外国語としての日本語教授法一
コミュニカティヴ・パラダイムを中心に
ヨーク大学日本語・韓国語科
太田徳夫
コミュニカティヴ・パラダイム
‘communicative paradigm'
① 教師中心から学習者中心へ
教えるというよりも、学習者が習得するのを助けるという考え方で、教師の役割が大きく変わりました。
② 学習から習得へ
意識的な学習より無意識的な習得を増やすことに主眼が置かれ、色々な要素の自然な習得順序と
かどういう入力 ‘input'を与えれば吸収量 ‘intake'が増すかというようなことが課題になっています。
③ 管理から創造へ
初級のレベルのクラスなどどうしても管理 ‘management'になりがちですが、もっと創造的
‘creative'なクラスにすることが必要でしょう。
④ 訓練から教育へ
唯単にフォースキルズを教えるというだけでなく、日本語の習得を通じて何を学んでもらいたいのか
という観点を取り入れなければ「日本語教育」とは言えないでしょう。
⑤ 練習からコミュニケーションへ
クラスで「練習」をするのではなく本当かまたそれに近いコミュニケーション活動を通じて対象言語を
習得したほうが効果的だという考え方です。例えば、答えが予め分かっているような質問 ‘knownanswer question' より本当の質問 ‘real question'をした方が習得の助けになるのではないかという
主張です。
⑥ 画一主義から個別主義へ
オーディオリンガル的な技術化そして画一化した言語のマスプロ教育が反省され、学習者一人一人
の能力、特性、認識のストラテジーの違いなどを考慮し、できるだけそれぞれに合った方法で習得し
てもらうといういき方です。教育一般を見てもマスプロ教育の弊害が反省され、個性を大事にする教
育が叫ばれているので、日本語教育も例外ではありません。
プロの日本語教師になるためには
① 日本語を外国語として見る訓練
日本語を外国語として教えるということは、学生にとって外国語であるというだけでなく、教師が日本語を外国語として
客観的に見て教えるという意味もあるのです。言語学がこの点非常に役に立ちますが、この基本ができていない人が
多いように思います。
② 外国語の習得
どの外国語でも結構ですから、少なくとも一つの外国語に精通しておくことが日本語教師の基本的な資格の一つです。
自分が外国語習得に苦労もしないようでは、学生にコミュニカティヴに教えられませんし、学生の方もついて来ないで
しょう。私も英語を学んだ時の経験が教える時に非常に役に立っています。自分は「直接法」(注6)でいいんだという人
もありますが、クラスでのコミュニカティヴな活動をする場合とか、共通語が存在しない環境などで、「直接法」は有効
で、その訓練は大切ですが、やはり、部分的に使うとか、仕方なく次善の策として利用するのであって、全て「直接法」
でというのは不可能です。とにかく言葉ができなくては、外国で仕事はできません。
③ 異文化間コミュニケーションの知識と実践:‘Cross-culturally communicative'
外国語の習得によって異文化間コミュニケーションにも精通することが、日本語をコミュニカティヴに指導する際、大い
に役立ちます。国内でも、例えば、関西と関東のように、異文化を学べます。この経験は海外でも役立ちます。
④ 専門分野を持つ
日本語教師は、自分に自信が持てる専門分野を持つべきだと思います。言語学が望ましいのですが、ディシプリンが
習得できる分野が必要です。
⑤ 個の確立
昔からよく日本人は個が確立していないと言われていますが、私も学生時代それを
痛感しました。「ぬるま湯社
会」では個が確立する機会は、自分で求めない限りほとんどありません。日本的ルールが往々にして通じない外国で
仕事をする場合、これは致命傷になります。また語学も個が確立していないと習得できないように思います。自分の
意見を持たない人は外国語でコミュニケーションできるはずがありません。ですから、これから海外で日本語を教えよ
うとしている人には、「出家」をお勧めします。まず、国内で武者修業の旅に出て下さい。
プロの日本語教師になるためには(続き)
⑥ 柔軟性・独創性を育てる
マニュアル人間は駄目で、ルールが変わっても対応でき、新しいことを切り開いていけるる複視眼的な人間になること
が大切です。色々な役割がこなせる「多能工」であることも必要不可欠です。そして、自分でコースがデザインできるこ
とも必要です。
⑦ 組織で機能できる
大学なりで現地人、他の外国人と遜色なく色々な仕事ができなければならない。チームワークのできることも大切な資
格だと思います。私の経験では、自然に仕事の中で自分の実力を示すことが、同僚として認められる一番の近道で
す。
⑧ 国際的な視野を持つ
多重文化主義・環太平洋地域教育の中での日本語教育というようなマクロ的な見方が必要です。
⑨ 日本について造詣を深める
日本について知らない人がたくさん日本語を教えています。学生は日本について知りたがりますから、日本語教師だ
から政治のことは知らなくてもいいというわけにはいきません。
⑩ 自分の日本語を鍛える
日本語教師が日本語についての知識、表現力に欠けるでは困ります。日本語の可能性を追求しながら、日本語の力
をつけてください。
⑪ 外国で一人で生活できる
外国に出る前の日本での訓練が大切です。日本でも一人で生活したことがなければ、外国で一人前に生活できるは
ずがありません。また、現地のことを知り、溶け込む努力のできる人が期待されます。
