Linux World Expo/Tokyo 2001
5/30(水) 13:10-13:40
6/ 1(金) 11:50-12:20
Windows XP が本当に必要ですか?
~Samba と Windows 導入と運用のコストを考える~
根津
研介
日本Sambaユーザ会 監査監事
(株)ファム コンピュータ事業部
[email protected]
http://www.samba.gr.jp/
Linux World Expo/Tokyo 2001
講師紹介 ~ 根津
研介の略歴
• ’89
産業能率大学経営情報学部 卒業
• ’89
日立ソフトウェアエンジニアリング(株) 入社
• ’89~‘92 日立製ベクトル型スーパコンのOS開発に従事
• ’92~‘93 日本初の国際フレームリレー網によるIP network構築
• ’93~‘99 「日立フリーソフトウェア配布サービス」企画、運営、移植、配布
講演、執筆、ユーザ会活動
• ’98,May HP World’98 HP-CUA「Samba入門」講演
• ’99,Nov. 日本Sambaユーザ会スタッフ
• ’00,Aug.~ LinuxJapan誌「Samba-JP通信」共同執筆、取纏め
• ’00,Nov. 日本Sambaユーザ会 監査監事
• ’01,May SoftwareDesign誌「使える!Sambaサーバ最新構築テクニック」共同
執筆
資格等
• 情報処理学会会員
• 高度情報処理技術者ネットワークスペシャリスト
Linux World Expo/Tokyo 2001
講演概要
• Sambaとは何をするもの?
• Samba+Linuxの実力は?
• Sambaの導入事例
• なぜSambaを使うのか?
• いまSambaを導入すべきか?
Microsoft,WindowsはMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Linuxは、Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標もしくは商標です。
UNIXは、X/Open Company Limitedが独占的にライセンスしている 米国ならびに他の国における登録商
標です。
その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
Linux World Expo/Tokyo 2001
Samba とは何をするもの?
• Windows NT 互換のサーバ機能を提供
– ファイルサーバ、印刷サーバをはじめ、各種の機能を提供
– 各種UNIX互換OS(Linux, FreeBSD等)上で動作
• オープンソースソフトウェア(GPL準拠)
– ソースコードの入手、解析、改変が可能
– 無償で入手し、利用することが可能
• 実績がある
– 企業内導入も多数(全世界の稼働台数は500万台ともいわれる)
– ほぼ全てのLinuxディストリビューションに標準添付
• Miracle Linux for Samba(ミラクルリナックス社)等のSambaに特化したディスト
リビューションも・・・
– Mac OS X Server ではメーカー標準提供
• http://www.apple.co.jp/server/osxindex.html
– ET-NAS20G(アイオーデータ機器)等のNAS製品へも搭載
Linux World Expo/Tokyo 2001
Sambaとは何をするもの?
Windows のサ
ーバとほぼ同じ
クライアントの
設定変更不要
Linux World Expo/Tokyo 2001
Sambaとは何をするもの?
• Samba のあるネットワーク
Samba サーバ
ファイル
認証
Samba PDC
NT PDC
ログオン
ファイルアクセス
ファイル
ログオン
ファイルアクセス
名前解決(WINS)
Windows 95/98/
NT/2000 クライアント
Windows 95/98 クライアント
Linux World Expo/Tokyo 2001
Samba+Linuxの実力は?
• 互換性が不充分ではないか?
• 日本語対応は?
• Windows 2000 等新製品/機能への対応は?
• NTとどちらが性能がいいの?
