マ ー ク
・
トウ ェ イ ンの黒 い ユ ー モ ア
浅
〔1〕
キ ャ ッ シ ュは そ の
中 で,南
一
『南 部 の 心 』(The.MindoftheSouth,1960)の
部 の 人 間 が そ の 豊 か で 広 大 な 自 然 に 恵 ま れ,何
隷
と い う 労 働 力 も あ っ て,裕
た こ と を ひ と し き
り述 べ た あ と,そ
の 衣 食 住 の 心
も な
の 意 外 な 信 仰 心 の 篤 さ に つ い て 次 の よ うに
[TheSoutherner'schiefblood-strainwaslikelytobetheCeltic‐of
allWesternstrainsthemostsusceptibletosuggestionsofthesuper・
natural....'Theworldheknew,thehotstingofthesuninhisblood,
thesidelongglanceofthea1正
配
福 で 自 己 満 足 的 な 快 楽 的 人 種 に 育 っ て い っ
い う。
一complaisantNegrowoman-allthese
impe11edhimirresistiblytojoy.Butevenashedanced,andeventhough
hehadsloughedoffailformalreligion,histhoughtswerewiththepiper
andhisfee....Ifthedominantmoodisoneofsultryreverie,theland
iscapableofotherandmoresombermoods.Therearedayswhenthe
boomingofthewindinthepinesisTiketheaudiblerushingoftime-whenthesadknowledgeofthegravestirsinthesu'bconsciousnessand
bendsthespirittomelancholy;dayswhenthequestionsthathaveno
answersmustinsinuatethemselvesintothemindsoftheleastanalytical.
ofmen.Andthereareotherdays--inJulyandAugust‐whenthe
nerves
龍
南 部 の分 裂 症
W・J・
く,奴
山
.wiltundertheterrificimpactofsunandhumidity,andeven
thesoundestgrowabitneurotic;dayssaturnineandbillionsandfullof
heavyforeboding.Andtherearethosedays,too,whenthe'earthwhimpersindread,whellthelightningclicksinawfulconcatenationwith
-41-一
一
continuousthunder,andhurricanesbreakforthwithsemi-tropicalfury;
dayswhenthislandwhich,initsdominantmood,wrapsitschildrenin
softillusion,stripsthemnakedbeforeterror.*(1)
こ うし て 『八 月 の 光 』 を 思 わ せ る よ うな 一 見,優
「神 」 を 感 じ,強
い 宗 教 心 を 抱 く よ うに な る の だ 。 そ の 宗 教 は 南 部 人 と 同 じ ぐ
ら い に 単 純 で 分 り易 く,情
熱 的 で あ る も の,孤
に 大 勢 で 一 ケ所 に 集 ま っ て や れ る も の,そ
強 く問 い 詰 め,清
し く も 狂 暴 な 自然 に 彼 ら は
独 な 彼 らが い つ もそ うす る よ う
こ に お い て 彼 ら の 日頃 の 罪 の 意 識 を
め て くれ る も の で な け れ ば な ら な か っ た 。 快 楽 性 の 強 い 彼 ら
は 情 け 容 赦 な い ほ ど に 厳 し い 「神 」,そ の 前 で 自分 た ち が 泣 き 叫 び 身 悶 え し て罪
を 詑 び な け れ ば な ら な い よ うな 恐 ろ し い
「エ ホ バ の 神 」 と な り,そ
つ ま り,今
の宗 教 は
も 南 部 に 残 るMethodistで
あ っ た 。19世
「神 」 を 要 求 した の だ った 。 そ の 神 は
「ピ ュ ー リタ ニ ズ ム」 と い う こ と に な る。
あ り,Baptistで
あ り,Presbyterianで
紀 の 中 半 ま で に は あ ら ゆ る 階 層 を 含 め て10人 に9人
が これ ら の 宗
派 に 属 した と い わ れ て い る 。*(2)
キ ャ ッシ ュは 驚 き を こ め て い う
.Andthis,mind,coincidentallywiththegrowthofthatcuriousSouthernhedonismwhichwasitsantithesis.Thetwostreamscouldand
wouldflowforwardsidebyside,andwithaminimumofconflict.The
Southerner'sfrolichumor,hiscontinualviolationofhisstrictprecepts
inaction,mightserveconstantlytoexacerbatethesenseofsininhim,
tokeephiszestforabsolutionalwaysatwhiteheat,tomakehim
humblyamenabletothepublicproposalsofhispreachers,acquiescent
intheirdemandsfortheincessantextentionoftheirrule;.1.Yet,in
theTongrun,hesucceededinunitingthetwoincompatibletendencies
inhissingeperson,withouteveraliowingthemtocomeintoopen
anddecisivecontention.*(3)
南 部 入 は そ れ で も真 剣 そ の ものだ った とい う。 「快 楽 主 義 」 と 「ピ ュ ー リタ
一一
一42一
ニ ズ ム」 の 両 立 。 こ の 信 じ ら れ な い 組 み 合 わ せ)/Y,キ
ャ ッ シ ュは 彼 な りの 結 論
を 下 す 。 そ れ は 南 部 人 に 内 在 す る 「分 裂 症 」(fundamentalsplitinhispsyche>
で あ り,彼
ら の 人 生 へ の 「非 現 実 性 」(unreality)に
し て 起 り得 る 現 象 な の だ 一
と。
南 部 ほ ど に そ の 宗 教 心 を 誇 る と こ ろ も な い 。 彼 ら は ピ ュ ー リタ ニ ズ ム の も と
自 らをSacredSouthと
呼 び,SouthernVirtueと
そ の 地 に はSacredMississipPiが
し た し,そ
の
そ のChivalryを
流 れ,MotherofGodが
う信 じた 。 そ し て 何 とそ の 「聖 な る 地 」 に,何
「奴 隷 制 」 が 栄 え,リ
吹 聴 し,
住 み給 うと 喧 伝
の た め ら い も な くあ
ン チ が 存 在 した の で あ る。
「奴 隷 制 」 に つ い て キ ャ ッ シ ュ は い う
Whollyapartfromthestrictquestionofrightandwrong,itisplain.
thatslaverywasinescapablybrutalandugly.Grantedtheexistence,i.xi._
thehigherlevels,ofgenuinehumanityoffeelingtowardthebondsman;grantedthat,inthecaseofthehouse-servantsatleast,therewasp
sometimesreadaffectionbetweenmasterandman;grantedeventhat,.
