科学技術振興機構シンポジウム
2007年11月16日
「日中R&D連携:人材の面から」
青山学院大学経営学部客員教授
中国清華大学継続教育学院顧問
中田研一郎
1
中国人材に対するアプローチは新しいフェーズに
質的にも量的にも中国にナレッジワーカーが多数輩出
している現実を踏まえ、従来の中国は「アセンブリ工場
中心」、「安価な労働力」という既成観念に捕らわれず、
日中間で多層的に人材戦略を展開する必要がある。
すべてのビジネス領域においてソフト開発力強化が必
要という現状において、software,frimwareを中心に
強みを持つマンパワーが急速に増大し、人材の一大
供給源になった中国と、人材構成の変革の中にある日
本企業のニーズをマッチングさせる大きなチャンスであ
る。
2
AP leads in number of science/engineering students
Total Student Population: 88.2 million
3,500,000
Students in Science & Engineering: 23.6 million
3,000,000
2,500,000
2,000,000
1,500,000
1,000,000
500,000
0
C hina
U .S.
R ussia
India
South
Korea
Japan
France G erm any
U .K.
B razil
Italy
Spain
Higher Education Students in Science & Engineering
M exico
C anada A ustralia Turkey
Tailand
P oland
R om ania
3
Source: UNESCO 2000
米国 エンジニアリングに関する博士論文
2001年の状況
米国人
45%
全体の
55%⇒ 外国人研究者・学生
43%⇒ アジア(インド含む)系人材
20%⇒ 中国・台湾・HK系人材
National Science Foundation ,Washington 調査 2002
4
中国は世界一の大学教育大国
図1 年度別在校生数(単位:万人)
2500
2000
1500
1000
1900
2000
2003年
2004年
1462.52
500
623.09
718.91
1998年
1999年
909.73
1175.05
0
2000年
2001年
2002年
5
Mathematics Olympic
International Mathematics Olympic Ranking
2002 in UK
1
2
3
4
5
6
7
8
9
China
Russia
Bulgaria
Viet Nam
South Korea
Taiwan
Rumania
India
Germany
/
/
16 Japan
出典:数学オリンピック財団
6
日本の大学生は今後漸減
日
本
の
大
学
生
は
今
後
漸
減
人数(千人)
2000
1800 1732 1680
1622
1600
1545 1511 1512
1503 1465
1411
1400
1200
1096
1047
1000
993
932
889
881
877
855
600
764
782
759
741
734
731
718
志願者数
入学者数
1366 1326
1299
828
800
800
18歳人口
705
793
739
1238 1213 1216 1203
1192 1232 1181
674
630
704
703
674
644
05
06
07
08
613
604
650
644
400
200
0
96
97
98
99
00
01
02
03
04
09
10
11
12
13
14
(年度)
※2005年度以降の入学者数・志願者数ともに予測
7
※2008年度以降は、大学・短大の収容力が100%を超えるため、
それ以降の入学者は入学定量
8
財務省税制調査会
日本の急速な人口減少
日本の総人口
2100年―現在の12000万人が半減し6400万人
日本の就労人口
2007年―6600万人
2025年―5600万人
18年で1000万人減少の見込み
(経済産業省産業政策局)
9
労働力の需給ギャップ
日本の労働人口
2030年に2005年現在よりも1050万人減少が見込まれる(厚生
労働省雇用政策研究会)
工学部志望者
10
学位取得者の研究領域でエンジニアリング領域が占める率:
世界ランキング
2000年
中国
2位/63カ国中
62.44%
Hong Kong
8位
36.89%
台湾
11位
32.33%
日本
32位
25.79%
アメリカ
61位
16.87%
National Science Foundation ,Washington 調査 2002
11
日中における就業の需給ギャップ
IT産業就業者 日本
57万人
中国
90万人
(年間20~30万人が情報工学部を卒業)
中国の大学新卒
2005年―500万人卒業し就職率50%以下の就職難
深刻な需給ギャップ
コンピューター分野 需要の20倍の供給
会計分野
8倍
法律分野
6倍
言語分野
5倍
(北京師範大学教育学院 高益民博士)
12
人的資産再構成加速: パンアジア人材の活用促進
■パンアジア(中国・インド・韓国)人材の社員積極採用
各国共通のクオリティーコントロールのもとで
優秀な人材のハイブリット化を推進
グローバル企業との競争
終身雇用体制の変化
グローバルレベルで
超優秀な人材の確確保
人件費の流動費化
労働マーケットの流動化
13
東アジア人事プラットフォームの構築
東アジア人事をregionalな観点から、horizo
ntalな横串機能をもったプラットフォーム機
Tokyo
Beijing
能として構築する
Seoul
Shanghai
Hong Kong
Taiwan
14
中国は世界の工場か?
