標準高度化教育講座
現場スタッフ育成コー
ス
講
座
名
開催日・時間
会
場
おすすめ
プログラム内容
※実施に際して一
部変更する場合も
ありますので、あ
らかじめ御了承願
います。
講
師
講
師
プロフィール
【コースのねらい】 生産現場のキーパーソンを目指し自律・自立し仕事の主人公になる
人材を育成します。
【対 象 者】 製造部門で入社3~5年前後で現場の中堅となってほしい社員。
10月
11月
12月
モノづくりの基礎
成果の出る『楽しい5S』
ヒューマンエラーと工場マネジメント
10月16日(木) 10:00~17:00
11月4日(火) 10:00~17:00
12月4日(木) 10:00~17:00
倉吉未来中心 セミナールーム2
倉吉体育文化会館 教養1
県立産業人材育成センター倉吉校 視聴覚室
■TOC(制約条件理論)、一個流し、セル生産など
の手法及び「明るく楽しい現場創り」の重要さを学
びます。
■5Sとは何か、なぜ5Sが重要なのかという本質
を理解し、演習・討議・改善事例などで理解を深め、
どうすればうまく進められるかなど、楽しく進める
手順について習得します。
■事故・災害が発生する前の防止策、大事故にな
らない方法、ポカヨケの導入の方法を学びます。
■工場マネジメントでは、「気づかせる大切さ」を
学びます。
1.ものづくりの要素と資格
①S(安全)、E(環境)は「ものを作る資格」
②Q(製品品質)は「ものを売る資格」
③C(価格)、D(納期)は「競争する資格」
2.日本のものづくりの現状
①日本のものづくりの置かれた現状を考える
3.これからの日本のものづくり
①これからの日本のもの作りを考える
②ものづくりの競争力の「根源」
4.これからの日本のものづくり「実例」
①フルデジタル鋳造工場
②デジタルとアナログが融合した楽器作り
③SNSで顧客をつかむ町工場
④森に佇む工場の強さは風通しの良さとセル生産
⑤情報公開で顧客を獲得する町工場
⑥丁寧な作業を重ねてマザーマシンを生む現場
⑦セルとラインの融合でオーダー生産を実現
⑧「夢工場」でコスト競争に立ち向かう若き経営者
1.5Sとは何か?
1.会社に来てやることはたったの2つ
①5Sをやさしく説明してみよう
② たかが5Sと
思っていませんか ③ 5Sを自分のものにし よう
2.なぜ5Sは重要なのか?
① もし5Sを実施しなければどうなるのか
② 5Sのねらいは何か
③ 5Sのメリットは何か
3.どうすればうまく5Sが進められるか?
① まずは整理から始めよう ② 清掃はやさしい
ようで深く、難しい
③ 整頓ができれば優良企業
④ 3S「5つ道具」を活用する ⑤ ワンポイントレッ
スンで現場の見方を学ぶ
⑥ F1に学ぶ5Sの力
4.楽しく5Sを進めよう
① 5Sの4段階 ② モチベーションを上げるため
には ③ 楽しい5Sの条件 ④ 5S成功の鍵
5.まとめ
① 5Sのポイントは何か ② リクエストカードの回答
③ 5Sいろはかるたで楽しく5Sを学ぶ
④ やってみようシートでまず実践してみよう
① 原価低減
② 価値の向上
2.ヒューマンエラーとは?
人間だれにもやってしまうミス。人間はミスを犯すのが
大前提、でもミスによる事故や災害はなくしたい。
3.今までのヒューマンエラーに対しての取り組み
① 災害は、交通事故のようで運がなかったのだと、会
社が勘違いしている。② 的確な対策を取る時間がなく、
処置のみにとどまって何度も再発している。③ 規律の
欠如の問題!
4.今後のヒューマンエラー撲滅の考え方
① 環境整備に取り組む。② ヒューマンエラーをなくす
には、当たり前のことを愚直にやる。③ 安全作業が品
質・生産性を向上させる。
5.ヒューマンエラーの撲滅の進め方
① ハインリッヒの法則から学ぶこと。② やり始めること
は、整理、清掃、整頓+表示標識の順番で!