atitsbest,therelationshipheregottobegentlerthanithasever
beenelsewhere,thestarkfactremains:itrestedonforce.Theblack-・
manoccupiedthepositionofameredomesticanimal,withoutwillor
rightofhisown.*(4)
彼 が い うに は,「
ど ん な 平 和 で 明 る い 家 庭 に も時 お り,鎖
と足 か せ の ひ きず
る 音 が 聞 こ え て い た も の だ っ た 」 とい う こ と で あ る。 こ の 南 部 の 「神 聖 」 な る
も の へ の 恋 慕 と 「残 忍 」 な る も の の 併 存 は い っ た い ど うい う こ と な の か 。
マ ゾ ヒ ズ ム と サ デ ィ ズ ム の 典 型 的 な 共 存 状 態 と しか 考 え ら れ な い の で あ る。
サ デ ィス テ ィ ッ クな 自 然 とサ デ ィス テ ィ ッ ク な 「神 」 の も と に は 狂 わ ん ぽ か
りに 職 悔 す る 民 が い る。 つ ま り,南
中 に は`7ゾ
部 人 の そ の 一 見,自
由 に 見 え る快 楽 主 義 の
ヒ ズ ム が 内 包 され て い る。 そ し て マ ゾ ヒ ス トは 本 能 的 に そ の は け 口
と し て 新 た な 犠 牲(マ
ゾ ヒ ス ト)を 求 め,自
r-43-一
ら は 彼 らに 対 し サ デ ィス トと な る 。
こ れ が リン チ で あ り,奴
隷 制 な のだ 。
そ の 黒 人 た ち の よ うす を キ ャ ッ シ ュは 次 の よ うに 述 べ る
...theNegro,withhisquick,intuitiveunderstand量ngofwhatisre-
quiredofhim,andhisremarkabletalentsasamime,caughtthemup
.andbodiedthemforthsoconvincinglythathismasterswereinsulated
.againstallquestionastotheirreality‐wereenabledtobelieveinthem
且shonestlyastheybelievedinsomanyotherdoubtfulthings.*(5)
自分 た ち の立 ち 場 をわ き まえ て 「道 化」 の よ うに振 る舞 って い た と い う の
だ 。 黒 人の女 た ち に 到 って は,「(ア フ リカ の)部 族 的束 縛 も免 れ,ま
た商業用
に 愛 想 の好 さだ け を 小 さい 頃 か ら教 え こ まれ た よ く出来 た 品物 だ った 」 し,ま
た 「自然 か ら生 まれ た そ の ま まの生 き方 を して い て,ピ
け た 子 女 た ち に は 考 え られ な い ほ どに,情
生 来 の快 楽 主 義 者 で あ る彼 らは,そ
ュー リタ ンの教 育 を 受
熱 に 自 らを委 ね て い た」 の で あ る。
こに 強 くマ ゾ ヒ ズ ム も内包 して お り,白 人
た ち の心 の 中 に サ デ ィズ ムを喚 起 す る恰好 の餌 食 だ った とい え る。
E・ フ ロムが,マ
ゾ ヒズ ムに つ い て,「(本 人 の)個 人 的 自我 を 絶 滅 させ,た
え が た い孤 独 感 に うち か と うとす る試 み 〔で あ り〕… 自己 の外 部 の,い
きな,い
っそ う大
っそ う力 強 い全 体 の部 分 と な り,そ れ に投 入 し,参 助 し よ うとす る試
み で あ る。 そ の 力 は個 人 で も,制 度 で も,神 で も,国 家 で も,良 心 で も,あ る
い は 肉体 的強 制 で も,な ん で も よい。 ゆ る ぎな く強 力 で,永 遠 的 で,魅
あ る よ うに感 じ られ る力 の部 分 とな る こ とに よ って,ひ
ろ うとす る。 ひ とは 自己 自身 を屈 服 させ,そ
て,個
人 と して の統-性
を 失 い,自
感 的で
とは そ の栄 光 に あや か
の もつ す べ て の 力 や 誇 りを 投 げす
由 を うち す て る」*(B)と い うと き,恐
ろし
い 大 自然 に直 面 して そ の極 度 の孤 独 の た め に 強 き怒 れ る 「神 」 を 求 め,そ
のも
と に感 泣 しなが ら膝 まづ き,「 聖 な る南 部 」 「母 な る南 部 」 「騎 士 道 」 のた め
な ら命 を も捨 て る南 部 人 の姿 と,そ
こに また誇 りを 感 じて もいた 黒 人 た ち の姿
が 浮 か ん で くる で は ない か 。 フ ロムは い う。 「マ ゾヒズ ム的 人 間 は,外
威 で あ ろ うと,内 面 化 され た 良心 あ るい は心 理 的 強 制 で あ ろ う と,と
一44-一
一
部 的権
もか くそ
れ らを 主 人 とす る こ とj,Yyl__.よ
っ て,決
断 す る とい う こ とか ら解 放 さ れ る。 す な わ
ち 自分 の 運 命 に 最 終 的 な 責 任 を もつ とい う こ とか ら,ど
の よ うな 決 定 を な す べ
きか と い う疑 惑 か ら解 放 され る 。 か れ は ま た か れ の 生 活 の 意 味 が な ん で あ り,
か れ が な に も の で あ るか と い う疑 惑 か ら も解 放 され る。 … か れ の 生 活 の 意 味 や
か れ の 自我 の 同0性
は,自
身 が 屈 服 し た よ り大 き な 全 体 に よ っ て 決 定 さ れ る の
で あ る」 と。 自己 放 棄 は 明 らか に,快
れ とか れ が し が み つ く力 と は,け
が 残 り,そ
れ と と もに,た
打 ち 勝 ち,自
楽 の 究 極 の 形 な の で あ る。 た だ し,「
か
っ して一 つ に な る こ とは な い。 根 本 的 な対 立
と え 意 識 的 で な い と し て も,マ
ゾ ヒズ ム的 な依 存 に
由 に な ろ う とす る衝 動 が 残 る 」 と も い う。 こ こに ユ ー モ ア の 入 り
こ む 余 地 が あ る 。 幻 想 世 界 に 耽 け る うち に ち ら りと 現 実(正
皆 に 笑 わ れ,自
顔 を 出 し,
分 も思 わ ず 笑 っ て し ま う とい うあ の 自虐 的 ユr-一モ ア で あ る。
また 彼 は サ デ ィズ ムにつ い ℃
「他 人 を 完 全 に 支 配 し よ う とす る こ と,か
を わ れ わ れ の 意 志 に た い し て 無 力 な 対 象 とす る こ と,か
な る こ と,か
気)が
れ の 神 と な り,思
べ て い る 。 他 人 を 自分 の
れ
れ の絶 対 的 な 支 配 者 と
う ま ま に か れ を あ や つ る こ とで あ る」*(7)と 述
「道 具 」 ま た は 「も の 」 の地 位 に ま で お と し め,そ
の
自己 放 棄 す る姿 を 見 て 安 堵 す る と い う性 向 な の だ 。 怒 れ る 「神 」 を 求 め た.7ゾ
へ ん げ
ヒス トた ち は今 度 は 自 らが 「神 」 の よ うな サ デ ィス トに 変 化 して黒 人 た ち を い
じめ,ま
た 自分 た ち(彼
ゾ ヒス ト集 団 な の だ)に
快 楽 主 義 の 中 に,い
背 く者 を リンチ に か け た。
や 快 楽 主 義 の 中 だ か ら こそ 繁 栄 した と思 われ る,サ
マ ゾ的 「権 威 主 義」(フ
〔2〕
らは決 して単 独 で 行 動 す る こ とは な い。 本 来 弱 虫 の マ
ロム)こ
ド・
れ が19世 紀 中葉 の 「南 部」 だ った 。
トウ ェ イ ン と黒 い ユ ー モ ア
ト ウ ェ イ ン の 批 評 家 は 多 く 『ハ ッ ク ・ フ ィ ン 』(1885)以
現 わ れ る 彼 の 黒 い ユ ー モ ア に 目 を 奪 わ れ て,そ
い 。 実 は,V・W・
後 の作 品 に顕 著 に
れ 以 前 の 作 品 に つ い て は 語 らな
ブ ル ヅ ク ス の い う よ う にThe.DuchNickMassacre(1863)r
CannibalismansheCars(1868),L∫O」
擁麗 ηgM駕r4ε
た 赤 尾 憲 一 が い う よ う に,*(9)ThoseBlastedChildren(1864)な
一45-一
一
プ8r5(1872)な
ど に,*(8)ま
どに 既 に ご っ
て りと 「黒 い 」 ユ ー モ ア は 現 わ れ て い る の で あ る。 そ し て ブ ル ッ ク ス は 上 の 作
品 群 が 西 部 で 書 か れ た も の だ か ら,そ
の黒 い ユ.一
一.モア の 起 源 を トウ ェ イ ソ の 西
