障害者虐待防止
私たちの仕事と取り組み
地域生活リハビリセンター 鈴木いつ子
障害者虐待防止 私たちの仕事
①虐待を生む背景を知ることで施設や事業所、
地域での実践活動における問題点を理解す
る。
②虐待とは何かを理解することで、仕事を振り
かえる視点を理解する。
③日常の仕事を振り返ることで、虐待につなが
るかかわりとは何かを理解する。
④サービス管理責任者として、実践上の課題
や問題点を理解し、解決の方策を学ぶ。
講義内容
• 施設で働くということ
施設という空間の密室性
障害特性と支援者のかかわり(支援技術)
職業への価値観や倫理観
• 虐待あるいは不適切なかかわりとは
• サービス管理責任者の業務と虐待防止の
視点
個別支援計画と虐待防止、人材育成と質
の向上、PDCAサイクルの活用など
施設内での虐待~実態とは
• 「どうせ言ってもわからないから」→暴行や暴力
• (障害のせいで)「落ち着きがない」「他害する」
→(支援の見直しのない)薬の投与、施錠された
部屋への隔離
• 「他に手のかかる利用者がいるから」あるいは
「手のかからない利用者だから」→必要な支援を
しない、手抜き
• 「(怪我をしたのに)見ていなかったからわからな
い」→トラブルの放置
・・・・など
虐待が起こる背景 1
施設という空間
• 集団生活の場→個人の想いと集団の規律
• 閉ざされた空間→刺激が少なく安定している
が、逆に密室になりやすい
• 人目に触れにくい→特殊な空間や習慣が形
成されやすい
虐待が起こる背景 2
障害があること
• 生活上の何らかの困難を抱える人たち
コミュニケーションのしにくさ
感情などのコントロールの難しさ
自分の想いを伝えることの難しさ
自分で思いのままに動けない困難さ
認知の違いや狭さからくるわからなさ
・・・・・・・・・・・・ など
虐待が起こる背景 3
施設のもつ特殊性×障害特性
• 特にかかわりの難しいとされる行動障害があ
る方が虐待のターゲットのなりやすい
その理由は・・・
建物などの問題、職員の配置数の問題、
利用者に対応できる力量のない職員
経営優先で利用者と職員の力量が釣り合
わない等
具体的な虐待場面 1
身体拘束を例に
• 利用者が暴れ出して危険だから、自由を制限す
るような対応をした。
↓
これが何らかの身体的拘束をともなうかかわりだ
としたら・・・
①3要件にあてはまるか
(切迫性・非代替性・一時性)
②慎重な手続きのもと実施されたか
③具体的な記録を残しているか
具体的な虐待場面 2
身体拘束を例に
身体拘束や行動制限が必要と判断する基準を
具体的に明らかにすることが必要となる
本人の状態に合わせた「支援計画」の作成
・・・・ターゲットになる行動の見立て
ストレングスに着目した支援
本人のわかりやすい環境作り
など
虐待や不適切なかかわりとは
• 施設や機関のなかで働いていると「不適切な
かかわり」には必ず出会うという認識をもって
いるか
• 虐待の芽を早期に摘むこと→虐待防止である
*たとえば、「呼称について」、「居室等の施錠
について」、「ヘッドギアの着用について」、「男
女の交際や結婚の禁止」など
サービス管理責任者の役割とは
• サービス提供のためのプロセスの管理
相談の受付けからアセスメント、プランニング、
サービスの実施、モニタリング、評価などの
一連の流れ
• サービスの質を担保できるように施設の職員
の「人材育成」
いつでも、利用者に「最善の支援やサービス
を提供できる」ように、職員の研修やトレーニ
ングを計画したり、実施したりすること
職員としての専門性の確保
• 本人理解や本人や家族、取り巻く環境などを
理解するための知識をもっているか
• 利用者に合った適切な支援方法を提供でき
るだけの技術を持っているか
• 人間尊重などの専門的な倫理観や価値観を
もっているか
*これらを、一人一人の職員が身につけられる
仕組みや制度が施設や機関にあるか
私たちの仕事 まとめ
虐待や不適切な関わりを防ぐために
• 日常の支援を見直すこと
• 支援のプロセスの中で、PDCAサイクルを活用
することで、支援の改善や見直しを図ること
• 職員一人一人の知識や支援技術の向上をは
かること
• 障害者福祉に携わる職員としての倫理観や
価値観を一人一人が自覚し,実践に生かして
いること
障害者虐待防止私たちの取り組み
①虐待を含む権利侵害の実態がわかり、解決
に向けて対策を考えるための視点が理解で
きる
②虐待が発生した際のサービス管理責任者と
しての役割や自らの役割を具体的な対応と
合わせて学ぶ
③虐待発生後の対応や、虐待を発生させない
職員や施設のあり方について学ぶ
14
講義の内容
①事例検討の視点
・講義で確認されたことを事例検討を通して確
認する
②虐待対応や通報等の仕組みの理解
・虐待発生時の対応の流れや通報機関、さらに
その後の対応や連携を他機関ととること
③虐待対応の施設機関内での体制や連携の重
要性の理解
15
虐待や権利侵害が起こった際の対応
初期対応として・・・事実の確認
・聞きとり
・記録の確認
報告・・・誰にどこまでするか
・施設内での報告や情報共有
・外部への報告
虐待や権利侵害が起こった際の対応
具体的な今後の対応策の検討と実施
施設での発生と帰省後など家庭での発生
16
虐待や権利擁護に取り組む機関と
機関等への相談や通報
サービス管理責任者
施設管理者
苦情解決委員会→運営適正化委員会
虐待防止法にもとづく通報
市町村虐待防止センター
• 行政に対する通報
→公益通報者として保護される
(公益通報者保護法)
•
•
•
•
17
具体的な対応として施設内で
できること
・虐待対応マニュアルの整備
・ヒヤリハット報告や事故報告の検討
・職員への教育・研修
・情報共有のための会議や事例検討会の実施
・スーパービジョン体制の確立
・第三者による評価やかかわりの機会の確保
(オンブズ・パーソンなど)
・・・・・・など
18
虐待に対する私たちの取り組み
1. 「不適切なかかわりは虐待である」という認識
を持つこと
2. 虐待はどこでも起こっており、それに対しては
私たちが毅然とした態度で権利侵害を防ぐた
めの声をあげなければ現状は変わらないとい
う認識に立つこと
3. 「私だけは(虐待をしていないから)大丈夫」で
はなく、他の職員の行う虐待を見過ごすことも
重大な過失行為であること
虐待に対する私たちの取り組み
4. 虐待が深刻な権利侵害であり、犯罪につなが
る行為であることを認識すること
5. 組織的な対応や通報のシステムなどがあり
活用できる社会資源を知ること
6.一人ひとりの利用者の生活を守る専門職であ
ることの自覚を持ち、そのために必要な知識や
技術などの獲得、権利について敏感に反応で
きる倫理観を持つこと
7.そのための自己研鑽をおこたらないこと
ダウンロード

障害者虐待防止と私たちの仕事