ライトコントロール法による繁殖牝馬の
排卵促進について
馬の季節繁殖性について
野生動物は、春から夏にかけて子供を産むように、
交尾の時期を調節。
北半球の正常雌ウマの繁殖シーズンは4-9月
(Hughes et al. 1975)。
競走馬生産の実質的な繁殖シーズンは、2月後半か
ら7月上旬(馬本来が持つ生理的繁殖シーズンと隔
たりがある)。
視床下部
目からの刺激
GnRH
下垂体
エストラジオール
プロジェステロン
LH
FSH
(黄体形成ホルモン)
(卵胞刺激ホルモン)
インヒビン
卵巣
負のフィードバックによるホルモン調節
早生まれ子馬の利点、欠点
利点
•成長、市場価格の有利性
•消化管疾患(細菌性、ウイルス性)の発生が低い
欠点
•北海道の気候に不向き
(放牧地、栄養の問題、厳冬期の分娩管理、
分娩後の寒冷ストレス)
→今後の対策が必要
欧米では競走馬の早生まれ生産を目指している
シーズン早期交配に関する
繁殖牝馬側の利点、欠点
利点
•人気種牡馬の選択、交配に有利
•交配可能予定回数の増加→受胎率の増加
欠点
•発情が弱く、発見が難しい
•持続発情(だらブケ)が多い
•人為的な処置が必要
→対策の必要性あり
ライトコントロールに関する研究
• 長日処理(ライトコントロール)により繁殖シー
ズンの初回排卵が早まる(Burkhardt 1947,
西川ら 1952)。
• 非妊娠馬に冬至点から14.5h:9.5hの割合で
100ルックスのライトコントロールを行うことが、
最も効率的な発情誘起法である(Nagy et al,
2000)。
ライトコントロールの様子
(5月下旬に相当)
100ワット裸電球
を馬房内に設置
明期14.5h、 暗期9.5h
24h
14.5h
9h
0h
12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
100ワット白色電球
蛍光灯でも構いません
タイマー
簡便で確実です
月別初回排卵の割合
%
100
LC群
**
対照群
75
50
**
**
4月
5月
25
0
1月
2月
3月
6月
** P<0.01
サラブレッド種繁殖移行期における
血中プロジェステロン濃度の推移(代表例)
30
25
P (ng/ml)
20
15
10
5
0
1/5
1/19
2/2
2/16
ライトコントロール
3/1
3/15 3/29 4/12 4/26 5/10 5/24
• ライトコントロールの注意点
• 12月20日(冬至付近)から、昼14.5時間、夜9.5時間の環境
を作成。すなわち、北海道の一般的な飼養環境においては、
一例として朝5時半から朝7時30分頃まで点灯し、収牧後1
5時30分頃から夜20時まで点灯する。照明は60-100ワット
の白色電球を馬房の中央天井付近に設置。蛍光灯でも問題
ない。点灯、消灯はタイマーで作動させ開始終了時間を正確
にする。
• 夜間はできるだけ暗くする。24時間照明しても逆効果となり、
一定時間の「夜」が必要である。
• 飼付けなどのために短時間、馬房や厩舎の電灯をつけるこ
とには大きな問題はないが、馬房や厩舎の廊下に常時点灯
したり、馬房の窓から薄明かりが入ってくる環境が長期に渡
ると、効果が少なくなる。明るい時間と暗い時間をはっきり分
けることによって効果が高まる。
• ボディコンディショニングスコアーとして5.5以上に維持されて
いることが望ましい。
• 早期に受胎したとしても、すぐにライトコントロールを中止せ
ず、継続することにより黄体機能が賦活化されるため、妊娠
維持に効果がある。3月中旬~下旬まで継続すべきである。
厳冬期(1,2月)に分娩する繁殖牝馬の問題点
•低温(ストレス)
•放牧地の凍結(運動の制限)
•牧草摂取の不可(栄養状態低下)
•昼間時間の短縮
分娩後の卵巣機能抑制
(約20%の馬に分娩後発
情での排卵が起こらない)
妊娠馬に対するライトコントロール法
• 方法については空胎馬と同様(14.5時間:9.5時
間)
• 分娩前の開始時期については、
1. 分娩予定日が1月の場合(予定日の1.5ヶ月前から開
始)
2. 分娩予定日が2月または3月上旬の場合(予定日の
1ヶ月前から開始)
3. 分娩予定日が3月中旬以降(ライトコントロールを行な
わない)
• 分娩後1ヶ月(分娩後2回目の排卵確認)までライトコン
トロールを継続する。
厳冬期(1,2月)分娩予定妊娠馬の
ライトコントロールによる排卵促進効果
分娩後10日前後
(初回発情)での排卵
ライトコントロール群
(n=46)
97.8%(45/46)
無処置群
(n=9)
77.8%(7/9)
分娩後30日前後
(2回目発情)での排卵*
97.7%(42/43)
66.7%(6/9)
*分娩後初回発情の交配で受胎したものを除く
ライトコントロール(妊娠馬)まとめ
1,2月分娩馬の15%に卵巣静止や排卵遅延が認められる。
1,2月分娩
分娩約2ヶ月前から
空胎馬と同様に
ライトコントロールする
初回排卵は順調に起こるが
排卵時期が早まる可能性あり
3月以降分娩
ライトコントロールしない
(分娩後初回発情での
交配に有利)
結論
北海道地方のような寒冷地においても、
1)非妊娠(空胎)馬への冬至点からの昼14.5h、
夜9.5hのライトコントロール法は、シーズン初回排
卵を早めるために、
2)1,2月分娩予定妊娠馬への分娩1-1.5ヶ月前か
らの昼14.5h、夜9.5hのライトコントロール法は、
分娩後初回発情および2回目の発情を順調に回帰
させるために、
低コストで簡便な繁殖管理法として有用である。
ダウンロード

ライトコントロール - 競走馬総合研究所