2013
現代文明論 11
ルソーから学ぶ
自然と社会
ジャン=ジャック・ルソー
(1712-1778)
代表的な著作
学問芸術論(1750)
人間不平等起源論(1755)
新エロイーズ(1761)
エミール(1762)
社会契約論(1762)
人間不平等起源論
• 人間を文明化し、人類を堕落させたものは、
詩人から見れば金と銀であるが、哲学者から
見れば鉄と小麦である。(岩波文庫版、96-
97頁)
善と悪
• 人間は邪悪である。悲しい連続的な経験がそ
の証拠を不用にしている。けれども、本来、人
間は善良である。(147頁)
社会が悪をつくる
• 人間社会を賛美したければいくらでも賛美す
るがよい。それにしても、社会は必然に、人々
の利害がもつれるにつれて、人々が互いに
憎み合い、互いに表面的には尽くし合い、実
際は想像しうるかぎりのあらゆる危害を互い
に加え合うようにしむけているということはや
はり真実であろう。(147-148頁)
環境思想の創始者としてのルソー
自然の教訓を軽蔑する代価
(人間不平等起源論の注9)
• 何らの偏見も持たないで、社会人の状態を未
開人のそれと比較してみるがよい。そして、ど
んなに社会人が、その邪悪さと欲望と悲惨と
のほかに、苦痛と死とに向かって新しい問を
開いたかを、できれば研究してもらいたい。も
しわれわれを消耗させる精神的苦痛、われわ
れを疲労させ、悩ます激しい情念、貧しい
人々の重荷になっている極度の労働、富める
人々が溺れてしまい、ある者はその欲求のた
めに、他の者はその過度のために死ぬ、
• なおいっそう危険な放逸な生活、これらにつ
いて皆さんが反省するならば、またもし食物
の異常な混合、有害な調味料、腐った食料品、
変造された薬剤、それを売る人たちの詐欺行
為、それを服用させる人たちの誤り、それを
調合する容器の毒、こうしたことを皆さんが考
えるならば、
• また、集まった多数の人々の間の悪い空気のため
に発生する伝染病、われわれの生活様式の脆弱さ
やわれわれが家の内と外とを往来するために起こ
る病気、ないしは、あまりにも不注意に着たり脱いだ
りする衣服の使用法や、またわれわれの過度の官
能の欲によって必要な習慣に変えられてしまい、そ
れをなおざりにするか、あるいは事欠くかすれば、
やがてわれわれの生命または健康を失うことになる
ような医学的処置などのために起こる病気などに、
皆さんが注意を向けるならば、
• なおまた、幾多の都市を全滅させたり、転覆
したりして、その住民を何千も死なせた火事
や地震を、皆さんが考慮に入れるならば、要
するにこれらすべての原因が絶えずわれわ
れの頭上に集中する危険を皆さんが合わせ
考えるならば、われわれが自然の教訓を軽
蔑したことに対して、自然がいかに高い代価
をわれわれに支払わせているかが感じられる
であろう。(150-151頁)
最近の環境問題の例
• 中国大気汚染 PM2.5
• 中国 工場からの汚染
• 胆管がん(印刷会社)
• カネボウ化粧品
ダウンロード

現代文明論 13