6.工場マネジメントの取り組み
① 社員をもっと活かすこと。② 新しいマネジメントスタ
イルとは③ 規律を高めることが、根本から災害を防ぐ。
関ものづくり研究所 代表 関 伸一
えちぜん改善実践舎 代表 越前 行夫
【略歴】
ローランドDG社では、改善業務の集大成として考案し
た「デジタル屋台生産システム」で、大型インクジェットプ
リンタ等の大規模アセンブリを完全一人完結組立を行な
い、品質/生産性/作業者のモチベーション向上をすべて
実現。多くのものづくり企業やメディアに称賛され、勤務
先の業績向上に貢献。
静岡大学工学部客員教授。
【略歴】
1978年慶応義塾大学 大学院工学研究科修士課程修
了。1978年 山武ハネウエル㈱(現アズビル㈱)入社。
JIT推進室課長、生産企画室室長、経営企画部シニア
マネージャー、生産革新活動(JUMPS)リーダー、湘南
プロダクションセンター担当部長を歴任。在社中に日本I
E協会の企画委員、編集委員、大会実行委員、各種研
修講師として活躍。2005年 (株)山武を早期退社、えち
ぜん改善実践舎代表。
株式会社SMC 松田 龍太郎
【略歴】
1974年米子工業高等専門学校電気工学科を卒業、同年旧オ
ムロン倉吉に入社後、1986年よりトヨタ方式の導入と定着の推進
を担当。2000年同社退社、同年(有)エス・ピイ・エス経営研究所
入社、2006年独立し、(株)SMCを創立し同代表取締役。25年以
上トヨタ方式の導入と定着を推進し、さらにユーモアとゼスチャー
と盛り込んだセミナーとコンサルティングは、非常にユニークで
海外欧州では人気になっている。海外を中心に大企業から中小
企業まで、幅広い業種で数十社以上の企業をコンサルティング
してきている。
現場スタッフ育成
コース
講
座
名
開催日・時間
会
場
おすすめ
プログラム内容
※実施に際して一
部変更する場合も
ありますので、あ
らかじめ御了承願
います。
講
師
講
師
プロフィール
1月
2月
3月
TPS入門
現場力向上へ向けたコミュニケーション
製造現場での品質管理
1月15日(木) 10:00~17:00
2月19日(木) 10:00~17:00
○月○日(○) 10:00~17:00 (調整中)
(中部地区)
(中部地区)
(中部地区)
■高品質・高生産性・短納期を実現するトヨタ生産
方式の考え方の基礎を学びます。
■改善のツール、標準作業の作り方、リードタイ
ム短縮、1個流し、人工の算出方法から、かんば
ん、アンドン、段取り替え短縮など現場改善に役
立つ内容です。
■現場でそれぞれ要望や立場、見方も違う方々と
上手く連携し、仕事をスムーズに進めていくため
のコミュニケーション能力について現場の実例と
実習を通して習得します。
■品質管理を初めて学ぼうとされる方に、品質管
理の基本的な考え方とQC七つ道具について講義
と演習を通して理解し、身につけていただくコース
です。
■小集団活動の効果的進め方と問題解決手法及
び改善事例を習得します。
1.造り方によって変動する費用
2.早く作り過ぎの無駄 と 在庫
3.生産性向上より在庫削減が優先
4.リード・タイムの短縮
5.トータルなマネージメントの仕組みから捉えた
トヨタ生産方式
6.平準化生産による小ロット生産
⇒ ノン・ストック生産方式
7.多品種少量生産ラインに移行するためにリー
ド・タイム短縮を再確認する
8.1個流し生産ラインの<標準作業>
・・・(実習を含む)
9.変化に対応する生産方式を構築する改善活動
を推進
10.アンドンの運用方法
11.かんばんの運用方法
1.コミュニケーションの重要性
社内の上司・同僚などの立場に立って、「望ま
しいコミュニケーションとは何か」を考える
① コミュニケーションの意義
②結果が重要
2.コミュニケーションⅠ:話す・伝える
①会話の基本3要素と第一印象 ②話し方、
伝え方 ③「担当業務紹介」
10個のキーワードの作成 ~クラス内発表と
評価
3.コミュニケーションⅡ:聴く・訊く
聴く(傾聴)、訊くとは・・・相手の意図を正確に
理解するための心構えとスタンスの理解
①傾聴スキル
②質問スキル
③フィードバックスキル・要約力
4.総合演習
業務活動報告・・・今週の業務活動と来週の活
動予定を受ける人に対して報告。報告時は、
「話す・伝える」を意識して自身の活動を正確
にわかるよう報告、報告を受ける人は、「聴く、
訊く」を意識!