「世界の工場」
「世界の生産作業場」
加工・組み立て
研究開発
外資企業に
全面依存
*
世界市場での流通販売
外資企業に
外資と合弁または
例外的に外資単独
全面依存
ハイテク製品の90%以上は外資企業により生産
ハイテク技術設備の輸入依存度
光ファイバー製造装置
100%
通信と半導体技術特許
60-90%
石油化学工業技術
76%
大型機械設備
70%
*馮昭奎 愛知大学客員教授、
15
06・5・23日経新聞
国際分業の二極分化
国際水平分業
競争力の源泉=斬新な製品企画やデザインに求め、製造のコストダウンは委託先に任せ
マーケティングに励む
ipod
Apple:製品コンセプトと設計を担当
製造:EMS(電子機器の受託製造業者)
付加価値分析―カリフォルニア大学アーバイン校 リンデン氏等3人の研究者
30ギガバイト 定価299ドルの第五世代ipod
付加価値
統計上
部品供給企業
144ドル 中国から米国に144ドルで輸出
組み立て企業
Apple/米国流通業者
155ドル 実質的な中国の貿易黒字=組み立て分4ドル
垂直統合国内一貫生産体制
ブラックボックス化によりノウハウの漏洩を遮断し、競争力の源泉とする
シャープの亀山工場―液晶関連の国内メーカーを集めて亀山ブランドの競争力強化
16
外資企業にとっての人材ニーズ
R&Dの現地化
工場管理者の現地化
現地モデル導入
国内マーケットへの真
のlocalization
ローカルR&D立ち上げ人材
生産工場での生産管理者
現地モデル設計エンジニア
中国人トップマネジメント
17
優秀人材のキャリア形成
~東アジア人材リソース循環圏~
東アジア人材循環圏を形成し、中国系人材のキャ
リア形成を積極的に行っていき、キャリアパスを明
確にすることによりリテンションの中核にしていく
香港
循環圏
中国系人材トレーニー
日本
中国
日本人トレーニー
Head hunting
シンガポール
3rd party
18
職場コメント
・ 日本人村でやっているエンジニアはこのままでは
国際競争力を失う。
・ 中国の学生は非常にアグレッシブでいい意味で 貪欲だ。
日本の学生のように統一されたイメージがなく、非常に
レンジが広く興味がつきない。
・ 英語のスコアおよびコミニュケーションレベルも高く、面接官
よりも上手な英語でのプレゼンテーションが行われることが
多く、技術系における英語のコミニュケーションレベルが日本
に比べて格段に高い。
19
日中人材ネットワークの構築
東アジア経済圏の人材ベース
日本人
中国人
(1名)
(1名)
20-30名の友人
(日本人)
日本の職場の
diversification
中国の次世
代リーダー
20-30名の友人
(中国人)
職 場
中国人、中国文化の理解
日本企業での
実務経験
日本人、日本文化の理解
人的ネットワークを通した日中友好
偏見、誤解の解消
単一文化社会から多層文化社会への変容
20
Back up
21
R&D系高級人材の獲得
中国の大学・大学院では、優秀な学生はリク
ルートシーズンに先立って、担当教授とつな
がりのある企業(既に共同プロジェクトで協業
体制)へ送り込まれる仕組いるがある
1 研究委託テーマの検討
2 大学院生を中心に日本のR&D部署で受け入れ
3 教授クラスへ「サバティカルチェアー」のオファー
22
清華・北京・復旦大学(中国)Internship Program
■目的
-アジア(中国)戦略の一端を担う人材獲ルートの確立、早期獲得見極め
-提携大学と提携強化による優秀人材の獲得
-中国への戦略的人事の展開
■実績
-清華・北京・復旦大学との2年間のInternship Program提携契約により
各大学での募集、書類選考、面接を経て2003年度10名、2004年度4名
の学生を6ヶ月間受け入れ
■期間
2003年前期 - 5名
2003年後期 - 5名
2004年 - 4名
23
清華・北京・復旦大学(中国)Internship Program
求人部門のニーズをもとに選考段階で、より専門性に重きをおき人選
研修生 : 本人の専門能力を発揮できている
受入部署: 採用レベルに達しているので採用検討としての
期間となっている
・職場の求人と研修生の専門のマッチ度を重視し、優秀層を受け入れる。
・将来のR&D中国展開を視野におき、採用につながる有効なインターンシップの実行