⑫ コンピューターに関する知識及び経験
外国語習得及び指導におけるコンピューター化は燎原の火のように急速に広がっています。ワープロはもちろん、コン
ピューターラボ、インターネット、コースウェアーの開発など語学教師に対する要請はますます増えていくことでしょう。
特に学習者の学習方法や興味の変化に対応するという意味で、教師もチャレンジとして受けとめていくべきだろうと思
います。
教師養成: クラフトモデル「職人モデル」
俺について来いモデル
師―弟子/モデルの模倣/少人数/密教的
Study with ‘master’
practitioner:
demonstration/instruction
Practice
Professional
competence
教師養成:応用言語学モデル
後は勝手にやれモデル
理論・知識・技術偏重/一方通行/手段的/理論と実践
の分化/マスプロ化/疎外化/成果少
応用言語学モデル
Scientific knowledge
Application of scientific knowledge/refinement by experimentation
Results conveyed to trainees
Periodic up-dating (in-service)
Practice
Professional competence
教師養成:リフレクティヴモデル「内省モデル」
Received
knowledge
Trainer's
existing
conceptual
schemata
or mental
constructs
Practice
Experiential
knowledge
(Pre-training)
Reflection
PROFESSIONAL
COMPETENCE
‘Refletive cycle'
(Reflection-in-action)
Stage 1
Stage 2
(Professional education/development) GOAL
訓練から教育へ
① 帰納から演繹へ
これは教師が自主的にデータから仮説を立てて検証する作業の必要な
ことを示しています。
② 分析的 ‘analytic'から全体論的 ‘holistic'へ
日本語教育における変数が多様化している為、ミクロ的なアプローチ
では限界にきています。ホリスティックはマクロと重なります。
③ 無機的から有機的へ
個々に習得したものを総合して有機的な組織に作り上げていくことで、「二次
元から三次元へ」と言ってもよいでしょう。これは、1+1が5になりうる相乗効
果 ‘synergistic’の世界です。文法指導には特にこの視点が大切だと思いま
す。
④ 既与 ‘given' から発見学習法 ‘heuristic' へ
①と似ていますが、与えられたものを適用するだけではなく、教師自
身が自主的に見付け出していくいき方です。自分の教授法を作り上げ
ていくことがこのお話の主眼です。
講義モード ‘lecture mode’
①
②
③
④
前後の連関をはっきりさせる(Linkage)
問題点を分かりやすく説明する(Briefing)
全体像を与える (Overview)
立ち止まってそこまでの要点を整理したり、
意義を説明する(Signposting)
⑤ 最後に纏める(Final summary)
[Wallace, p.36 ニヨ
ル]
意識を育てる練習 (awareness- raising practices)
①
②
③
④
⑤
⑥
コミュニケーションの目的
コミュニケートしたい気持ちの有無
形ではなく内容に重点を置いていたか
言語使用に多様性があったか
教師の介入の有無
素材のコントロールの有無
[Richards & Nunan,p.31 ニヨ
ル]
クラスの観察
初めに研修生にクラスを見学させて、各自が何を見
ているかを知ることが大事です。それによって彼らの
習得してきたパラダイムが分かるからです。教師が
自分のクラスを探求できるように研究技術を発達さ
せる動態研究 ‘action research’の方法論の指導
が必要です。それから授業観察の方法論、例えば、
SCORE (Seating Chart Observation Records) な
どによってクラスでの発話の流れ ‘verbal flow’や活
動領域 ‘action zone’など様々な観点からクラスを
観
察するよう指導します。
ミクロ・ティーチング ‘microteaching’
①
②
③
④
目標説明 The briefing
実教
‘The teach’ (microlesson)
批評
The critique
再教
‘The reteach’
[Wallace, pp.87-106 ニヨル]
ミクロ・ティーチングの役割
応用言語学モデル:自分の行動を形づくるのが目的、 「スキル」を学ぶ
ことが主。
内省モデル: 内省のための技術、もっと基本的な広範な「概念構成組
織」‘conceptual schemata’に関係している。スキルを学ぶ以外にス
キルをスキーマータに関係づける「ストラテジー」も習得する。ここをコ
ミュニカティヴにすることが大切。
監督 ‘supervision’
① 一般スーパービジョン:アドミニストレーションなどクラス外での
② 臨床的スーパービジョン:クラスでの実際の指導に関して
規範的アプローチ
指導教授は: 権威
専門知識の唯一のソース
判断する
レッスンプランを与える
話し、教生は聞く
権威と奥義を守ろうとする