㈱T.M.A. 柴田 繁男
ノースリバーポイント株式会社 代表取締役 北川 満
【略歴】
トヨタ生産方式の生みの親である元トヨタ自動車工業
㈱副社長 大野耐一氏の薫陶を受けた。
㈱T.M.A.代表取締役 菅原茂比古に従事し、トヨタ生
産方式による現場管理手法並びにそれを サポートする
PMを学び、現場改善のコンサルタントとして活躍中。
【略歴】
1986年日本アイ・ビー・エム株式会社 入社 1995年1
月 イー・エム・シー・ジャパン株式会社 入社 製造営業
本部本部長、2002年1月 新日鉄ソリューションズ株式
会社(現、新日鉄住金ソリューションズ株式会社)基盤ソ
リューション事業部営業部部長、2005年3月株式会社エ
ンデライト 入社 取締役、2010年4月新潟大学経済学部
非常勤講師(~2013年度まで)、2011年4月アイシン・イ
ンフォテックス株式会社 顧問現在に至る、2011年7月
ノースリバーポイント株式会社 設立 代表取締役就任
現在に至る。
講師等
選定中
標準高度化教育講座
現場リーダー育成コー
ス
講
座
名
開催日・時間
会
場
おすすめ
プログラム内容
※実施に際して一
部変更する場合も
ありますので、あ
らかじめ御了承願
います。
講
師
講
師
プロフィール
【コースのねらい】 幅広く高い専門性を得るとともにチームを動かす、実行力を持つ
リーダーを育成します。
【対 象 者】 製造部門で入社5年から10年の製造部門リーダーを目指す社員。
10月
11月
12月
原価計算とコストマネジメント
製品開発と生産システム
IE入門
10月24(金)・31日(金) 10:00~17:00
11月18日(火) 10:00~17:00
12月12日(金) 10:00~17:00
24日 倉吉未来中心 セミナールーム7
31日 倉吉交流プラザ 第一研修室
倉吉交流プラザ 第1研修室
倉吉交流プラザ 第1研修室
■原価の概念と制度を学習し演習を通じて費用
別計算 ⇒部門別計算 ⇒製品別計算
という3つの伝統的方法で、実際原価を計算で
きる力を養います。
■より良い製品を開発するにはどうすればよいか。
高い設計品質はどう作り込めばよいか。設計品質
通りに生産をするにはどうしたらよいか。開発から
生産までのプロセスのポイントを習得します。
■モノづくりの基本であるIE(インダストリアルエン
ジニア)技術の基礎を習得 します。
■作業レベル/工程レベルにおける問題を解決
できる人材の養成を目指します。
<1日目>
1.ガイダンス 2.原価計算の意義
3.原価
とは何か:原価の定義・分類/原価計算の種類等
4.原価計算の基礎:要素別,部門別,製品別計
算
5.個別原価計算
6.総合原価計算:工
程別総合原価計算,等級別総合原価計算等
1.ものづくりの要素と資格
S(安全)、E(環境)は「ものを作る資格」
Q(製品品質)は「ものを売る資格」
C(価格)、D(納期)は「競争する資格」
2.これからの日本のものづくり
①これからの日本のもの作りを考える
②ものづくりの競争力の「根源」
3.グローバル市場に支持される製品を考える
①ヒット商品から学ぶ製品開発
②ブルーオーシャン戦略
③TPD(全社的製品開発)
4.設計品質と製造品質
①製造品質は設計品質を超えられない
②設計品質を高めるための手法
③製造品質を高めるための手法
5. セクショナリズムの打破
①セクショナリズム発生の理由
②セクショナリズムを打破するには
1.管理技術と問題解決
問題解決についての考え方・アプローチ
2.IE(Industrial Engineering)とは
IEの歴史的背景とIEのめざすこと
3.設計的な考え方
最小限必要なものこととは
4.分析的な考え方
分析手法と改善の原理原則
5.工程分析
製品工程分析・作業者工程分析
6.時間分析
時間の「正しい」測定方法
7.稼働分析
作業者や機械など手段の資源の効率化
8.流れる量の分析
在庫低減とリードタイムの短縮
<2日目>
1.標準原価計算
①原価管理の体系:原価企画・原価改善・原価維
持 ②原価標準の設定,原価差異分析
2.直接原価計算
①変動費と固定費の分解方法 ②限界利益と損