部 で の 苦 し い 鉱 山 生 活 とそ の 後 の 危 険 き わ ま りな い 記 者 生 活,そ
トウ ェ イ ン 自 身 が そ うい った よ うに
自 然 環 境 に 求 め た の だ が,1・
「地 獄 」組o)の
バ ル 時 代(B南
よ うな ネ バ ダ(=西
部)の
ベ ソ ソ ン は こ れ に 真 っ 向 か ら反 対 し,ネ
ら 出 さ れ た 初 期 の 手 紙 類 を 例 に あ げ て,ト
くに 現 わ れ て お り,む
し て 何 よ りも
バ ダか
ウ ェ イ ン の 「黒 さ」 は そ れ ら に と っ
しろ起 源 は彼 が新 天 地 を求 め て 西 部 に 来 る以 前 の ハ ンニ
部 時 代)に
求 め る べ き で は な い か と暗 示 す る 。粗1'
な る ほ ど トウ ェ イ ソが ネ バ ダ か ら 出 した そ れ ら の手 紙 を み る と ヒス テ リ ック
に("d‐dest"な
る所 だ」
ど と 罵 りな が ら)こ
の 州 の こ と を 「悪 魔iも ホ ー シ ッ クに か か
「鳥 も弁 当 を 持 っ て 飛 ん で る 」
ん だ ん に あ る し,泥
「こ こ に は 金 も 銀 も銅 も チ ョー ク も ふ
棒 も犯 罪 者 も 女 も子 供 も1る
。 ク リス チ ャ ソ も イ ソ デ ア ソ
も 中 国 人 もバ ク チ 打 ち も コ ヨ ー テ も い る 。 そ れ に 詩 人 も宣 教 師 も ロバ ウサ ギ も
い る 」*(12)な ど と い い,彼
独 特 の ユ ー モ ア の 筆 致(通
常,価
値 的に結 びつかな
い よ うな 不 釣 合 な イ メ ー ジ を 玉 石 混 渚 的 に 並 置 す る こ とに よ り,価
もの
よ り精 神 的 な も の
こ と を に お わ せ て い る と共 に,そ
を 滑 稽 化 して し ま う)は
れ ぞれ
「泥 棒 … 子 供 」
値 的に高 い
既 に で きあ が って い る
「ク リス チ ャ ソ… コ ヨ
・
一テ 」 「宣 教 師 … ロバ ウサ ギ 」 とい っ た 並 置 ま で 平 気 で や る あ た り,そ
確 かに何か
「普 通 」 の 可 笑 しみ で 治 ま らな い,「
こに は
黒 い 」 も の が あ る こ とに 感 づ
か ざ る を え な い 。 そ し て ベ ン ソ ンが 紹 介 す る さ ま ざ ま な ハ ソ ニバ ル 時 代 の 作 品
(す べ て 新 聞 の コ ラ ム の 形 で 発 表 され た も の)を
分 析 し て み る に つ け,我hは
彼 の 「黒 い 」 ユ ー モ ア の 早 熟 性 に 驚 くの で あ る。
例 え ば 彼 が 兄 オ リオ ンの も とで 新 聞 の 発 行 を 手 伝 っ て い た 時 に 書 い た,ラ
バ ル 社 の 編 集 長 の(入 水)自 殺 未 遂 を 扱 った 記 事 に は,現
場 の カ ッ ト入 りで
イ
「溺
れ る の で は な い か と心 配 し な が ら入 水 す る 田 吾 作 編 集 長 」 と大 き く掲 げ て 嘲 笑
す る し,「 男 の 権 利 」 と い う記 事 に は,妻
子 を 殴 る ひ と りの 男 を 紹 介 し,「 関 心
む
あ る 向 きに は ター ル と羽 毛 を 使 うこ と も推 薦 し ます」 と コ メ ソ トを入 れ る始 末 。
ま た 「暖 天 候 」 とい う記 事 に は平 然 と,「
-46一
ニ ガー も汗 か きベ トベ ト」(傍
点=
筆 者)と
副題 を入 れ て い る。 そ の他,別
の新 聞 に 載 せ た 『ス ノ ッ ドグ ラス』 シ
リー ズに も,「 オ ハ イ オ川 凍 結 す 」 とい う記 事 に,「
胸 に も乳 のみ 児 を何 人 か 抱}た
子 供 を19人 もひ き連 れ,
貧 乏 な ア イル ラ ン ド女 は い つ もの よ うに 公 共 の
炭 を 求 め て役 所 まわ り…」粗31と
い った こ とを書 い た りして い る。 彼 は20歳 に
な るか な らな いか で既 に この よ うな感 覚 を身 に つ け て いた の だ。
さて 「黒 い」 笑 い とは何 だ ろ う。 また トウ ェイ ソの 「黒 さ」 とは ど うい うも
の な の だ ろ うか 。 フ ロイ トの論 を 借 りる と,「 笑 い」 とは 「そ れ まで あ る心 的
な 通 路 へ の給 付 に使 わ れ て いた 心 的 エ ネ ル ギ ー の量 が使 用 不 可 能(不
要)と
な
り,そ れ に よ って これ が 自 由に 排 出 され る こ とが で きる よ うに な る と きに,笑
い が 生 じる」*(14)と い うこ とで あ った 。 簡 単 に い え ば 「あ る技 巧 また は 事 実 に
よ って 突 然 節 約 され た(不
要 に な った)心
的 緊 張 エ ネ ル ギ ー の解 放 の と きの快
感 」 とで も い え よ う。 「心 的緊 張 エ ネ ル ギ ー」 が知 的 労 力 の場 合 に は,そ
の
"意 外 な 発見"と 共 に喜 び の 「笑 い」 が 放 出 され る
。(=機 知 に よ る笑 い)「 心
的緊 張 エ ネ ル ギ ー」 が あ る表 象 へ の期 待 感 の場 合 に は,"期
外 性)と
待外 れ"(と
い う意
共),rYt__.そ
れ まで の緊 張 が 解 放 され,心 地 よい満 足 の 「笑 い」 が 起 こる。
(=滑 稽 に よ る笑 い)「 心 的緊 張 エ ネ ル ギ ー」 が あ る人 物 へ の感 情 的期 待 の場 合
に は そ の"期 待 外 れ"と 共 に彼 へ の 同情(思
故 に 口は 笑 って は い る の だ が)唖
い 入 れ)が
失 わ れ,(緊
張 の解放 の
然 と して し ま う。 と くに この3つ
目の,人 生
を 「達 観 」 した よ うな 人物 の示 す 可 笑 しみ(処
刑 場 に 引 い て いか れ る囚 人 が 天
気 が晴 れ て る のを 見 上 げ な が ら,「 今 日は幸 先 が い い そ」 な ど とい う)を フ ロ
イ トは高 度 な もの と し,先 に挙 げ た 機 知 と滑 穫 に対 して ユ ー モ ア と 呼 ん だ 。
(詳 し くは,『 英 語 英 文 学 研 究 』(創 価 大学 英 文 学 会)VoL7,No.2中
の拙 論
参 照)
この感 情 的 期 待 が と くに道 徳 的 感情 へ の期 待 の場 合 は ど うな るだ ろ う。 道 徳
とい うもの は陳 腐 に響 くが,人
間が 生 きる た め の最 低 限 の ル ール で あ り,人 類
が 生 き残 るた め の蓄 積 整 理 され た 知 恵 で あ る。 これ が あ る人 物 に対 し て存 在 し
て い る と期 待 して い る のに,実
てい る
例}ば,男
は存 在 せず,相
が妻 子 を 殴 って い る,そ
一47一
手 を 裏 切 り,傷 つ け,平
然 とし
こに あ る人 物 が 出 向 い て い って
こ の 男 を 戒 め る の か と期 待 して い る と,逆 に,こ れ を 使 え ば よ い と い い な が ら 男
に タ ー ル と羽 毛 を 渡 す
の"期
待 外 れ"が
こ う い う場 合,ま
起 こ る の で,そ
ず そ こ に は そ の 人 物 に 対 す る我 々
れ は つ ま り 「緊 張 の 解 放 」 で も あ る が 故 に,
我 々 に は 「快 感 」 が 感 じ ら れ る 。 し か しそ の(出
し て い る(=期
待 し て い る)我
々 に は,ま
向 い て ゆ く)人
物 に感 情 移 入
さ に そ の 感 情 移 入 の 故 に,彼
の行 な
い は 我 々 の 行 な い で も あ る と い う同 一 化 現 象 も起 こ っ て い る。 つ ま り,客
に 残 忍 で 非 道 徳 的 な 行 な い(=弱
毛 とい う新 た な,そ
あ り,ま
い 者 い じめ を し て い る者 に,更
れ も屈 辱 的 武 器 を 渡 し に ゆ く)を
に タ,_...ル
と羽
し て い る人 物 が 自分 で も
た そ こ)'Yyl_同
時 に 「快 感 」 を も感 じ て い る とい う奇 妙 な 現 象 が 起 こ る こ
とに な る 。 そ れ は 自分 自 身 の 残 忍 さ,非
か らぬ 結 果 に な り,快
は う し ろ め た い,ペ
感 の故 に
人 間 的 さ を 認 め て し ま う とい う好 ま し
「笑 い 」 が 口元 に 浮 か ん で は い る も の の,そ
シ ミス テ ィ ッ クな
考 の 極 度 の 節 約 か ら くる 快 感
も あ る に 違 い な い 。 前 者 が 残 忍 さ の故 の サ デ ィ ス ト的 快 感 で あ る な ら,後
盲 従 性 の 故 の マ ゾ ヒ ス ト的 快 感 と な ろ う。 実 際,あ
