言語活動を生かした教科等の指導(算数)
【算数における言語活動(関連箇所を指導要領解説算数編から抜粋)】
思考力、判断力、表現力等を育成するため、各学年の内容の指導に当たって
は、言葉、数、式、図、表、グラフを用いて考えたり、説明したり、互いに自分
の考えを表現し伝え合ったりするなどの学習活動を積極的に取り入れる。 (小学校
学習指導要領解説算数編
P187)
根拠を明らかにし筋道を立てて体系的に考えることや、言葉や数、式、図、
表 、 グラフなどの相互の関連を理解し、それらを適切に用いて問題を解決した
り、自分の考えを分かりやすく説明したり、互いに自分の考えを表現し伝え合っ
たりすることなど。 (小学校学習指導要領解説算数編 P4)
考える能力と表現する能力とは互いに補完しあう関係にあるといえる。考えを
表現する過程で、自分のよい点に気付いたり、誤りに気付いたりすることがある
し、自分の考えを表現することで、筋道を立てて考えを進めたり、よりよい考え
を作ったりできるようになる。授業の中では、様々な考えを出し合い、お互いに
学び合っていくことができるようになる。 (小学校学習指導要領解説算数編 P8)
今回の改訂では、算数(数学)的活動が重視されています。算数(数学)的活動
を充実させることが、言語活動の充実につながることを十分認識し、算数(数学)
的活動を通した授業の工夫改善を行いましょう。
算数における言語活動の視点例 (算数的活動の概略を基に作成しています)
視点
視点の内容
言語活動を生かした算数的活動の例
整理
具体物や資料を表や図、数、グラフなど
を用いて分類整理する活動など
具体物をまとめて数えたり等分したり
し、それを整理して表す活動など
表す
数量や図形について言葉、数、式、図
(絵)、数直線等を用いて表す活動など
小数や分数を具体物、図、数直線を用
いて表し、大きさを比べる活動など
説明
自分の考えを言葉、数、式、(絵)、図
数直線等を用いて説明する活動など
長方形を組み合わせた図形の面積の求
め方を、具体物を用いたり、言葉、
数、式、図を用いたりして考え、説明
する活動など
読みとる
言葉、数、式、図、数直線、グラフ、表
等で表現された数量を読み取る活動など
具体的な式から、問題の場面や数量の
関係を読みとる活動など
・数量の関係を表やグラフから調べる
・図形の性質を調べる
・単位の関係を調べるなど
平行四辺形、ひし形、台形で平面を敷
き詰めて、図形の性質を調べる活動
など
調べる
言語活動の充実を図るポイント
①
②
③
④
⑤
(※
本時の目標の明確化を図り、目標の実現に適した言語活動を設定する。 (※)
問題文と図、表、式などを関連付けて考えさせる。 (※)
分かったことや考えたことを一人一人が表現する場を設ける。 (※)
「方法の説明」だけでなく「理由の説明」「事実の説明」もある。 (※)
説明する意義が分かるようにする。 (※)
独立行政法人教員研修センター『言語活動の充実を図る全体計画と授業の工夫』pp43-44)
言語活動を位置付けた 単元の指導計画と評価基準(例)
5年~四角形と三角形の面積(平行四辺形の面積)~
関:算数への関心・意欲・態度
考:数学的な見方や考え方
技:数量や図形について技能
知:数量や図形についての知識・理解
次
(時)
目
標
学 習 活 動(下線は言語活動)
主 な 評 価 基 準
1
平行四辺形の面積を求めよう
○平行四辺形の面積の ・既習の図形を想起し、その面積の 関 長方形の面積の求め方を
求め方を考え、説明
求め方に帰着して、平行四辺形の 基にして平行四辺形の面積
することができる。
面積の求め方を考える。
の求め方を考えようとして
・長方形に等積変形することで平行
いる。
四辺形の面積が求められることを 考 平行四辺形の面積の求め
説明する。説明する
方を、長方形の面積の求め
(1つの方法を見付けた児童には他の考え
方に帰着して考え、筋道立
方はないか考えさせる。また、いろいろな
てて説明している。
考え方を図や式を用いて説明させる。)
○平行四辺形の面積の ・平行四辺形の面積を求める公式を 考 長方形の縦と横の長さに
公式をつくり出し、
考える。
着目して、平行四辺形の面
それを適用して面積 ・面積を求めるには、平行四辺形を
積の公式を長方形に帰着し
を求めることができ
等積変形した長方形のどこの長さ て考え、図や式を用いて説
る。
が分かればよいかを考える。
明している。
・平行四辺形におけるの「底辺」 技 平行四辺形の面積の公式
「高さ」の意味を知る。調べる
を用いて面積を求めること
・平行四辺形の面積を求める公式を
ができる。
(3)
まとめ、公式を適用して面積を求
める。
底辺
(底辺に対する高さの取り方を説明した
高さ
高さ
り、その関係を確認したりしながら公式
を適用させる。)
底辺
○高さが平行四辺形の ・高さが平行四辺形の外にある場合 考 平行四辺形の外に高さを
外にある場合でも、
の面積の求め方を考える。
表す垂線の足がある場合で
平行四辺形の面積の ・平行な2直線にはさまれた底辺
も、内にある平行四辺形に
公式を適用できるこ
の等しい平行四辺形の面積を求
帰着して面積の公式を適用
とを理解する。
め、どれも面積が等しい理由を図 できることを図を用いて考
を用いて説明する。説明する
え、筋道立てて説明してい
○どんな形の平行四辺 ・公式からも底辺の長さと高さが等
る。
形でも、底辺の長さ
しければ面積は等しくなることを 知 どんな形の平行四辺形で
と高さが等しけれ
確かめる。
も、底辺の長さと高さが等
ば、面積は等しくな (面積が等しい理由を説明したり、面積が
しければ、面積は等しくな
ることを理解する。
等しい平行四辺形を底辺と高さに着目し
ることを理解している。
て作ったりする。)
ダウンロード

言語活動を生かした教科等の指導(算数)