広島県 太田川の自然
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
1
太田川の生き物
太田川上流部には、アマゴ、カジ
カガエルなどのたくさんの生物が
生息しています。オオサンショウ
ウオや、ゴギといった希少生物も
います。ゴギは、広島県北東部の
一部河川(かせん)で県の天然記
念物に指定され、中国山地の渓
流(けいりゅう)でのみ生息する淡
水魚(たんすいぎょ)でその体長は
約30cmとなります。
太田川の中流では、内水面漁
業が行われていた、アユやシジミ、
モクズガニなどがとられています。
太田川の河口部(かこうぶ)は川からの砂(すな)や泥(どろ)
の堆積(たいせき)によってデルタ地帯を形成し、川は感潮域
(かんちょういき)となっています。そのため満潮時(まんちょう
じ)には、海水が河口(かこう)から上流に向かって逆流(ぎゃく
りゅう)します。したがって太田川の下流域(かりゅういき)では
海水と淡水(たんすい)がまじりあい複雑(ふくざつ)な生態系
(せいたいけい)となっています。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
2
川
と
虫
空き缶(かん)の底に、密(みつ)をしみこま
せた綿(わた)を置きます。それを川原の砂
(すな)の中に埋(う)めておきます。そうする
と密(みつ)のにおいにさそわれた虫が、缶
(かん)の底に落ちているのを捕(つか)まえ
ることができます。季節をかえたり、夜だけ
にしたり、いろいろ条件(じょうけん)を変え
てみると、また違(ちが)った種類の虫の観
察(かんさつ)ができるかもしれません。
川の中の生物
川には、魚類のほかにも、ホタル
の幼虫のえさになるカワニナのよ
うな貝類、サワガニ、モクズガニな
どの甲殻類(こうかくるい)、ヤゴ(ト
ンボ)などの昆虫類(こんちゅうる
い)の幼虫(ようちゅう)など様々な
生き物が生息しています。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
3
川原などの川の水辺に生育する植物にはどのようなものがあるの ?
川の植物の生育地が森林や草原などと異(こと)なる大きな特徴(とくちょう)は、川のなかが常(つ
ね)に安定した環境(かんきょう)ではないという点にあります。
川に生育する植物の生育環境(せいいくかんきょう)は、川の流れの影響(えいきょう)の程度(てい
ど)に応(おう)じて、「水域(すいいき)」、「不安定帯」(低水敷(ていすいじき))、「半安定帯」、「安定
帯」(堤防(ていぼう))に区分されます。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
4
かんちょうかせん
感潮河川に生息する貝類
感潮河川(かんちょうかせん)には、さまざまな貝類が生息しています。また、塩分(えんぶん)
の濃度(のうど)により生息する種類もさまざまです。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
5
ひ が た
せ い た い
干 潟 の 生 態
干潟(ひがた)の生態系(せいたいけい)
は、豊富(ほうふ)な生物量に支(ささ)え
られて形成されています。干潟(ひがた)
における生産者は、光合成により増殖
(ぞうしょく)する独立栄養細菌(どくりつ
えいようさいきん)、植物プランクトン、底
生藻類(ていせいそうるい)、アオノリ、ア
オサなどの海草類があります。沖合(お
きあ)いの生態系(せいたいけい)では植
物プランクトンの果たす役割(やくわり)
が大きいが、干潟(ひがた)においては
底生藻類(ていせいそうるい)や海草類
の役割(やくわり)が大きいことが特徴(と
くちょう)です。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
6
水 辺 の 鳥
川の水辺は、”野鳥の宝庫(ほうこ)”といわれるように、多くの種類の鳥が生息しています。こ
れは、水辺の環境(かんきょう)が鳥にとってすぐれた生息条件(せいそくじょうけん)を多く備
(そな)えているからです。
上流から下流まで、それぞれの環境に応じた種類の鳥がいます。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
7
カ キ 養 殖
●ひび建て養殖法(ようしょくほう)
竹や雑木(ぞうぼく)を干(ひ)がた
に建て、かきを付着させ、成育を
待って収穫(しゅうかく)する方法。
収穫(しゅうかく)までそのまま養殖
(ようしょく)する方法と、途中(と
ちゅう)でかきを落して、地蒔(ま)き
養殖(ようしょく)を行ない収(しゅう)
かくする方法があります。
太田川が流れこむ河口(かこう)のデルタ周辺海域(しゅうへ
んかいいき)では、古くから天然のカキがとれました。太田川
が流れ込(なが こ)む広島湾(ひろしまわん)は、たくさんの
島や岬(みさき)に囲まれた海域(かいいき)であるため、波は
おだやかで、カキの種苗(しゅびょう)やプランクトンが湾(わ
ん)外に流出しにくく、また、太田川からはカキの餌(えさ)と
なる植物プランクトンの増殖(ぞうしょく)に必要な窒素(ちっ
そ)、リンなどの豊富(ほうふ)な栄養塩(えいようえん)が供給
(きょうきゅう)されてカキの生育に適(てき)した条件(じょうけ
ん)を備(そな)えています。
今から約320年前、延宝元年(えんぽうがんねん)(1673)
小林五郎左右衛門(こばやしごろうざえもん)(小西屋五郎八
(こにしやごろうはち))が、この広島湾(ひろしまわん)でカキ
の養殖(ようしょく)を始めたと記録が残っています。その当
時の養殖方法(ようしょくほうほう)は、ひび立て養殖法(よう
しょくほう)という初歩的なものでした。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
8
¥¥¥
川の水をどうやって飲める水にするの?
私(わたし)たちの飲み水
は、川の水(71%)と地下
水(26%)がおもな水源(す
いげん)となっており、川の
水は最も貴重(きちょう)な
飲み水となっています。
人が住んでいない山地の
渓流水(けいりゅうすい)な
どを水道水源(すいどうす
いげん)として利用する場
合は、ふだんは病原菌
(びょうげんきん)による
感染(かんせん)を防(ふせ)ぐための塩素消毒(えんそしょうどく)のみで
各家庭に送られています。しかし、大半の水道水源(すいどうすいげん)
となる川の流域(りゅういき)には人が住み、様々な活動が営(いとな)ま
れていて、水質汚濁(すいしつおだく)が進行しているため、浄水場(じょう
すいじょう)でいろんな処理施設(しょりしせつ)を組み合わせた浄水処理
(じょうすいしょり)を行い、水道用水(すいどうようすい)として各家庭に送
(おく)られています。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
9
川の水をきれいにするには
家庭でできるきれいな水への取り組み
川は、人間社会の発達とともに人為的
(じんいてき)な汚(よご)れが多く生じてい
ます。そのため、普段(ふだん)の生活の
中でも、たとえば、油を流さない、合成
洗剤(ごうせいせんざい)を使わないなど、
汚(よご)れた水を流さないように努力す
ることは、きれいな水を保(たも)つため
にとても大切なことです。
出典:国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
10
出典
国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ
国土交通省中国地方整備局 太田川河川事務所
〒730-0013 広島市中区八丁堀3番20号
TEL:082-221-2436 FAX:082-221-3245
E-mail [email protected]
11
ダウンロード

国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所 のホームページ