日本=中国間の衛星を利用した
遠隔教育推進協力イニシアティブ
概
要
ビデオ・オンライン・ワークショップ
ビデオ・オンライン・ワークショップは、2003年3月、中華人民共和国教育部の謝云
錦(Xie Yunjin)教授と、衛星によるライブ映像通信システム(通称、テレビ会議シ
ステム)を利用した英語教育プロジェクトを推進することを確認しました。
この実現と推進を目指して、北京市内にプロジェクト開発及び情報活動の拠点を
設置します。
その拠点及びプロジェクト名を、「sat_ecole: 衛星教育交流中心」と名付けます。
ビデオ・オンライン・ワークショップ: Video Online Workshop
http://www.onlineworkshop.net/
謝云錦(Xie Yunjin):中国中央広範電視大学(China Central Radio & TV
University: http://www.crtvu.edu.cn/)、及び中国電視師範学院(China TV Teachers
College: http://www.crtvu.edu.cn/bm/dsy/cdsy.htm)の児童英語遠隔教育担当教授
プロジェクトの活動要素
•
遠隔プロジェクト:
–
–
–
•
通信技術:
–
–
–
•
•
中国西部/西南部/北部での英語教育を、放送プログラムに加え、リアルタイム=双方向の遠隔
教育環境と機会を作り上げる。
英語教諭不足に対応する、英語教員研修プログラム及びワークショップを、遠隔環境を利用
して、提案、提供する。(日本、韓国、オーストラリア、米国等との接続など)
英語以外の遠隔プロジェクトのコンテンツを開発、実施する。
• 現状では、伝統芸能を中心に計画中。
中国国内及び日本、アジアにおける映像通信技術、遠隔技術、マルチメディア技術等の普及、
活用、啓蒙。
衛星回線のみならず、地上系回線の利用、複合応用も含めた企画/利用推進。
通信機器、最先端の視聴覚機器等の常設展示/ワークショップ。
映像通信関連のイベントの企画/実施。
情報サービス:
–
–
中国衛星関連、遠隔教育関連の情報の収集と共有。
中国経由の欧州との交流、情報共有。
遠
隔 プ
ロ
ジ
ェ
ク
ト
– 中国西部/西南部/北部での英語教育を、放送プログラムに加え、リアルタイ
ム=双方向の遠隔教育環境と機会を作り上げる。
•
•
Circuit Rider Programme
Silk Road Cafe
– 英語教諭不足に対応する、英語教員研修プログラム及びワークショップを、
遠隔環境を利用して、提案、提供する。(日本、韓国、オーストラリア、米
国等との接続など)
•
•
Columbia University, Teachers College
JALT (Japan Association of Language Teachers)
– 英語以外の遠隔プロジェクトのコンテンツを開発、実施する。
•
•
•
•
•
現状では、伝統芸能を中心に計画中。
瑞穂雅楽会(http://www.miduho.gr.jp/)
鼓童(http://www.kodo.co.jp/)
コクウ(http://www.kokoo.com/)
千葉邦楽合奏団(http://www.chiba-en.com/)
通
信
技
術
– 中国国内及び日本、アジアにおける映像通信技術、遠隔技術、マルチメ
ディア技術等の普及、活用、啓蒙。
•
イベント、ワークショップ等との合同プロジェクト
– 衛星回線のみならず、地上系回線の利用、複合応用も含めた企画/利用推進。
•
•
Hughes China, iPSTAR, China Telecom, 等との共催プロジェクト
日本、アジア、米国、欧州等との共同プロジェクト
– 通信機器、最先端の視聴覚機器等の常設展示及びワークショップ。
•
機器メーカー、販売店等からの協賛、テクニカル・ワークショップ等の実施。
映像通信関連のイベントの企画/実施
•
オリンピック:
–
2004年アテネ・オリンピックから、2008年北京オリンピックに至る、4年間の文化交流イベントを企
画/実施。
• 北京オリンピック実行委員会(http://en.beijing-2008.org/)への働きかけ
• アテネオリンピックとのリンク
•
衛星利用の普及ワークショップ
•
•
•
•
•
China Satellite Organizing Committee (http://www.chinasatellite.org/) との共同事業を志向
中国通信学会(China Institute of Communicationsへの働きかけ)
中国航天部へのアプローチ
中国教育部との衛星利用に関する共同イベント
映像通信の普及イベント/ワークショップ
•
Polycom Beijing, VCON China, Sony China 等との共催事業
情 報
サ
ー
ビ
ス
– 中国衛星関連、遠隔教育関連の情報の収集と共有。
•
•
•
APSCOM (Asia Pacific Space Cooperation Mechanism:
http://www.apmcsta.org/insititutionalization/Precom.asp) 関連の情報収集と共有。
JAXA (Japan Aerospace Exploration Agency: http://www.jaxa.go.jp/) 関連の情報収集と共
有。
アジアの衛星関連情報の収集と共有。
– 中国経由の欧州との交流、情報共有。
•
ESA (European Space Agency: http://www.esa.int/export/esaCP/index.html) 関連との交流、
情報の共有。
– ウェブサイトでの交流。
– メーリングリストの共有=会員制度。
組
織 化
と
運
営
体
制
• 基本運営人員
• 専門協力団体/企業
•
•
中国側
•
•
•
•
中国側
•
•
•
•
•
謝云錦(Xie Yunjin)
朱 青(Zhu Qin)
日本側
•
•
•
菊池正己
石川博規
菊池正臣
•
(未定)
•
日本側
欧米
•
設立準備連絡事務所:
中華人民共和国北京市復興門内大街160号
中国教育部電教大楼1215室 謝云錦教授 気付
Polycom Beijing
VCON China
China Satellite Organizing Committee
中華人民共和国教育部
IATEFL-CHINA
•
•
•
•
•
JALT Chiba Chapter
瑞穂雅楽会
Eurasian Club
Polycom Japan
JAXA衛星利用促進委員会 委員有志
•
The Ocean of Know, USA
欧米
別枠での仕組み
本拠点の通信環境
●
●
●
●
ISDN/IP共用のテレビ会議システム
BBインターネット:端末 5台
電話/ファクス
異種回線の設置と実験/運用
本拠点のサービスメニュー
● APSCOM情報の収集と配信
+ 技術的ニーズ情報
+ 技術者リクルート情報
+ 技術及び技術者の斡旋情報
● China Satellite情報の収集と配信
+ 技術的ニーズ情報
+ 技術者リクルート情報
+ 技術及び技術者の斡旋情報
● 衛星関連機器、通信関連機器の常設展示
● 会員の北京訪問の際の斡旋、一時宿泊
● 会員の北京経由の訪中の際のコーディネーション
ダウンロード

スライド タイトルなし