Kinki University
- School of Humanity-Oriented
Science and Engineering
長期交換學生說明會
報告人:翁頂升
2006年10月16日
1
交通路線
2
校園
3
產業理工校-大學部
生物環境化学科(生物科技組、環科組、化學組、 材料組)
電気通信工学科(電機組、電子組、通信組、資工組、
電力組、機器自動化組、 軟體工程組)
建築・設計学科(建築組、設計組、 構造組、生產組、
土木組)
資訊学科(資訊組、計算機組、網路組、軟體組、OR組、
多媒體組)
経営流通学科(管理組、流通組、人間•環境組、企畫組、
文化組、 財務組)
基礎科学中心
数学教室
環境自然科学コース
4
產業理工校-研究所
大学院産業技術研究科
物質工学専攻(生物科技組、化學組)
電子資訊工学専攻(電子組、資工組)
造形学専攻(設計組、建築組、土木組)
経営工学専攻(資訊組、國際管理組、流通組)
分子工学研究所(國際產學研發)
有害物質処理室 材料実験室(材料科學組)
5
產業理工校-行政部門
事務部
庶務会計課
管理課
教務課
学生課
就職課
図書館事務課
電算機センター
医務室
其他教育研究施設
6
重要行事曆
学年暦
10月下旬 ~ 11月上旬大学祭
冬期休暇12月25日(月)~ 1月 8日(月):
2007年2月 3日(土)後期授業終了
春期休暇2007年2月5日(月)~3月31日(土)
7
授業時間
時間
1時限
2時限
3時限
4時限
5時限
9:00~
10:30
10:40~
12:10
13:00~
14:30
14:40~
16:10
16:20~
17:50
8
成績評価
判定
点数
評価
合
格
不合格
100-80点
79-70点
69-60点
59点以下
優
良
可
不可
9
事務窓口受付・取扱時間
平 日
9:30 ~ 13:00
14:00 ~ 16:30
※平日 13:00 ~ 14:00休憩
土曜日
9:30 ~ 13:00
10
開講科目一覧 – 經營流通系
野
人
間
形
成
科
目
授
業
科
目
単 必
位 修
数 ・
選
択
週授業時間数
1年次
2年次
前
前
後
ライフデザイン
2
○
2
産業技術と倫理
2
△
2
キャリアデザイン
2
△
スポーツ科学I
1
△
スポーツ科学II
1
△
2
ジャーナリズム概論
2
△
2
生涯スポーツI
1
△
生涯スポーツII
1
△
就職計画I
2
△
就職計画II
2
△
環境学入門
2
△
2
情報学入門
2
△
2
経済学の基礎
2
△
2
日本経済を読む
2
△
3年次
後
前
後
備
考
4年次
前
後
複数回開講される科
目は学習指定がなけ
ればどちらかを選ん
で履修して下さい。
2
2
教職課程受講者は、
「日本国憲法」は必
修。
2
2
2
2
教職課程受講者は、
「スポーツ科学Ⅰ・
Ⅱ」
「生涯スポーツⅠ・
Ⅱ」の中から2単位以
上必修。
2
2
11
数理科学I
2
△
数理科学II
2
△
2
環境と化学
2
△
2
環境と生物
2
△
2
初等物理学I
2
△
初等物理学II
2
△
教養ドイツ語I
2
△
教養ドイツ語II
2
△
教養中国語I
2
△
教養中国語II
2
△
2
社会奉仕実習
2
△
2
インターンシップI
2
△
2
インターンシップII
2
△
哲学
2
△
倫理学
2
△
人間のこころ
2
△
2
歴史を学ぶ
2
△
2
日本文学の世界
2
△
2
法を学ぶ
2
△
2
日本国憲法
2
△
健康科学
2
△
知的財産法概論
2
△
教養知識I
1
△
教養知識Ⅱ
1
△
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
