JEPP-Tibet (leaded by Prof. Ishikawa)
Surface observations
Data integration system
D66 (2006.8.28)
Visualization tool
Upper air (red); surface (black): continued reswearch sites (yellow); ;
24 GPSs (green); BL obs (white); Wind Profiler (☆)
Sattelite data archive
Soil mosiure (SSMI)
Data assimilation & water cycle
prdiction
Diurnal change of Heat flux by
FY2C
本プロジェクトの結果
Surface data assimilation
improve E-W contrast
Apply to water resource
prediction, and reduce
weather disaster
現業モデル
Tibetan Plateau observation & research
coordination
2005-2007
JEPP_TIBET
Keeping GAME/CEOP obs. sites
Archiving satellite data
Integrated data base
2005-2009
JICA
GPS(24 points)
BL tower(3 points)
Profiler (2 points)
AWS(7points+met. obs. AWS)
(at the end of 2007)
中国科学院
青蔵高原研究所
寒区旱区環境與工程研究所
WMO(○)+GAME/CEOP(◆)+JICA/GPS(●)+CAS(●)
at the end of 2007
☆
JICA Project IOP plan
Period:2008
Jan. - Feb., Mar. - Apr., Jun. - Jul.
Increase upper obs. sites (5 - 6 mobile sets)
at GPS sites, BJ super site, west Tibet etc.
By Japanese and Chinese researchers
Data Policy
*GAME/CEOP sites : Open after quality check
*JICA : Principally open but the detail is under discussion
*CAS : Principally open but the detail is under discussion
Desired cooperation toward the AYM
For observation, it is necessary to cooperate with
中国気象科学研究院
中国科学院青蔵高原研究所
中国科学院寒区旱区環境與工程研究所
参考:中国科学院青蔵高原研究所
ナム湖観測塔
チョモランマベース観測塔
6500
5196
4500
参考
「地球観測システム構築推進プラン」 テーマ2-2
「チベット高原におけるエネルギー水循環の統合観測研究の推進」
地上観測データ
中国研究観測
データ
(中国科学院)
衛星観測データ
水蒸気観測
ネットワーク
(日中科学技術協力)
データ供給
GAME/CEOP
観測資産
(京大、東大)
中国静止衛星観測
データ
(京大)
観測拠点整備
「統合地球水循環強化観測
期間(CEOP)」衛星プロダクツ」
(東京大学)
データ供給
(1) 多次元観測態勢の構築
①地上観測拠点形成
(京大、東大、気象研)
風水害防御
水循環予測高度化
②多次元観測データの収集統合
(京大、東大)
ワークベンチ提供
データ供給
アジアモンスーン
変動のメカニズム
②データシステムの開発(東大)
①大気-陸面結合データ同化システムの開発(東大、気象
研)
(2)水循環のデータ統合・情報融合システムの構築
チベット高原におけるエネルギー水循環の統合的で長期にわたる観測研究の推進
ダウンロード

参考:中国科学院青蔵高原研究所