第11回森羅万象学校
「リモートセンシングは地球をどこまで斬ったか」
休暇村支笏湖・2011年2月13-14日
地上および衛星重力測定による
地球変動モニタリング(1)
地球惑星科学専攻 福田洋一
内容1(13日午後)
 イントロダクション
• 自己紹介を兹ねた研究歴
• 精密測地計測
 衛星重力ミッション
• 衛星重力ミッション概要
• 地球重力場の決定
• 衛星で見る重力場
 GRACEの応用研究
•
•
•
•
GRACEデータの利用
陸水変動
氷床変動
地震
内容2(14日午前)
 地上での重力測定
• 重力計の原理
• 超伝導重力計の応用
• 野外重力測定
 衛星高度計
•
•
•
•
衛星高度計の原理
海域の重力場
海面形状とGOCE
海水準変動
 展望
• 精密測位による地球環境監視
• 将来ミッション
略歴1
1955年 兵庫県生まれ
1977年 京都大学理学部卒業
必須の卒業研究はなかった
ラコスト重力計による精密重力測定
1979年 京都大学大学院修士課程修了(地球物理学専攻)
ラコスト重力計による重力の時間変化の測定
コンピューター・グラフィックスによる測地データの時空間表示
1980年 弘前大学理学部
LANDSATデータ解析(石油資源開発)、PCによる画像解析
青函トンネルでの重力測定
1985年 第27次南極地域観測隊に参加(夏隊)
1986年 第28次南極地域観測隊に参加(夏隊)
しらせによる船上重力測定
1987年 東京大学海洋研究所
衛星高度計(GEOSAT)による海域重力場の研究
学位論文(1990年):
Precise determination of local gravity field using
both the satellite altimeter data and the surface gravity data
超伝導重力計観測
1991年 第33次南極地域観測隊に参加(夏隊)
船上重力、超伝導重力観測、絶対重力測定
略歴2
1992年 京都大学理学部附属地球物理学研究施設(大分県別府市)
重力測定による別府地域の地下水(温泉水)変動の検出
衛星高度計(TOPEX/Poseidon)データによる海面荷重変化
1996年 京都大学大学院理学研究科
1997-2004年: インドネシア・バンドンでの超伝導重力計観測
1999年: FG-5絶対重力計 、国内外での測定
インドネシアでの絶対重力測定(2002)
2003年 第45次南極地域観測隊に参加(夏隊)
昭和基地での絶対重力測定、超伝導重力計観測
2002-2004年:科振費「精密衛星測位技術による地球環境モニター」
サブテーマ1:GPS掩蔽法を用いた地球大気・電離圏のモニター(津田:代表)
サブテーマ2:衛星重力ミッションの基礎技術開発・評価(福田)
2004年- : GRACEデータの一般公開
陸水変動、氷床変動、地震などへの応用
2006-2010年: 地球研(RIHN)プロジェクト
都市の地下環境に残る人間活動の影響(代表:谷口)
GRACEデータの応用、野外用絶対重力計A10の応用(2007-)
2008年- : インドネシア・チビノンでの超伝導重力計観測
2010年: GOCEデータの一般公開
南極での局所重力場決定
測地学とは
地球の形状、重力場、地球回転およびそれらの時間変化を決める科学分野
• それらを記述するための理論を提供する
• それらを計測するための道具を提供する
地球システムの様々なサブ・システム間の相互作用を解く鍵を与える
• 地球惑星科学の様々な分野との関わり
地球力学
地震学
気象学
海洋学
測地学
火山学
陸水学
地球電磁気学
雪氷学
現代測地学のポイント
• 極めて高い測定精度
– mm で地球の形状を決める
– μgal (10-8ms-2) で地球の重力場を決める
– 0.01 mas (milli arc second) で地球の回転を決める
• 精度を達成するために
– 測定技術
• 宇宙(測地)技術
– VLBI, SLR, GPS, SAR, ALT, GRV
• ハイテク
絶対重力計(AG), 超伝導重力計(SG), レーザー技術
– 高精度なレファレンス・フレーム(Geodetic Reference Frame)
• ITRF (International Terrestrial Reference Frame),
• IERS (International Earth Rotation and Reference Systems Service )
• GRS80 (Geodetic Reference System1980)
測地基準系
- 回転楕円体(地球楕円体)
- 座標系
ITRF
- 地球回転
地球潮汐、歳差・章動、極運動、 LOD
- 高さと重力・ジオイド
楕円体高、 正標高
地球の構造とダイナミクス
http://www.desc.okayama-u.ac.jp/Geo/Highschool/chikyunaibu.html
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/taikinokouzo.htm
http://www.seafriends.org.nz/oceano/oceans.htm
地球楕円体
Z
ω
GRS80 ellipsoid
b
a
X
Y
a=6378137
m
b=6356752.314 m
f=(a-b)/a=1/298.257222101
ω=7292115x10-11rad/s
座標をどのように決めるか?
座標原点
Z-軸
X,Y軸
-> 重心
-> 自転軸
プレート運動
http://sps.unavco.org/crustal_motion/dxdt/images/nuvel1a_nnr.gif
ITRF (from http://itrf.ensg.ign.fr/)