益分岐点
3.ABC(活動基準原価計算)
4.アメーバ経営 5.原価企画
6.品質コスト
7.BSC(バランスト・スコアカード)
8.MFCA
(マテリアルコスト会計) 9.投資経済計算
九州大学大学院経済学研究院・准教授 丸田 起大
北海道大学大学院経済学研究科・准教授 篠田 朝也
関ものづくり研究所 代表 関 伸一
成蹊大学理工学部情報科学科 教授 渡邉 一衛
【丸田氏 略歴】
2000年九州大学大学院経済学研究科博士後期課程
修了。佐賀大学講師・助教授,北海道大学助教授を経
て,2007年から現職。
【篠田氏 略歴】
2004年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程
修了。滋賀大学経済学部専任講師,助教授,准教授を
経て,2008年より現職。
【略歴】
ローランドDG社では、改善業務の集大成として考案し
た「デジタル屋台生産システム」で、大型インクジェットプ
リンタ等の大規模アセンブリを完全一人完結組立を行な
い、品質/生産性/作業者のモチベーション向上をすべて
実現。多くのものづくり企業やメディアに称賛され、勤務
先の業績向上に貢献。
静岡大学工学部客員教授。
【略歴】
慶應義塾大学工学部管理工学科卒、大学院工学研究
科管理工学専攻修了、1986年工学博士(慶應義塾大
学)1984年成蹊大学工学部経営工学科助手、その後専
任講師、助教授を経て1994年教授となり現在に至る。
専門は生産管理、モノづくりやサービスづくり、ロジス
ティクスを中心にシステムの効率化の指導と講義を行う。
現場リーダー育成
コース
講
座
名
開催日・時間
会
場
おすすめ
プログラム内容
※実施に際して一
部変更する場合も
ありますので、あ
らかじめ御了承願
います。
講
師
講
師
プロフィール
1月
2月
3月
生産管理と納期管理
現場での品質管理
生産現場での
リーダーシップ発揮の仕方
1月14日(水) 10:00~17:00
○月○日(○) 10:00~17:00 (調整中)
3月19日(木) 10:00~17:00
(中部地区)
(中部地区)
(中部地区)
■納期管理を「遅延日報の発行」「PERT法の活
用」「小日程管理」「外注指導」「IE技法」の5つの
切り口から、納期遅れ防止法と生産期間短縮法を
学びます。
■品質第一主義は、長い目で見て生産性を上げ
大きなコストダウンを生み、利益をもたらすことに
なります。商品やサービスの質の向上を果たすに
は、仕事のやり方、進め方を変える必要がありま
す。標準化を「QC的な進め方」にすることで企業の
意識改革と体質改善について学びます。
■現場リーダーとしての目標管理能力、問題解決
能力、組織・チームワーク能力、コミュニケーション
能力、指導・動機づけ能力、部下育成能力、自己
管理・啓発能力を講義と演習により習得します。
1.IE技法の基本(改善の仕組み)
①改善の基本的考え方
②IE改善の仕組みと評価指標
③関連する手法との関連の概説
(VE:価値工学 5Sなど)
④効率的な改善の進め方
2.生産期間短縮とIE技法の活用
①工程分析による問題点発見と改善
②人・機械分析による生産期間の短縮
③稼働分析による適正人員の設定と生産期間
短縮
3.標準時間の概念とその設定
①標準時間の概念
②時間測定とばらつきの管理
③工数計画と投入順序計画
(生産順序変更による生産期間の短縮)
4. 日程計画の立て方(PART/CPM法)
①日程計画の立て方・進捗統制のやり方
②PART/CPM法の紹介
早稲田大学理工学術院 創造理工学部
教授 吉本 一穗
【略歴】
1982年 早稲田大学講師~現在 教授。
担当講義:「施設計画」「ロジスティクス設計」「メソッドエ
ンジニアリング(作業改善)」「生産工学」等
施設レイアウトに関わる設計技法の開発・実践とともに、
IE・VEを用いた改善活動の指導を国内外で行っている。
理論と実践の融合を重んじ後戻りしない改善活動の教
育/普及/実践を企業の規模を問わず行っている。理
論に裏打ちされた豊富な経験を基にしたわかりやすい
講義/指導には定評がある。
講師等
選定中
1.リーダーとは?
