PROGRAMMING IN HASKELL
プログラミングHaskell
Chapter 9 - Interactive Programs
対話プログラム
愛知県立大学 情報科学部 計算機言語論(山本晋一郎・大久保弘崇、2011年)講義資料
オリジナルは http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html を参照のこと
0
Introduction
8 章まで、Haskell でバッチ処理プログラムを作る方法を
見てきた。このとき、全ての入力は開始時に与えられ、
全ての出力は終了時に得られる。
inputs
batch
program
outputs
1
しかし、Haskell で対話的なプログラムも作りたい。このと
き、プログラムが動作している間に、キーボードから入力
を読み取り、スクリーンに出力される。
keyboard
inputs
interactive
program
outputs
screen
2
問題点
Haskell のプログラムは数学的に純粋な関数である:
 Haskell のプログラムは副作用(side effect)
を持たない
しかし、キーボードからの入力やスクリーンへの出力
は副作用である:
 対話的プログラムは副作用を持つ
3
解決策
Haskell で対話的プログラムを書くとき、純粋な式と副
作用をもたらす純粋でないアクションを型によって区
別する
IO a
型 a の値を返すアクションの型
4
For example:
IO Char
IO ()
文字を返すアクションの型
値を返さない、純粋な
副作用のアクションの型
Note:
 () は要素を持たないタプル型(ユニット型、教科書 p.23)
5
基本アクション
標準ライブラリは以下の 3 つのプリミティブを含む多く
のアクションを提供する:
 アクション getChar は、キーボードから 1 文字を
読み、スクリーンにエコーバックし、その文字を結
果の値として返す:
getChar :: IO Char
6
 アクション purChar c は、文字 c をスクリーンに
出力し、何も返さない:
putChar :: Char  IO ()
 アクション return v は、対話処理を行わず、
単に値 v を返す:
return :: a  IO a
7
アクションの列(連結、Sequencing)
8 章の do とのアナロジー
ひとつながりのアクション群は、予約語 do を用いて
一つの合成アクションに結合することができる
例:
a :: IO (Char,Char)
a
= do x  getChar
getChar
y  getChar
return (x,y)
8
導出されたアクションの部品
 キーボードから 1 行読み込む:
getLine :: IO String
getLine = do x  getChar
if x == '\n' then
return []
else
do xs  getLine
return (x:xs)
9
 文字列をスクリーンに出力する:
putStr
:: String  IO ()
putStr []
= return ()
putStr (x:xs) = do putChar x
putStr xs
 文字列をスクリーンに出力して改行する:
putStrLn
:: String  IO ()
putStrLn xs = do putStr xs
putChar '\n'
10
Example
文字列の入力を促すプロンプトを表示し、入力された文
字列の長さを表示するアクション:
strlen :: IO ()
strlen
= do putStr "Enter a string: "
xs  getLine
putStr "The string has "
putStr (show (length xs))
putStrLn " characters"
11
For example:
> strlen
Enter a string: abcde
The string has 5 characters
Note:
アクションを評価すると、その副作用が実行され、
その最終結果の値は捨てられる
12
ここから教科書に載っていない
ハングマンというゲームの説明
13
Hangman
次のようなハングマンというゲームを考える:
 プレイヤーが英単語をこっそり入力する
 別なプレイヤーはその単語を推測し、入力する
 計算機は、毎回の推測毎に、秘密の単語中のど
の文字が、推測された単語に出現するかを示す
 推測が的中するとゲームは終了
14
Haskellでハングマンを実装するのに、トップダウンの
アプローチを採用し、次のコードから始める:
hangman :: IO ()
hangman =
do putStrLn "Think of a word: "
word  sgetLine
putStrLn "Try to guess it:"
guess word
15
アクション sgetLine は、ダッシュ記号をエコーバックし
つつ、キーボードから 1 行のテキストを読み込む:
sgetLine :: IO String
sgetLine = do x  getCh
if x == '\n' then
do putChar x
return []
else
do putChar '-'
xs  sgetLine
return (x:xs)
16
Note:
 アクション getCh はキーボードから 1 文字を読
み込むが、スクリーンにエコーバックしない
 この便利なアクションは標準ライブラリではなく、
Hugs の特別なプリミティブであるため、次のよう
にインポートする:
primitive getCh :: IO Char
17
関数 guess がメインループであり、ゲームが終了する
まで、プレイヤーの推測を促して処理を行う
guess
:: String  IO ()
guess word =
do putStr "> "
xs  getLine
if xs == word then
putStrLn "You got it!"