Definitions
A Terrestrial Reference System (TRS) is a spatial
reference system co-rotating with the Earth in its diurnal motion in
space. In such a system, positions of points anchored on the Earth
solid surface have coordinates which undergo only small variations
with time, due to geophysical effects (tectonic or tidal
deformations).
A Terrestrial Reference Frame (TRF) is a set of physical
points with precisely determined coordinates in a specific
coordinate system (cartesian, geographic, mapping...) attached to
a Terrestrial Reference System. Such a TRF is said to be a
realization of the TRS.
ITRF2005 Map
http://itrf.ensg.ign.fr/ITRF_solutions/2005/doc/ITRF2005_GPS.SSC.txt
宇宙測地技術
http://solarsystem.nasa.gov/scitech/display.cfm?ST_ID=186
VLBI
GRACE
http://www.aes.co.jp/product/astronomy/sien.html
ALT
GPS
SLR
ハイテク測定
SG
AG
Laser Strainmeter
地球潮汐
月
極運動
極運動は,固体地球に対して自転軸が変動する現象であり,地球の形状軸と瞬間
の自転軸とがずれている場合に生じる.極運動は一種の自由振動で,19世紀末,
チャンドラーはおよそ430日の周期で地球が半径数mの極運動していることを発見し
た.この極運動はチャンドラー極運動(チャンドラーウォブル)と呼ばれる.
(http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part3/furuya/furuya-1.html)
Length of day (LOD)
一般に,閉じた系では,その系内の角運動量(角速度と慣性モーメントの積)の総
和は変化しないという角運動量保存則が成り立つ.地球の持つ角運動量の大部分
は,固体地球の自転による角運動量であるが,そのほかに大気が持つ角運動量の
変化は,地表面での摩擦をとおして固体地球との角運動量の交換が起こり,結果と
して地球の自転速度に変化を もたらす.
(http://hpiers.obspm.fr/eop-pc/)
大気と地球間での
角運動量の交換
Changes in length-of-day and atmospheric circulation
Kurt Lambeck, Nature, 1980
地球の重心
地球の重心位置は、海洋、土壌
水分、降雪、陸水など地球上で
の水循環による質量の再配分の
結果として、3cm程度の範囲で
常に変化している。
=> 1次の重力場球面調和関数
http://www.aviso.oceanobs.com/fr/applications/ge
odesie-et-geophysique/autres-applicationsgeophysiques/index.html
内容1(13日午後)
 イントロダクション
• 自己紹介を兹ねた研究歴
• 精密測地計測
 衛星重力ミッション
• 衛星重力ミッション概要
• 地球重力場の決定
• 衛星で見る重力場
 GRACEの応用研究
•
•
•
•
GRACEデータの利用
陸水変動
氷床変動
地震
衛星重力ミッション概要
衛星重力ミッション
CHAMP (2000.7.15)- (2010.9.19)
- CHAllenging Mini-satellite Payload for geophysical research
applications
- H-L Satellite-to-Satellite Tracking
GRACE (2002. 3.17)- (201x)
- Gravity Recovery And Climate Experiment
- L-L Satellite-to-Satellite Tracking (Microwave Link)
GOCE (2009.03.17 ) - (2012.12 + ??)
- Gravity field and steady-state Ocean Circulation Explorer
- Gravity Gradiometer
GRACE-FO , GRACE-II (20??)
- GRACE GAP Filler (Microwave Radar)
- L-L Satellite-to-Satellite Tracking (Laser Link)
CHAMP
http://op.gfzpotsdam.de/champ/science/inde
x_SCIENCE.html
GRACE
http://solarsystem.nasa.gov/scitech/display.cfm?ST_ID=186
GOCE
http://www.esa.int/esaLP/
ESA1MK1VMOC_LPgoc
e_0.html
http://www.esa.int/esaMI/Operations
地球重力場の決定
地球の重力場

