JIS(日本工業規格)試料採取
オフサイトにおける
試料採取と、JIS試料採取の関係
オフサイトにおける試料採取要領は、
JISハンドブックと関係しており、ハンド
ブックを参考にし、抜粋している。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22511.適用範囲
この規格は、原油及び石油製品の品質を試験す
る為の代表試料を在庫品・積荷等から採取する方
法について規定する。
但し、液化石油ガス・電気絶縁油・芳香族製品は
除く。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22512.用語の定義
(1)ロット
代表試料を採取する原油又は石油製品の母集団
(a)静止ロット
同一タンクの在庫品・同一タンクから積み出されたもの、等しい条
件の下に貯蔵されたものなど、静的状態にあるロット。
(b)移動ロット
等しい条件下で生産され、又は生産されたと思われるものが、連
続して移動状態にあるロット。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(2)一次試料
ロットから直接採取した試料の総称
(a)全層試料
重り付き採取器及び磁器製採取器を栓をしたまま出来るだけ底
部の出口面高さまで沈めてから栓を取り、これを引き上げ終わるま
でに採取器が約3/4満たされる様に、ほぼ一定の速さで引き上げな
がら採取した試料。
採取器に試料の入る速さは、油深の平方根に比例する為、一定
の速さで試料器を引き上げる事は困難であり、各部の油量に比例し
た試料は採取されない為、全層試料は必ずしも平均試料とはいえな
い。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(2)一次試料
(b)ライニング試料
おもり付き採取器又は磁器製採取器の栓を外したまま、ほぼ一定
の速さで油面からタンク底部の出口ラインの高さまで沈めた後、これ
を油面まで引き上げるまでに、採取器が約3/4満たされる様に採取
した試料。
(c)定点試料
タンク内にある特定の位置から、おもり付き採取器・磁器製採取
器・シリンダ採取器等によって採取した試料又はロット移送中のライ
ンから、特定のタイミングで採取した試料。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(2)一次試料
(d)上部試料...タンク内油深の上部1/3の中央部から採取
(e)中部試料...タンク内油深の中部1/3の中央部から採取
(f)下部試料...タンク内油深の下部1/3の中央部から採取
×
上部試料
上部
×
中部試料
中部
×
下部試料
下部
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(2)一次試料
(g)初期試料
ロット移送中のラインの全移送量の初めの1/6から採取
(h)中期試料
ロット移送中のラインの全移送量の初めの1/2から採取
(i)後期試料
ロット移送中のラインの全移送量の初めの5/6から採取
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(3)二次試料
一次資料を等量混合又は等比混合などで調合し、ロット
の代表試料として試験などに用いる試料の総称
(a)平均試料
タンクからの各部から採取した試料を
各部の量の比に混合した試料
(b)混合試料
同一タンクから採取した2ヵ所以上の定点試料を
等量混合した試料
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(3)二次試料
(c)単タンク混合試料
同一タンク内の各部の試料を混合した試料
(d)多タンク全層混合試料
同一品種の原油及び製品が入っているタンク・船・などの各ハッチ
から全層試料を採取し、これを各タンク又は各ハッチの油量の比
に混合した試料。
(e)多タンク定点混合試料
多数のタンク・船・などの各部から数種の定点試料を採取し、それ
ぞれのタンク又はハッチの油量に応じて、等比混合した試料。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(4)局部試料
(a)頂部試料...
(b)出口試料...
(c)すきま試料..
(d)底部試料...
(e)ドレン試料..
(f)水泥分試料.
タンク油面下約150mmの箇所から採取
タンクの出口ライン面から採取
タンクの出口ライン下約100mmから採取
タンク・D/M・缶の底面最下部から採取
タンクの水切り弁から採取
タンク底部などの堆積物を採取
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22513.採取個数の選定
(a) 3点法試料
油深が約5mを超えるタンク又は船槽では
上・中・下の各部から採取する。
(b) 2点法試料
油深が3m~5mのタンク又は船槽では
上・下の各部から採取する。
(c) 1点法試料
油深が3m未満のタンク又は船槽では
出来るだけ油深の中央部付近から採取する。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22514.試料容器
(1)試料容器の本体
(a)透明ガラス瓶及び暗褐色ガラス瓶
暗褐色ガラス瓶は、光線によって性状が変化するものを用い、透
明ガラス瓶は変化しないものに用いる。
ガラス瓶は、リード蒸気圧180KPaを越えるものには、用いてはな
らない。
(b)ポリエチレン瓶
通気性があり、試料によっては材料成分が溶出する事があるので、
向上気圧試料及び材料成分の溶解力の強い試料には用いてはなら
ない。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(1)試料のふた
ガラス瓶には、コルク栓又はプラスチック製のふたを用い
なければならない。コルク栓は、清浄・ち密なものを用い缶
は金属製のふたを用いるが、機密性を保つために、内ふた
を併用しなければならない。
(3)洗浄
試料容器は使用前に、溶剤・洗剤・水道水、最後に必要
に応じて純水又は蒸留水の順序で洗浄した後、容器中に
清浄な温風を吹き付けるか又は乾燥器内で乾燥した後、
