食べて健康、動いて元気
春を知らせる
〈そら豆〉
は若返り成分の宝庫だった
水溶性の成分も丸ごととれ、味も抜群にいい「焼きそら豆」
医療ジャーナリスト 石橋 敬
そら豆は世界最古の野菜の一つだ
またイタリアでは、5月1日にそら豆祭が
各地で開催されます。ファーベという収穫し
数ある豆の中で、春を告げる豆を一つ挙げ
たばかりの生食用のそら豆が出回ると、羊の
るとしたら、そら豆ではないでしょうか。春
乳のチーズ「ペコリーノ」とワインで季節の
の訪れとともに、まずは鹿児島県産のそら豆
到 来 を 楽 し み ま す。 生 食 が 可 能 な 新 鮮 な
が店頭に出だして、その後、徐々に四国の香
ファーベの賞味期限は収穫後2~3日以内な
川県産や愛媛県産などが出始めると、値段も
ので、その時期しか食べることができない春
お手頃の価格になります。
の風物詩です。5月1日の1日だけで、イタ
そら豆は、豆の中でも大きい部類ですの
リアのそら豆消費量は1,000トンにもなるそ
で、さやもかなり大型です。畑で育つとき
うです。
は、そのさやが空に向かって育ちます。多く
そら豆は他の豆類と同様に、植物性たんぱ
の豆類は、枝豆などのようにさやが枝からぶ
く質を豊富に含んでおり、マグネシウム、リ
ら下がっていますから、そら豆は豆の中では
ン、鉄分などのミネラルや、亜鉛も多く含ん
変わり種かもしれません。ここまでご説明す
でいます。また、ビタミンB群も豊富です。
ればお分かりのことと思いますが、さやが空
そら豆に多く含まれるビタミンB2は皮膚や
に向かって育つところから「空(そら)豆」
毛髪などの成長を促進し、しわや白髪の予防
と呼ばれたといわれています。
に効果がある若返りのビタミンです。糖質を
原産地は、カスピ海説、エジプト説、ペル
エネルギーに変えるビタミンB 1 と脂質の代
シャ説など諸説あり、定説はありません。た
謝に効果のあるビタミンB 2 の相乗効果で、
だし、紀元前5000年のヨーロッパの遺跡か
体内の炭水化物や脂質がスムーズに代謝され
ら種子が発見されているので、世界最古の野
るので、ダイエット効果が期待できます。ま
菜の一つといえるでしょう。また、古代ロー
た、亜鉛は不足すると肌荒れの原因になりま
マ、エジプトのピラミッドの棺の中などから
すので、ビタミンB 2 と合わせて、美容面に
も化石化したそら豆が見つかっています。
効果があります。カリウムも多いのでむくみ
ところで、中華料理のマーボ豆腐などに使
予防や二日酔い予防にも有効ですし、薄皮ご
う調味料の豆板醤の原料は、大豆が使われて
と食べれば、食物繊維の補給もできます。
いると思っている人は多いのではないでしょ
うか。大豆で作る味噌になじんでいる日本人
としては当然です。しかし、豆板醤の原料は
香川県が誇るそら豆の郷土料理
「醤油豆」
そら豆なのです。中国には、約2000年前に
そら豆の日本への伝来は、記録で確認でき
四川地方に伝わり栽培が始まったため、四川
るのは江戸時代です。冬の間に成長して、春
料理の調味料にそら豆が使われているので
には収穫ができるので、江戸時代の農業書
しょう。
30
1955年、岩手県盛岡市生まれ。1978年、中央大学法学
部卒。健康誌の編集者を経て、医療ジャーナリストに。
ぶぎんレポート No.186 2015 年 3 月号
『農業全書』
(宮崎安貞著)には飢饉の際の食
料、救荒食物としても利用されると記されて
います。収穫したそら豆を乾燥させ、粉末に
して保存したといわれているので、小麦粉な
どに混ぜて食したのでしょう。
そら豆には、日本の各地に地方名がありま
す。わかりやすいのは「お多福豆」です。豆
の形がお多福に似ているという、見た目その
ままの名称です。「一寸豆」は、そら豆の大
きさが3㎝(一寸)から来ています。「唐豆」
は、中国の唐から伝来したから名付けられま
した。「刀豆」は、さやの形が刀ににている
からでしょう。
地方名が多いということは、それだけそら
豆が地域に根付いた野菜であることを示して
います。また、香川県には「醤油豆」という
有名な郷土料理があります。この料理は、
煎ったそら豆を、醤油と砂糖などでつくった
タレに漬け込んだものです。ご飯のお供に
も、お酒のつまみにもなる優れものです。
そら豆のさやが
自前の蒸し器になってくれる
ます。グリルがなければフライパンでも大丈
夫です。さやに含まれる水分が、そら豆を適
度に蒸してくれます。そら豆のさやが、自前
の蒸し器になるのです。焼くことによって、
そら豆は、さやから豆を出し、塩ゆでして
そら豆の風味が濃縮されますので、塩や醤油
ビールのおつまみ、という食べ方が多いので
を少量付けるだけで、美味しく食べることが
はないでしょうか。ですが、居酒屋などでい
できます。また、そら豆の薄皮ごと食べるこ
ただく塩ゆでのそら豆を、美味しいと思って
とができますから、食物繊維の補給にもなり
食べた記憶があまりありません。そら豆のう
ます。便秘に悩む方にはおすすめです。
ま味は、枝豆にははるかに劣り、パサパサし
そら豆は、さやから出してしまうと水分が
た食感が苦手でした。
失われ、急激に甘味などのうま味が失われて
しかし、あるとき、そら豆をさやごと焼く
しまいます。ですから、購入するときは、さ
レシピを知ってから、そら豆を大いに見直し
や付きを選んでください。そのさやも、黒ず
ました。そら豆特有の甘味、うま味、風味が
んだものはさけ、緑色が鮮やかでツヤのある
濃縮された焼きそら豆は、お酒のつまみの一
ものがおすすめです。さやの表面に白い産毛
押しです。しかも茹でるそら豆では、ビタミ
のようなものがあれば、新鮮さは間違いあり
ンB群などの水溶性の栄養素が失われてしま
ません。さやがふっくらしたものは、中の豆
いますが、焼きそら豆では、水溶性の栄養素
も大きい証拠です。
も丸ごととることができます。
そら豆がおいしいのは、収穫してから3日
焼きそら豆は、そら豆のさやごと焼くだけ
間です。買って来たらその日のうちに食べ
です。グリルがあれば、皮が焦げる程度焼き
て、春を味わってください。
ぶぎんレポート No.186 2015 年 3 月号
31
ダウンロード

春を知らせる〈そら豆〉は若返り成分の宝庫だった