遠心力
重力
引力
grad W
重力
=
引力
 grad V
+
遠心力
 grad 
↑
↑
↑
重力ポテンシャル 引力ポテンシャル 遠心力ポテンシャル
V  G 
earth
 ( x) d 3 x
rx

1 2 2
   x  y2
2
ジオイド:平均的な海面に近い等重力ポテンシャル面

Vの球面調和関数展開
GM
V
R

l 1
R
  Plm (sin  )(Clm cos(m )  S lm sin(m ))

l 0 m 0  r 
l
Tesseral
l = 2, m = 1
Zonal
l = 2, m = 0
Sectorial
Degree l Order mの成分
節の数
南北方向 l – m 個
東西方向 2m 個
l = 2, m = 2
Stokes係数
GM
V
R
l 1
R
  Plm (sin  )(Clm cos(m )  Slm sin(m ))

l 0 m 0  r 
L
l
CHAMP
EIGEN-2 model
l m
0 0
1 0
1 1
2 0
2 1
2 2
3 0
3 1
Clm
0.100000000000D+01
0.000000000000D+00
0.000000000000D+00
-.484165815935D-03
-.139274044771D-09
.243930491835D-05
0.957730216460D-06
0.203054457836D-05
Slm
0.000000000000D+00
0.000000000000D+00
0.000000000000D+00
0.000000000000D+00
0.141275625216D-08
-.140027520233D-05
0.000000000000D+00
0.248146553306D-06
・・・
Up to Degree 120 / Order 120
精密な地球重力場の決定
= 高次までのClm、Slmを高精度で決定すること
地球重力場モデルの変遷
120
・・
EIGEN3S
GGM01S
110
100
Degree of Gravity model
90
80
EGM96S
JGM-3
・・
70
60
GEM-T3
GRIM4-S2
・・
50
GRIM3-L1
GEM-10B
GEM-9
40
30
20
10
0
1950
Gaposchkin
Rapp
Kaula
KozaiItzsak
J2
・ ・・
1960
・・
1970
・
・・
・
(Montenbruck et al. 2000に加筆)
1980
1990
2000
2010
人工衛星による地球重力場決定
衛星の軌道
地球の中心に質量が集中していると考える(質点の力学)
Keplerの第1法則:地球を焦点の一つとする楕円軌道
Keplerの第2法則:面積速度一定の法則
Keplerの第3法則:公転周期の2乗は軌道の半長径の3乗に比例
実際の地球は密度が均一でない
衛星軌道の摂動
不均質な重力場を反映
衛星自体が重力計センサー
初期の成果
バンガード1号衛星の軌道追跡結果
J2 ( = - C20) の決定
14km
7km
地球は楕円型
扁平率
1/297 → 1/298.25
J3 ( = - C30) の決定
16m
古在由秀
地球は西洋梨型
27m
軌道解析によるClm , Slmの決定
精密な衛星軌道決定と密接な関係
観測点
地球の引力による加速度
grad (V0 +ΔV)
大気の抵抗 月の引力
太陽の引力 太陽輻射圧
・・・
運動方程式
ms d 2 rI
drI 

