X線で見たブラックホール
摩擦の力:
ブラックホールがX線で光る様子
隣の星から流れ込むガス
身近なものからブラックホールまで
・手と手をこすり合わせると、熱くなる。
(速さ=秒速1mくらい)
・速くこするともっと熱くなる。
(想像:縄文人がたき火を作る)
・音の速さでやると手が焼けただれるだろう
(速さ=秒速400mくらい
→超音速飛行機は表面が熱い!)
・スペースシャトルの大気圏再突入も熱い!
(速さ=秒速5kmくらい)
・では光の速度の1/3だと??
(速さ=秒速100,000km!)
→壮絶な灼熱の空間が生まれる!
ブラック
ホール
そのものは
輝かない
ゆっくり回る
X線
速く回る
(光の速さの1/3!)
摩擦熱
最大温度2000万度!
吸い込まれるガスは摩擦で加熱
されており、ブラックホールに
落ちる直前に、100万度~
2000万度まで熱くなる
⇒ ブラックホールのすぐ近く
がX線で明るく輝く
X線の温度
キーワード
ブラックホールのごく近くから
X線が強く放射される
右図はX線天文衛星が捉えたブラックホー
ル近くからのX線の色(スペクトル)。色の分
布は温度の分布を表す。
観測されたおんどの分布(赤いデータ)はブ
ラックホールに吸い込まれるガスからのX線
(理論的な予想:青線)にぴったり一致!
X線の「色」の分布はブラック
ホールに吸い込まれる直前のガ
スの様子を教えてくれる
「降着円盤の渦」の
ポスターも見てね
「重力赤方変移」
巨大ブラックホールに落ちる
直前の物質からのX線
ドップラー効果
想像図
強い重力によるずれ
回転による
ずれ
ブラックホール
回転しながら
すいこまれるガス
近づく=青い
X線の
色の予想
地球のある方向
実際の
X線の色
遠のく
=赤い
「分光」のポス
ターも見てね
「あすか」衛星
1993-2000による「発見」
赤い
巨大ブラックホール
「鉄」の色分布(スペク
トル)が示す、
ブラックホール近くの
高速円盤と時空の歪み
青い
日米欧の最新のX線天文
衛星で確認中
ダウンロード

Document