Outcomes Among Patients
Discharged From Busy Intensive
Care Units
聖マリアンナ医科大学病院
腎泌尿器外科
青木 直人
【背景】
ICUの忙しさ(キャパシティへの負荷)はICUから一般病棟への転棟に影響されてい
ると言われている。
【目的】
ICUの収容能力の3つの指標(ICU滞在患者数、新規入院数、平均重症度)がICU滞在
期間やICUから転出した後の予後にどのように影響するか。
【デザイン】
2001年~2008年の後ろ向きコホート研究
【設定】
米国の155のICU
【患者】
200730人のICUから一般病床に転棟した18歳以上の成人
【方法】
ICUのキャパシティへの負荷と3つの指標との関連性と、ICU滞在
期間、72時間以内のICU再入室数、院内死亡率、および退院後の
予後を検討している。
米国ICUのIMPACTというデータベースを使用している。
またMPM0-Ⅲスコアを使用(入室1時間のICU重症患者の身体所
見や検査所見をもとに判断されるスコア)
ICUから一般病床に転棟した患者を以下の5つに
関して評価した
・最初から(他の病床を経由せず)ICU入室した患
者の滞在期間(時間)
・72時間以内のICU再入室
・最初にICU入室した患者のICUでの死亡を含め、
一般病床に転棟した後の院内死亡率
・ICUから一般病床に転棟した後の病院滞在期間
・退院後の予後、特に自宅退院の割合
初期ICU入室から、一般病床へと転棟
となった200730人の患者が対象
Census:
ICU滞在患者数
Admissions:
ICU新規入院患者数
Acuity:
重症度
患者の特徴
・男女比はほぼ1:1
・64歳以下が55.6%、65歳以上が44.4%
・ADLはFull78.5%、一部介助15.4%、全介助6.1%
・ICUに入院した患者の経路
救急外来
39.7%
他病院
5.9%
一般病床
11.9%
術後
35.9%
急性期リハビリ病院
0.5%
他のICUから転院
1.5%
・ICU入院のタイプ
予定手術
24.5%
緊急手術
13.3%
治療目的
62.2%
患者の特徴
・平均ICU滞在期間
48時間(26-91)
・ICUから一般病床に転棟した後の平均入院期間
(47-188)
・72時間以内のICU再入室
3.2%
・一般病床転棟後の院内死亡
4.0%
・退院先
自宅
63.3%
急性期リハビリ病院
27.4%
転院
2.6%
その他
2.8%
96時間
ICU
滞
在
日
数
ICU滞在患者数
ICU入院患者数
重症度
72時間以内ICU再入室
院内死亡
自宅退院
患者が退院した日
の忙しさによる3つ
の項目の推移
ICU患者数の増加は優位に72時間以内の
ICU再入室の割合を増加させた。
しかし、それは院内死亡率の増加や自宅
退院数の減少には関連していなかった。
この研究には7つの問題点が存在する。
1、ICUがランダム化されていない。
2、MPM0-Ⅲを使用したので入室1時間以降の評価はされてい
ない。
3、ICU滞在数が多いときと少ないときに他病院に転院した患者
の違いを評価していない
4、退院後の長期の転帰を評価していない
5、ICUから転棟した患者しか評価していないため、自宅退院し
た患者や転院した患者のその後を評価していない
6、転院した病院の病床数などを評価していない
7、ICUから転出される際の基準が定められていない
結論
・ICUが満床などで忙しかった場合、患者のICU滞在期間は
有意差をもって短くなり、その後のICU再入室の割合がやや
高かった。
しかし、それによって患者の死亡率の増加、入院期間の全
体的な長さ、自宅退院の比率に差はほとんどなかった。
問題点としては長期間の転帰を検討していないことである。
ダウンロード

2015年1月27日(青木直人)(1.3MB)