的 緊 張 の 状 況 下 に い る と き,突
側 に 従 う と き,ま
る 人 物 が 彼 の(思
然 思 考 を ス ト ッ プ し て,さ
者 は
考)'Yお け
っ と 「権 威 」
た は 同 状 況 下 に い て 彼 が 全 く思 考 し て い な い こ と に 我 々 が 突
然 気 づ く と き,19入
神 経 に,何
れ
「笑 い 」 と な る は ず で あ る。
感 情 の 極 度 の 節 約 か ら くる 快 感 が あ る な ら,思
る)心
観 的
の 子 供 と更 に 乳 の み 児 を 抱 え て,い
の た め らい も な く)役
所 ま わ りを し て い る
の 故 に 「緊 張 の 解 放 快 感 」 を よ び,そ
つ も の よ うに(無
そ れ は"期
待 外 れ"
の 人 物 に 感 情 移 入 し て い る 我 々 は 「笑 っ
て 」 し ま う。 し か し サ デ ィ ス ト的 快 感 が う し ろ め た い 笑 い を よ ん だ の と 同 ー
じよ
うに,今
う認 識(感
回 の よ うな 場 合 も,自
分(我
々)も
情 移 入 し て い る が 故 の 認 識)の
た め に う し ろ め た い ペ シ ミス テ ィ ッ
クな 「笑 い 」 を よ ん で し ま うの だ 。 これ らが
こ うい っ た 話 が
「権 威 」 に 屈 した こ とに な る と い
「黒 い 」 笑 い と い うや つ で あ り,
「黒 い 」 ユ ー モ ア な の だ ろ う。 そ して,こ
れ らの よ うな
「笑
い 」 が トウ ェ イ ン の 作 品 に は 多 く見 られ る の で あ る。(具 体 的 に は 次 章 参 照)
伊 東 守 男 が そ の黒 い ユ ・
一モ ア の 研 究*⑯
に お い て,黒
い ユ ー モ リス トは
間 を 祭 り上 げ る よ りも む し ろ そ の 足 を 持 っ て 強 引 に 引 きず りお ろ し,そ
.・
「人
の真 の
姿 を 隠 し て い る 仮 面 を,そ
し て 衣 服 を は ぎ と り… ひ き ず りまわ す 」 と い う と
き,ま
た 黒 い コ・一 モ ア に お い て は 「性 を 含 め た 生 理 作 用,動
化,不
具,そ
性,さ
らに そ の 不 可 避 的 結 末 た る 死
し て 人 間 の エ ゴ イ ズ ム,つ
ろ し い も の(タ
ブ ー)や,ま
ま り人 間 存 在 そ の も の の ナ ソ セ ン ス
と い った わ れ わ れ に と っ て い ち ぽ ん 恐
た も っ と も神 聖 な る も の(つ ま り現 代 の ト・
一
一
一テ ム)
が こぞ っ て 格 好 の 笑 い の 対 象 とな る 」(そ
思 考 力 の 破 壊 が 見 られ る=筆
物 と の 類 似,老
者)と
こに は 道 徳 性 の 破 壊,又
述 べ た あ と に,そ
れ(=黒
は最低 限の
い ユ ー モ ア)は
「非 人 間 的 か つ 暗 い も の で あ る 。 … そ れ は わ れ わ れ の 内 に あ っ て わ れ わ れ 自身
を も破 壊 し か ね な い に か で あ り,全
を い じめ,自
宇 宙 の 征 服 を 可 能 とす る 力 を 持 つ_._..方,他
ら を 破 壊 す る … 『諸 暴 力 』 で あ る」*(」.B)とい う と き,そ
れ らは 先
に 筆 者 が 分 析 した ユ ー モ ア の 構 造 に お い て は じ め て 了 解 さ れ よ う。 そ の 「諸 暴
力 」 の エ ネ ル ギ ー 源 は 明 らか),YLサ ド ・マ ゾ ヒ ズ ム な の で あ る 。 そ し て そ れ らの
「黒 い 」 傾 向 が,先
に 上 げ た 作 品(コ
の 殆 ん どす べ て に 見 られ る 以 上,ト
ラ ム 記 事 群)な
ど トウ ェ イ ン の 初 期 の も
ウ ェ イ ソ の 「黒 さ」 は,何
よ り も 「南 部 」
で の 少 年 時 代 に そ の 起 源 を 求 む る べ き とい う こ とに な る。 そ し て そ の 「黒 さ」
は,ま
さ に 彼 を 産 ん だ 「南 部 」 の 精 神 風 土 に ぴ っ た り二 致 し て い た 。
実 際,ト
ウ ェ イ ソ の 『自伝 』 そ の 他 を 探 っ て ゆ くと,彼
ッ ク ス が 考}る
に と って南 部 は ブル
よ うな 甘 美 で 郷 愁 を 感 ず る 所 ば か りと は}ず,む
い 」 思 い 出 が 随 所 に 飛 び だ し,な
し ろ 「黒
る ほ どそ の サ ド ・`7ゾ 的 環 境 が 彼 の 内 に 深 く
巣 く った に 違 い な い と思 わ せ る こ と ば か りな の で あ る。 ひ とつ に は 父 親 と の 関
係 で あ る。 父 母 と も に ピ ュ ー リ タ ン で あ った が,と
「南 部 魂 」 そ の も の の 人 物 で あ り,彼
り,彼
くに 父 親 は 厳 格 で 誇 り高 い
が 治 安 判 事 の 時 は 「天 下 が 彼 の 手 中 に あ
に 歯 む か う者 は 誰 で も処 刑 で き た 」*(17}と 思 わ せ る ほ どで あ り,ト
イ ンに と っ て はthemostdistantな
感 じを 与},2人
立 」 の よ うな も の だ っ た とい う。 生 涯,心
ウェ
の 間 は 「一 種 の 武 装 中
の 交 流 は な か った よ うで,ト
ン は 父 の 死 に 際 し,「 う し ろ め た さ」 を 感 じた と い う。 そ し て,死
ウェイ
因不審 のた
め,台
所 で 解 剖 さ れ る 父 の 姿 を 鍵 穴 か ら の ぞ く羽 目に も な っ た ら し い 。 月 光 の
夜,父
の オ フ ィス の 床 の 上 に 刺 殺 死 体 を 見 た こ と も あ る とい う。
-49一
奴 隷 制 に 関 し て い え ば,ハ
た も の の(い
や,日
ソ ニ バ ル で は 黒 人 の 売 買 は そ れ ほ ど 目立 た な か っ
常 茶 飯 事 だ っ た か ら気 が つ か な か った の か も しれ な い,と
トウ ェ イ ン は 回 想 す る)*ロ8'ト
ウ ェ イ ンは10歳
で 鎖 に つ な が れ てDeepSouthへ
ま た あ る 時,何
の 時,十
数 名 の 黒 人 が 船 着 き場
送 り出 さ れ る の を 見 て 印 象 に 残 って い る 。
か つ ま ら ぬ 不 始 末 で 黒 人 が 白 人 に 殴 り殺 さ れ,村
は し な か っ た,か
と い っ て 何 も と や か くい うわ け で も な か った と い う こ と もは
っ き り と覚 え て い る 。*(19}白 人 の リ ン チ の よ うな も の も見 た 。
か りだ 。 ま わ りの 目 ば か り気 に し て,助
回 想 す る 。*⑳
の誰 もい い顔
「皆,憶
病者ば
け に 入 る 者 は ひ と りも い な か っ た 」 と
ま た 常 に や さ し く正 義 感 も強 くて 弱 者 の 味 方 で あ った 母 親 も,
そ れ が 黒 人 の た め に な る よ うな こ とだ け は 避 け て い た と 彼 は 記 し て い る 。*(21)
そ の 他,南
北 戦 争 の 際 に は 北 軍 に つ こ う とす る ミズ ー リ州 の 中 に あ っ て ハ ソ ニ
バ ル は 奴 隷 容 認 の 町 で あ っ た た め,州
内 で 対 立 が 起 き,虐
った は ず だ と推 す る質 料 も あ る 。*(22)更 にDeVoteは,ト
殺 の よ うな も の も あ
ッ ト(水
先 案 内)の
仕 事 に つ い て い た 際 も,『
る よ うな 人 生 の 明 の 部 分 ば か りで な くs娼
い 部 分 を も 見 た は ず だ と い う。*㈱
ウ ェイ ンが パ イ ロ
ミシ シ ッ ピ ー 河 で の 生 活 』)'YYVあ
婦 の 行 き交 う姿 と か そ の 他 多 くの 醜
実 際,最
後 の も の を 除 い た 他 は す ぺ て,
ハ ソ ニパ ル を 舞 台 に した と い わ れ る 『ハ ッ ク ・フ ィ ン』 に 反 映 さ れ て い る こ と
ぼ か りな の で あ る。 トウ ェ イ ソに と っ て 「南 部 」 は そ の 明 の 部 分 は も ち ろ ん の
こ と,「 暗 」 の 部 分 に お い て も す べ て が 尾 を 引 い て い た の だ 。
しか し,だ
か ら と い っ て ベ ソ ソ ン の よ うに,西
部 の さ ま ざ ま な 醜 い 環 境 が,
鉱 夫 と し て ま た 記 者 と し て 「仕 事 の 鬼 」 で あ った トウ ェ イ ソに と っ て は,た
した 影 響 を 与}な
か った と 片 づ け る こ と もで き な い と思 わ れ る。 トウ ェ イ ンが