Linux World Expo/Tokyo 2001
互換性の問題(1)
• 100%互換ではない
–
–
–
–
–
–
ユーザホーム機能など、NTにない機能もある
ドメインコントローラ機能が不充分
アクセス権のサポートが不充分
日本語の扱いにわずかに問題がある
長い共有名やユーザ名で一部問題がある
他のMicrosoftサーバー製品と連携できない
• しかし通常の利用形態では問題にならない
– ファイル/プリンタサーバとしての利用に、機能
的な問題はまったくない
Linux World Expo/Tokyo 2001
互換性の問題(2)
• 必要な機能があればよい
• 使える機能だけ使えばよい
ファイルサーバ
プリンタサーバ
アクセス権
ACL
PDC
BDC
WINS
合計
Samba
○
○
○
△
△
×
△
△
NT
○
○
○
○
○
○
○
○
単純に機能の比較を
しても意味がない
アクセス権
Samba
○
○
○
NT
○
○
○
合計
○
○
ファイルサーバ
プリンタサーバ
必要な機能、使用目
的を満たしているか
Linux World Expo/Tokyo 2001
日本語の利用について
• 日本語版Sambaでは、WindowsNTと98%
互換です
• 日本語の共有名
• 日本語のファイル名
• 日本語のディレクトリ名
• 日本語の機種依存文字(①②Ⅲ等)
• 日本語の外字
– 日本語のユーザ名は使えない
• 設定で回避は可能です
Linux World Expo/Tokyo 2001
新機能への対応
• 継続的に新機能に対応していけるのか
– VA Linux Systems社のAndrew Tridgell氏やJeremy Allison氏など専任
の開発者が新機能対応作業を行っている
– 商用の同種ソフトウェアより多くの機能をサポートしている
• Windows 2000 にもほぼ対応
– Samba 2.0.7 で基本的な共有機能に対応
– Active Directory、ドメインログインには非対応
• 今後サポート予定の機能(一部)
–
–
–
–
ドメインコントローラ機能
長い共有名、ユーザ名のサポート
日本語ユーザ名のサポート
Active Directory
Linux World Expo/Tokyo 2001
性能面の問題(1)
• 1CPU 1LANカードの同一ハードウェアでは
Linuxの方が高速
• http://www.zdnet.com/sr/stories/issue/0,4537,2196106,00.html
Linux World Expo/Tokyo 2001
性能面の問題(2)
• 1CPU 1LANカードの同一ハードウェアでは
Linuxの方が高性能
• 大規模、高負荷なシステムでは Windows NT の方が
高速(ただしLinuxの問題でありSambaの問題ではない)
• http://www.mindcraft.com/whitepapers/openbench1.html
• http://www.zdnet.co.jp/pcweek/news/9906/28/c-002.html
• 導入予定のサーバはどのレベル?
– 部門サーバであれば、Samba+Linuxでも問題なし
– 大規模システムでもLinuxの性能向上により差は僅差に
– 低スペックのマシンでも、そこそこの性能を発揮
Linux World Expo/Tokyo 2001
Samba+Linuxの実力 – まとめ
• 互換性が不充分ではないか?
– 100%互換ではないが、通常の運用では問題なし
• 日本語対応は?
– ごくごく一部で問題があるのみ
• Windows 2000 等新製品/機能への対応は?
– Windows 2000 は Samba-2.0.7では対応済み
– 専任の担当者が開発、サポートの中核にいる
• 性能面の問題
– まったく問題なし
Linux World Expo/Tokyo 2001
Samba 導入事例
•
•
•
•
•
•
全支店ファイルサーバ、キャッシュサーバ
HA構成サーバで1000台の端末にサービス
EWS とのファイル連携
Netware からの移行
NTドメインコントローラの置き換え
Windows NTを全廃
Linux World Expo/Tokyo 2001
全支店ファイル/キャッシュサーバに
• 沖縄銀行様
• 全支店68店舗の支店内ファイルサーバとしてSamba日本語版を使用
• 業務パッケージの更新版のキャッシュとしても利用し、WAN回線を有
効活用
• PCサーバはPowerボタンを押すだけの管理者不要運用
全部課店
共有データ
全部課店
共通
sambaサ
ーバ
業務アプリケーション
自動配布
WAN経由
64Kbps
営業店サーバ
個別に保管
データ
データ保管・AP更新
データ保管・AP更新
SUN
E450
データ保管・AP更新
個別に保管
個別に保管
データ
データ
Linux World Expo/Tokyo 2001
HA構成で1000台の端末にサービス
• 東芝セミコンダクター様
• Sun E-450 2台をHA構成にしてSambaを運用
• 約80台のプリンタ、1000台のPCクライアントを接続
• UNIXファイルシステムとPCファイルシステムの共通化
• 1日のDISK利用ユーザ200、プリンタ利用ユーザ600、同時接続数50
SUN
E450
SUN
E450
HA
構成
Sambaサーバ
Linux World Expo/Tokyo 2001
EWS とのファイル連携
• 某自動車会社様
– SGIワークステーション(IRIX)、samba 2.0.5aを使用
– EWSで作成したファイルをパソコン上の表計算ソフトで解析
– PCからは、指定フォルダのファイルをクリックするだけ
力学演算プログラム
デ
出力結果
EWS - Sambaサーバ
表計算ソフトウェア
解析PC
EWSから直接読み込み
Linux World Expo/Tokyo 2001
Netwareからの移行
• 某国立大学施設部様
– Linux Slackware 3.6、samba 1.9.18p10 を使用
– CPU: PentiumⅡ450MHz , メモリ:128MB ディスク: 40GB
– ユーザ数:登録数:130人,実利用者:約60人
• クオータ(ディスク容量制限)機能やホームディレクトリ(ユーザ専
用ディレクトリ)機能をSambaで実現(NT 4.0での実現は困難)
ユーザホーム機能
置き換え
¥¥samba\yamada
Disk:50MB
クオータ機能
...
