧 乏 に は連 合 い とな ら
一113一
ず
はち す
裕福 とだ け連 れ合 うのだ。/ち ょうど 釣 りかぶ さった蜂窩で
悪業 を論
雌
どもを養 うように/す なわち
精出 して働 き 白い蜂窩 を作 るのに/雄 蜂 どもは
と
/他 人 の稼 ぎを
その釣 りかぶ さった蜂 窩の奥に坐 りこんで
り
自分 た ち の 胃袋 の なか に 収 穫 こむ …
る。
一114一
蜜蜂 たちが/連 れ立って
蜜蜂た ちはUh6n7u陽 が沈 むまで/昼 の問は
」(76-77頁)と
、 「雄 蜂 」と訳 され て い
ダウンロード

おョージ・ハーパートとヘシオドス 一働き蜂と怠け蜂一