カーボンフットプリントとは?
資料2
○商品のライフサイクル全般(原材料調達から廃棄・リサイクルまで)で排出された
温室効果ガスを、CO2量に換算し表示する制度。
○サプライチェーン全体の排出量を「見える化」することで、削減効率の高いポイン
トを把握。事業者単位を超えた一体的な削減対策により、全体最適化を実現。
○消費者による消費・使用段階等のCO2排出量の自覚の促進。
 缶飲料の例
製造、流通・販売段階の排出量
が相対的に大きいことを把握
原材料・
部品の調
達
製造
流通・販売
・アルミ缶生産
・原材料の栽培
・ジュース製造
・パッケージング
・輸配送
・冷蔵輸送・販売
15%
25%
35%
消費者がCO2
排出量を自覚
事業者にとって削減効率
の高いポイントの可能性
消費・使用
・維持管理
・冷蔵
15%
CO2排出量:123g
廃棄・
リサイク
ル
・空き缶収集
・リサイクル処理
10%
注:数値は全て仮定値
缶飲料
カーボンフットプリント制度試行事業の今後の進め方
H21/4~
H21/8/21 試行事業用CO2換算量原単位データベース(暫定版)の公表
CO2換算量共通原単位データベースの整備・公表
H21/9/14~ 全国において開催
カーボンフットプリントの普及啓発(ホームページ開設、説明会開催、カーボンフットプリント日本フォーラム等)
H21/9/14 設立総会
カーボンフットプリントのISO(国際標準化機構)における国際標準化に向けた対応の検討・取組
事業者及び消費者への調査結果を踏まえ検討・精緻化
試行事業等をふまえた我が国のスタンスの検討
○ルール(算定・表示に関する一般原則(TS Q 0010)等)の精緻化、適宜JIS/TS(*)化
(*) TS(標準仕様書)・・日本工業標準調査会の審議において、将来JIS制定の可能性があると判断され、公表される標準文書
○認証スキームの検討
試行事業により抽出した制度上の
論点・課題について検討会で検討
カーボンフットプリント算定・表示試行事業
H21/6/1開始
(随時受付)
(鉱工業品のPCRについては順次JIS/TS化)
<PCR認定スキーム/CFP算定結果検証スキーム>
(関係省庁が連携)
P
C
R
原
案
策
定
計
画
の
策
定
P
C
R
原
案
策
定
計
画
の
登
録
P
C
R
原
案
の
策
定
P
C
R
原
案
の
提
出
P
C
R
原
案
の
審
査
・
認
定
判P
断C
さR
原
れ案
たが
場適
合当
と
認
定
P
C
R
公
表
カ
ー
ボ
ン
フ
ッ
ト
プ
リ
ン
ト
算
定
C
F
P
算
定
結
果
の
検
証
判C
断F
さP
算
れ定
た結
場果
合が
適
当
と
C
F
P
マ
ー
ク
付
与
C
F
P
マ
ー
ク
表
示
商
品
の
流
通
消
費
者
の
意
識
調
査
PCR委員会
PCR策定支援:コンサル派遣
経済産業省、農林水産省等によるPCR原案策定等の支援
・事業者・・・楕円(ピンク)
・METI・委託事業者・・・丸四角(ブルー)
・PCR委員会・・・四角(紫)
ダウンロード

缶飲料の例 - CFPプログラム カーボンフットプリントコミュニケーション