1)目的、概要



ゴミなどにカラスがたまり、荒らすのを防ぐためにカラス
撃退装置をつくることにした。
カラスだけでなく、防犯装置として活躍させることも可能
である。
赤外線を感知したら音がなるというシンプルな機械で、音
は三種類の音を用意しており順番に鳴るように設定して
ある。
2)使用部品
センサー AMN11111
・・・ ¥1600
 スピーカー 150mm 40w visaton社製 ・・・ ¥1900
 ACアダプタ
・・・ ¥200
 DCジャック
・・・ ¥20
 電子部品 etc
・・・ ¥1000

合計
¥4720
3)ハードウェアの構成
・ 回路図
・ 動作説明
1) センサーが赤外線を検出する。
2) PICの1番ピンにhighが入力信号として入る。
3) PICの制御で18番ピンから周波数をもった方
形波が出力される。
4) OPで出力の方形波の振幅を増幅する。
5) スピーカーから音を発生させる。
4)ソースプログラム





LIST
P=PIC16F84
INCLUDE
KIGOU
KIGO
ORG
"P16F84.INC"
EQU
H'0090'
EQU
H'0091'
0

START:
CLRF
BSF
BCF
BSF
STATUS,RP0
TRISA
TRISA,2
STATUS,RP0

J1:
0FFFFH
KIGOU
0AH
KIGO
KANSI
OTO1
KIGOU,1
J2
0FFFFH
KIGOU
KIGO
J2














J2:
MOVLW
MOVWF
MOVLW
MOVWF
CALL
CALL
DECFSZ
GOTO
MOVLW
MOVWF
DECFSZ
GOTO












MOVLW
MOVWF
MOVLW
MOVWF
CALL
J3:
CALL
DECFSZ
GOTO
MOVLW
MOVWF
DECFSZ
GOTO
0FFFFH
KIGOU
0AH
KIGO
KANSI
OTO2
KIGOU,1
J3
0FFFFH
KIGOU
KIGO
J3
MOVLW
MOVWF
MOVLW
MOVWF
CALL
CALL
DECFSZ
GOTO
MOVLW
MOVWF
DECFSZ
GOTO
0FFFFH
KIGOU
0AH
KIGO
KANSI
OTO3
KIGOU,1
J4
0FFFFH
KIGOU
KIGO
J4
GOTO
J1













J4:



























KANSI
J:
BTFSS
PORTA,2
GOTO
J
RETURN
OTO1 BSF
CALL
BCF
CALL
RETURN
PORTA,1
TAIMA
PORTA,1
TAIMA
OTO2 BSF
CALL
CALL
BCF
CALL
CALL
RETURN
PORTA,1
TAIMA
TAIMA
PORTA,1
TAIMA
TAIMA
OTO3 BSF
CALL
CALL
CALL
BCF
CALL
CALL
CALL
RETURN
PORTA,1
TAIMA
TAIMA
TAIMA
PORTA,1
TAIMA
TAIMA
TAIMA





TAIMA
MOVWF
T:
DECFSZ
GOTO
RETURN


END
MOVLW 0FFFFH
F
F,1
T
・ ソースプログラムのフローチャート
スタート
2
ポートの入出力設定
KIGOU,KIGOに値を代入(ループ回数設定)
サブルーチンKANSIの呼び出し
サブルーチンOTO1の呼び出し
0FFFFH*0AH回ループ
KIGOU,KIGOに値を代入(ループ回数設定)
1
1
サブルーチンKANSIの呼び出し
サブルーチンOTO2の呼び出し
0FFFFH*0AH回ループ
KIGOU,KIGOの設定
サブルーチンKANSIの呼び出し
サブルーチンOTO3の呼び出し
2
0FFFFH*0AH回ループ
5)改善点、検討点
・ スイッチの設置
現在のカラス撃退装置では、電源につなげると、センサーはずっと
動作しっぱなしになる。これでは、例えばゴミ置き場などに設置すると
人間にも反応してしまう。そこでセンサーをスイッチでON、OFF制御
できるように改善すれば実用性が高まる。
・ 回路、スピーカーの保護
このカラス撃退装置は基本的に屋外でしようすることを目的としている
ので回路、スピーカーが今のままでは、雨や動物からによる装置の
破損が起こってしまう可能性がある。よって回路、スピーカーの保護を
行うことを検討している。
・ 電源を確保する
このカラス撃退装置は、装置自体には発電する機能がなく、どこからか
電力を供給しなければならない。よっていろいろな方法を思考錯誤して
装置を動作することができる発電方法を検討する必要がある。
・ カラスの苦手な警戒音の追求
警戒音として大きな音を出すのではなく、カラスの嫌いな周波数などを、
ソフトの部分を変更することによって組み込んでより効果の大きな音を
発生させることを考えている。
6)特徴
・ 安価な価格で回路を実現できる。
・ 回路構成をできるだけシンプルにして、
作成しやすいようにしている。
・ ソフトの変更だけでさまざまな周波数の
音を発生することが可能であり、いろいろ
なものに対処することができる。
7)所感
参考にする回路やプログラムがない状態から始めたので、
最初は何をしていいのか分からなくて、なかなか製作が
進まなかった。自分たちでPICの回路やプログラムを勉強
していくうちに、PICには実用性、利便性があることがわか
ってきた。今回の製作をいかしてこれからある実験などに
取り組んでいきたい。
ダウンロード

ppt