日本眼科医会の
【園児のための視力検査マニュアル】
• 幼児が質問の意味を理解していること(練習)
• 楽しく、遊び感覚
• 被検者の慣れ
• ランドルド環単独視標
• 測定用検眼枠、遮眼器
(遮閉板、遮眼子)
【園児の視力検査器具の例】
• 測定用検眼枠
(約5,000円)
• 検眼枠用遮閉板(黒板)
(約1,700円)
• ランドルト環単独視標(アクリル)
0.1 (約1,200円)
• ランドルト環単独指標(紙)
0.3、0.7、1.0
(約1,600円(3視標))
• ハンドル 手作り可
(約2,000円)
• 初期投資:約11,500円
ハンドル(手作りでも可)
【園・家庭で練習】
• 測定の意義を保護者が理解できるお知らせ
• 1週間前から練習しましょう!
ランドルト環単独視標(字ひとつ)
【みんなで練習】
4才からは指指し可能
•
•
•
•
十分理解できてから
テストではない
まちがってもよい
楽しく、遊び感覚で
【視力検査の実際】
【準備】
・ 視力表から眼までの距離は 5m
(3mでも可、3m用視標を使用)
・ ランドルト環単独視標を用い、園児の眼の高さに合わせる
字づまり視力表では読みわけ困難のため視力が出にくい
・ 照明:視標の白い背地の部分の明るさは、
まぶしすぎ、あるいは暗すぎないように配慮する
照度は500~1,000ルクスとする
【検査の方法】
・ 検査員は二人一組が望ましい
・ 最初に0.1か0.3の指標で理解度確認
・ 上下左右の4方向のうち、3方向正解でパス、 斜めは不要
・ 視野に入る範囲に友達がいないようにする
【眼科受診を勧める幼児】
・ 年長児は1.0未満、年少・年中児は0.7未満で受診を勧める
・ 首をかしげる場合(斜視の疑い)
・ 片眼をかくすと嫌がる、顔を傾ける、顔を曲げてのぞきなが
ら検査する、眼が揺れている
眼の高さ
5m
ランドルト環単独視標
【視標の出しかた】
視標の方向を変えるときは、裏返してくるりと回しながら変えていく
【注意点】
○
•
•
•
•
目を細めない
目を押さえない
顔をまっすぐに
反対目をつぶらない
(遮閉している眼をつぶらない)
×
ダウンロード

イラスト版 - 日本眼科医会