南 部 に お い て 体 で 覚}て
きた,人
間 た ち の もつ サ ド ・マ ゾ性 は む し ろ,西
お け る 同 種 の 環 境 の 中 で 更 に 醸 造 さ れ,彼
部 に
の 当 時 の 作 品 の 中 に そ の 「黒 い 」 影
を 現 わ し た と み る べ き で あ ろ う。 な る ほ ど仕 事 の 成 功(と
功 した)の
い
くに 記 者 と し て は 成
お か げ で トウ ェ イ ソ は 比 較 的 贅 沢 な 生 活 が で き た と思 わ れ る が,彼
を と りま く環 境 に は 相 か わ らず 棲'じ い も の が あ った よ うな の で あ る。 トウ ェ イ
ン が 住 ん で い た1863年
当 時 のVirginiaCity(ネ
一50-一
バ タ 州)に
一
つ い て,東
部 の旅
か ら帰 って きた ば か りの彼 の 同僚 は 次 の よ うに書 き残 して い る。
ThusI"resumedbusinessattheoldstand"inthethickofエed-hot
times-inthemidstofflamesandwar.Itwasalsointhemidstof
thecuttingandshootingdays‐thedaysofstagerol〕beries,ofmining
fights,wonderfulfindsofore,andallmannerofexcitements....While
,astage-robberywas`beingwrittenup,ashootingaffraystarted;and
perhapsbeforethepistolshotshadceasedtoechoamongthesurroundinghills,thefirebellswerebangingoutanalarm..,,'k(24)
こ の 丘remenの
campに
ら,1,2行
戦 い で は 果多し い 量 の 血、
が=流 さ れ た そ う で あ る。mining
は 常 に 粗 々 し い 空 気 が あ り,新
聞 に お い て も 「殺 人 も ふ つ うの も の な
で 片 づ け ら れ た 」*(25)と あ る 。 実 際,60年
る と暴 力 事 件 の な い 日 は1日
り出 さ れ て い る し,ま
も な か っ た よ うだ 。 トウ ェ イ ン 自身 決 闘 に 引 っ ぱ
た な らず 者 が200人
ら の 家 を 焼 き払 う場 面 も,彼
代 の ネバ ダの新 聞 を み
か ら の 民 衆 を 威 し,そ
の 目の 前 で 彼
は 目撃 して い る。*(26)政 治 の 腐 敗 も見 た し,中
.人へ の差 別 も見 た 。 ま さ に 欲 求 不 満 の 状 態 だ っ た こ の ネ バ ダ で,新
ェ イ ン は そ の す べ て の 醜 部 を ペ ン で 告 発 す る 中,0連
か ら次 と紙 上 に 発 表 す る こ とに な る 。 一
国
聞 記 者 トウ
の 「黒 い ユ ー モ ア 」 も次
これ ら の 作 品 を 通 し て,改
め て トウ
ェ イ ン の 「黒 さ」 の 特 徴 を 見 て み た い 。
〔3〕
初 期 短 篇 群 の 黒 い ユ.一
一.モア
まず はThePetrifiedMan(1862)で
あ る。"AWashoeJoke"と
、・た こ の 作 品 は 明 らか にWashoe(=ネ
に した も の で あ る。
バ ダ)の
「し ば ら く前,グ
副 題 のつ
民 衆 全 員 を ジ ョー ク の 標 的
レ イ ブ リ ・フ ォー ドの 南 方 の 山 中 で 人 間
の 化 石 が 発 見 さ れ た 」 と始 ま る 化 石 話 は 赤 尾 氏 に よ る と*(27)当 時 の化 石 熱 に 水
を か け る 狙 い だ った ら し い 。 トウ ェ イ ソは そ の 化 石 の 形 態 を 詳 し く報 告 す る レ
ポ ー タ ー の 立 場 を と っ て い る 。 そ し て 彼 は 慎 重 に,細
検 討,確
認 しな が ら レ ポ ー トす る わ け だ が,そ
一一51-一
一
部 の 形 態 を ひ とつ ひ とつ
れ らを 総 合 し て み る と,要
す る
に こ の化 石 は 観 察 者 に 向 っ て あ か ん べ え を や っ て い る よ うに な っ て い る の で あ
る。 最 後 まで ま じめ に 読 ん だ 読 者 は 馬 鹿 に され て,恐
う。 始 め にJokeと
断 わ って あ る ので
ら く頭 に き た こ と だ ろ
「黒 い 」 と ま で は い か な い だ ろ うが
「苦
い 」 笑 い が 湧 い て こ ざ る を 得 な い 。 そ し て これ に は さ らに オ チ が つ い て い る 。
「こ こ5,6,週
も の(こ
間 で300人
も の 町 民 が 見 に 行 っ た 」 と。 これ は 「権 威 」 的 な
こ で は 人 の 啄)セ こ弱 くて 物 見 高 いWashoeの
`7ゾ 的 滑 稽 さ
,物
民 衆 を 茶 化 し,彼
らの
事 を ひ と りで は 判 断 で き ぬ 無 能 さ を 描 き 出 し て い る
も 副 題 の た め],TL....,Washoeの
人hは
それ
皆 そ うい う連 中 だ とい う よ うなi効果 ま で
つ い た 嫌 み な ユ ー モ ア で あ る。 こ の ス トー リー は い ろ い ろ な 新 聞 に リ プ リソ ト
さ れ る*(28〕ほ ど の 人 気 が あ り,た
一 撰 千 金 とい う幻 想(=「
に 彼 ら の,指
ぶ んminingcampに
生 き る粗 男 た ち の そ の
摘 さ れ る(マ
権 威 」)に か け る 盲 目的 な マ ゾ性 を ち く りと刺 し ,逆
ゾ的)快
感 を 呼 ん だ の で あ ろ う。
次 はTheDutchNickMassacre(1863)で
あ る。 「月 曜 の 夜 も10時 頃,泳
プ
キ ソ ズ は 馬 に 乗 っ て カr-...ソンに 駆 け つ け た 」 と始 ま る こ の ス トー リー は0挙
に
本 題 に 入 り,「
彼 の 喉 元 は 真 一 文 字 に か っ切 られ,手
握 られ て お り,…
に は血 な ま ぐさい頭 皮が
真 赤 な 髪 の 毛 は ホ プ キ ソ ズ 夫 人 の も の で あ る こ とを 示 し て い
た 」 と突 き進 む,恐
怖 と グ ロ テ ス クに 満 ち た 世 界 で あ る。 事 件 は,ダ
ッチ ・ニ
ッ ク とい う町 と エ ソ パ イ ア ・シ テ ィな る 町 の 間 に あ る と あ る 山 中 で 起 き た こ と
に な っ て い る の だ が,実
は2つ
の 町 の 位 置 関 係 もわ ざ と い い 加 減 に 書 い て あ る
の が ミ ソ で,ま
た ホ プ キ ソ ズ な る 人 物 は 町 の 誰 もが 知 る 一 人 者 だ っ た の で あ
る。 少 し考}て
み れ ぽ これ が 人 を か つ ぐ架 空 の 話 だ と い う こ と は わ か った は ず
で あ る。 し か し,何
の 注 釈 もつ け な か った 記 事 に,信
じ易 い 町 の 人 々 は 上 を 下
へ の 大 騒 ぎ。 パ ニ ヅ ク状 態 に 陥 った と い う。 ト ヴ ェ イ ン と し て は 人 間 の 残 忍 さ
(サ ド性)を 描 い て 楽 し も う と した 黒 い ユ ー モ ア の 記 事 だ った の だ が,逆
市 民 の マ ゾ的(新
聞 と い う 「権 威 」 に 弱 い)反
と もか く新 聞 社 に 問 い 合 せ が 相 次 ぎ,と
し て こ の 市 民 の マ ゾ性 に つ い て は,彼
題 して
に この
応 に は 驚 い て し ま っ た よ うだ 。
う と う彼 は 謝 罪 記 事 を 書 か さ れ る 。 そ
は 後 にMンBloody11/lassacre(1870)と
「後 日談 」 を 発 表 す る。 そ こ で は 彼 ら(市
一 一一52-一
一
民)の
人 間 と して の 無 能 さ,
無 思 慮 さ が 執 拗 に あ げ つ らわ れ る こ とに な る 。
WhoseBlastedChildren(1864)とCannibalismintheCars(1868)は
どち
ら も極 め て サ デ ィ ス テ ィ ヅ ク な ス ト・
一
一リ.一
一.で,前 者 は ワ イ ワ イ と 騒 が し い ガ キ
共 の 治 療 の し か た を 示 した も の で あ る。 は しか の 子 供 に は
せ」 それに
「サ フ ラ ン茶 を 飲 ま
「ス プ ー ソー 杯 分 の 砒 素 」 を 入 れ て や れ ば よ く,脳
炎 の 子 に は 「一
刻 も早 く脳 み そ を 取 り去 る よ うに 」 と トウ ェ イ ン は 処 方 箋 を 出 す 。 仕 事 の 邪 魔
