精神腫瘍学の語源:
Psycho-Oncology(米国)やPsychosocial Oncology(西欧)の邦訳
:Psycho =こころ、心理、精神、Psychosocial =心理社会的
:Onco=腫瘍、logy =学問
精神腫瘍学の定義:
精神医学、心理学をはじめ腫瘍学、免疫学、内分泌学、社
会学、倫理学、哲学など、あらゆる科学的手法を駆使してがんの人
間学的側面を明らかにすることを目的とする。
特に、以下の2つの目標が強調される。
1. がんが心に与える影響
:クオリティオブライフの向上(QOL、生活の質、生命の質)
2. 心や行動ががんに与える影響
:罹患を減らすこと、生存を延ばすこと
1
緩和医学
精神腫瘍学
中世
収容施設
収容施設
1900-
聖ジョセフホスピス
Johns Hopkins大学に
精神医学講座
→心身医学
19401967
聖クリストファーホスピス
→独立型 →在宅ケア
→症状緩和チーム(1976)
1977
1982
1986
1992
2002
2006
2007
→リエゾン精神医学
スロンケタリング
がんセンターに精神科
聖隷三方原病院にホスピス
WHO三段階除痛法
国立がんセンターに精神科
世界初の精神科医必須の緩和ケアチーム
在宅総合支援診療所
がん対策基本法
適切な精神科コンサルテーションを阻害する要因
1. 担当医など身体の専門家
• 精神症状に対する認識の低さ (Derogatis, 1976)
• 通常反応との鑑別診断の困難さ(「がんだから落ち込んでいる」
:Rodin, 1986) >>>教育・臨床・研究
2. 精神科医など心の専門家
• がんの知識不足が招く貧困な精神科コンサルテーション(McCartney,
1985) >>>教育・臨床・研究
3. がんや死を取り巻く社会環境・医療文化
• 告知のない患者医師関係に入る精神科医の曖昧さ
(可哀想、見捨てられた、スティグマ)
• リエゾン精神医学の医療文化がない >>>啓蒙・研究
サイコオンコロジー入門、日本評論社、1995
3
がん患者の心の評価とサポートの4段階
-英国がん患者の支持・緩和ケアマニュアル NHS-NICE 2004
第一段階:すべての医療スタッフに必須の評価とケア
・心理的ニードの評価、疑わしいと思ったときに精神保健の専門家へ
相談
・基本コミュニケーション(適切な情報提供、理解の確認、共感、敬
意)である。
第二段階:精神保健従事者に若干の訓練を要する評価とケア
・スクリーニング;がんの診断時、再発時、治療中止時などストレス時
・危機介入、支持的精神療法、問題解決技法を提供する
・対象:がん専門看護師、ソーシャルワーカー、英国ではGP.
4
第三段階:精神保健専門家による診断と治療
・診断:軽度ー中等度の不安、うつ、怒りなど
・治療:怒り、否認、希死念慮、スピリチュアルな問題、認知行動療法.
・対象:臨床心理士
第四段階:精神保健専門家による診断と治療
・診断:重度のうつ病、せん妄、不安障害、人格障害、アルコール障
害、自傷行動など
・治療:中等度以上の精神疾患の治療を行う.
・対象:精神科医(スペシャリスト過ぎる!)
5
がん医療における悪い知らせ
:患者の将来への見通しを根底から否定
的に変えてしまうもの
Buckman: BMJ, 1984
検査
がんの診断
サバイバー
52万人/年
男性:二人に一人
女性:三人に一人
闘病者300万人
再発・進行
抗がん治療中止
32万人/年
6
インフォームドコンセントと心の機能
説明
と
同意
知 → 情 → 意
説明→気持ち→同意
7
がんに対する心の反応
検査
日
常
生
活
へ
の
適
応
がん
}
衝撃
否認
集中力低下
食欲低下・不眠
絶望
不安
怒り
悲嘆・落胆・うつ
0
2週
3 ヶ月
日常生活に支障なし
•現時的対応
•情報収集
•孤立感
•疎外感
•楽観的見通し
「自分のがんは
治るのでは?」
時間
8
再発の不安
山脇・内富, サイコオンコロジー,1997
■身体機能の喪失と回復(ー1年)
:職場復帰(体の労働と頭頚部のがん)
>>>気持ちを打ち明ける
■再発不安(ー3年)
:例)初めての水泳(プールvs.沖合い)
>>>家庭や職場の受け入れ態勢作り
■病気の前と後の人生の再統合(3年ー)
>>>再設計
再発・進行に伴う悩み
■ まず結果を頭(知)だけでなく、
気持ち(情)においても受け入れる
■ 遣り残した仕事、育児、家族を残すこと
■ 見捨てられるのではないかという不安、
無価値感、他者への依存の増大
自分らしく生きるために
■ 身近な人に気持ちを打ち明ける.
■ 誇りにしている過去の業績や思い出を
大事な人と振り返る.
■ 目標や希望について話し合う.
独立変数
介在変数
がん種
(肺、乳腺、頭頚部
など)
身体状態
(疼痛、倦怠感、呼吸困難、
Performance status, ADLなど)
心理・社会・行動学的要因
-基本属性
(性、年齢、教育、職業、経済状態など)
-心理行動学的
治療法
(性格、コーピング、健康行動など)
-既往の精神疾患
(手術、化学療法、
放射線など)
(うつ病、ニコチン依存、アルコール関連障害など)
-社会的
従属変数
QOL
-身体機能面
-心理的
-社会的
-スピリチュアル
罹患・生存
(配偶者、友人、医療者からのソーシャルサポートなど)
-環境的
(がん告知の状況、精神科・ソーシャルサービスへのアクセスなど)
症状緩和
リハビリテーション
サイコオンコロジーの介入
-精神療法
-薬物療法
-行動療法など
QOLと罹患・生存に関するサイコオンコロジーモデル
△ △
前向き態度、絶望態度、うつ状態と
生存期間 (578名)
Watson et al, Lancet, 1999
Watson et al, EJC 2005.
Overall Survival
Disease-free Survival
絶望<12点(194/486)
絶望>=12点(49/91)
結論:一致した証拠はない。無理に「前向きに」などと特定の取り組
み方や態度を身につけなければならないと感じる必要はない。
ただし、絶望、うつ状態、今後の課題.
13
進行再発乳がん患者のグループ療法
(235名)
Goodwin PJ, et al, NEJM, 2001
•精神科医Spiegelのグループ療法の追試:カナダ7州の施設
•235 名が研究に参加
•201 死亡 (86 %)
•17.8 月 vs 17.6 月
結論:グループ療法
に参加しなければ
ならないと感じる必
要はない.
6
14
ホスピスケアと遺族の生存期間:
a retrospective cohort study
Christakis NA & Iwashyna TJ, SS&M, 2003
•米国一般老人夫婦:195.553夫婦
•ホスピスケアを受けた
/受けない30.838夫婦
•死別後18ヶ月死亡
•妻:4.9% v.s. 5.4%
•夫:13.2% v.s. 13.7%
結論:良いケアは、遺族
にも良い効果をもたらす
可能性がある.
女性OR: 0.92
(0.84-0.99)
男性OR: 0.95
(0.84-1.06)
ダウンロード

パワーポイント