外国人観光客の受入に関する
課題と改善策について
琉球大学 観光産業化学部
観光科学科 3年次
高江洲 景子
課題
• 外国人観光客を受け入れるにあたっての主
な課題を、県と協同すれば比較的短期間で
改善できるであろうものから3つ挙げたい。
1)外国語表示メニューの不足や外国語対応が
可能な人材の不足
2)Wi-Fiの設備不足
3)外国人に対する交通機関の利便性の悪さ
1.外国語対応
Reference:
平成24年度 外国人観光客満足度調査報告書
バーによっては外国人を受け入れない
ところがある。(台湾/20代男性)
一部店舗に英語のメニューが無く
注文するのは大変だった。(香港/20代男性)
ホテルのスタッフも英語対応が
できなかった。(香港/30代女性)
レンタカー店ぐらいは英語が
通じないと不便。(韓国/20代男性)
韓国語表記が備わっていない。韓国語
対応の人力不足。(韓国/30代男性)
英語が出来るスタッフがいない。
(シンガポール/40代男性)
改善策
県内のホテル・レストランに限り、メニューの
英語表記を義務付ける。(地域の食堂まで義務
付けると当地らしさが感じられず、逆に海外旅行の
醍醐味が失われ魅力低下に繋がる)
義務教育課程に英語のみならず第二外国語
として中国語・韓国語・ロシア語などを選択必
修にする。(文法などだけでなく会話力を磨く)
県内学生に対し留学等の推奨、それに付随
する諸補助の充実。(外から見つめる沖縄、魅力
の再認識のきっかけ)
2.Wi-Fi設備
Reference:
平成24年度 外国人観光客満足度調査報告書
どこのカフェにもWi-Fiがなく、そういう面が沖縄は弱いと感じる。
東京や大阪の空港では簡単にWi-Fiルーターが借りれるのに、
沖縄の空港ではそれが出来ない。無料のWi-Fiスポットを
見つけることが非常に困難。(香港/40代女性)
ホテルや主な観光地にWi-Fiがなくて
不便だった。(香港/30代女性)
ホテルでインターネット、Wi-Fi利用が
出来なかった。(香港/40代女性)
(宿泊施設の)部屋にWi-Fiがない。
(台湾/20代男性)
改善策
県の政策として年度別にいくつかWi-Fi設置重
点地域を決め、2020年の東京オリンピックまで
に県内全域のWi-Fi利用可能を目指す。
<Wi-Fiの必要性>
 海外旅客にとってネット環境は母国の家族、友人と繋
がる為の大切なコミュニケーションツールである為。
 観光客が沖縄の写真をSNSにアップすれば、宣伝の
一部になる為。
 情報の質、速さがものをいう世の中になっている為。
3.公共交通機関
Reference:
平成24年度 外国人観光客満足度調査報告書
公共バスが高すぎて不便。
(アメリカ/20代女性)
空港間(国内線⇔国際線)の
移動が不便。(台湾/40代男性)
レンタカーを利用できない旅行者からすると、
交通面がとても不便。(中国/20代女性)
ゆいレールの運行範囲が狭い。
(中国/20代男性)
バスの系統が分かりにくく、
不便。(台湾/30代女性)
改善策
バスのアナウンスや車内案内板の言語表記
に最低限英語を取り入れる。
バスをはじめとする公共交通機関の乗り継ぎ
の仕方や料金などを分かりやすくまとめたも
のを空港で配布する。
1日乗車券やフリーパスなどを充実させる。
その他諸問題
• クレジットカード対応
⇒クレジットカードに対する考え方の違いで、沖縄
ではクレジットカード文化がそれほど根強くないた
め不便を感じさせてしまうことがある。
⇒海外対応のATMの設置増加を求める声多数。
• 宗教対応
⇒イスラム教に特化したハラール食対応推進
⇒イスラムのみならず他宗教へも配慮が必要なの
では?
ありがとうございました
ダウンロード

OCVB課題_[琉球大学]髙江洲景子