 FI  t; rI ,

2
dt 
dt

数値積分
衛星の位置
GRIM5-S1 model (2000)
Up to Degree 99 and Order 95
の地球重力場モデル
30年にわたる21衛星の軌道を使用
膨大なデータ解析
アルゴリズム
計算機資源
人的資源
→重力場を決定できるのは
世界の一部のグループ
地上からの軌道追跡による
重力場決定の限界
①モデルの精度
大気の抵抗
月の引力
太陽の引力
太陽輻射圧
・・・
②軌道追跡の連続性
③高度による重力場の減衰
V
GM
R

l 1
1
0.9
0.8
0.7
0.6
0.5
0.4
0.3
0.2
0.1
0
250 km
1000 km
10000 km
0
50
400 km
5000 km
100
150
R
  Plm (sin  )(Clm cos(m )  S lm sin(m ))

l 0 m 0  r 
l
200
CHAMPミッション
GPS 衛星
CHAMP (GFZ, 2000)
GPS受信機
低軌道衛星
加速度計
GPS地上局
地球
CHAMPデータによる地球重力場決定
基本的な手順はこれまでと同じ
GPS衛星データからの軌道決定
加速度データの扱い
→重力場決定に使われるデータの質の向上
EIGEN-CHAMP03S
33ヶ月間のCHAMP衛星データのみ
120次まで
GRACEミッション
L-L SST
2衛星間の距離を測定
Mass
anomaly
GRACE(2002)
1ヶ月ごと、120次の重力場を提供
↓
時間変動する重力シグナルの検出
GRACEからの重力場決定
観測量
range
ˆ
R  RR
range rate
 R
 R
ˆ
R
R  xq  x p
range acceleration
 R R
ˆ

R
  R
  R
ˆ R
  

R
R R 


  a  a  R

R
q
p
d
GRACEによる重力場モデル
GGM01S 120次まで 111日間
GGM02S 160次まで 363日間
No Kaula constraint
EIGEN-GRACE01S 120次まで 39日間
EIGEN-GRACE02S 160次まで 110日間
・・・
衛星による重力モデルの改良
これまでの重力モデル
GOCE
European Space Agency (1999)
→ 3つの衛星データの使用でより精度の高い重力場モデルに
最新の地球重力場データ
http://icgem.gfz-potsdam.de/ICGEM/ICGEM.html
http://icgem.gfz-potsdam.de/ICGEM/ICGEM.html
衛星で見る重力場変化
重力場変動成分の見積もり

l 1
GM
R
V
  Plm (sin  )(Clm cos(m )  S lm sin(m ))

R l 0 m 0  r 
l
Cl ,m (t) 3 1  k ' 1
cosm
l



 


(

,

,t)P
(c
os

)
d .
l,m

sinm 
Sl,m (t)  4 2l  1 R ave Earth
Δρ:面密度の変化
⇒ 大気、海洋、陸水などの量変化をΔρであらわす
Degree Varianceによる精度の見積もり
測定誤差の伝播と重力場の打ち切り誤差の影響に基づく統計的な評価
(Jekeli and Rapp,1980)
重力場変動による衛星の速度変化
1 2
vˆ  V  E
2
全運動エネルギーと位置エネルギー
vˆ  vm  v
V U T
1 2
vm  U  E
2
v
T
N
T


