第10章 ディスクロージャー
ケース/TDK
この章で学ぶこと:
①なぜディスクロージャー?
②変化する日本企業!
③会計が変わり経営が変わる!
1
1.Disclosureとは
1)有限責任制(Co.Ltd.)&譲渡可能性
株主の弁済責任が出資額に限定
巨額の資金調達・投資が可能
2)所有(出資)と経営の分離
⇒経営者支配(株主レントナー化)
⇒情報格差によるインサイダー取引の危険
⇒ディスクロージャーをつうじた投資家保護
⇒資本市場での効率的な資源配分
2
2.変わる日本企業
1)米国企業(Your Company)
 個人・機関投資家が
多い
 経営者=株主の代表
 利潤極大化・配当重
視
 短期的意思決定・
高収益重視
2)日本企業(わが社は・・・)
 相互持合い
 従業員代表経営者
 永続性追求・内部留保
重視
 長期的意思決定・シェ
ア重視
⇒成熟化・グローバル化
で変化
3
3.上場企業とは
1)巨大企業(資本金10億以上)
⇒22/10000社(5600/260万社)。
⇒資産46%、売上38%、従業員19%。
2)上場企業
東証・大証・地方3市場、
東証マザーズ、ジャスダック、
ヘラクレス等、
証券取引法の規制を受ける。
4
4.制度会計と監査
1)制度会計(商法、税法、証取法)
• 商法:債権者と株主保護
• 証取法:市場機能の確保、投資家保護
2)公認会計士監査
• 会計監査人(公認会計士・監査法人)
• 「一般に公正妥当と認められる企業会
計の基準」に準拠しているかどうかに
ついての意見表明。
• 財務諸表に信頼性を付与。
5
5.決算の流れ
3月末)決算書締め切り
4月中)会計監査人・監査人監査
5月初め~中頃)決算発表&決算短信
6月中)株主総会(利益処分案承認)
6月末)決算公告・有価証券報告書提出
7月末)有価証券報告書刊行
6
ダウンロード

3.イノベーションの機会