携帯電話のソフトウエアについて
GROUP E3
2004MT004
2004MT006
2004MT035
2004MT069
2004MT098
浅岡 奈津貴
別所
佑美
伊藤 真智子
中野
恵里
杉谷 ゆき枝
目次
• はじめに
• アプリ について
– Java
– BREW
• プラットフォームについて
– BREW
– Linux, Symbian OS
• 松下電器情報システムを見学して
• 今後の携帯電話の展望と課題
はじめに
調べた結果、下の2つをとりあげることにしました。
• アプリ
– Javaアプリ
– BREWアプリ
• プラットフォーム
– DoCoMo, Vodafoneは Linux または Symbian OS
– auはBREW
では…それぞれ何が違うのか?
Javaアプリケーション
• 携帯電話用の開発プラットフォームとして利用されている。
– NTTDocomo、Vodafone(auでは現在使われていない)
• 「勝手アプリ」:自由に作成・配信が可能。
→数・機能ともに豊富。
• 通信速度や内蔵メモリ容量などとの兼ね合いによる厳しいサイズ制限
• 携帯のキャリアによってプロファイルが違う
→相互に互換性がない
キャリア
プロファイル
アプリ一般名称
NTT DoCoMo
DoJa
iアプリ
au
MIDP
EZアプリ(Java)
vodafone
MIDP
Vアプリ
Javaアプリ:技術
• Java仮想マシン
Vアプリ
iアプリ
JSCL
• ライブラリ、プロファイル
-CLDC
-JSCL,MIDP
-DoJa
DoJa
MIDP
CLDC
Java仮想マシン(JavaVM)
Javaアプリ:技術
• Java仮想マシン
(JavaVM)
• JavaME(J2ME)
– CDC/CLDC
– J2EE,J2SEとの違い
• プロファイル
– MIDP/DoJa
家電製品
携帯電話
Javaアプリ:プロファイル
MIDP
• 特徴
-アプリケーションをダウンロード
-通信機能
-アプリケーションでデータの読
み書きができる
• 開発の現状
DoJa
• 特徴
-ファイルシステムを持たない
-ネットワーク通信を行うことができる
• 開発、実行形態
-クロス開発
-Jar形式でパッケージ化し、携帯電
話にダウンロード
• 互換性の問題
BREWとは
• auのアプリで使用
• Binary Runtime Environment for Wirelessの略
• 米国Qualcomm社が開発したCDMA携帯電話向けアプリ
ケーションプラットフォーム
• CやC++のネイティブコードでプログラミング可能
• アプリのアップデート可能
BREWの特徴
・高速
・軽量
・拡張可能
Javaの場合10秒に対し、BREWならわずか1秒
BREWは少ないメモリで動く。
第三者がBREW自体の機能を追加できる(エクステンシション)
例、EZFM(ラジオ)
『BREWを用いることで可能な事』
•
•
•
•
•
•
•
コミュニケーション(メッセージ、電子メール)
交通および他の位置情報(GPS)
ゲーム
金融取引、証券取引
娯楽(音楽、ビデオ)
情報(飛行トラッキングおよびニュース、天候、スポーツ)
拡張(第三者がBREW自体の機能を追加できる)
BREWアプリ開発手順
前準備
開発
以下のものをインストールする
・Visual C++
・BREW SDK
・KDDI拡張パッケージ(必要に応じて)
PC上での開発
↓
コンパイル
↓
PC上でエミュレート、デバッグ
↓
実機上でデバッグ
↓
BREWアプリケーション
認証
自社内でテスト(テストシートあり)
↓
KDDIで認証試験
↓
アプリ提供
iアプリとBREWの対比表
機能
iアプリ
BREW
言語
Java
C/C++
実行環境
仮想マシン
ネイティブ
プログラムサイズ
10kバイト
制約なし・ハードウェアに依存
起動速度
遅い
速い
実行速度
遅い
速い
プログラム著名
なし
あり
セキュリティ
動作範囲に制約
著名必須
通信
HTTP/HTTPSのみ
TCP/IP・UDP(任意)
開発環境
無償配布
無償配布
アプリの公開
誰でも可
設定を受けたプログラムのみ
プラットフォーム
• 携帯電話のソフトウェア開発の問題
– メーカー独自に開発
高度化, 複雑化, 大規模化
労力・コスト削減のために基本となる部分は共通化
プラットフォ-ムの統一へ
au: BREW
NTTドコモ, Vodafone: Linux
Symbian OS