vm
vm
R
r

変動成分と平均成分に分解、
速度の2次の項を無視する

r
N  1.28 x10  3 N ( m / s )
R
@450km
1mmジオイド = 1.28μm/s
衛星軌道に沿ったデータのシミュレーション
- 衛星軌道位置の計算
ケプラー軌道を仮定
軌道傾斜角89度,離芯率0.005,平均高度450km
- 軌道上でのジオイド(衛星速度)の計算
グローバルモデル:EGM-96から軌道位置のジオイドを計算
ローカルモデル(日本周辺):
地表重力異常データ(S&S)を用い球面FFT法で軌道高度
でのジオイドを計算
時間変動成分
表面気圧(1999年ECMWF,6時間毎)データ軌道上のジ
オイドへの影響を計算
EGM96ジオイド(地表)
CI : 10m
EGM96ジオイド(h=450km)
CI : 10m
EGM96ジオイド(h=600km)
CI : 10m
EGM96重力異常(地表)
EGM96重力異常(h=450km)
EGM96ジオイド(日本周辺)
CI : 2m
h=0km
h=450km
EGM96重力異常(日本周辺)
CI : 1mgal
CI : 50mgal
h=0km
h=450km
表面気圧(変動成分)
気圧によるジオイド高変化(450km-NIB)
GRACE軌道での気圧の影響(1日毎)
GRACE軌道での気圧の影響(5日毎)
水荷重によるジオイドの変化(1)
10°x10° 100cm厚の水過重
CI : 1mm @ 450km
水荷重によるジオイドの変化(2)
30°x30° 10cm厚の水過重
CI : 1mm
@ 450km
水荷重によるジオイドの変化(3)
1°x 1° 10cm厚の水過重
CI : 1μm @ 450km (Max=0.017mm)
内容1(13日午後)
 イントロダクション
• 自己紹介を兹ねた研究歴
• 精密測地計測
 衛星重力ミッション
• 衛星重力ミッション概要
• 地球重力場の決定
• 衛星で見る重力場
 GRACEの応用研究
•
•
•
•
GRACEデータの利用
陸水変動
氷床変動
地震
GRACEデータの利用
GRACEのデータ
・Level 0 data センサーデータ
K-Band Phase Data 10Hz sampling
GPS Data(Orbit Det.) 1Hz sampling
GPS Data(Occultation) 50 Hz sampling
・Level 1data
K-Band Ranging (Biased Range & Derivatives) ~
5s sample rate
Geophysical Corrections(データ、ソフト)
地球潮汐、海洋潮汐、大気、...
・Level 2 data
重力場球面調和関数係数(Stokes係数)時系列
120次/1ヶ月
GRACE Data作成の流れ
Level-2データの計算サイト
http://geoid.colorado.edu/grace/grace.php
×104
5.83
GRACE-1
縦軸 単位[m2/s2]
横軸 1目盛 1時間
5.82
5.81
5.80
5.79
縦軸 単位[m]
横軸 1目盛 1時間
Potential
縦軸 単位[m/s]
横軸 1目盛 1時間
縦軸 単位[m/s2]
横軸 1目盛 1時間
重力場の時間変化
入手可能なLevel-2データ
• GRACE SDS(Sceince Data System)
– JPL-RL04.1
– UTCSR-RL04
– GFZ-RL04
http://podaac.jpl.nasa.gov/grace/data_access.html#Level2
• GRGS 10-day Solution RL02
http://grgs.obs-mip.fr/index.php/fre/Donneesscientifiques/Champ-de-gravite/grace/release02
陸水変動
GRACE Measurements of
Mass Variability in the
Earth System
Tapley et al.,
Science, Vol. 305, July, 2004
水循環研究へのGRACEの適用
P=E+R+G+⊿S
P:降水量
E:蒸発散量
R:河川流出量
G:地下水流出量
⊿S:地下水貯留量
(土壌水分含む)
グローバル・フィルタ
ltrunc
l
l 0
m 0
N ( ,  )  a  Wl  Plm (cos  )( Clm cos m  Slm sin m )
Gaussian filter (Jekeli 1981, Wahr 1998)
b exp b(1  cos )
2 1  exp(2b)
ln 2
b
1  cos(r / a )
W ( ) 

Wl   W ( ) Pl (cos ) sin d
0
Spectrum domain
0.2
200km
300km
400km
500km
600km
700km
800km
900km
1000km
0.15
0.1
0.05
0
0
50
Degree
100
空間フィルタの効果
Gaussian filter 300km
750km
500km
0km
空間フィルタの効果
200km
300km
400km
500km
600km
700km
800km
900km
1000km
Regional Filterの設計
(Swenson et al., 2004)
Gaussian filterをbaseとし、LSMにより
Leakage error + measurement error → minimize
重み係数
W  
2(2l  1) B  a E 