共同的アプローチ
同僚
教生と専門知識をシェアーする
理解する
教生のプランを受け入れる
聞くことも話すことと同様に大切と思う
教生が内省による実習と自己評価によっ
て自主性を育てるのを助けようとする
[Wallace, p.110 ニヨル]
訓練:規範的・プロセス中心・PCT(Practice for Classroom Teaching)アプローチ
カウンセリング:共同的・人間中心・TCD(Teaching Concept Development)アプローチ
現在はカウンセリング的な方向がより効果的とされていますが、研修生、教生は「快い権威
主義を好む」“teachers welcome ‘pleasant authoritarianism’”という報告もある。
関与 ‘intervention’
命題
指示的
何を教えるべきか
選択肢的 どう教えるべきか
観察者
教生
権威
実行者
天の邪鬼的
選択者
無指示的 なぜこれを教えるのか 理解者・種蒔き 選択者・実行者・
なぜいまのように教えるのか
権威
[Wallace, p.110 ニヨル]
日本語教育に見られるバイアス
客観主義

技術化:指導法を技術化するのがこれまでの傾向でしたが、教育という観点から学習者の個性、感
性、情緒、認識の仕方などを考慮して指導することが必要です。

計量化:教授法に関して数量化できる部分だけが検証可能という実証主義の名の下に取り上げられ
てきましたが、教授法における「行間」、即ち数量化できない部分が大切です。評価に関しても観察
可能な分野のみ評価されてきました。

専門化:日本語教育のそれぞれの分野で専門の知識と訓練を積んでも全体的な[ホリスティックな]
観点が欠けていたように思います。教師の全体像に留意する必要があるでしょう。

標準化:教授法、教材、評価など全てにわたって標準化したいという傾向が強いので、もっと個性と
個人の能力を大切にした教育が行なわれるべきです。
完全主義

学習者に対して発音、文法、その他に関し初めから正確さを期待する傾向が強いので、中間言語的
‘interlanguage'に考え、徐々に矯正してゆく態度が必要です。
網羅主義

教科書に出ているものはすべて教えなければならない、また学習者が知らなくてはならないという考
えが強いですが、1+1=2でなくて3であり、4であり得るという相乗効果を狙ってプライオリティーを
設定することが必要です。その場合、習得順序や必要度などを判断の基準として使うといいでしょう。
日本語教育に見られるバイアス(続き)
応用主義
 借り物の理論とその適用ばかりでなく、自分で経験から理論を作り出せるような教師が
必要です。
教師中心
 「教える」ことに重点が置かれてきた従来のクラスでは、学習者の側からの視点が往々
にして軽視されていました。教師が常に主役であり、クラスをコントロールし、いかにス
ムーズにクラスを管理・運営するかが目標でした。いわゆる模範授業で見せるのはこれ
です。日本の学校の教室で見られるような極端な「教師が話し、生徒が聞き・書き取る」
というほどではなくとも、演習の時間でさえ、教師の「独演会」がよく見られます。クラス
が教師の自己満足に終わらないように気をつけたいと思います。クラスの主役は学習
者であり、教師は彼らの学習の促進を助けるという視点が、彼らの自主的で想像的な
学習態度を育成し、教師が個々の学習者の要求に対応し、助言者としての役割を果た
すことを明確にします。
特異性
 日本語、社会、文化の特異性が強調されてきましたが、世界の言語の中で見ると、少し
も特異ではないことが明らかになっています。学習者の母国語との共通性、特に談話に
おけるストラテジーや社会言語学的対応の仕方など、できるだけ利用すべきです。
学生に対しての教育
外国語学習に関してほとんど知識も理解もない学生達、これまでの伝統的な教師中心のク
ラスに慣れてきた学生達、また、オーディオリンガル法や直接法が外国語の学習法だと教え
られてきた学生達の中には、コミュニカティヴな方法にかなり激しく抵抗をする者がいます。
こういう学習者には、なぜ、何のためにある活動・作業をしているかを説明し、行動と成果で
その効力を分かってもらうように努力する必要があります。ここでも教師はコミュニカティヴ
にならなければならないわけです。この「風通しをよくする」努力と、学習者に自分が短期間
にいかに成果をあげたかを自覚させることが、学習者に自信をつけさせることとプログラム
自体にに信頼感を持たせる結果になり、教育的成果も大いに上がります。
教師はまずプロになることを目指し、経験を積み、技術を身につけ、成長する必要がありま
すが、教師が学生と人間的にいかに成長してゆくかということが大切だと思います。教師は
年を取りますが、学生は年を取らないので、プロになったからといって、安心してはいられま
せん。教師がプロになるのは当然で、必要最低限の資格です。私の現在の心境は、これが
自分の職業の本当の始まりで、「プロのなったら、初心にかえれ」という古い格言がぴったり
当たっているように感じます。常に新しい世代と接触しているのですから、当然と言えば当
然のことですが、「日本語指導」が、「日本語教育」になるためには、我々教師が常に心がけ
ていなければならないことだと思います。
ダウンロード

外国語としての日本語教授法一