リーダーの役割、責務と権限を考える。
2.年間カレンダーの作成
リーダーは、会社の年間行事を把握しその
時々に何をすべ きか理解していなければな
らない。
3.四面の強み・弱み分析
皆さんを取り巻く上司、部下、会社、お客様
(業者)という観点で自身の強みと弱 みに関し
て、今一度確認。
4.上司と部下の人間関係
-情報共有の在り方
-アクティビティチェックの仕方
5.管理職でなくリーダーになれ
リーダーが持つべき資質の中で、一番大事
なものは何か?
6.部下のやる気を引き出すための手段
やりがいとは? どう引き出すか?
ノースリバーポイント株式会社 代表取締役 北川 満
【略歴】
1986年日本アイ・ビー・エム株式会社 入社 1995年1
月 イー・エム・シー・ジャパン株式会社 入社 製造営業
本部本部長、2002年1月 新日鉄ソリューションズ株式
会社(現、新日鉄住金ソリューションズ株式会社)基盤ソ
リューション事業部営業部部長、2005年3月株式会社エ
ンデライト 入社 取締役、2010年4月新潟大学経済学部
非常勤講師(~2013年度まで)、2011年4月アイシン・イ
ンフォテックス株式会社 顧問現在に至る、2011年7月
ノースリバーポイント株式会社 設立 代表取締役就任
現在に至る。
標準高度化教育講座
生産革新リーダー育成
コース
講
座
名
開催日・時間
会
場
おすすめ
プログラム内容
※実施に際して一
部変更する場合も
ありますので、あ
らかじめ御了承願
います。
講
師
講
師
プロフィール
【コースのねらい】 新しい時代に対応すべく、生産革新を推進するリーダーを育成します。
【対 象 者】 生産・企画・開発部門で、自社の生産革新をリーダーとして
進める社員。
10月
11月
12月
①総論・生産革新に向けたリーダーシップ
②製品戦略の基礎
③組織能力と製品アーキテクチャ
10月30日(木) 9:30~16:30
11月17日(月) 9:30~16:30
12月19日(金) 9:30~16:30
倉吉未来中心 セミナールーム4
倉吉体育文化会館 小研修室2
倉吉体育文化会館 小研修室2
■企業経営においてはお客様との取引強化や、
新規取引の拡大が急務です。
そのためには、お客様の理解と、自らの強みや
弱みを再認識することとともに、それらの対策とし
ての内部強化策、競合他社に対する競争力を事
業の力に結び付けることがキーポイントなります。
■開発/技術志向の「製品戦略」について、解説し
ます。
■要素技術開発、製品企画、製品設計のさらに上
流プロセスを体系化した「製品戦略」を学びます。
■「製品戦略プロセス」の全体系のなかで、製品
企画・製品設計・生産技術のそれぞれの業務プロ
セスの連携を学びます。
■製品全体に求められる機能や性能を、それを
構成する各種のユニットや部品へ対応付けて割
当てたうえで、それぞれのユニット間や部品間を
どのように結びつけるか製品・部品を構成する概
念としての「製品アーキテクチャ」を学びます。
■模倣されない技術、それを生み出す組織につい
て学びます。
1. 本養成講座の総論
2. 川下企業の業務プロセスの理解
1.製品戦略のフレームワーク
2.コア戦略ビジョンの考え方
3.製品プラットフォームと製品ライン戦略
4.製品ライフサイクルとマーケティング戦略
5.技術マーケティング
(技術戦略:課題、要素技術からの戦略的
アプローチ)
6.製品コンセプトへの集約
7.業務プロセスへの落し込み
1.日本企業のモノづくり
2.日本企業の強みを活かしたこれからのモノ
づくり
3.モノづくりの組織能力
4.製品アーキテクチャの概念
5.製品アーキテクチャのタイプと特徴
6.製品アーキテクチャで競争優位性を確立する
7.標準化と製品アーキテクチャ
8.製品設計への落とし込み
(過剰設計をしないための提供価値・機能
分析等)
①川下企業がおかれている市場の競争環境と戦略
②川下企業の業務プロセス
(製品企画・設計から販売サービスまで)
③川下企業に対して自社の取引拡大に向けた成長
戦略
3. 「モノづくり生産革新リーダー」に求められる