   1  2
2 
W    0 Gl (1  kl )  3 
C
lm
S
lm
2
l
0.2
0.1
900km
700km
500km
300km
0.05
0
0
20
40
Degree (L)
領域の形状
60
100
Geoid deg. amp. [mm]
Amplitude
0.15
1000km
800km
600km
400km
200km
 lmC 
  S
 lm 
衛星の観測誤差
相関関数とその相関長
Gaussian
function
2 1
(Calibrated) Standard Deviation
10
1
0
0
20
40
Degree (L)
60
インドシア半島における解析例
•流域面積
River
Drainage Area (km2)
Salween
330 000
Chao Phraya
178 000
Irrawaddy
425 000
Mekong
814 000
Total
1 750 000
Regional Filterの例
2002/4,5
2002/8
2003/5
2003/7
2003/8
2004/3
2004/4
2004/2
2002/9
2002/10 2002/11
2003/9
2004/5
2003/10
2004/6
2003/2
2003/3
2003/11 2003/12
2003/4
2004/1
2004/7
Mass variations
detected by
GRACE
陸水貯留量算定
大気客観解析値(GANAL)
観測値
地上大気データ
オフライン陸面モデル(SiB)
土壌水分、積雪水当量
流出量
積雪深析値
積雪深データ
オフライン河川モデル(GRivet)
河川流量
陸水貯留量
流域毎のGRACEとモデル比較(1)
4 rivers combined
Irrawaddy
Mekong
Salween
Chao Phraya
GRACE:JPL RL02
流域毎のGRACEとモデル比較(2)
GRACE:JPL RL04
GRACEデータ処理
使用データ:CNES/GRGS every 10 day gravity field solutions (v02)
(up to degree/order 50, July 2002 to April 2009)
•スマトラ地震のシグナルの除去 (co-seismic, after seismic)
•PGRのトレンドの除去 (-1.5 mm/yr)
http://grgs.obs-mip.fr/index.php/fre/Donnees•年周・半年周成分の除去
scientifiques/Champ-de-gravite/grace/release02
92
陸水質量の経年変動
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
氷床変動
Satellite Gravity Measurements Confirm Accelerated Melting of Greenland Ice Sheet
Chen, Wilson, Tapley, Science, 313, 2006
氷床変動とPGR (GIA)
E1
0
65
E2
Lithosphere
リソスフェアー
2
Upper
mantle
上部マントル
E3
670
3
Lower
mantle
下部マントル
2900
depth
Core
コア
GRACEによるジオイドの経年変化
南極氷床の質量変動
•グローバルな水循環・水収支
•環境モニタリング
•観測データが尐ない
•正確なモデルがない
•シグナルが小さい
氷床変動の研究方法
(1)質量収支法
(Total net input from snow accumulation)
- (losses by melting and ice discharge)
・ice-core measurements
・ice thickness + velocity (by GPS, InSAR)
(2)氷床表面の高度変化の測定
・air-borne altimetry
・satellite altimetry (ERS1 & 2, ICESat, ・・・)
(3) 質量変化の測定
・GRACE (2002 - )
約1ヶ月ごとに地球重力場の解を提供
→質量分布の時間変化
GRACEを使った南極氷床変動の研究
Velicogna and Wahr (Science, 311, 2006)
(34 months data from April 2002 to August 2005)
南極氷床変動の特徴
Filchner-Ronne
降雪, PGR
Pine
融解
白瀬氷河
PGR ?
Error ?
降雪
大陸スケールでの質量変動
WAIS
EAIS
-0.2mm/y
80
40
30
Eq. Water Thickness [mm]
60
Eq. Water Thickness [mm]
-0.1mm/y
40
20
0
-20
-40
20
10
0
-10
-20
-30
-60
-40
-80
2002
-50
2002
2003
2004
Total
2005
Date [year]
2006
2007
2008
2003
2004
2005
Date [year]
2006
2007
2008
-0.1mm/y
30
Eq. Water Thickness [mm]
20
EAIS
10
Ice sheet
0
WAIS
-10