ば か りす る 子 供 た ち へ の 怒 りが 爆 発 した とい う こ と で,そ
の トウ ェ イ ン流 の ヒ ス テ リ ッ クな 語 り口 は,最
だ が,ず
の し っぺ 返 し の た め
初 の うち は 心 地 よ い く らい な の
っ と読 ん で ゆ く と そ れ は 度 を 越 し は じめ,上
の よ うに サ ド的 効 果 を 狙
っ た 独 特 の ユ ー モ ア とな っ て くる の で あ る。 後 者 は 列 車 が 故 障 し,雪
日間 も密 閉 状 態 に さ れ た 人 間 た ち の 飢 餓 に 陥 って ゆ く さ ま,そ
ま った 食 人 の 儀 式 の 模 様 を,そ
して そ の 時 に 始
の 候 補 者 が どの よ うに 決 め ら れ,誰
う手 続 き を ふ ん で 食 べ 始 め られ,そ
の中 に幾
か ら ど うい
の 味 は ど うだ った か な ど と,生
き残 った 一
人 の 男 が 詳 細 に 伝 え る と い う形 を と っ た ス トr....リ
ー で あ る。 候 補 者 を 選 ぶ と こ
ろ な ど,推
薦
賛 否 の意 見 提 出
な異 常 事 態 の ときに も
、 選 挙 とい うル ー ル が 忠 実 に 守 られ,ど
「形 式 」(=「 権 威 」)だ
ん
け は ち ゃん とや る とい う人間 の
マ ゾ性 が 見 事 に 描 き上 げ られ て い る 。 トウ ェ イ ソ と し て は どち ら も 自信 作 だ っ
た よ うで 欄,と
ア 集Mα
くにCannibalismは
漉Tze」ain'SLibraryげ
後 に 彼 の 編 集 に な る ア メ リカ ン ・ユ ー モ
翫
物r(1872)の
中 に 自 ら 『飛 び 蛙 』 と い っ
し ょ)r収 め る 程 の気 に 入 り よ うで あ った 。 し か し,「 子 供 殺 し」 「食 人 」 と い っ
た 話 題 は 「黒 」 す ぎ た の か,当
時 の 人 々 に は 評 価 さ れ な か っ た よ うで あ る。
.ionizingIVIurderers(1872)は,あ
る 日 トウ ェイ ソ が 有 名 な 女 占 い 師 の と こ
ろ に 行 っ て 自分 の 運 命 を 占 っ.ても ら っ た と き の 話 で あ る。 彼 女 は い き な り,「お
前 は き っ と絞 首 刑 に な る 」 と始 め,驚
い て い る トウ ェイ ソに 対 し,「
お前 が将
来 困 った と き に は,ブ
ラ ウ ン家 の 人 た ち が 救 っ て くれ る だ ろ う。 お か げ で お 前
は 身 を た て な お し,そ
の 恩 返 し に,あ
のわ か らぬ こ とを 言 い 続 け る。
る夜 彼 らを 虐 殺 す る こ とに な る 」 と脈 絡
「お 前 は 逮 捕 され 投 獄 さ れ る。 そ し て お 前 を 改
心 さ せ よ う とす る 当 局 側 の あ らゆ る 努 力 が 失 敗 す る 頃 に お 前 は 改 心 す る 。 そ れ
一一53-一
一一
か ら と い う も の は 毎 朝 毎 晩,村
前Yyや
の 最 も善 良 で 純 潔 た る 子 女 た ち が お 前 の 独 房 の
っ て 来 て 讃 美 歌 を 唄 っ て くれ る だ ろ う。 だ か ら殺 人 とい うの は す ば ら し
い こ と な の さ」 な ど な ど。 こ の 倒 錯 した サ デ ィス ト と,最
の の そ の うち 生 来 の 信 じ易 さ が 出 て 恐 怖 の 涙 を 流 し,し
初 は 戸 惑 って い た も
か しそ の処 刑 の場 所 が
マ サ チ ュ ー セ ッ ツ と 聞 く と今 度 は 喜 び の 涙(「 有 名 に な れ る!」
と 思 い 始 め る)
を 流 し始 め る とい うマ ゾ ヒ ス ト。 こ の サ ドと マ ゾ の か け 合 わ せ は 読 む 者 に 何 と
も=複雑 な(自
嘲 的)「 笑 い 」 を よぶ 。
『飛 び 蛙 』(1865)が
これ ほ ど の反 響 を 呼 ぶ と は トウ ェ イ ン も考 え な か っ た
よ うで あ る。*(30)全 体 と し て は,ス
や 蛙(そ
し て 人 間)と い った,動
マ イ リー とい う よた 者(快
楽 漢)が
犬や虫
く もの を 見 つ け て は ま わ りの 連 中 に 賭 け を ふ っ
か け,町 の 笑 い も の に な っ て い る と い っ た の ん び りと し た 笑 い 話 で あ り,そ こ に
「黒 い 」 部 分 は 目だ た な い 。(ThePetrifiedManが
そ うで あ った よ うに,ど
ち
らか と い う と平 和 で 穏 や か な 「笑 い 」 と い うの が 大 衆 に は 受 け 入 れ ら れ た よ う
で あ る。 そ れ は トウ ェ イ ン も教 訓 に した に 違 い な い 。 そ の 後 の 彼 の 大 型 作 品 で
あ る 『赤 ゲ ッ ト旅 行 記 』 『苦 難 を 越 え て』 『トム ・ソ ー ヤ ー 』 な どを 考 え て み て
も,(一
見)「 毒 」 の 少 な い 健 康 な(?)ユ
しか し,よ
ー モ ア 作 品 ぼ か りが 続 くの で あ る 。)
く読 ん で み る と こ の 『飛 び 蛙 』 も 「黒 い 」 部 分 は 避 け られ な い(こ
れ は トウ ェイ ン の 宿 命 で あ る)。 そ れ は そ の 賭 け 事 好 き の ス マ イ リー が,キ
ン プ ・ ミー テ ィ ン グ な ん か の 際 に は
ParsonWalkerな
賭 け る)こ
「い ち ば ん 話 が う ま い 奴 」 とい う こ とで,
る 人 物 に 賭 け る(こ
と に して い る の だ が,あ
の ス マ ィ リー は 動 く もの な ら何 に で も
る 時,Walkerの
で し ま った と い う こ と を 聞 く。 彼 は 早 速,見
の だ が,何
と,彼
ャ
妻 が 大 病 を 患 って 寝 込 ん
舞 いに 出か け て い くの まで は い い
女 が よ くな る か な ら な い か をWalkerと
賭 け よ う とす る の で
あ る 。 そ し て ス マ イ リー は 「俺 は よ くな ら な い ほ うに 賭 け る 」 とい い 出 す 始 末
な の だ 。 サ デ ィ ス テ ィ ッ ク な 視 点 の 「黒 い 」 ユ ー モ ア で あ る。 ま た,町
に 使 わ れ る 動 物 た ち の 多 くが
た 馬,ノ
コ ギ リで 足 が1本
で賭け
「不 具 」 な の も気 に な る。 病 気 で 倒 れ そ うな 老 い
切 り取 ら れ た 犬,目
が ひ とつ,足
が1本,そ
が な い 「バ ナ ナ の よ うな 」 黄 色 い 牛 とか で あ る。 「不 具 」 の ほ うが"意
一 一
一54-一
して尾
外 性"が
あ って 賭 け セ
こは よ い の で あ ろ うが,皆,死
に か か っ た 動 物 ば か りで あ り入 々 は
そ れ ら を 「も の 」 の よ うに 扱 うの で あ る 。 全 体 を 流 れ る 伸 び や か で 軽 い タ ッチ
の ユ ー モ ア の 中 で 目だ た な い が,確
か に サ ド的 な 要 素 が 強 く入 っ て い る の で あ
る。 読 者 大 衆 は これ らに と くに 気 が つ か な か った の か,そ
性)を
れ と も これ ら(サ
ド
自分 た ち の こ とだ と 自嘲 的 に と ら え て 快 感 を 覚 え た の か わ か ら な い が,
と もか く も この 作 品 は 西 部 の み な らず,東
爆 発 的 人 気 を 呼 び,ト
部 に お い て も,ま
た南部 において も
ウ ェ イ ンを 一 挙 に 世 に 送 り出 す こ とに な る の で あ る。
こ こ ま で トウ ェ イ ソ の 主 な 初 期 の ユ ー モ ア 作 品 を 見 て きた が,い}る
彼 の 一 見,明
れ,彼
る く見 え る どん な ユ・.一
一.モア 作 品 に お い て も,実
の 「南 部 」 以 来 養 わ れ て き た
あ る。
は多 か れ 少 な か
「黒 い 」 視 点 が 現 わ れ て い る とい う こ と で
『ハ ッ ク ・フ ィ ソ』 以 後 の後 期 の 作 品 に は,そ
て くる が,実
こ とは
の 「黒 さ」 が 顕 著 に な っ
は 彼 の 初 期 の も の と全 く視 点 は 変 わ ら な い の で あ っ て,ト
ン の 関 心 は い つ も,y見
ま と も に 見 え る 人 間 の 奥 に 潜 む(自
虐,他
ウ ェイ
虐 の)破
壊
性 ・残 忍 さ を 暴 き 出 そ う とす る こ とに あ る の だ 。
〔4〕
「子 供 」 に つ い て
さ て,先