リーダーシップ
①CMX事業における社内活動と本養成講座の関連性
②自社の経営、製品企画、製品設計、営業などの部
門と生産現場とを繋ぐ「モノづくり生産革新リーダー」
の役割
③「モノづくり生産革新リーダー」に求められるリー
ダーシップ
④企業事例の紹介
青山学院大学教授 玉木 欽也
【略歴】
1989年 早稲田大学理工学研究科博士後期課程単位
取得(工学博士 早稲田大学)。現在、青山学院大学
ヒューマン・イノベーション研究センター(HiRC) 所長、青
山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式
会社(Aogaku Hicon) 代表取締役。主な研究領域は、事
業創造戦略、グロ―バル製品戦略、ICT活用による人材
教育。
㈱カレンコンサルティング 代表取締役 世古 雅人
【略歴】
・武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部 電子通信工学科卒
業・1987年:アンリツ(株)入社。電子計測器のハードウェア設計
に従事。・1988~1990年:通産省(現 経済産業省)管轄の半導体
中央研究所に出向。光デバイスの基礎研究に従事。経営企画
部門では全社組織活性化と現場改革の率先と仕組みづくりに注
力。・2003年:(株)スコラ・コンサルト入社。組織風土改革、製造
メーカーの業務プロセスコンサルティングに従事。・2004年:(株)
ピーエイ入社。経営企画室長/管理部長。業務改革プロジェクト、
新規事業の立上げに従事。(株)UML教育研究所執行役員兼任。
OMG(USA)とソフトウェア組込み資格試験の開発に従事。・2009
年5月に株式会社カレンコンサルティング 設立。
㈱カレンコンサルティング 代表取締役 世古 雅人
【略歴】
・武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部 電子通信工学科卒
業・1987年:アンリツ(株)入社。電子計測器のハードウェア設計
に従事。・1988~1990年:通産省(現 経済産業省)管轄の半導体
中央研究所に出向。光デバイスの基礎研究に従事。経営企画
部門では全社組織活性化と現場改革の率先と仕組みづくりに注
力。・2003年:(株)スコラ・コンサルト入社。組織風土改革、製造
メーカーの業務プロセスコンサルティングに従事。・2004年:(株)
ピーエイ入社。経営企画室長/管理部長。業務改革プロジェクト、
新規事業の立上げに従事。(株)UML教育研究所執行役員兼任。
OMG(USA)とソフトウェア組込み資格試験の開発に従事。・2009
年5月に株式会社カレンコンサルティング 設立。
生産革新リーダー育
成
コース
講
座
名
開催日・時間
会
場
おすすめ
プログラム内容
※実施に際して一
部変更する場合も
ありますので、あ
らかじめ御了承願
います。
講
師
講
師
プロフィール
1月
2月
3月
④生産マネジメントと生産現場のIT化
⑤TQMとTPMから学ぶ現場組織改革
⑥生産革新に向けた現場組織マネジメント
1月19日(月) 9:30~16:30
2月20日(金) 9:30~16:30
3月12日(木) 9:30~16:30
倉吉体育文化会館 小研修室2
倉吉体育文化会館 小研修室2
倉吉交流プラザ 第1研修室
■生産マネジメントの中枢として、工程管理と資材
管理があり、生産システムについて学びます。
■資材管理では、購買管理、外注管理、さらに在
庫管理が重要なポイントになります。
■工程管理や資材管理など生産現場をコントロー
ルするためのIT化の最近の動向について事例紹
介します。
■TQMは顧客満足を達成できる全社的な経営シ
ステムづくり、TPMは装置系の機器を多く取り扱う
企業において、設備管理をポイントにおくものです。
この2つの基礎と、現場の活性化と組織改革に
ついて学びます。
■工場経営という視点からお客様が満足する品
質・価格・納期でモノをつくりあげ経営に貢献する
生産革新を目指します。