ふたをする。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22515.試料採取に関わる注意事項
(1)試料採取作業は原則として素手で行い、常に手を清潔に
しておく。寒冷時又は高温の試料の場合、その他防犯上
やむを得ず手袋を必要とする場合は、清潔な物を用いる。
(2)多くの石油蒸気は、有害で引火性があるから、蒸気の吸
入はできるだけ避けると共に、裸火・静電気の火花放電・
金属製容器による火花などは避けなければならない。鉄
製のびょうを打った靴は、火花を発生する恐れがあるか
ら、使用しないこと。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(3)試料採取器及び試料容器は、必要に応じて採取
しようとする試料で、あらかじめ共洗いした後、用
いる。
(4)比較的揮発性の高い試料〔リード蒸気圧13.7KPa
以上〕を採取器から試料容器に移す場合は、でき
るだけ外気に触れないように注意して行うこと。
(5)試料採取作業者は、ハッチなどから採取する時
は、必ず風向と平行な位置で作業を行うこと。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22516.静電気災害防止に関わる注意事項
石油製品の試料採取時の静電気災害は、静電
気の帯電・爆発混合気の形成・放電などの条件が
重なったときに起きる。この為、一般に石油製品
は静電気を帯電しやすいが、特に航空タービン燃
料油・重質工業ガソリンなどは常温で爆発混合気
を形成しやすいので試料の採取に当たっては、次
の事項に注意しなければならない。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22516.静電気災害防止に関わる注意事項
(1)試料採取作業は雷発生が予想される場合は行
わない。強風時にはハッチから風が吹き込み、タ
ンク内の蒸気濃度が爆発範囲の上限以上であっ
ても局部的に爆発範囲内の蒸気濃度になる事が
あるので注意して行うこと。
(2)タンクなどの容器内の試料をハッチから採取する
場合は、移送又は充填完了後、30分以上の静置
時間をおくことが望ましい。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(3)試料採取作業直前にアースバーを素手で握るか、
放電ゲートなどで人体除電をすること。
備考 作業床は導電性塗装又は導電マットを敷くとよい。
(4)作業衣・靴などに導電性のよいものを使用し、作
業中は衣服の脱着を行わないこと。また手袋は、
原則として使用しないこと。但し、保護手袋を使
用する必要がある場合は導電性の手袋を使用す
ること。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22517.試料取扱いに関わる注意事項
(1)揮発性試料
原油及び揮発性試料は、できるだけ蒸発損失を防ぐよ
うに注意する。試料採取器をそのまま試料容器として使
う場合を除き、試料採取器から試料を直ちに試料容器に
移し、常に密閉して冷暗所に置く。また試料の入った容
器の栓をあける場合は、あらかじめその内容物を十分に
冷却しておかなければならない。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(2)感光性試料
不飽和分を多く含む試料は、光又は熱によって変質し
やすいので、色・添加物含有量・スラッジ生成特性・酸化
安定剤・中和価・オクタン価などの試験に使用する場合
は褐色瓶で採取し、光線から遮へいして暗所に保管する。
(3)試料容器内の空間容積
内容物の膨張又は収縮に備え、試料容器には5%以上
の空間容積を残しておかなければならない。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K22518.試料採取方法
(1)自動採取装置(オートサンプラー)
試料をラインから自動的に採取する装置のほか、プロー
ブ・接続配管・補助装置・試料受け器などから構成する。
(a)時間同期形連続自動装置
油の流量変化に関係なく、一定量の油を一定時間間隔で採取
する自動採取装置
(b)流量応答形連続自動装置
油の流量変化に比例して、自動的に採取量を調節する自動採
取装置
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(2)自動採取装置の設置
自動採取装置は、それに適用される安全基準に合格し
ていなければならない。検査と保守のために必要な広い
予備の場所を考慮して設置しなければならない。
(a)各部を連結する配管内の油は、効果的に置換が行えるように、
しなければならない。採取装置や配管内の滞油は、次の採取直
前に除去する。
(b)水や重い粒子が採取装置の後の排出配管に沈降して、次の試
料の際に試料受け器に入ってくるのを防ぐため、排出配管は、く
ぼみや膨らみのないもので試料受け器に向けて下方に傾きを付
けること。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(3)自動採取装置による採取量の設定
試料の採取に先立ち、採取装置内及び接続管内の滞
油を別容器に流出させ移送ライン内容物を短時間流出し
た後、密閉型又は開放型受け器を接続し、0.5Lから20Lま
で試験・保管などに十分必要な量をロット移送中で採取で
きるように調節する。時間同期採取装置を使う場合は、単
位時間当たりの試料採取量を計算によって求める。
流量応答形採取装置を用いる場合は、全流量に対する
採取試料の割合を計算によって求める。
原油及び石油製品
試料採取方法 -K2251(4)自動採取装置の点検
(a)採取量の検査
時間同期採取装置の場合、いかなる設定条件においても、その
設定値の±5%を超えてはならない。また流量応答形採取装置の
場合、20Lにつきその設定値の±5%を超えてはならない。
(b)試料性状の点検
自動採取装置から得た混合試料の物理的及び科学的性状を、タ
ンクなどから採取した試料の性状と照合する。
長期不動においての指標
-K2249-
室内併行許容差
室間再現許容差
透明・低粘度
0.0005
0.0012
不透明
0.0006
0.0015
ダウンロード

JIS(日本工業規格)試料採取