12
テ
ラ
シ
|
科
目
英語I
1
□
英語II
1
□
英語III
1
□
英語IV
1
□
英語V
1
□
英語VI
1
□
英語VII
1
△
英語VIII
1
△
英会話I
1
□
英会話II
1
□
外書講読I
1
□
外書講読II
1
□
情報処理I
3
○
情報処理II
3
○
シミュレーション入門
2
△
日本語表現法基礎I
1
○
日本語表現法基礎II
1
○
日本語表現法応用I
1
○
日本語表現法応用II
1
○
□印のついた選択必
修科目はその中から8
単位が必修となりま
す。
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
4
4
2
2
2
2
2
13
日本語I
1
□
日本語II
1
□
日本語III
1
□
日本語IV
1
□
外国人留学生のみ履修可能
2
2
2
2
14
分
野
専
門
基
礎
科
目
授
業 科
目
単
位
数
週授業時間数
必修・選択
経営コミュニケーション導入セミ
ナー
2
経
営
プ
ラ
ン
ニ
ン
グ
○
人
間
・
環
境
経営コミュニケーション学入門I
2
○
○
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン○
文
化
○
経営コミュニケーション学入門
Ⅱ
2
○
○
○
経済学概論
2
○
○
○
2
経営学概論
2
○
○
○
2
基礎簿記I
2
○
○
○
2
経営管理論
2
○
○
○
人間工学概論
2
○
○
○
情報システム概論
2
○
○
○
2
社会調査法演習
1
○
○
○
2
経営戦略論
2
○
○
○
2
ビジネス英語基礎
1
○
○
○
2
文献講読I
1
○
○
○
文献講読Ⅱ
1
○
○
○
○
1年次
前
2年次
後
前
3年次
後
前
4年次
後
前
後
2
2
2
2
2
2
2
15
営
流通入門
2
○
○
○
比較経営論
2
○
○
○
2
マーケティングI
2
□
△
△
2
マーケティングⅡ
2
△
△
△
製品・店舗デザイン論
2
□
△
△
2
株式会社論
2
△
△
△
2
マーケティング・リサーチ
2
△
△
△
2
現代企業論
2
△
△
△
2
中小企業論演習
2
△
△
△
2
経営組織論
2
△
△
△
2
労使関係論
2
△
△
△
経営財務論
2
△
△
△
地域経済論
2
△
△
△
2
起業論
2
△
△
△
2
経営管理演習
2
□
△
△
4
2
2
2
2
16
務
基礎簿記Ⅱ
2
□
△
△
会計学
2
□
△
△
財務諸表論I
2
□
△
△
原価管理
2
△
△
△
会社法
2
△
△
△
財務諸表論Ⅱ
2
△
△
△
2
税務会計
2
△
△
△
2
税法I
2
△
△
△
税法Ⅱ
2
△
△
△
経営分析
2
△
△
△
会計処理演習I
2
□
△
△
会計処理演習Ⅱ
2
△
△
△
2
2
2
2
2
2
2
2
4
4
17
間
・
環
境
身体運動学
2
△
△
△
環境科学
2
○
○
○
2
産業人間工学
2
△
△
△
2
産業社会心理学
2
△
△
△
2
生産管理I
2
△
○
△
生産管理Ⅱ
2
△
△
△
行動科学
2
△
△
△
福祉人間工学
2
△
○
△
安全管理
2
△
△
△
労働科学I
2
△
△
△
労働科学Ⅱ
2
△
△
△
2
品質管理
2
△
△
△
2
人間工学実習I
2
△
○
△
人間工学実習Ⅱ
2
△
△
△
2
2
2
2
2
2
2
6
6
18
情
報
システムの基礎
2
○
○
○
2
経営数学基礎
2
△
△
△
2
経営数学
2
△
△
△
数理統計学
2
△
△
△
2
情報システムの計画
2
