CNAC安全セミナーレポート
その1
NPO法人海辺つくり研究会
菅家英朗
レポートの概要
• 7月5日と6日の2日間にわたって、埼
玉県のB&G海洋センターでCNAC主
催の安全セミナーが開催されました。
6日の午前中まで参加しましたので、そ
の時の様子を何回かに分けてレポートし
ます。
海辺の活動で万が一事故が起きた時の対
処法として有効です。
CPRとAEDの講習の概要
• 1日目
海辺での事故や応急手当てなどに関する
ザ額と、AEDの使用も含めたCPRの
講習を実施。
• 2日目(午前中のみ参加)
プールにてレスキューチューブを使った
救助法や着衣泳の講習、体験などを実施。
一次救命処置(BLS)の流れ
↓ 当初の観察と接触
安全確認、感染防止
↓
手当のことば
会話できない、一見して動いていない
↓
反応を確認する
反応なし
↓
↓
出血を確認する
→→→ 119番通報・AED
気道確保
呼吸を確認する
↓ 出血あり
止血とショック管理
呼吸が正常
けがの疑いなし
呼吸がない、正常でない
↓ 人工呼吸(最初の2回)
回復体位
つづけて
↓
CPR/心肺蘇生
AEDが入手可能なら ↓
復帰または
30:2
救急隊到着まで
↑ くり返す続ける
除細動
へ
電気ショック1回
その後ただちに心肺蘇生を再開(2分間)
救急隊/医療機関
CPRの手順 その1
①傷病者を発見したら、まず傷病者が倒れ
ている場所の状況(場の危険性など)を
確認する。
②傷病者の肩などを叩きながら声掛けをす
る。
③反応がない場合、周辺の人に応援を求め
る。
この時「どなたか119番してくださ
い」というあいまいな依頼ではなく、お
願いする人を指差しながら「あなたはA
CPRの手順 その2
④まず気道を確保する。
(写真参照)
額に添えた手とあごに
あてた指であごをそらせるようにして
気道を確保する。
⑤気道を確保した状態で、自分の頬と耳を
傷病者の口と鼻のあたりに近づけ(この
時目線は傷病者の胸に向ける)、傷病者
の呼吸を確認する。 → 目で胸の上下
を「見て」、頬と耳で呼吸を「感じ」
「聞く」
CPRの手順 その3
⑥傷病者が呼吸をしていなければ、人工呼
吸と心臓マッサージを始める。
⑦気道を確保した状態(指であごを押さえ
もう一方の手で額を押さえた状態)で、
約1秒間、2回息を吹き込む。この時、
額を抑えている方の親指と人差し指で必
ず鼻をつまむ。
※この時あまり大きく息を吹き込むと傷病者の肺が損傷
する
CPRの手順 その4
⑧左右の手を組み、傷病者の乳頭を結んだ
線の中心部に手首の付け根をあて、10
0回/分のペースで、圧迫部が4~5c
m沈むくらいの強さで心臓マッサージを
行う。この時、腕の力だけで押そうとす
ると疲れるので、肘を伸ばしたまま上半
身の上下動を使って圧迫するようにする。
また、あてている手の指は傷病者の体に
触れないように浮かしておく。
(次頁写真参照)
CPRの手順 その5
右の写真のように、できるだけ肘を曲げずに真上から力を
かけるようにすると疲れが少ない。
手は必ずしも組まなくてよい。自分がやりやすいやり方で。
CPRの手順 その6
⑨ ⑦と⑧を2:30(人工呼吸2回:心
臓マッサージ30回)の割合で、傷病者
が意識を取り戻す(呼吸が回復する)か、
救急車が来るまで続ける。
※通常、119通報から救急車の到着ま
では5~15分程度。
⑩AEDが到着したら、⑨を続けながらA
EDをセットする。セット後はAEDの
指示にしたがう。
(AEDの使い方は次頁参照)
AEDの使い方
①AEDの箱を開けたら、まずスイッチを
入れる。
②あとは機械のガイド音声にしたがって操
作を行う。
なお、メーカーによって操作が異なるた
め、必ず機械のガイド音声にしたがうこ
と。また、製造年によってガイド音声の
内容が異なる場合もあるが、講習の際に
覚えた内容ではなく、実際に使用する機
械のガイド音声にしたがうこと。
AEDの使い方
• AEDの外観
・今回使用したAEDはフィリップス社製の
もの。
・パッドを貼る位置は、右肩甲骨の下と、左
わき腹の2か所。極性はないためどちらに
貼ってもOK。
・電源を入れた後は全自動で作動するため、
操作は音声ガイドにしたがって行えばよい。
CPRの指示も機械が行ってくれる。
AEDの使い方
• 傷病者が回復しても、救急隊が到着するまで電源を切っ
たりパッドをはがしたりしないこと。すべて到着した救
急隊の指示にしたがうこと。(AEDが心拍を含めた
データを記録しているため)
• パッドを貼る場所がぬれている場合はタオルなどで水分
を拭き取る。
• 傷病者の体毛が濃い場合は、安全カミソリなどで体毛を
剃る。
• 一度はがしたパッドは粘着力が弱くなっているので、貼
りなおす場合は必ずスペアのパッドを使う。
• 小児用パッドがない場合は成人用パッドで代用する。
• 乳児に対してはAEDを使用しない。
BLSの留意事項
• 意識があっても自発呼吸ができないこと
もあるため(溺れの時など)、呼吸困難
な状況であればCPRを行う。
• 死亡の判断は医師しかできないため、傷
病者がどのような状況であっても(明ら
かに死亡していると思われるときでも)、
救急車が到着するまでCPRを継続する。
BLSの留意事項
• 感染症の予防
傷病者からの感染を防ぐため、人工呼吸
の際はフェイスシートかポケットマスク
を利用する。また、医療用グローブなど
を装着することも必要。手元にない場合
は、レジ袋など身近なもので代用する。
ダウンロード

「cnac1」をダウンロード