すばる望遠鏡 次世代AOワークショップ
銀河系内・星形成・系外惑星
系内天体の観点から
長田哲也(京大・理)
星の質量関数を求める
星形成領域 星団
大質量星から小質量星まで
多重度(連星) メンバーシップ
サーベイから数多くの星団候補
数分角をカバーする撮像と分光
可変副鏡による観測
小質量星の星形成 ○理解
おうし座暗黒星雲など(距離140pc)
大質量星の重要性
重元素
UV放射
星風・アウトフロー・HII領域膨張・超新星爆発
乱流から磁場へ
加熱と冷却
大質量星の星形成 ×理解
大きな減光
少なさ
急速な進化
集団での形成
理論上の困難
・IR Dark Clouds
(ISO, MSX, Spitzer)
・Hot Molecular Cores
・Hypercompact,
Ultracompact
HII Regions
・Compact HII Regions
3.6, 8.0, 24 μm
339°
338°
HNC contours
“Nessie” IR Dark Cloud
Jackson+ 2010
4.5, 5.8, 8.0 μm
IR Dark Cloud 銀河中心方向 Yusef-Zadeh+ 2009
・IR Dark Clouds
(ISO, MSX, Spitzer)
・Hot Molecular Cores
・Hypercompact,
Ultracompact
HII Regions
・Compact HII Regions
RCW36 @700pc
IRSF SIRIUS
7.7’×7.7’
Baba+ 2004
1kpcで10分角 → 3pc
M17
@1-2kpc
Orion
@450pc
RCW36
@700pc
7.7’×7.7’
7.5’×7.5’ 視野モザイク
J ≈ 23, H ≈ 22, Ks ≈ 21
Carina Nebula VLT/HAWK-I
2.5kpc
Preibisch+ 2011
さまざまなサーベイ
•
•
•
•
MSX
1173赤いソース Mottram+2010
2MASS 1788 星団候補 Froebrich+ 2007
GLIMPSE (Spitzer)
UKIRT, VISTA, Herschel・・・
Mercer 14 (Froebrich+2011, GRIMPSE)
さまざまなサーベイ
•
•
•
•
MSX
1173赤いソース Mottram+2010
2MASS 1788 星団候補 Froebrich+ 2007
GLIMPSE (Spitzer)
UKIRT, VISTA, Herschel・・・
GLIMPSE14 など (Messineo+2009)
Trumpler 14
星の質量関数を求める
星形成領域 星団
大質量星から小質量星まで
多重度(連星) メンバーシップ
Lバンド撮像も
固有運動も
6”×6”
0.3”程度の離角
MAD
Sana+ 2010
サーベイから数多くの星団候補
数分角をカバーする撮像と分光
可変副鏡による観測
数十?
NGC2023
Haisch+ 2001
ダウンロード

銀河系内・星形成・系外惑星 系内天体の立場から