Netware
Sambaサーバ
¥¥samba\suzuki
Disk:100MB
Linux World Expo/Tokyo 2001
NTドメインコントローラの代替
• 福岡県立福岡女子大学様
– Cobalt Linux release 4.0、samba 2.0.3
– CPU: MIPS 250MHz メモリ: 64MB
– PentiumIII 500MHz メモリ:256MB ディスク:約16.8GB
• ユーザ数:840名(導入初年度)、最大予定数1,000名
• クライアントマシン:Windows NT Workstation 49台
– すべてドメインログオン
– Sambaのドメインコントローラ機能を利用(NTクライアントのサ
ポートは、まだ正式ではないが、利用中)
Linux World Expo/Tokyo 2001
Windows NTサーバを全廃
• 国際大学様
NTの度重なるダウンに耐えかねて…
– Plamo Linux 1.4.1,2.0alpha、 samba-2.0.4a,2.0.6を使用
– CPU:PentiumIII 500MHz メモリ:256MB ディスク:約50GB
– CPU:Celeron 466MHz メモリ:128MB ディスク:約20GB
• ユーザ数:登録利用者:70人
• クライアント: 約40台
ドメインコントローラ ドメインログオン
ファイルサーバ
WINSサーバ
...
ログオンスクリプト
Sambaサーバ
移動プロファイル
Windows 95/98 クライアント
Linux World Expo/Tokyo 2001
なぜSambaを使うのか?
• 実力がWindows NT/2000 に匹敵しても、それだけでは
ビジネスで使う理由にはならないのでは?
• Samba であることのメリット
–
–
–
–
–
初期導入コストが安い
信頼性が高い
管理コストが低減できる
サポートに差はない
オープンソースであること
Linux World Expo/Tokyo 2001
初期導入コスト
• Samba + Linux は、圧倒的に有利
– Windows NT Server のライセンス費用が不要
– Client Access License(CAL)の費用が不要
OS(5ライセンス)
Samba+Linux
クライアント(500ライセンス)
(TurboLinux Server)
Windows NT
\0
\1,000,000
\2,000,000
\3,000,000
\4,000,000
\5,000,000
\6,000,000
Samba と Windows NT との価格比較の一例
• ソフトウェアの初期導入コストの比較
Linux World Expo/Tokyo 2001
信頼性
• デフォルト状態ならSamba+Linuxが圧倒的有利
– サーバOSとして総稼働時間/MTBFが圧倒的に長い
– Samba は比較的構造が単純
– 有償でサポートするSI企業が急増
New!
• コストをかければ高信頼性を確保できる NT
– 1サーバ1サービスにして、大量のサーバを導入
– 「NT動作保証」のサーバ専用機の導入
– ベンダーとのサポート/保守契約締結
• どこまでコストを掛けられますか?
Linux World Expo/Tokyo 2001
管理コスト
• Windows NT/2000の場合
– GUIで初期導入は簡単なのは事実
• しかし、それは最初だけでは?
– 管理メニューの複雑さ、バッチ処理が苦手
増えつづける
管理コスト
現地対応で
設定変更-再起動
導入時 - GUIで簡単
サービスパック/新規ソフト導入
非互換性でトラブル発生
システム導入!
トラブル発生!
原因不明で
再インストール
システムのライフサイクル
Linux World Expo/Tokyo 2001
管理コスト
• Samba+Linuxの場合
– 初期導入がある程度大変なのは事実
• しかし、その問題も克服されつつある
– GUIツールやバッチ処理に向く省力化機能が満載
長期的には
管理コスト低減に
日常管理の自動化
遠隔から設定変更
変更内容は全て把握
導入時 - Linux技術
者の確保が大変
システム導入!
トラブル発生!
原因を切り分け解決
新規パッケージ導入
RPMで安心
システムのライフサイクル
Linux World Expo/Tokyo 2001
管理コスト
• Samba+Linuxの管理
• Windows NT/2000 の管理
– GUIで初心者でもある程
– 長期的には管理コストが低
減できる
度の管理が可能
– 多少Linux(UNIX)をメンテ
– 管理コストは運用時間・規
できる要員の確保が必要
模とともに増大
• Samba+Linuxの方がコスト削減できる場合が
多いのでは?
–
–
–
–
管理者の確保が必要条件 ~管理者予備軍は増加
Windows の方が管理が簡単と決め付けるのは安易
Windows でうまく動いている場合もある
最終的にはケースバイケース
Linux World Expo/Tokyo 2001
オープンソースであること
• 開発元以外でも、バグ改修や機能追加が行える
– Samba 2.0.9日本語版 1.0
•
管理ツールSWAT(図)の日
本語化
•
オンラインドキュメントの日
本語化
•
日本語処理のバグを改修
•
日本語共有名を利用可能
(オリジナルでは 2.0.7から)
Linux World Expo/Tokyo 2001
Sambaを~使えない(?)~理由
• 必要な機能がない場合
– Windows NT/2000にしかない機能も存在する
• UNIX(Linux)の管理ができない場合
– UNIXの管理者も必要
• 「動作保証」が必要な場合
– NT/2000には「動作保証」があるのか?
