えひめ中小企業応援ファンド
活力創出産業育成事業
活力創出助成事業
作業標準作成スキル導入助成事業
公益財団法人えひめ産業振興財団
1
作業標準作成スキル導入助成事業
1 助成目的・内容
地場産業を支える中核人材の育成による産業人材力の強化のため、優れ
た技能・技術を伝承する効果的な手法を普及することを目的として、中小
企業者等に対して、動画手法等を用いてものづくりに係る技術・技能伝承
を図るための作業標準書(マニュアル)を作成するスキル習得による伝承
すべき技術・技能の把握、その効果的な伝承のための取組に必要な経費を
助成
2 助成対象経費
謝金、旅費、印刷製本費、通信運搬費、借料及び損料、消耗品費、資料
購入費、原材料費、備品費、委託費、その他財団理事長が必要と認める経費
3 助成率
助成対象経費の2/3以内
4 助成限度額
5 応募申込書の受付
1,500千円 (27年度ファンド枠 3,000千円)
平成27年4月10日(金)~5月29日(金)
2
技術・技能伝承の課題と対応
技術・技能伝承の課題
・自社の優位性のある技能が不明
・技能に含まれる暗黙知が抽出できない
・教育効果の把握・評価法が確立していない
・教育効果の上がる教材がない・少ない
・効果的な技能伝承方法が不明
・インストラクターの養成ができていない
・技能伝承システムがない・不十分
など、「教育の見える化」が立ち遅れている
多くの時間をかければ技能は伝承できる。
しかし効果的にできれば、経営寄与が大きい。
「経営戦略に基づいた」「効果的な」人材
育成(技能伝承)方法の活用
3
出典:(財)東予産業創造センター資料より
動画(見える化)を用いた技能伝承手法
“CUDBAS”
• A Method of Curriculum Developing
Based on Ability Structure)
= 「職業能力の構造に基づく
カリキュラム開発の方法」
目に見える新しい技術・技能の伝承法
※ “CUDBAS”は、森和夫氏(技術・技能教育研究所)の発案・提唱
4
出典:(財)東予産業創造センター資料より
作業標準作成スキル導入助成事業のねらい
合理的な方法である動画(見える化)を用いた技能伝承手法を活用して、PDCAをまわ
す継続的な取り組みを定着させ、効果的な人材育成(技能伝承)を行うことを普及する。
企業自らが取組む全体像
(1)戦略確立
(2)人材資源の把握
(3)教育戦術
経営戦略
(4)教育環境の整備
(5)教育実施
(6)教育評価
戦略事業の展開
(7)システム構築
(8)教育改善
維持・改善システム
SJT(self job training)
•
•
人材育成戦略
技能チャート
技能チャート
CUDBAS
適用範囲
技能評価
技能チェックシート
教育計画
教育実施計画
技能マップ
技能マップ
技能分析
教材開発
暗黙知の可視化
システム構築
管理システムの構築
運用規則策定
効果測定
・評価
有形の効果
無形の効果
指導者が学習者の学習をコントロールする
指導者のもとで実施する部分と 学習者だけで行う部分とで構成する
マニュアル
教具など
教育実施
インストラクター養成
SJT,OJTなど
1
5
出典:(財)東予産業創造センター資料より
作業標準作成スキル導入助成事業のねらい
人材育成戦略
○教育環境の整備
効果的な教育を実施するための
教材をチェックするとともに、効果
的な人材育成のための教育環境
を整備する。
技能チャート
技能チャート
技能評価
技能チェックシート
教育計画
教育実施計画
技能マップ
技能マップ
経営戦略
技能分析
教材開発
暗黙知の可視化
戦略事業の展開
維持・改善システム
•
CUDBAS
適用範囲
システム構築
管理システムの構築
運用規則策定
マニュアル
教具など
効果測定
・評価
有形の効果
無形の効果
教育実施
インストラクター養成
SJT,OJTなど
1
不足教材の作成:実践的な動画を活用した教材を作成する。
① 暗黙知の抽出:仕事そのものを動画記録し、熟練者から暗黙知を抽出する
② 技能分析表:暗黙知の入った業務マニュアルを作成する
③ 動画を活用したマニュアルの作成:技能分析表を基にマニュアルを作成する
•
•
•
•
•
•
教具の作成:カットモデルや部品実物等を準備する
モデル課題作成:再現性のない課題モデル等のとき、それに代わる課題を作成
教育道場の設置:いつでも学習できるようなコーナーを設置する
インストラクター教育:類似の典型的な課題で、指導者の教え方教育を実施する
教育時間の確保:教育は仕事なので、勤務時間内での時間を確保する
効果測定法の確立:教育効果の測定法を事前に確立し、教育前の状態を計測
6
出典:(財)東予産業創造センター資料より
助成事業推進体制
・熟練技能の提供・整理・教育の実施
・動画を活用した作業標準マニュアルの作成
・助成事業の実施、管理、報告
《 助成先 》
中小企業者、中小企業者等のグループ
助成金
ハンズオン
支援
(財)えひめ産業振興財団
・助成事業の管理
・ハンズオン支援
委託
委託先:
産業支援機関等
・作業標準マニュアル作成支援
7
技能伝承マニュアルの作成-①分析表の作成例
工程
1.分解
主な作業内容
1-1
油抜き
1-2
ケーシングの取外し
具体的な
行動の仕方
行動のポイント・
判断の基準・
数値化
(
判断の仕方と工夫)
①ナイロン袋をプラグの下に敷く
・
スパナで油抜きプラグを緩めて、油が完全になくなるまで待つ
・
オイルパンの利用など他の方法もある
②抜き取った油を廃棄する
・
油が出きったらプラグを閉め、油を廃棄する
①ふたりでボルトを外す
・
ボルトは対角で外す
熟練技能者から、インタ
ビューによって暗黙知を抽出
し、それを織り込んだマニュ
アルを作成。
マニュアルには、必要に応じ
②ケーシングおよびガスケットを外す
て写真を貼り込み、重要なも
1-3
①インペラのナットを外す
のには注意書き等をつける
インペラの取外し
こ れら のボルト を 外す
・
ケーシングは真横に引っ張る(
重量物なので指を挟まないように注
意する)
・
カップリングに、まわり止めをしてからナットを外すようにする
・
スパナをはめてハンマで叩いてナットを回し、最後は手で回して外
す
②インペラを外す
・
本体が倒れる可能性があるので、フランジを支える
③インペラキーを外す
・
Oリングが効いているので治具で押さえながらペンチで外す
8
出典:(財)東予産業創造センター資料より
②技能伝承マニュアルの作成例
技能分析表はエクセルで、技能伝承マニュアル(教材)は
パワーポイントで作成する。教材は教育時に指導者が用
いたり、学習者が自己学習(SJT)時に用いる。
動画を貼り付ける
・クリックすると動画が動き
出し、ポイントや説明文など
が音やテロップなどで入る
暗黙知が形式知化され記述
されている。
ノウ・ホワイや定量的な数値な
ども入れられるだけ入れ、効
果的な学習を支援するように
している。
ポイントを写真に記入して
理解を助ける工夫をする。
合マークの位置や視線、手
の位置を線で示すなど
9
出典:(財)東予産業創造センター資料より
暗黙知の入った技能伝承マニュアル例
10
出典:(財)東予産業創造センター資料より
ダウンロード

参考資料