光結合VLBI 22GHz網の構築
須藤 広志
高羽浩、川口則幸、
他光結合VLBIグループ
22GHz e-VLBI Bit Rate 感度* 分解能 ステータス
[Gbps] [mJy] [mas]
EVLA
120
6
200
2010 Phase I
e-EVN
30
1
0.3
現在256Mbps
2010完成
e-MERLIN
30
5
15
2006+α
VLBA
0.1-0.5 55
0.5
運用中
VERA
1
1
運用中
150
* 感度は2分積分、7σ、最も数値の良い基線での値
光結合の理論的スペック
ここ2年で目指す光結合アレイ

Step I:1基線でFlux測定


Step II:3基線でサイズ測定


つくば、鹿島、岐阜
Step III:6基線でマップが描ける


鹿嶋、岐阜
野辺山も加えて、より高感度に
Step IV:位相補償で微弱な天体の検出

mJy天体や系外のメーザー
Step I の目標
基線:まず、鹿島ー岐阜
運用期間:2007年10月ー2008年3月
Bit rate



–
–


2Gbps(=512MHz帯域×1ch) もしくは
4Gbps(=512MHz帯域×2ch)
目標感度:100mJy @120sec積分
VLBA並みの基線感度、分解能10 mas、
1基線(ほぼ東西)で何ができるか
サイエンス目標
コンパクトなサイエンスを半年ほど集中して行う
 検討事項




マシンタイムを確保:平均週1回、1-2週間連続も
外部からの提案を積極的に受け入れる体制
検討中のアイデア
低光度AGNサーベイ、GRB、BH Binary,,,
 8/22GHzの同時(期)観測 (モニター、サーベイ)
NVSSでVLBI、光赤外で未検出天体をかたっぱしから?
(岐阜ー鹿島の22G/山口ーつくばの8Gは同じ分解能)

現状と今後

長時間システム安定性の調査

7月23,30日実施、=>3C84などでフリンジ
検出(SNR>10@16秒積分)
局ごとの整備
 今後



強度測定システム構築
鹿嶋2回線化に向けた動き

川口さんNTT、関戸さん
4Gbps化の検討課題


鹿島の2回線化
小金井まではすでに2回線ずみ
ダウンコン、サンプラー
岐阜は2ch化ずみ(Xバンドでつくばと実績あり)
=> 鹿島のD/Cの2ch化が必要(ADS1000はOK)
ADS3000の利用は?
=> ダウンコンは超広帯域の1系統でOK
バンド幅合成に有利!(測地もOK)
野辺山
臼田
つくば
山口
22GHz
8GHz
8/22GHz
岐阜
鹿嶋
開発項目
項目
内容
責任者
VLBIテスト・総括
システム安定性(数時間)
須藤
強度補正
絶対精度
補正天体リスト
山内
IF系の整備
鹿嶋局、筑波局
須藤
光結合機器の整備
サンプラ、相関器
高羽、河野
鹿嶋の光回線増設
2Gbps×2ch化の可能性
関戸
データ処理
FITS化
小山、原
システム案
22
100
10
1
VERA(JVN)
0.1
e-MERLIN WEBを改変
@12時間積分
基本方針

VERA(JVN)の光結合化

インパクト:ターゲット近傍(<1°)の参照電波源の増加により、アスト
ロメトリー精度向上

本アレイは、そのための基礎開発と位置付ける

つくば、鹿島、岐阜3者を中心に、光結合22GHzアレイを天文観測装置に
整備する

開発やサイエンスはStep by Stepで進めていく

今秋を目処に開発の第1段階を終え、その装置を使って、早く論文に集中
したい
ダウンロード

光結合VLBI 22GHz網の構築