24
清華大学との各社協業状況
■ TI
・ 1999年「清華大学-TI協同DSP実験室」を設立
・ 2000年TI CEOが清華大学を来訪、「清華大学-TI技術センター」契約を調印
■ SAMSUNG
・ 奨学金を設立
・ Samsung綜合研究所(SAIT)の歴任の所長のうち数名が来訪
・ 2001年SAITは北京駐在所を開設、大学との協力関係を更に強化
・ 清華大学-KAIST-Samsungの協力関係を構築
・ Samsung半導体のCEOが講演、さらに設備を贈呈した
・ 電子工程学部と「清華-Samsungソフトウエアデザインセンター」を設立、
その後、会社組織に改組した
25
清華大学との各社協業状況
■ GE
・ GEの副総裁兼首席教育官、GE高級副総裁、GE研究開発センターCEOは
リーダー能力の開拓と展開」、「将来の革新」等テーマについて講演
・ 「清華の友」というGE奨学金を設立
・ 「GE -清華大学環境友好科学技術コンテスト」を支援し、清華大学の受賞者
は、GE研究開発センター(GE CRD)を訪問
・ GEグループの最大の子会社GEAE(GE Aircraft Engine) は推進と動力技術
センターを設立。
■ 東芝
・ 共同プロジェクトは原子力、電力、ソフトウエア、音声技術等の領域にわたる
・ 共同で東芝中国R&Dセンターを設立。従業員の半数以上が清華大学出身
・ 奨学金を設立。国際交流を促進するために、設備などを寄付
26
清華大学との各社協業状況
■ Microsoft
・ ビルゲイツが清華大学で講演
・ Microsoft中国研究所がマスターの学生に「21世紀の優秀な研究者になる
には」というセミナーを実施。その際MicrosoftのCEO兼総裁は清華大学の
大講堂で「次世代のインターネット」について講演した
・ Microsoft中国研究所の1/3以上の方は清華大学の出身者である。
特に、研究所ではサバティカルチェアとインターンを実施している
・ Microsoft中国研究所所長博士李開復、博士張亜勤は清華大学の客員教授
である。清華大学の学士院院士は、Microsoft中国研究所で顧問として迎え
られている
・ 「清華-Microsoft Multiple- Media研究センター」を設立
・ コンピュータサイエンス学部、電子工程学部にソフトウエアを贈呈
・ 清華大学のイベントを支援。例えば、2002年7月「ノーベル学者神州行」と
いうイベントを支援するため、Microsoft中国研究所と清華大学高等研究セン
ターはスポンサー契約を調印した
27
清華大学との各社協業状況
■ IBM
・ 清華大学の電子学部、コンピュータサイエンス学部、マイクロエレクトロニクス
学部と協同研究プロジェクトを行っている
・ 2000年7月、清華大学、北京大学とともに「連合創新研究院」を設立
・ 清華大学に設備、器械(8ミクロンIC Process Device 14台)などを贈呈
・ 清華大学のコンピュータサイエンス学部にIBMの研究所を設立
・ IBM総裁が清華大学に来訪し、奨学金、教授賞、プロジェクト基金を設立
・ 1997年より7年間、総計119名を採用
28
中国新卒人材採用
中期的に中国国内にR&D、Engineering、
アドミの本格的拠点を設置するための
Core人材として位置付ける
人材育成の日中連携が不可欠
29
30
NHK-BS2「プライムタイム」にて放映 2004.3.13
中国で人気の高い雇用主
中国英才網(チャイナHRドットコム)調査―2004年度
中国の大学生が働きたいと思う会社アンケート
上位30位以内の日本企業―ソニーのみ
(1位
2位
3位
5位
8位
11位
26位
ハイアール)
IBM
P&G
マイクロソフト
GE
サムソン
ソニー
31
日系企業不人気の理由
1.シニアマネジメントはすべて日本人で2~3年
で交代―中国人にチャンスなし
2.年功序列制で短期間に昇進の可能性ない
3.日系企業は個人のキャリアを広げる場にな
らない
32
localizeした人事制度の導入が不可欠
1.日本的経営の単純な移植をやめる
・サービス残業の廃止
・休日出勤をなくす
・交通事情を考慮した出勤体制
2.Communicationの場を全体と個人レベルで持つ
・日本人村をやめる
・表のcommunicationと裏のcommunicationの