高度化
大規模化
BREW
• プラットフォームとしてのBREW
– モバイル向けに開発されたソフトウェア実行環境
– 携帯電話間の仕様の違いを吸収する(BREW
APIを提供する)
– REX OS上で動作
– シングルタスク
– BREW APIの拡張可能
アプリケーション
ゲーム
ナビ
アプリ
ブラ
メール
ウザ
メーカ独自
実装部分
(UI,電話帳…)
BREW
OS(REX)
チップ, デバイスなどハードウェア
ソフトウェアの構成
アプリケーション
ゲーム
ナビ
アプリ
FM ラジオなど
BREW
JavaVM
エクステンション
API
API
ブラ
メール Javaアプリ
ウザ
拡
張
メーカー
独自アプリ
拡
張
エクステンション
メーカ独自
実装部分
(UI,電話帳…)
OS(REX)
チップ, デバイスなどハードウェア
FM ラジオ受信機
など
メーカー独自の拡張機器
ソフトウェアの構成 APIの拡張
BREWまとめ
• 長所
– モバイルに向く
– アプリケーションの移植性が高い
– 柔軟に拡張できる
• 短所
– クアルコムの技術に多くを頼っている
Linux&Symbian OS
• Symbian OS
– イギリスのSymbian社が開発
– ノキア、モトローラ、サムスン、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズといった世
界の携帯電話メーカーでは主流
– 日本では富士通、三菱電機、シャープ、がソニーエリクソンがFOMAに使用
– ユーザーインタフェイス機能はサポートされていない(各社独自のインタフェースにできる)
• Linux
–
–
–
–
オープンソース
ライセンスの料金がかからない?
強力なメモリ管理機能やツールの豊富さ
開発者の中にLinux経験者が多い→教育コストの削減
MOAP
• MOAP(Mobile Oriented Applications Platform)
– モバイル指向のアプリケーションプラットフォームという意味
– NTTドコモが中心となって推進
– FOMA向け携帯電話基盤ソフトウェア
• Symbian OSとLinuxに対応
– Symbian OSがMOAP(S)、LinuxがMOAP(L)
☆ 今年6月、ドコモ、NEC、モトローラ、パナソニック モバイルコミュニケー
ションズ、英ボーダフォン・グループ、サムスン電子の6社が、Linuxによる
携帯電話向けソフトウェアプラットフォームの構築を
推進することに合意。
松下電器を見学して
Panasonic社製携帯電話(FOMA)の変化
2003年 P900i発売
– ITRON(リアルタイムOS)を採用していた
2004年 P901i発売
– 省電力がかなり改善された(以前はすぐに電池切れ)
– これ以降は業界標準のLinux OSに移行
※性能的にはリアルタイムOSのほうが上
なぜ?
Linux OSの採用について
• リアルタイムOSは各社独自の仕様で開発しているため再利用しにくい。
→Docomo側から業界全体で統一するように提案。
• 政治関係もあるらしい(後は企業秘密ということで・・・)
現状・・・
• 導入当初はリアルタイム性に欠けていたが、改良され使えるレベルに。
• アプリケーション機能が多いため、パケット通信速度が遅くなる
⇔BREWの方が数段速い
今後・・・
• ミドル層の機能の数がかなり増え複雑化しているため、BREWのようにミ
ドルウエアの標準化も第4世代に向けて、一応検討されている。
携帯電話アーキテクチャ
機能ブロック
伝送
アプリケーション
ソフトウェア
開発における特徴
• 100人規模
• 1機種つくるのに1年(設計4ヶ月・検査6ヶ
月)
• 納期が厳しい→日程遅れは収益に影響
• バグの原因は設計書が洗練されていない場
合が多い。
開発手順
対応
↓
要求を分析
システム定義
機能分割
機能部毎の
設計
関数毎の設計
要求仕様の
確認
システム全体の
試験
数万個レベル?!
機能部毎の
試験
関数毎の試験
今後の携帯電話の展望や課題
• アプリ
– Javaアプリ
• 互換性の低さをどう解決していくかが課題
– BREWアプリ
• 開発に時間がかかりすぎるのが課題
• GPS機能がJavaよりも優位
• プラットフォーム
– BREW
• マルチタスク化へ向かい統一が進む
– Symbian OS & Linux
• ミドルウエアとして統一するの?
ダウンロード

BREW - NISE