PGR
-20
-30
-40
2002
2003
2004
2005
Date [year]
2006
2007
2008
UTCSR RL04
[mm/yr] (water thickness eq.)
PGR Models
PGR
PGR Model
Nakada et al. (2000) Water thickness eq.
WAIS
EAIS
Total
ICE-3G
34.1
9.1
15.7
ARC3+HB
20.2
0.3
5.5
ARC3+D91
25.6
6.9
11.9
ARC3+ANT3
21.6
7.1
10.9
ARC3+ANT4
18.1
6.3
9.4
ARC3+ANT5
10.5
5.3
6.6
ARC3+ANT6
5.4
1.7
2.7
[mm/yr] (water thickness eq.)
GRACE
WAIS
EAIS
Total
UTCSR
-0.2
-0.1
-0.1
GFZ
10.1
9.5
7.1
JPL
1.4
-1.7
-0.7
PGR Model
Post Glacial Rebound
)
Ice Mass Changes
EAIS
Total
ICE-3G
34.1
9.1
15.7
ARC3+HB
20.2
0.3
5.5
ARC3+D91
25.6
6.9
11.9
ARC3+ANT3
21.6
7.1
10.9
ARC3+ANT4
18.1
6.3
9.4
ARC3+ANT5
10.5
5.3
6.6
ARC3+ANT6
5.4
1.7
2.7
WAIS
UTCSR
WAIS
EAIS
Total
-34.3 ~ -5.6
-9.2 ~ -1.8
-15.8 ~ -2.8
GFZ
-24 ~ +4.7
+0.5 ~ +7.8
-8.6 ~ +4.4
JPL
-32.7 ~ -4.0
-10.7 ~ -3.3
-16.3 ~ -3.4
[mm/yr] (water thickness eq.)
GIA(Glacial Isostatic Adjustment)
≒PGR
トレンドの見積もり
GRACEデータから得られた
質量の経年変化のトレンド
ICESatデータから得られた
高度の経年変化のトレンド
Yamamoto et al., Tectonophysics (2010)
GIAトレンドの算出
GRACEのトレンド(質量変化);GIA、氷床
ICESatのトレンド(高度変化);氷床のみ検出と仮定
GRACE
GIA質量変化
+
氷床質量変化
- ICESat×氷床密度 = GIAの質量変化
氷床質量変化
空間分布が未知
典型的な密度を使ってGIAトレンドを作成してみると、
新雪
20 kg/m3
フィルン
350 kg/m3
氷床の最大密度
917 kg/m3
PIGと南極半島で最大氷床密度、残りはフィルンとしてみると
917
350
917
ICE-5G
ARC3+ANT5
IJ05
ARC3+ANT6
GRACEによる
質量変化トレンド
スマトラ地震、
南極以外のGIA
(ICE-5G)を除去
水質量バランスとGIAトレンド
海洋変動:
391 Gt/yr
(海水準変動との関連)
南極以外の陸水変動: -207 Gt/yr
南極の氷床変動:
-185 Gt/yr
南極のGIA+氷床変動: -34 Gt
予想される南極のGIAトレンド:-34-(-185) = 151 Gt
ICE5G:
IJ06:
ARC3+ANT5:
ARC3+ANT6:
162 Gt
4 Gt
99 Gt
40 Gt
地
震
2004年スマトラ・アンダマン地震
Ammon et al ., 2005
1000kmを超える長
さの断層
M9.1 (USGS)
2005年3月
ニアス地震
GRACE Level 1データを用いた研究
Crustal Dilatation Observed by GRACE
After the 2004 Sumatra-Andaman Earthquake
Chan et al. (2006)
Gravity changes (in μGal) after the
Sumatra-Andaman earthquake
computed from GRACE Level-1 data.
半無限弾性モデル
Predicted coseismic gravity changes
(in μGal), inferred by combining
vertical displacement and dilatation.
検出方法
1)地震による重力変化は、突然起こ
り、そのまま永久に残る
2)陸水や海洋変動などに伴う重力
変化は、季節変動のような周
期的なものが主である
↓
同じ月のデータの差をとったり、
地震の前後での長期間の平均
の差をとると、2)によるシグナ
ルは消えて、地震の影響だけ
が残る。
Chan et al. (2006)
Cumulated gravity anomaly with respect to a reference model for the
periods.
Gravity changes between two year, inferred by differencing (A),(B) and (C).
Postseismicな
重力変化
This cannot be explained with simple afterslip or
viscous relaxation of Maxwellian upper mantle.
