三菱リコール隠し
2002.6.29
三菱自動車
• 30年前から、リコール隠しをする
• 2000年7月に三菱自工の本社などに運輸
省から立ち入り検査→告発
• 多量のリコールを届け出るのは、カッコワ
ルイ空気があった(と河添社長が述べる)
• 年間販売台数以上のリコール車数
リコール
• 欠陥車による事故を未然に防止し、自動
車ユーザー等を保護することを目的とする
• 自動車の安全や公害防止上の規定に適
合しない恐れがあり、原因が設計、製作の
過程にある場合
• その旨を、国土交通省に届け出て、自動
車を回収し無料で修理する制度
• (改善対策制度)
リコールの事例
• ファイヤストンのタイヤリコール
• フォードと訴訟になっている
• 1996年富士重工業のリコール隠し
• 現在も、毎月10種類以上
クレーム
• ヒヤリハット、インシデントの段階の情報が
獲得できる
• 人工物の欠陥は、過失だ
• (車は20万もの部品からできている。故意
がなくても不具合の生じる可能性がある)
• リコール隠しは、故意だ
自動車リサイクル法
•
•
•
•
•
•
フロン
エアバッグ
シュレッダーダスト
ユーザーが金を新車納入時に出す
再利用しやすい設計が重要になる
ガラス、プラスティック、バッテリー、オイル、
タイヤ、など
部品のリサイクルの問題
• 家電リサイクル、容器リサイクル
• 部品の再利用(品質のチェック、ユーザ意
識の改革)
• 分別(エントロピー増大)
• 処理コストが問題
製造物責任法
• 製品の欠陥によって、生命、身体または財
産に損害を被ったことを証明した場合に、
被害者が製造会社などに対して損害賠償
を求めることができる法律
• 不法行為責任法では、過失を証明が必要
• しかし、製品の高度化、複雑化により、消
費者と製造業者の間の情報、危機回避能
力の格差が拡大→メーカーの責任拡大
表示、取り扱い説明書
• 食品表示
• 生産者と消費者の間の情報の非対称性
• 規制が必要だった(ラベルの正しさを保証
する)
• 機械系の人工物は、使い方が多様なため
に、安全には、取り扱い説明書が重要
製品のライフサイクル
• 職人の時代:設計と製造の分業はなかっ
た、使用中はユーザーが自分で修理した、
放置すればそのまま朽ちた
• 現代:専門家が修理する(製品の高度化)
• 将来:メーカーが、製品のライフサイクル全
体を責任をもって面倒をみる
• 拡大製造者責任
ライフサイクル(富山研究室)
•
•
•
•
•
•
•
企画→設計→生産→使用→保全→
回収→再利用、廃棄→企画→
DfX(Design for X)
DfM(Manufacture)設計時に製造を考慮
DfA(Assembly)組み立てを考慮
DfS(Serviceability)保全性を考慮
DfD(Disassembly)リサイクルの分解性
ライフサイクルコスト
• 販売コストに回収、リサイクルコストを含み
100%近いリサイクルが可能になっている
人工物:レンズ付きフィルム、デポジット付
き飲料容器
• ものでなく、サービスを売る:複写機、エレ
ベーター(この両者を扱う企業は、儲けて
いる)、ジェットエンジン
安全と環境のトレードオフ
• エアバッグを備えることは、安全に寄与す
る
• しかし、そのため解体のコストが増す、また
環境に悪影響を及ぼすかもしれない
制度設計
• 自動車のオーナーは解体費用を払いたく
ない
•
↓
↓
• 自動車を捨てる
• 法律がうまく機能するためには、どのよう
な制度が望ましいか
• リサイクルのインセンティブを与える制度
ダウンロード

三菱リコール隠し