【授業科目】助産診断・技術学Ⅰ(妊娠)
担
当
教
員
稲佐 郁恵、日比 千恵、石川 康代
授業概要
(内容と
進め方)
到達目標
(履修者
が到達す
べき目標)
時間外学
習に必要
な内容お
よび学習
上の助言
授業計画
評価方法
評価基準
教科書
学生への
メッセージ
Midwifery Diagnostics and TechniqueⅠ
開講年次
選択必修
4年次
前 期
選
択
単位数
時間数
授業形態
オフィス
アワー
教職員への
授業公開
2
30
講
巻末
掲載
否
義
妊娠期にある助産診断・助産ケア・助産過程の展開について講義・演習をとおして学ぶ
ペーパー事例を用いて助産診断及び助産過程の展開の実際を学ぶ。妊娠経過の正常とその逸脱につい
て最新の医学的知識を用いて専門的に講義を通して学ぶ。妊娠期の健康教育をグループワークによる
演習で学ぶ。
① 妊娠期に必要な助産診断ができる
② 妊娠期にある妊婦の正常経過に必要な助産ケアを説明できる
③ 妊娠期における健康教育が演習の中で実践できる
④ 妊婦健康診査に必要な助産技術が演習の中で実践できる
⑤ ペーパー事例において助産診断及び助産過程の展開ができる
第 1 回事前学習:指定の教科書『助産診断技術学Ⅱ』を読んでおく
第 2 回事前学習:既習の母性看護援助論Ⅱを復習しておく
第 3~4回事前学習:指定の教科書『胎児心拍数モニタリング講座』を読んでおく
第 5~7 回事前学習:既習の母性看護援助論Ⅱを復習しておく
第 8 回事前学習:指定の教科書『助産診断技術学Ⅰ』を読んでおく
第 9~10 回事前学習:指定の教科『助産診断技術学Ⅱ』を読んでおく
第11回事前学習:母性看護援助論Ⅱで学んだ内容を復習する
第12回事前学習:指定の教科書『助産診断技術学Ⅱ』を読んでおく
第13~14回事前学習:事前に提示したペーパー事例の助産診断・助産過程を展開する。
第14回で発表する
第15回事前事後学習:妊娠各期の健康教育を各1項目づつ学生間で個別指導する。実践後、自己の実践
を振り返り考察・評価する。詳細は第8回で提示する。
稲佐
第1回
助産診断の考え方と妊振期の助産診断
稲佐
第2回
妊娠の成立・母体の変化(身体的・社会的・心理的)
ゲスト
第3回
胎児の成長発達(1)
ゲスト
第4回
胎児の成長発達(2)
稲佐
第5~7回 妊娠各期の健康診査と日常生活適応への支援
(妊娠各期のフィジカルアセント・マイナートラブル等)
稲佐
第8回
助産師が行う健康教育(準備・計画・評価、個別相談技術・集団指導技術)
稲佐
第9回
母乳哺育への支援
稲佐
第10回 親役割獲得への支援(母親役割・父親役割)
共同
第11回 妊婦健康診査に必要な助産技術(演習)
稲佐
第12回 ハイリスク妊婦とその家族への支援
13~15
第13回 妊娠期の助産診断と助産過程野展開(ペーパー事例)(演習)1
第14回 妊娠期の助産診断と助産過程の展開(ペーパー事例)(演習)2
共同担当
第15回 妊娠各期の健康教育の実践(個別指導)(演習)
定期試験 50%、プレゼンテーション・グループワーク 30%、演習 20%
『助産師基礎教育4、妊娠期の診断と
1.『助産学講座6、助産診断技術学Ⅱ、妊娠期』
ケア』森恵美 日本看護協会出版会
我部山キヨ子他編 医学書院
『最新産科学、正常編』荒木勤
2.『助産学講座5、助産診断技術学Ⅰ』我部山キ
文光堂
ヨ子他編 医学書院
『最新産科学、異常編』荒木勤
3.『胎児心拍数モニタリング講座、改定2版』藤
文光堂
森敬他
参考書等
4.
『実践マタニティ診断』日本助産診断・実践研
究会編著 医学書院
5.『マタニティ診断ガイドブック』日本助産診
断 ・実践研究会 医学書院
6.『助産師外来の健診技術』進純朗 医学書院
7.『今日の助産』北川眞理子 南江堂
この授業は母性看護援助論Ⅱをさらに深めた知識・技術・態度が求められます。しっかり事前学習し
授業に前向きに臨んでください。またグループワークで持てる力をさらに高めましょう。
授業中の飲食・教室の原則出入り禁止、携帯電話の取り扱いは禁止します。
ダウンロード

【授業科目】助産診断・技術学Ⅰ(妊娠) Midwifery Diagnostics and