Linux World Expo / Tokyo 2007
OSSAJ オープンソースビジネスセミナー
「OSS GIS 黎明期から普及期へ」
株式会社オークニー
衛藤 誓
GISとは?
「Geographical Information Systems」の略で地理情報システムのこと。
簡単に言うとユーザー(利用者)に地図を利用した色々な機能を提供するサービス
やシステムのこと。最近では地図だけではなく、位置情報という広範囲な解釈をして
LBS(Location Based System)という言葉もよく使う。
【例】
・カーナビ
・Mapion・MapFanなどの地図サービスによる店舗案内など
・出店計画のエリアマーケティングのシステム
・官公庁自治体などの観光や防災などのシステム
など
©Orkney, Inc. All rights reserved.
2
伸び悩んでいたGIS業界の市場規模
1999年には6800億円程度の市場規模が、2005年には3兆6100億円、2010年には6
兆1400億円程度になるという推計などが発表されていたが、伸びていたのはカーナ
ビ市場だけ。
原因
・地図データの価格(ライセンス料)が高い
・・・特に不特定多数をターゲットにしたWebGISを行おうとした時
・ソフトウェアの価格(ライセンス料)が高い
・乏しい提案力
・・・GISを提供していた主なプレイヤーが地図会社や測量会社で、あくまでも地
図が主体の提案・システムになりがち。GISがメインになるのは一部の限られた専門
的なシステム(解析など)のみということがわかっていない=ユーザーニーズにあっ
ていない
©Orkney, Inc. All rights reserved.
3
MapServer登場
MapServerとは?
MapServerは、当初は米航空宇宙局(NASA)がスポンサーとなりミネソタ大学におい
て森林資源管理用に開発されたWebGISエンジン。CGIベースのアプリケーションに
より、マップを生成してインターネットに配信します。その後オープンソース化され、
現在ではカナダのDMソリューションズグループがメインメンテナーとなり、世界中の
開発コミュニティーのバックアップを得て開発が継続されています。
世界的に利用されているOSS WebGISエンジンだが、日本ではダブルバイトの問題
から殆ど活用されていなかった。
日本では、(株)オークニーが2004年3月IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の
「オープンソースGISプラットフォームの開発」プロジェクトの完了により、国際化が実
現され、2004年4月より販売開始。
OSS GIS の黎明期へ
©Orkney, Inc. All rights reserved.
4
崩れるGIS業界の常識
2004年MapServerの登場により、これまでGISを利用したくても費用面などで無理
だった官公庁自治体や民間企業が、小規模なGISシステムの構築で、どの程度活
用できるか推し量るようにMapServerを活用し始める。特に官公庁自治体の中には
入札条件にOSS GISエンジンを利用するように書かれていたり、場合によっては
MapServerが名指しで指定されるケースも出始めた。
そして2005年・・・GoogleMaps登場
ユーザーの意識はGoogleMapsは無料なのにGISシステム構築を頼むと何でこんな
に高いの?に変化
OSSを活用せざるを得ない状況が生まれ始める
活用事例が増え始めユーザーの安心感が増加
©Orkney, Inc. All rights reserved.
5
専門書籍登場
Webマッピング系の書籍が続々出版 (いずれもO’Reilly Mediaから)
Mapping Hacks
2005年6月
Web Mapping
Illustrated
2005年6月
©Orkney, Inc. All rights reserved.
日本語訳は2006年5月
6
OSS GISの普及加速は日本だけではなかった
世界的に多くの国々に利用されていたMapServerだが、日本と同じようにダブルバイト
問題を抱える国々や、GIS自体の認知が遅れている国々は沢山あった。しかし
GoogleMapsの登場などで人々の地図に対する関心が増加した。
オープンソースGISの国際会議
2004年
・・・MapServerユーザーミーティング(ミネソタ州オタワ)⇒参加者約
180名
・・・FOSS(バンコク)⇒参加者約100名
2005年
・・・MapServerユーザーミーティング(ミネソタ大学)⇒参加者約350名
2006年
・・・FOSS4G 2006(スイス ローザンヌ)⇒参加者約550名
年々参加者が増加
©Orkney, Inc. All rights reserved.
7
国際会議の風景
FOSS4G 2006(スイスローザンヌ)
景色も見ずに話ばかりしているが、3名に1名は
博士・・・。
オークニーが開発したオープンソースの
経路探索エンジンPgRoutingが話題に
会議中でも暇さえあれば実装・・・。
©Orkney, Inc. All rights reserved.
8
OSSを商用の会社も無視できなくなってきた
OSGeo財団の設立
【経緯】
AutoCADで有名なAutoDesk社がMapGuide Open Sourceというオープンソースの
WebGISエンジンを提供開始
2005年11月にMapServer Foundationとして母体が創設
MapServerとMapGuide Open Sourceの2つが参加
2006年2月にOSGeo財団(Open Source Geospatial Foundation
http://www.osgeo.org/)として正式に発足。
合計8つのオープンソースプロジェクトが参加
GeoTools, Mapbender, MapBuilder, MapGuide, MapServer, GDAL/OGR,
GRASS, OSSIM
©Orkney, Inc. All rights reserved.
9
Where2.0開催
Where2.0とは?
Web2.0の「地理空間」版
あたらしいWebの時流に乗った「地理空間」技術とサービスの総体を呼ぶ
地理空間サービスが「日用品」になる
位置情報や地理情報関連サービスが、WebマッピングとしてWebのメインストリーム
に一体化される
プレーヤーは
Googleなどのポータル
ネットに広く集うユーザー達
特徴
Webユーザーにフォーカスしたシンプルで直感的な使い勝手
Webそのものから生成された豊富なコンテンツとの連携
動的なサービスを誰もが利用できるだけでなく、構築も(リンクも含む)できる
©Orkney, Inc. All rights reserved.
10
Where2.0開催
Where2.0とは?
技術書出版のO’Reilly Mediaが主催した2006年6月にサンノゼで開催(第1回は2005年)さ
れたカンファレンス。Web2.0の「地理空間」版で、あたらしいWebの時流に乗った「地理空
間」技術とサービスの総体を呼ぶ。地理空間サービスが「日用品」になり、位置情報や地理
情報関連サービスが、WebマッピングとしてWebのメインストリームに一体化される。
OSGeo財団も参加
展示ブースでは最大の集客
©Orkney, Inc. All rights reserved.
講演風景
11
Where2.0 OpenStreetMapプロジェクト
出来上がったロンドン周辺の地図
車載GPSによる自力作成のストリー
トマップ
OSSと同様にデータも
参加がキーワードになってくる
©Orkney, Inc. All rights reserved.
12
OSS GIS 普及期へ
最初は様子見で利用していた官公庁や民間企業が2006年以降、大規模なシステム
でのOSS GISの利用を開始。
OSS GISにも商用と変わらない機能やサービスなどが要求されるようになる。また、
小規模の開発から大規模な開発に切り替わることにより、開発会社にもエンタープ
ライズ級の開発を行う技術レベルが要求される。
当初オークニーだけがOSS GISをメインビジネスとして行っていたが、オークニーか
ら製品を購入した会社などが、自力で開発を行ったり、ビジネスを開始し始めた。
オープンソースの活用が普通の時代になり、
それだけでは食べていけなくなってくる
©Orkney, Inc. All rights reserved.
13
ダウンロード

「OSS GIS 黎明期から普及期へ」