に あ げ たThoseBrastedChildren(1864)は
ら れ る課 題 を 提 供 し て くれ る。
も うひ とつ の 考 え さ せ
「子 供 」 の と ら}方
「黒 さ 」 を 暴 きつ づ け る トウ ェ イ ソ の 目 はr子
で あ る。
人 間 の も つ
供 に 対 し て も容 赦 は し な い の で
あ る。
い った い
らぬ
「黒 さ」 とい う も の は よ ご れ た 大 人 の 世 界 の も の で あ り,汚
「子 供 」 は 「神 の 使 い 」 で あ っ て
純 粋 無 垢 で あ った キ リス トで あ る
もち ろ ん そ の象 徴 は生 まれ た 時 よ り
大 人 は 彼 ら の 「無 垢 」 の 世 界 を 学 び,そ
れ を 現 実 世 界 に 映 し 出 す べ き で あ る と い うの が,古
伝 統 で あ り,当
時 の 思 潮 で あ った 。*(31)デ
来 よ りの キ リス ト教 世 界 の
ィキ ン ズ を 代 表 とす る い わ ゆ る ヴ ィ
ク ト リア朝 的 感 傷 主 義*(32)の も とに あ っ て は と くに そ うで あ り,ア
け る そ の 代 表 は,ブ
も あ る よ うに,「
れ を知
メ リカ に お
レ ッ ト ・ハ ー トで あ った 。 そ し て トウ ェ イ ソ の 『自伝 』 に
非 常 に 多 くの ア メ リカ 入 が 意 欲 的 に ま た 公 然 と,デ
ー55一
ィキ ソ ズ
を 模 倣 し て い た 」*`33'の で あ る。 そ の 感 傷 の 対 象 の 最 た る も の と して 定 着 した
「子 供 」 の イ メ ー ジを 見 て み る と,本
抵 抗 し な が ら,徐
々に
善 」 な る 彼 らが 大 人 の 「醜 さ」 に
「悪 」 の 道 へ と ひ きず り込 ま れ つ い に は 取 り返 し の つ か
ぬ こ とに す ら な っ て し ま う
り,最
来,「
し か し,彼
後 に は 大 人 も含 め た 皆 が 救 わ れ る,と
らの
しか し,リ
「改 心 」 ま た は
「犠 牲 」 に よ
い った も の で あ った 。*(34)
ア リス ト ・ トウ ェ イ ン の 「子 供 」 に 対 す る 目は 全 く違 う。 新 聞 記
者 と し て社 会 の 「腐 敗 」 を 告 発 しつ つ あ る 人 間 と し て そ ん な まや か し は 許 せ な
か った の で あ ろ う。 人 生 に お 涙 頂 戴 な どな い の で あ る。ThoseBlastedChilOrenを
見 て み よ う。
トウ ェ イ ソは 仕 事 で サ ン フ ラ ン シ ス コ の あ る ホ テ ル に 泊 ま りこ ん で い る0
一
あ あ ,サ
ソ フ ラ ン シ ス コ,夏
服 を 着 た 娘 た ち,シ
の まに まに 戯 れ るア シ ガた ち,悠
静 か な岸 辺 に 打 ち寄 せ る 白 い波,驚
ー ル ロ ッ ク岬,寄
せ る波
々 と もや の 中 を 水 切 る客 船 か らの海 の風 景,,
く馬 た ち の足 元 に砕 け 散 る泡,半
ば砂 に埋
まぼ ろ し
ま った 難 波 船 の ま わ りに 立 ち の ぼ る 幻 影,…
ラ ン シ ス コ。
あ あ,ま
た 帰 っ て きた よ,サ
ンフ
感 傷 に ひ た る トウ ェ イ ソの と こ ろ に 今 宵 も また 小 さ な 野 蛮 人
た ち が や っ て くる 。1
(鍵 穴 か ら の ぞ き な が ら)「
お いsジ
ョユ ー,の
ぞ い て み な。 また 激 の デ カ
ッ鼻 が や っ て 来 て 何 か 書 い て る ぜ 。 邪 魔 し て や ろ,う」(ド
ワ,_...ッ
と歓 声 。 い っせ い に 廊 下 を 走 っ て ゆ く音)こ
ア を ダ ブ ル キ ッ ク。
れ がす べ て の始 ま り で あ
る 。 彼 ら は 皆 を 呼 ん で ま た や っ て 来 る 。 せ い ぜ い30∼40人
ぐらい しか い な い の
だ ろ うが 千 人 ぐ ら い い そ うな 狂 声 を あ げ る 。 ドア に い ろ い ろ な も の を ぶ つ け,
あ ら ゆ る騒 ぎ を 起 こ し て 仕 事 の 邪 魔 を す る 。 し ば ら くす る と 疲 れ て 休 戦 に 入
る。、
い や,ド
ア の 前 で の た て こ も りで あ る。 そ し て 退 屈 ま ぎれ に ボ ソ ボ ソ と い
ろ い ろ な 話 を 始 め る。
「オ レに も お 前 が 食 べ て る の 少 し よ こせ 」
「や だ よ。 き の う,あ
ズ ミで い っ し ょに 遊 ぽ せ て くれ な か った じ ゃ な い か 」
の死 んだ ネ
「う一 ん 。 … くれ た ら お
前 の 知 ら な い こ と教 え て や る ぞ 。 う ち の 母 ち ゃ ん が お 前 の 母 ち ゃ ん の こ と で 何
か い っ て た ん だ 。 少 し くれ た ら教 え て や る」(暫
56-一
く し て 妥 協 が 成 立 す る)「
あ
,
の な,う
ち の 母 ち ゃ ん が 父 ち ゃ ん に い っ て た ん だ け ど,お
前 ん ち の母 ち ゃん は
今 は 金 持 ち だ け ど サ ソ フ ラ ソ シ ス コに くる ま で は ど こ の 馬 の ほ ね だ か わ か ん な
か った ん だ っ て 」
「うそ だ ッ。 帰 った ら全 部 母 ち ゃ ん に い っ て や る 」(ワ
イ ガ ヤ ガ ヤ と い ろ ん な 話 し 声 が 聞 こaる
。 そ の 中 で)「
イ ワ
サ ン デ ィー,あ
た
し は 何 で あ な た の パ パ の 頭 が ち ぢ れ て る の か 知 っ て る わ よ。 あ な た の パ パ が ム
ラ ヅ トー だ か ら よ。 あ た し の マ マ が そ うい っ て た わ 」
ガ ヤ と 騒 が し くな る)「 あ ら,あ
な た た ち(と
く じん が 来 る わ よ1ね},あ
「うそ よ ッ」(ま
た ガヤ
少 年 た ちr`YyL.向
か っ て),ち
ゅ うご
の 洗 た くか ごを と っ ち ゃ い な さ い よ。 あ の お
下 げ を 引 っ ば っ て や ん な さ い よ」(少
年 た ち は 中 国 人 を 襲 う。 洗 濯 籠 を 奪 い,
弁 髪 に 飛 び つ く。 驚 い た 中 国 人 は,弁
髪 に しが み つ く子 供 た ち を ず るず る と引
っ ぽ っ て 去 っ て ゆ く。 や っ と静 か に な る)
,お お む ね,こ
うい う風 に 話 が 運 ぶ 軽 い タ ヅチ の ユ ー モ ア で あ る が,そ
の軽 さ
の 中 に何 か 嫌 な もの が流 れ て い る。 そ れ は平 気 で 相 手 の家 庭 の隠 され た 過 去 を
とや か くい う こ と だ し,人
一
種 差 別 を す る こ と だ し,少
数 者 を い じ め よ う とす る
大 人 の 世 界 の 醜 い サ デ ィ ス テ ィ ヅ クな 権 威 志 向 を ,純
粋 な(は
ず の)少
年
少 女 た ち が ご く素 直 に 受 け 入 れ て い る と い う事 実 へ の 不 快 感 な の で あ る。 トウ
ェ イ ソは 「子 供 」 の 中 に 「無 垢 」(=性
ゾ的 に 「力 」 に 依 存 した り,サ
ド的 に
親 とか 白 人 的 社 会 通 念 で あ る)を
善 説)ど
「力 」 の 側 に 立 つ 。
い 権 威 主 義 志 向(マ
「力 」 と は こ こ で は
見 て と って い た の だ。
トウ ェ イ ン は 容 赦 は し な い 。 読 者 に 対 し,い
の よ うに し な さ い と い う。
ころ か,強
っ た い 子 供 が 病 気 に な っ た ら次
「は し か の 場 合 に は サ フ ラ ン茶 を 飲 ませ,そ
プ ー ンー 杯 分 の 砒 素 を 入 れ て や れ ば よ く効 く。 … 脳 炎 の 子 は,遅
れに ス
す ぎな い うち
に 脳 み そ を 取 り出 す よ うに 。 … 回 虫 が い る 時 は ナ マ ズ を 食 べ させ て や れ ば 退 治
し て くれ る し,…
ひ きつ け を 起 こ し た 時 は 雨 水 か 上 質 の 酢),r_.r晩 漬 け て お く こ
と。 そ れ で も治 ら な か っ た ら一 週 間 漬 け て お き な さ い 。 ど も りの 時 は ア ゴを 切
りと れ ぽ い い ん で す 」 そ し て,"子
供 が ど も っ て 困 っ て た の で す が,ト
ソ先 生 の 仰 言 る と お りに 息 子 の ア ゴを ノ コ ギ リで 切 り取 った と こ ろ が,ど
な くな りま した 。 少 々,'不 恰 好 で す が,そ
一一57
ウ ェイ
も ら
ん な こ とは 大 した こ と で は あ りま せ
.
