韓国で口蹄疫が再発しました!
牛用
みなさんの家畜は大丈夫ですか?
口蹄疫とは・・・
牛や豚などがかかる感染力が非常に強い伝染病で、まず発熱や食欲不
振が見られ、次によだれを流し、口やひづめ、乳房に水ぶくれができるの
が特徴です。
舌の水ぶくれ(初期の症状)
口内のびらん(ただれ)
多量のよだれ(泡沫性)
写真:宮崎県
韓国では、今年6月にいったん終息した口蹄疫が、11月26日に再発し、
既に7万頭以上を処分しています。みなさんの農場へ口蹄疫を入れない
ため、特に次のことを守ってください。
〇 自分の農場に入る際も、靴や持ち込む物の消毒を徹底しましょう。
○ 外部からの人や車をなるべく農場に入れないようにしましょう。
○ 畜産関係車をはじめ農場に立ち寄る車(タイヤや運転席)や持ち込む物は必ず
消毒しましょう。
○ 発生国に滞在していたためウイルスを伝播させる可能性がある人や発生国から
輸入された物を農場に近づけないようにしましょう。また、従業員の方も含めて、
口蹄疫が発生している国への渡航は、できる限り控えましょう。
○ 口蹄疫を広げないためには、早期発見がとても大切です。
毎日、必ず家畜を観察して、おかしい時には、すぐにご連絡ください。
徳島県農林水産部ブランド戦略総局畜産課
徳島家畜保健衛生所
徳島家畜保健衛生所阿南支所
西部家畜保健衛生所吉野川庁舎
西部家畜保健衛生所東みよし庁舎
(TEL)
088-621-2419
088-631-8950
0884-22-0304
0883-24-2029
0883-82-2397
(FAX)
621-2857
631-8938
22-2225
24-1397
82-4843
参考
重要
韓国における口蹄疫の再発について
≪経緯≫
・ 本年1月、口蹄疫が発生
慶尚北道 醴泉郡
0
100
200
1件 2010年 12月(牛・O型)
km
・ 約50,000頭を殺処分する
などして、 6月にいったん
終息。9月には清浄国に復
帰
江原道
京畿道
・ 11月26日、同国南東部
で口蹄疫が再発。
既に30件の発生が確認さ
れており、感染が拡大中。ソウル特別市
(殺処分頭数も70,000頭超)
・ なお、韓国全土の家畜市
場は閉鎖済み。
忠清北道
慶尚北道
忠清南道
全羅北道
慶尚南道
全羅南道
≪我が国の対応≫
以下の対応を引き続き実
施。
・ 釜山
慶尚北道 安東市
29件 11月26日以降(牛/豚・O型)
済州道
・ 韓国からの偶蹄類動物
の肉や稲わら等の輸入
禁止
・ 旅行者に対する靴底消
毒などの徹底や手荷物
の検疫強化
2010年12月6 日現在
※日付は発生日(各々の事例が初めて観察された日) ※出典:OIE ほか
更に詳しい口蹄疫の情報は、以下のホームページでもご確認いただけます。
・ 動物衛生研究所
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html
・農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html
ダウンロード

畜産農家の皆さまへ(牛用)(363KBytes)