両方が必要
・忘年会、社員懇親会が意外と人気
→「心のふれあい」がkey
33
3.中国人の給与レベルを欧米企業とcompeteできるレベルにあげる
―高給日本人幹部の数を大幅に減らす
―中国には安くてマネジメント能力の高い人材はいない
―年功序列型賃金を成果主義型に変える
・平等主義は中国人にはunfairと映る
・本社の給与体系との整合性はfirst priorityではない
・業績連動報酬の導入、特にコアー人材のretention
4.研修制度の充実
―日本本社、東南アジア子会社へのOJT派遣、トップマネジメ
ントとの対話、交流
―新入社員研修、マネジメント研修等体系的研修の導入が不
可欠
5.トップマネジメント人材のlocalization
34
35
36
37
38
39
40
Employer’s Brandの確立
人材獲得競争でのcorporate imageを上げる
ソニーの例
1.有名トップ大学(清華、北京、上海交通など)数校で日本から新卒
採用活動を行い、学生に直接ソニーイメージを植え付けた
2.全国大学Electric Design contestの実施
94年より10回(隔年)
03年は9000人が参加―4大contestのひとつ
3.奨学金、internshipの実施
清華大学、北京大学、復旦大学、KAIST(韓国)
4.産学協同プロジェクトの実施
41
42
43
R&D系高級人材の獲得
中国の大学・大学院では、優秀な学生はリク
ルートシーズンに先立って、担当教授とつな
がりのある企業(既に共同プロジェクトで協業
体制)へ送り込まれる仕組みになっている
1 研究委託テーマの検討
2 大学院生を中心に日本のR&D部署で受け入れ
3 教授クラスへ「サバティカルチェアー」のオファー
44
45
中国採用実績(選考結果)
企業説明会開催校
2004.11.1- 2004.11.6
大学名
参加人数
清華
350
北京
270
復旦
420
上海交通
360
浙江
430
大連理工
170
TTL
2,000
合格率1.70%
46
中国新卒採用合格率
2002年入社
4,5%
2003年入社
2,4%
2004年入社
1,6%
2005年入社
1,7%
47
NHK-BS2「プライムタイム」にて放映 2004.3.13
48
NHK-BS2「プライムタイム」にて放映 2004.3.13
49
NHK-BS2「プライムタイム」にて放映 2004.3.13
従来方式
学 生
人事部
部 門
A
学生
人事部
学生
学生
学生
調
整
B
配
属
C
D
学生
E
50
ドラフト面接制度
学 生
人事部
部 門
A
学生
人事部
調
整
B
学生
C
学生
D
E
51
学生
-中国人学生の勉学時間 - 平均1日10時間
-休講は原則なし
-授業に欠席すると単位がとれない
大学
中 国
日 本
研究も大事だが、教育に
教育よりも研究に重点、
大きなウェイト
教育軽視
52
2005.2.25付 日本経済新聞
ノーベル化学賞受賞者・理化学研究所理事長 野依良治氏のコメントより抜粋
「研究も大事だが、第一義的に重要なのは教育。
教員が自ら実践できることは限られる。見識を院生に
伝えて次世代の立派な担い手を養成すれば 『知』 が
ねずみ算式に増える。国民は、むしろ立派な人材を育成
してくれと頼んでいるはずだ。(中略)
院生の数が増え、質は低下。 加えて基礎的な教員の
研究の手伝いをやらせるので、社会が望む基礎学力を
持った院生が育つはずがない」
53
日本のTOEFL平均点は、ここ数年特に最低ライン
◆アジア諸国・地域の中で低い日本のTOEFL平均点
54
研修全体スケジュール
●日中合同 ●単独開催 ○職場向け
2003
4
5
新
入
社 配属前
員
4/1-2-3
(
日
本
)
2004
6
7
ビジネス
シミュレーション
●●●J
5/21,22,23
03/11入社
26名+
EMCS1名
職
場
向
け
異
文
化
研
修
1
2
3
4
Web学習
チームビルディング
●●
8/21,22
CMM
●E 10/10
●E 10/17
6
●●●●
04/05/
販売実習
販売実習
アプライド
チーム
アーキテクチャ
ビルディング
デザイン
●●
● 11/10-11 11/25,26
● 11/17-18
選択