ん 。 す べ て 先 生 の お か げ で す,有
状 を 紹 介 す る。 さ らに
し,「
難 う ご ざ い ま した"と
い う トウ ェ イ ソ宛 の 礼
「け い れ ん の 時 は … 」 と 「天 ぷ ら に 揚 げ る 」 治 療 法 を 示
こ こ ま で や れ ば 子 供 は 必 ず 殺 せ ま す 」*(35)と終 わ らせ る 。
「子 供 」 に 対 す る仕 返 し とい う こ と で 暫 くは 小 気 味 よ く読 め る の だ が,次
ら次 とサ デ ィス テ ィ ッ クな 治 療 法 が 出 て く る 中,い
快 感 を 感 じは じめ る。 しか し,不
快 感 も不 快 な
イ ン得 意 の 「黒 い 」 ユ ー モ ア の 世 界1Tひ
か
つ しか 読 者 は 快 感 よ りは 不
「快 感 」 で あ り,読
者 は トウ ェ
きず り込 ま れ ペ シ ミス テ ィ ッ ク な 「笑
い 」 を 口元 に 感 じて い る の で あ る。
トウ ェ イ ン よ りず っ と後 に,フ
の 傾 向(志
に,〔
向)を
ロ イ トの 弟 子 ユ ン グは 幼 児 が 早 い 時 期 に 独 特
現 わ す こ と に 注 目 し,「
既 に 〕 民 族 や 個 人 を 超}て
人 類 の 普 遍 的(集
合 的)無
共 通 の イ メ.一
一.ジを 結 ぽ せ る 一 定 の 型 が あ る 」
こ と を 示 し,こ
れ ら を 「元 型 」 ま た は
永 遠 の 少 年,グ
レ ー トマ ザ.一
一.,影 な どを そ の パ タ ・
一
一
一ン と した 。*㈹
「原 像 」 と名 づ け,ア
「永 遠 の 少 年 」 と い う元 型 の 特 徴 と し て,強 い 依 存(つ
素 朴 で 理 想 主 義 で あ る うえ に 信 じや す い
ド性)神
と 自分 を 同 一 視 し,人
っ て 残 忍 に す ら な る)を
と,宗
ニ`?,ア
ニ ム ス,
そ して そ の
ま り,マ ゾ性=筆
者)
教 的 誇 大 妄 想 性(つ
ま りサ
類 を 自 ら の懐 に 抱 こ う と ま で す るxe{37)(従
あ げた 。 ま さに
「無 垢 」 に 見 え る 「子 供 」 た ち の
中 に 強 い 「破 壊 性 」を 感 じ と っ た の だ 。 実 際,我
々 は 小 さ な 子 供 た ち が,何
し て も極 め て 破 壊 的 で あ る こ と を 知 っ て い る 。 彼 ら は た ぶ ん,本
マ ゾ性 を 持 っ て い る の だ 。 た だ,そ
意 識 の中
に対
然 的にサ ド ・
れ らの 「元 型 」 が 表 面 化 す る か ど うか が 問
題 な の だ ろ う。
ユ ソ グは こ うい っ た 衝 動 が 人 間 を 退 歩 的 に 破 壊 的 に 導 く場 合 と,前
造 的 に 導 く場 合 の 両 方 の 可 能 性 を 見 る わ け だ が,ト
の ほ うが 強 く 目に 映 っ た よ うで あ る。 故 に 彼 の
で あ る。(も
ち ろ ん,「
トム」 や
人 公 とす る ほ ほ え ま しい ユ ー モ ア
向 きに 創
ウ ェイ ソに は退 歩 的 な 側 面
「子 供 」 に 対 す る攻 撃 が あ る の
「ハ ッ ク」 に 対 す る 愛 情
も あ る の だ が,ト
る攻 撃 も 決 し て 休 め て は い な い 。)そ し て ユ ソ グが
そ して 彼 らを 主
ウ ェイ ンは彼 らに 対 す
「永 遠 の 少 年 」 と い う幼 児
元 型 を 背 負 っ た ま ま大 人 に な る 人 た ち の こ と を 退 歩 的 側 面 に お い て 強 く憂 え て
一一58-一
い た と 同 じ く,ト
で
ウ ェ イ ソ は そ うい うい つ ま で も幼 児 の ま ま で い る 「未 成 熟 」
「破 壊 的 」 な 大 人 た ち の こ と をxて
い た よ うで あ る。
トウ ェ イ ソは 大 人 に な っ て も プ ラ ク テ ィ カ ル ジ ョー ク(相
る 悪 趣 味 の い た ず ら)を
手 を 既 め,傷
つけ
や っ て 喜 ん で い る 連 中 の こ と を 次 の よ うに い う。
Whengrown-uppersonsindulgeinpracticaljokes,thefactgauges.
them.Theyhavelivednarrow,obscureandignorantilivesandatfull
manhoodtheystillretainandcherishajoblotofleft-overstandards:
andidealsthatwouldhavebeendiscardedwiththeirboyhoodiftheyhadthenmovedoutintotheworldandabroaderlife.*㈹
そ し て彼 ら の 行 為 を
「卑 し い 」(base)と
ナ ス 的 幼 児 元 型 は と っ くに 卒 業 し て,創
だ と嘆 い て い る の だ 。 だ が,そ
った 連 中(サ
こ とば を尽 して罵 る の で あ る。 マ イ
造 的 方 面 に 人 生 を 生 き て い るべ き な の
の マ イ ナ ス 的 「原 始 性 」 を も っ た ま ま 大 き くな・
ド ・マ ゾ的 人 問)は
余 りに 多 く,ト
ー モ ア 」 とい う武 器 で 彼 ら を 糾 弾 し,人
ウ ェ イ ソ は 最 後 ま で 「黒 い ユ
々 に 警 戒 を 促 し続 け る こ とに な る。
注
(1)Cash,W.J.:TheMindoftheSouth(AVintageBook,N.Y.,1960)PP・56-57
(2)ibid.p.58
(3)ibid.pp.59-一
一60
(4)ibid.g.85
(5}ibid,p.87
(6)フ
ロ ム,E.『
自 由 か ら の 逃 走 』
日 高 六 郎 訳(現
代 社 会 科 学 叢i書,東
京 創 元 社,1978
年)P.174
(7)同P.178
(8)Brooks,V.W.:1VlarkTwin'sHumorinMarkTwain,TwentiethCθ
伽7y
Views,editedbyH.N.Smith(PrenticeHall,Inc.,N.J.,1963)P・18・
(9)赤
尾 憲 一
『ア メ
リ カ 文 学 に お け る ユ ー モ ア`7r-一
究 社 選 書,1982年)
㈹Benson.1.:MarkTwain'sWesternYears(Russell&Russel1,N.Y.,1966)p.
26
血])ibici.P.34
-59一
一ク
・ ト ウ ェ イ ソ を 中 心 に 』(研
・
紅2}ibid.P・26.『
・
.ゴ..
征紛iUid.P.12
ω
フ ロ イ
ト
『フ ロ イ
ト 著 作 集4・
日常 生 活 の 精 神 病 理 学 』
懸 田 克 躬 他 訳(入
文 書 院
1977年)p.350
㈲
伊 東 守 男
『ブ ラ ッ ク ユr-一一モ ア 』(読
売 新 聞 社,1970年)p.135
his)同PP.282-283
⑰Brooks,Lewis,Warren,:AmericanLiterature,theMakersandtheIVIaking,
Vol.2.(St.Martin'sPress,N.Y.,1973)p.1262
fig}Twain,Mark:MarkTwainHimself,editedbyM.Meltzer.(BonanzaBooks,
N.Y.,X958}
⑲`wain,Mark:Mark7物
αガ
ηonthedamnedhumanrace,editedbyJ.Smith
(AmericanCenturySeries,`HillandWang,N.Y.,1962}p,17
×20}ihid.p.101
⑳Twain,Mark:TheAutobiographyof、Mα
漉TrainieditedbyC.Neider
(Harper&Row,Publishers.N.Y.,1959}p.62
②(ed)Melt・e・
・op.cit・P・43,一
ピ.
.⑳_Benson:(ψ.CEt.、!∼.64.f
¢4)ibid.P.72'{
X25)ibid.一
1
一p:73
㈲(ed)Smith:⑳.CZt.p.101
(27}前
掲 書,『
ア メ リ カ 文 学 に お け
る ユ ー一 モ ア 』p.105
{2⑧Benson:oφ.,C2t.P.76.
四Branch,E.M.:TheLiteraryApprenticeshipsofIVIarkTwain,,(Fussell&
Russell,N.Y.,].966)p.237
侶①Benson:6ジ).GZt.・
・
⑳Brooks,Lewis,Warren:op.Ctt.p.1273.
X32)カ
ヴ ニ ・
一
一
一,P.『
子 ど も の イ メ ー ジ 』 江 河 徹 監 修(紀
伊 国 屋 書 店,'1981年)
{33)(ed)Neider:op.cit.p.126
侶の
前 掲 書,『
・
㈱Branch:op
'㈲
フ ラ ン ツ
子
ど も の イ メ,一.ジ 』 第1章
び 第11章
よ り。
.CZt.pp.238--242
,M.一
・椎 名 恵 子 訳(紀
勧
∼ 第5章,及
一
一
一L.フ
ォ ソ
伊 国 屋 書 店
『永 遠 の 少 年
,1983年)P・310
同p.66
{38)(ed)Neider:op.cit,p.103
一60一
「星 の 王 子 さ ま 」 の 深 層 』 松 代 洋 一一
ダウンロード

マーク ・ トウェインの黒いューモア