• サポートが必要な場合
– Windows NT/2000のサポートとは?
Linux World Expo/Tokyo 2001
NTの動作保証って?
• Windows NTでも、動作の保証はない
–無保証と品質保証規定に明記されている
– Windows NT であっても、最終的には「自己責任」
• 俗にいう「動作保証」とは?
– 不具合時のベストエフォート(最善の努力)を保証
– サポートベンダやSI企業の責任で「保証」
• 「最終責任」に関しては NT も Samba も同じ
• 「動作保証」もSambaはNTと同じ土俵に
Linux World Expo/Tokyo 2001
サポートの真実
• Windows NT が絶対有利ではない
– Microsoft の有償サポート1件 28,000円。ただし、問
題解決の保証なし
– 「バージョンアップしてください」で終わることもある
– http://www.microsoft.com/japan/support/supportnet/
– お金を出せば、相応のことはしてくれるのも事実
• Sambaのサポートは?
– 24時間365日のサポートを謳うサポートベンダも出現
• 「サポート」は万能薬ではないが、
SambaもNTに追いつきつつある
Linux World Expo/Tokyo 2001
Sambaを~使えない(?)~理由 – まとめ
• 機能がない
– Windows NT/2000にしかない機能があるのは事実
• 管理ができない
– Linux技術者は確実に増えています
– 資格認定制度も充実しつつあります
• 「動作保証」がない
– NTに「動作保証」があるのか?
• 商用製品でないのでサポートがない
– NTのサポートとは?
Linux World Expo/Tokyo 2001
なぜSambaを使うのか? – まとめ
• 明らかに低い初期導入コスト
• 信頼性で実績のあるSamba+Linux
– コストをかけないと信頼性が低い Windows NT
• Sambaで管理コストが低減できる場合も多い
– もちろんケースバイケースではある
• 動作保証がないのは、結局Windows NT/2000も同じ
• オープンソースである
最終的にTCOの削減になるから
Linux World Expo/Tokyo 2001
いまSambaを導入すべきか?
• Windows NT/2000/XPと比較して
TCOの削減になるかどうかがすべて
–
–
–
–
信頼性
初期導入コスト
管理コスト
サポート
Sambaが無償なのは初期導入コストのみ
TCOの観点からは一要素にすぎない
Linux World Expo/Tokyo 2001
Samba導入を推奨できる場合
• Linux(UNIX)管理者が存在する時
• コストをかけずに信頼性を確保したい時
• ファイル/プリンタサーバを廉価に構築したい時
– アプリケーションサーバは別途構築か、Webを利用
• 遠隔地にファイル/プリントサーバを分散配置したい時
• 古いPCやワークステーションを有効活用したい時
• ドメインコントローラ機能のためだけにWindows
NT/2000/XPやCALを導入したくない時
• 後は、皆さんの工夫次第です!
Linux World Expo/Tokyo 2001
Sambaの今後
• Samba 2.2 (最新版)の新機能
–
–
–
–
–
Windows2000クライアントのドメインログインサポート
NT互換のプリンダドライバオートダウンロード機能
シングルサインオン機能→ユーザ管理をNTで統合する機能
MS DFS機能
ACL機能
• Samba 3.0 も開発中
– NTドメインのドメインコントローラ機能をサポート
• Active Directory に移行できない人への福音になるかも
– LDAP認証をサポート
• Samba のサポートサービスも開始
– LWE会場を回ってみれば「百聞は一見にしかず」
Linux World Expo/Tokyo 2001
日本Sambaユーザ会
• http://www.samba.gr.jp/
• 一般会員募集中
活動内容
•
各種メーリングリストの運営
•
Samba技術情報の蓄積と日
本語訳
•
Samba国際化(日本語対応)
の実施
•
Samba関連セミナの開催
•
各種メディアでの普及啓蒙
Linux World Expo/Tokyo 2001
さいごに
• 今回の資料につきましては、以下のURLで公開予定で
す
– http://www.samba.gr.jp/event/2001/LWE2001Tokyo/
• ユーザ会会員への加入をお願いいたします
• 企業の賛助会員への参加をお願いいたします
– 費用は無料です
– 各種サービスを予定しております
• 掲載記事など
– Software Design 2001年6月号 「特集:使える!Sambaサーバ
最新構築テクニック」
• Sambaの今を知るのに最適。NTサーバからのリプレースの参考にも。
– Linux Japan 「Samba-JP通信」好評連載中
ダウンロード

こちら - 日本Sambaユーザ会