舞台は阿賀野川
阿賀野川は、
福島・栃木県境に源を発し
越後平野をうるおしながら、
日本海へそそぐ
その水は、清く、冷たい
阿賀野川は
砂利を採ったり
魚を捕ったり
貴重なタンパク源
ものを運んだり
生活の場
新潟水俣病は
 1 9 6 5(昭和4 0)年
 阿賀野川の下流地域で有機水銀の中毒
にかかった患者が発生していると、新
潟大学の研究者たちが新潟県庁に報告。
 原因は不明
タタリ? 伝染病? 農薬中毒?
およそ10年前に
 1956(昭和31)年、熊本県の水俣保健所に、
チッソという地元にある化学工場の附属病院の医師
から原因不明の患者が報告
 それより前の1950(昭和25)年ごろから、水
俣湾周辺の漁村では、海に魚が大量に浮いたり、ネ
コが狂くるい死にするという不思議なできごと
 チッソ水俣工場の排水に含まれていたメチル水銀に
汚染された魚を大量に食べた人が発症
→ 熊本・水俣病の発生
昭和電工から出されたメチル水
銀を含む排水が原因
メチル水銀に汚染された川魚を
大量に食べた人が発症
→
新潟水俣病
の発生
だんだんメチル水銀が蓄積されて、
その川魚を食べることで人間の口に入る
下流に行くほど被害患者が多くなる
新潟水俣病の症状
 手足のしびれや震え
 頭痛 耳鳴り 不眠
 歩行困難
 言語障害
 うまく歩けない
 指が曲がる
 見える範囲が狭くなる
*
など
激しい症状だけでなく、外からわかりにくい症状もある。
樋口さんは自覚症状がありながらアンケートに
正直に答えないのはどんな理由からでしょうか?
このまま黙っていたらどんなこ
とが予想されるでしょうか?
認定を求め
るべきか?
黙っている
べきか?
ダウンロード

プレゼンテーション用「新潟水俣病-舞台は阿賀野川」(Power