else
do putStrLn (diff word xs)
guess word
18
関数 diff は、1 つめの文字列中のどの文字が、
2 つめの文字列に出現しているかを示す:
diff
:: String  String  String
diff xs ys =
[if elem x ys then x else '-' | x  xs]
例:
> diff "haskell" "pascal"
"-as--ll"
19
まとめ(9章)
 Haskell の式
 純粋な式
大部分の式
 純粋でない式 アクション、副作用を伴う
IO a は型 a を返すアクションの型
 IO Char
 IO ()
文字を返すアクションの型
値を返さない、純粋な副作用の型
 アクションの部品






getChar :: IO Char
1 文字入力、入力された文字を返す
putChar :: Char -> IO ()
1 文字出力、戻り値なし
return v :: a -> IO a
対話処理を行わず、値 v を返す
getLine :: IO String
行入力、入力された文字列を返す
putStr :: String -> IO ()
行出力、戻り値なし (putStrLn は改行付き)
部品から新しいアクションを構成する
 do { x  p1; p2; …; y  pn; } (連結)
20
練習問題(9章)
 教科書 p.109 の strlen を実行して、動作を確認せ
よ
 スライドに説明されているハングマンを実行して、動
作を確認せよ
 Hangman.hs を講義 Web からダウンロードせよ
http://www.ist.aichi-pu.ac.jp/lab/yamamoto/program_languages/2011/
 教科書の電卓またはライフゲームのどちらかを実
行して動作を確認すると共に、プログラムを簡単に
説明せよ
 分からない部分があれば、明示せよ
21
動作確認方法(その1)
 http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html の
Code から以下のファイルをダウンロードする
 calculator.lhs (Calculator, 9.6 節まで)
 life.lhs (Game of life, 9.7 節)
 Parsing.lhs (Functional parsing library, 8 章と同じ)
 calculator.lhs と Parsing.lhs を同じディレクトリに置く
 calculator.lhs がParsing.lhs を import しているため
 Linux 上の ghci で以下を実行する
 calculator.lhs をロードし、run と入力すれば、教科書の電
卓の動作を確認できる
 life.lhs をロードし、 life glider と入力すれば、教科書のラ
イフゲームの動作を確認できる
22
動作確認方法(その2)
 Windows の GHCi で動作確認する
 現時点では、WinGHCi で動作しない
 calculator.lhs と life.lhs を変更する
 変更手順は別途説明
 「cabal で ansi-terminal をインストール」と「ソースの変更」
 変更手順と変更済みソースプログラム
 講義 Web からダウンロードせよ
http://www.ist.aichi-pu.ac.jp/lab/yamamoto/program_languages/2011/
23
24
演習問題
Nim というゲームを Haskell で実装せよ。ゲームのル
ールは以下の通り:
 ゲーム盤は星が入る 5 つの列からなる:
1:
2:
3:
4:
5:
*
*
*
*
*
* * * *
* * *
* *
*
25
 2 人のプレイヤーは、交互に、どれか 1 つの行を
選び、その末尾から 1 つ以上の星を取り去る
 ゲーム盤上の最後の星を取った方が勝ち
ヒント:
ゲーム盤を、それぞれの列にある星の数を意味する
5 つの整数からなるリストで表す。 例えば、初期状態
は [5,4,3,2,1] となる。
26
ダウンロード

Click here to get the file