フォローアップ
●●●●
特許
●E
ビジネス
シミュレーション
3/
●E
10/31
オリエン(10/16-22) ●日本語(10/E-1/M)
●異文化
5
フォローアップ
●日本語(7/E-10/B)
○異文化Ⅰ(6/24,6/27,6/30,7/1,7/4) ●ビジネスマナー
○異文化Ⅱ(7/7,7/10)
12
販売実習
Web学習
チーム
CMM
ビルディング
●●
●E 10/10
UI 8/21,22 特許 ●E 10/17
●E
● 8/1
8/E-9/B
選択
オリエン7/16-22)
11
チームビルディング
●●
第2回 11/25,26
アプライド
アーキテクチャ
デザイン
CMM講演 ●11/10-11
●E 10/10
●11/17-18
●E 10/17
ユーザー
インターフェース
●8/1
PVC 2名
MNC 30名
SEMC 4名
MNC 16名
EMCS 4名
中
国
人
新 03/7入社
入 26名+
社 EMCS2名
員
10
特許
● 8/1
過去2年
2002
9
チームビルディング
●●
第1回 8/21,22
Web学習
Cyber Brain Project
2001
8
チーム
ビルディング
●●
11/25,26
04/05/
UIと
アプライドアーキ
来年度
フォローアップ
Web学習
ビジネス
シミュレーション
●E
1/
●●●●
04/05/
特許
●E
3/
CMM、UIと
55
アプライドアーキ
来年度
中国での日本語研修
4月
5月
6月
7月
8月
9月
7月卒業・入社者向け
→
カリキュラム
←
五十音
基礎文法
基本文法
基本文型
会話練習
会話練習
基本文型
生活習慣
月次試験
月次試験
研修時間・・・合計300時間
実施
修了時テスト
目標・日本語能力検定3級
: 北京
上海
目
標: 日本語基礎を中心として、礼儀作法を含む日本
の生活習慣を理解させ、研修修了時日本語能
力検定試験3級レベルに持ち上げる
研修時間: 毎日6時間×週5日間
合計:300時間
1日研修時間配分
08:00~11:50
午前講義・・・4コマ
12:00~14:00
昼ご飯
14:00~15:50
午後講義・・・2コマ
15:50~16:30
休憩
17:00~18:00
晩ご飯
19:00~22:00
自習
56
来日後日本語研修
(1)スケジュール
6月
7月
8月
9月
10月
7/15 新卒中国人来日
*Wビル:8:45-10:45
*18:30-20:30
11月
12月
1月
2月
10/15 新卒中国人来日
7/下-10/上:中級I(4人)
7/下-10/上:中級I(9人)
10/下-1/中:中級I(10人)
7/下-10/上:中級I(8人)
10/下-1/中:中級I(7人)
7/下-10/上:中級I(5人)
10/下-1/中:中級I(8人)
10/下-1/中:中級III (1人)
授業時間: 週2回X2hX12週=48時間
講
師: ソニー㈱契約日本語講師
(2)研修内容ポイント
1.技術用語を知る(検証手順書などの活用)
2.ソニーを知る(源流・Familyの活用)
3.会社ですぐ使える(仕事関係のシーン)
4.日本の文化を知る
5.アパートを探す
57
職場向け異文化研修
4 月
中 大学卒業
国
内
5 月
6 月
日本語
8 月
9 月
10月
11月
来日(7/15来日予定)
大学卒業
(異文化研修)
来日(10/15来日予定)
日本語
(異文化研修)
受講者 上司・チューター・庶務
内容
7 月
異文化研修I (同内容5回実施)
A)グローバル企業とその従業員の課題 D)日中コミュニケーションのスタイルの相違
B)チャート比較による各国の把握
E)中国人とのコミュニケーション上の注意点
①言語への依存度②役割の明確度
F)職場で起こりえる摩擦、トラブルのパターンと対処法
C)中国文化理解のキーポイント(人脈、
面子等)
9:00~18:00
Ⅰの受講を前提として
マネージャー対象異文化研修II (同内容2回実施)
受講者 統括部課長
A)リーダーシップの方法
内容
B)中国人部下とのコミュニケーションのとり方
C)ネガティブフィードバック
D)ポジティブフィールドバック
13:00~18:00
58
ダウンロード

日本人 - 中国の科学技術の今を伝える SciencePortal China