△
△
△
2
データ構造と処理方法
2
△
△
△
オペレーションズ・リサーチ
2
△
△
△
2
情報と法
2
△
△
△
2
情報基礎演習
1
△
△
△
2
4
2
19
化
地域文化論
2
△
△
△
現代文化論
2
○
○
○
日本社会文化研究
2
△
△
○
2
アメリカ社会文化研究
2
△
△
△
2
マスコミ史
2
△
△
△
2
アジア社会文化研究
2
△
△
△
比較文化の探求
2
△
△
△
オーストラリア社会文化研究
2
△
△
△
2
ヨーロッパ社会文化研究
2
△
△
△
2
比較美術論
2
△
△
△
2
異文化理解
2
△
△
△
2
2
2
2
2
20
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
|
シ
ョ
ン
ビジネス英語中級
1
△
△
○
ビジネス英語上級
1
△
△
△
2
英語コミュニケーションI
2
△
△
○
2
英語コミュニケーションⅡ
2
△
△
△
中国語中級I
1
△
△
△
中国語中級Ⅱ
1
△
△
△
コミュニケーション倫理
2
△
△
△
2
2
2
2
2
21
総 事例研究I
合
科 事例研究Ⅱ
目
1
△
△
△
1
△
△
△
特別講義I
1
△
△
△
特別講義Ⅱ
1
△
△
△
卒業研究
6
○
○
○
2
2
2
2
22
表中の記号は、○:教職必修科目 △:教職選択科目
分野
授
業 科
目
単
位
数
必修
選択
高校
商業
教
職
科
目
教職
に関
する
科目
備
考
配当
年次
教職論
2
○
1年
特別活動の研究
2
○
1年
教育心理学
2
○
1年
教育実習参加の必修項目
教育学概論
2
○
2年
同上
教育行政学
2
○
2年
同上
商業科教育法I
2
○
2年
同上
商業科教育法Ⅱ
2
○
2年
同上
進路指導論
2
○
3年
教育相談
2
○
3年
教職総合演習
2
○
3年
教育実践の研究
1
○
3~4年
教育実習
2
○
4年
期間は2週間
比較教育学
2
△
4年
非開講
職業指導(商業)
2
○
2年
集中講義
教育実習参加の必修項目
教育実習参加の必修項目
23
資訊學系研究室介紹
24
經營流通學系研究室介紹
25
畢業就職
例:経営情報学科
アプライド(株)、ベスト電器(株)、イオン九州(株)、総
合学園学校法人九州文化学園、(株)アイネット、日立ソフト
ウェアエンジニアリング(株)、(株)VSN、(株)アルプス
技研、特殊電極(株)、(株)ヨドバシカメラ、クロリンエン
ジニアズ(株)、三島光産(株)、福岡県警、イオン(株)、
ダイワボウ情報システ(株)、(株)エーデルワイス、綜合警
備保障(株)、奥村組土木興業(株)、イズミヤ(株)、(株)
フォーバル、(株)トーヨ、(株)カンサイ、住友電装(株)、
(株)丸久、(株)ランテック、協立エアテック(株)、シダ
ックス(株)、倉敷ボーリング機工(株)、あおい商事(株)、
佐川急便(株)、日本郵政公社九州支社、(株)セブン・イレブ
ンジャパン
26
禮節
道
心
忍
誠
27
吉祥與忌諱
問候
守時
神道教
1357
8時 – 21時
うわさ
嘘
28
準備1
護照
手機
名片(中英文,自我介紹用)
一篇日文或英文的自我介紹
先預備一篇日文或英文的感謝心得文(先準備
公式化的一篇)
素食者或特定時間吃素或特定食物不吃(如生
魚片、牛肉、…)
身體如有特殊情況先告知(如: 氣喘、夜弱視、
時常拉肚子……)
29
準備2
見面禮
特殊才藝
字典(外來語、英和)
衣物
日記心得、報告
相片、錄影
其他
30
日文能力
碩士班、博士班進學準備
31
歡迎來信詢問留學有關
32
ダウンロード

從提升企業員工生產力的角度談數位學習