様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
全共通
超過勤務手当・休日勤務手当は記入しない
● 手引き42ページ
・様式-1同様の工事名、
41
● 手引き41ページ
請負者等を記入する。
「氏名」
・印鑑を押印(又は調査票
42
説明
・氏名を様式-1で記入した同 作成者本人のサイン)してく
じ番号通りに記入してください。ださい。コピーされる場合
は、コピーの後に押印(サ
イン)してください。
1
1
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
• 割増の対象としている手当と割増対象外の手当
を区分して記入してください。
• 時間外手当(いわゆる残業手当)等、所定外手当
が記入されていないか確認してください。
2
2
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
超過勤務手当・休日勤務手当は記入しない
41
42
● 手引き41ページ
「手当の名称」
説明
・各社で実際使用してい
る名称のまま記入してく
ださい。
3
3
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
• 手当の名称は、普段会社で使用しているものを記
入してください。あえて一般的な名称に改める必
要はありません。
• 同一名称の手当が労働者によって基準内、外とな
る場合は欄を2つ使用して区分してください。
4
4
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
超過勤務手当・休日勤務手当は記入しない
41
42
● 手引き41ページ
「日額・月額の別」
・支給している手当てが、日額か月額か当
てはまる方に印を付けてください。
説明
5
5
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
• 日単位で支給額を定めているのか、月単位で支
給額を定めているのか、区分してください。
6
6
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
超過勤務手当・休日勤務手当は記入しない
41
42
● 手引き21,41ページ
「基準内・外の別」
・下表を参照して当てはまる方に印を付けてください。
説明
7
7
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
○「基準内・外の別」
名称を記入した各手当について、下表に従って、「内」又は「外」のいずれかを○で囲んでください。
(基準内手当・基準外手当の区分に当たっては、必要に応じ、手引きP.20 「7 基準内手当・基準外
手当の区分」を参照してください。)
なお、日給制又は出来高給制の労働者に支払った有給休暇手当は「基本給」又は「出来高給」に含
めて整理することになっています。(「基本給」及び「出来高給」欄の説明 を参照してください。)
基準内・外の別
区分の基準
以下のいずれかに該当する手当は、基準外手当に区分してください。
①特殊な労働に対する手当/各職種の労働者について、通常の作業条件
又は作業内容を超えた、特殊な労働に対して支払った手当
②割増賃金の代替としての手当/時間外、休日又は深夜の割増賃金の
代替として支払った手当
基準外手当
(「外」を○で囲む) ③休業手当
仕事が無いために労働者を休業させた場合に支払った手当
(ただし、悪天候等の不可抗力による作業に対する手当を除く)
④本来は経費に当たる手当/労働者個人持ちの工具・車両の損料、労働
者個人が負担した旅費等、本来賃金ではなく、経費の負担に当たる手当
基準内手当
上記以外の手当
(「内」を○で囲む)
8
様式-1 賃金調査票
《記入例1-4 基本日額、基本給・出来高給、手当の額》
様式-1への記入箇所をもう一度確認します。
37
38
9
9
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
• 基準内手当とは、「原則、毎日または毎月の所定労
働時間における労働、または一定の作業条件にお
ける労働に対して支給される賃金」のことで、詳細
は手引きP.20 「7 基準内手当・基準外手当の区
分」を参照し記入してください。
• 基準内の手当の合計額のみを「様式ー1 賃金調査
票」に、転記してください。
10
10
様式-2 各種手当内訳票
《記入例2-1》
超過勤務手当・休日勤務手当は記入しない
41
42
この合計欄B(b)も様式-1へ転記します。
11
11
様式-1 賃金調査票
《記入例1-4 基本日額、基本給・出来高給、手当の額》
37
38
ここへ転記します。
12
12
様式-3 臨時の給与年計票
《記入例3-1》
全共通
43
44
説明
13
13
様式-3 臨時の給与年計票
43
《記入例3-1》
● 手引き43ページ
44
「所定労働日の日数」
説明・会社で定めている所定労働日数を
記入します。
14
14
様式-3 臨時の給与年計票
《記入例3-1》
●所定労働日の日数
• 臨時の給与を支給している場合は過去1年間(平
成25年11月~平成26年10月)の会社の定めた
所定労働日数を毎月記入してください。
• 日給者、月給者等の違いで会社の定める所定労
働日の日数が異なる場合は、月給制の所定労働
日数を先に記入してください。その上で日給制等
の所定労働日数を先に記入した月給制の所定労
働日数の上に( )書きで記入してください。
15
15
様式-3 臨時の給与年計票
《記入例3-1》
● 手引き43ページ
43
「労働日数」
44
•会社が定めている所定労働日のうち、労働者それぞれの労働
日数を記入してください。(この数値が所定労働日の日数で記
入した数値を超えることはありません)
•1時間でも働いたら1日として、整数で記入してください。(休日
出勤は除く)
•様式1の「労働日数・所定内」と様式-3の「調査対象月の日
説明数」は同じになります。
16
16
様式-1 賃金調査票
《記入例1-3 労働日数、労働時間》
33
34
この部分に転記します。
(日数は様式-3の年計
と同じになります。)
17
17
様式-3 臨時の給与年計票
《記入例3-1》
●労働日数
• 臨時の給与の支給があった労働者は過去1年間(平成2
5年11月~平成26年10月)の労働した日数を毎月記入
してください。
• ただし休日に労働した日数は除きますので、記入するの
は会社の定めた所定労働日に労働した日数だけとなりま
す。
• よって各自労働者の労働日数は、1日休暇をとった日数
は除いて記入するので、会社の定めた所定労働日数と同
じか小さい数字となります。
• 支給のなかった労働者は、記入の必要はありません。
18
18
様式-3 臨時の給与年計票
《記入例3-1》
● 手引き44ページ
過去1年間支給した臨時
の給与の額を各人ごとに
記入してください。
調査の対象となる賃金計
43
44
算期間に退職金を受給し
ている場合は、その額を
記入してください。
説明
19
19
様式-1 賃金調査票
《記入例1-5 臨時の給与、実物給与、法定福利費控除額》
● 手引き40,44ページ
「臨時の給与(賞与等)の年計」
・様式-3の臨時の給与の年計の値を転記し
てください。
39
40
説明
20
20
様式-3 臨時の給与年計票
《記入例3-1》
• 臨時の給与の支給があった労働者は過去1年間
(平成25年11月~平成26年10月)のうち、支給
があった月と金額を記入してください。
• 臨時の給与の合計額を「様式ー1 賃金調査票」
に、転記してください。
21
21
ダウンロード

基準外手当に区分してください。