中華料理の確立
07AK159 小野寺結花
まず最初に・・・

中華料理
日本人向けに味付けや調理法が
工夫され、創作された大衆料理

中国料理
中国本来の料理
いずれも戦後になってから
呼ばれるようになり、それ以前は
支那料理と呼ばれた。
中華料理の特色
1.地域差が大きい
理由:中国の中原地方の料理と外部文化の
料理の融合
⇒中国四大料理へ
2.油(ラード、ごま油など)を多用する料理が多い
⇒温かい食事を取ることが重視
⇒生野菜の使用、冷たい料理は少ない
中華料理の進化

海外の料理や食材の取り入れ、消化・応用
中華料理の炒め物の技法

中華料理の手法

⇒中華料理は他国文化を吸収すると同時に、独自
性のある料理として、世界に受け入れられた。
外国と中国料理

中国以外の諸外国のチャイナタウン
⇒大体は広東料理(飲茶、ワンタン
etc…)

「オリジナル」の中華料理
⇒日本のラーメン etc…
⇒しゃぶしゃぶの話
中国の食に関するマナー

飲茶の場合
お茶をつがれる時に、中
指と人差し指でテーブル
をトントンと叩く

皿を手で持たない
他の人の分までとりわけ
ない(ただし、お茶は可)
etc…

诸位也是非、请品尝!!
(皆さんも是非、ご賞味ください!!)
☆结束☆
(おしまい)
ダウンロード

中華料理の確立