日本の伝統芸術
日本の庭園、伝統芸能、「日本三道」

華道・生け花

書道

茶道
生け花
生
け
花
の
基
本
理
念
“天”线是主线,通常被称为基线,它是整组花卉的基础。
“人”线是象征人的枝干,高度大约为主线的三分之二。
“地”线象征土地,是最短的一条线,长度约为"人"线的三分之二。
日本の書道

三筆

三蹟
空海
嵯峨天皇
橘逸勢
九世紀前半には「三筆」と呼ばれる空海、嵯峨天皇、橘逸勢の和様書体が姿を
現す。彼ら三筆の書きぶりは、書体から脱中国を志向するものであった。
小野道風
藤原行成
小野道風、藤原佐理、藤原行成の三蹟である。彼らの書く漢字は、楷書を
前提としたものではなくなり、ひらがな書体を経験した漢字なのである。
この書体を和様と言う。この書体は、以後日本の書に連綿と今も流れている。
藤
原
佐
理
「
離
洛
帖
」
藤
原
行
成
「
白
氏
詩
巻
」
小
野
道
風
「
秋
萩
帖
」
雪 舟
雪舟等楊(1420-1506),中年時以畫揚名,後取號【雪舟】
自許如雪般純淨、像浮舟一樣自在,浪跡天涯,獨來獨
往。
1467年隨明船入華,實地體察中原的山川風物,兩年後
歸國,繼續過着居無定所的禪僧生涯。
雪舟的成就是創造出頗具本土特質的日本式水墨山水,
被美術史家譽為真正日本水墨最有代表性的大師。
『天橋立図』は雪舟82歳の頃に天橋立を巡り描いた代表作の
一つである。水々しい墨色と確実に形をとらえる筆致、雄大に
組立てる構図は雪舟の優れた画技の極点を示している。
秋
冬
山
水
図
(
冬
景
)
日本の代表的な陶器
信楽焼
信楽焼たぬき
日本の代表的な陶器
備前焼
日本の代表的な磁器
伊万里焼
日本の代表的な磁器
九谷焼
日本の漆器
輪島塗
日本の漆器
会津塗
「
踊
る
男
女
」
東
京
国
立
博
物
館
に
あ
る
埴
輪
馬
形
埴
輪
【石灯籠】
石でつくった灯籠。社寺に据えて灯火をともし、
また、庭園などに置いて趣を添える。
竜
安
寺
の
石
庭
白砂の上に大小十五の石を配置するだけで大海の趣を
あらわしている。
大
徳
寺
大
仙
院
の
庭
園
石の組み合わせによって、深山から流れ出す谷川の複雑な
景観をあらわしている。
ダウンロード

幻灯片1