It suggests the relaxation of coseismic dilatation
and compression by the diffusion of supercritical
H2O abundant in the upper mantle.
(Ogawa and Heki , GRL, 2007)
余効すべりが重力変化に及ぼす影響
2004年スマトラ地震
による変位
2004年スマトラ地震後
の変位
連続GPS観測による2004年スマトラ
地震とそれ以降の余効変動,
Katagi (2008)
球成層構造モデル(PREM)で計算される重力変化
Fault Model
0
10
20
30
-10μ gal -5μ gal
0
Gravity Changes
5μ gal
10μ gal
GRACE
(Obs)
Coseismic
(Model)
Postseismic
Postseismicな重力変化
20
20
10
10
0
0
-10
-10
80
-12μ gal-6
90
0
100
110
6
地震後4ヶ月まで
80
120
12μ gal
-12μ gal-6
90
0
100
110
6
地震後2年まで
120
12μ gal
他の地震は検出できるか?
十勝沖地震、パキスタン北部地震
2例目、
2010チリ地震
Heki, K. and K. Matsuo,
GRL., 37, 2010
References(1)
• 岡山大学 地球科学科 高校生の皆さんへ
– http://www.desc.okayamau.ac.jp/Geo/Highschool/chikyunaibu.html
• 山賀 進のWeb site
– http://www.s-yamaga.jp/index.htm
• UNAVCO
– http://www.unavco.org/unavco.html
• International Terrestrial Reference Frame
ITRF
– http://itrf.ensg.ign.fr/
References(2)
• 株式会社エイ・イー・エス
– http://www.aes.co.jp/index.html
• 国土地理院
– http://www.gsi.go.jp/
• Solar System Exploration
– http://solarsystem.nasa.gov/index.cfm
• 日本測地学会
– http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/webtext/index.html
References(3)
• EARTH ORIENTATION CENTER
– http://hpiers.obspm.fr/eop-pc/
• Lambeck, K., Changes in length-of-day
and atmospheric circulation, Nature, 286,
104-105, 1980. PP用 Lambeck, K.(1980)
• Aviso
– http://www.aviso.oceanobs.com/
• CHAMP
– http://op.gfzpotsdam.de/champ/index_CHAMP.html
References(4)
• ESA -Living Planet Programme- GOCE
– http://www.esa.int/esaLP/LPgoce.html
• SATELLITE GEODESY
– http://topex.ucsd.edu/index.html
• NOAA National Geophysical Data Center
– http://www.ngdc.noaa.gov/ngdc.html
• ESA GOCE
– http://www.esa.int/SPECIALS/GOCE/index.ht
ml
References(5)
• GRACE Tellus
– http://grace.jpl.nasa.gov/
• Universiry of Colorado at Boulder. Sea
level change
– http://sealevel.colorado.edu/
• C.K.Shum, Chung-yen Kuo, Jun-yi Guo.
Rolo of Antarctic ice mass balance in
present-day sea-level change. Polar
Science 2 (2008), 149 - 161
References(6)
• 月周回衛星「かぐや (SELENE)」
– http://www.kaguya.jaxa.jp/
• Kosuke Heki and Koji Matsuo. Coseismic
gravity changes of the 2010 earthquake in
central Chile from satellite gravimetry.
GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS,
Vol.37
• Micro-g Lacoste
– http://www.lacosteromberg.com/
References(7)
• GWR
– http://www.gwrinstruments.com/
ダウンロード

講演資料