■生産現場で働く人々が組織的に活動できるプロ
ジェクト・マネジメントのポイントを学びます。
■原価管理では工場経営の中でコストダウンを図
るために製造原価を管理する方法を学びます。
1.工程管理
①生産計画と生産統制の2つの機能
②生産計画における諸管理機能のポイント
③生産統制における諸管理機能のポイント
④生産管理システムの代表的な手法
・製番管理方式
・MRP
・かんばん方式
・ハイブリッド生産方式
⑤グループワーク
2.工程管理における資材管理
①購買管理と外注管理
②在庫管理の代表的な手法
③グループワーク
3..生産情報システムと生産現場のIT化事例
①生産情報システムの概説
②生産現場のIT化事例
③工場現場管理に関連した改善事例
1.TQM(Total Quality Management)
①TQMの基礎・定義
②TQMの思想(品質、マネジメントシステム、事実重視、
プロセス管理等)
③全員参加と自己実現
④支援技術(問題発見・問題解決等)
⑤各種ツール、管理手法とQC活動
⑥社内標準化とTQM 他
2.TPM(Total Productive Mainenance)
⑦TPMの基礎・定義
⑧TPMの思想・哲学
⑨TPMとJIT, TQCとの共通項と違い
⑩展開プログラム(12ステップ)と柱(8本)
⑪全員参加と推進体制 他
3.組織論・組織改革
1.お客様が満足する納期管理
①納期遅延対策
②納期期間の短縮とその対策
③仕掛品の発生原因と増加防止策
④初期管理
2.原価管理とコストダウン
①標準原価
②実際原価
③コストダウン対策
④損益分岐点分析
⑤経済性工学と意志決定
⑥全部原価計算および直接原価計算
3.現場組織マネジメント
①現場力を高める人材育成
成蹊大学理工学部情報科学科 教授 渡邉 一衛
【略歴】
1950年生まれ 横浜出身 慶應義塾大学工学部管理工
学科卒、大学院工学研究科管理工学専攻修了、1986年
工学博士(慶應義塾大学)1984年成蹊大学工学部経営
工学科助手、その後専任講師、助教授を経て1994年教
授となり現在に至る。2001年経営・情報工学科、2005年
理工学部情報科学科へ組織変更。専門は生産管理、モ
ノづくりやサービスづくり、ロジスティクスを中心にシステ
ムの効率化の指導と講義を行う。日本経営工学会、設
備管理学会、日本IE協会、日本ロジスティクスシステム
協会、日本科学技術連盟などに所属。
⑫継続的に進化・成長し続ける組織(学習する組織)
㈱カレンコンサルティング 代表取締役 世古 雅人
【略歴】
・武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部 電子通信工
学科卒業・1987年:アンリツ(株)入社。電子計測器の
ハードウェア設計に従事。・1988~1990年:通産省(現 経
済産業省)管轄の半導体中央研究所に出向。光デバイ
スの基礎研究に従事。経営企画部門では全社組織活性
化と現場改革の率先と仕組みづくりに注力。・2003年:
(株)スコラ・コンサルト入社。組織風土改革、製造メー
カーの業務プロセスコンサルティングに従事。・2004年:
(株)ピーエイ入社。経営企画室長/管理部長。業務改革
プロジェクト、新規事業の立上げに従事。(株)UML教育
研究所執行役員兼任。OMG(USA)とソフトウェア組込み
資格試験の開発に従事。・2009年5月に株式会社カレン
コンサルティング 設立。
②事例研究:モチベーション向上を目指す現場づくり
③事例研究:顧客重視の現場づくり
青山学院大学 教授 玉木 欽也
【略歴】
1989年 早稲田大学理工学研究科博士後期課程単位
取得(工学博士 早稲田大学)。現在、青山学院大学
ヒューマン・イノベーション研究センター(HiRC) 所長、青
山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式
会社(Aogaku Hicon) 代表取締役。主な研究領域は、事
業創造戦略、グロ―バル製品戦略、ICT活用による人材
教育。
ダウンロード

10月 11月 12月