C H A P T E R
9
リンクについて
SGM を使用すると、検出されたすべてのリンクについて、関連付けられている
ノード、ステータス、イベント、その他の情報などを含む詳細情報を表示できま
す。
この章は、次の項で構成されています。
•
リンクの基本情報の表示(P.9-2)
•
リンクの詳細情報の表示(P.9-11)
•
リンクのリアルタイム データの表示(P.9-28)
•
リンクへの注釈の付加(P.9-69)
•
リンクの注釈の表示(P.9-70)
•
リンクの削除(P.9-71)
•
リンクの無視(P.9-73)
•
無視されたリンクの表示(P.9-73)
•
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示(P.9-74)
関連項目
•
リンクセットについて(P.8-1)
•
SGM クライアント プリファレンスの設定値の変更(P.21-3)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-1
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
リンクの基本情報の表示
SGM を使用すると、検出されたすべてのリンクについて、関連付けられている
オブジェクト、そのステータス、その他の重要な情報などを含む基本情報を表示
できます。
リンクの基本情報を表示するには、SGM Main Window の左ペインにある Links
を選択します。Link Window が表示されます。
Link Window は、SGM が検出したリンクについての情報を表示します。
Link Window は、次のセクションで構成されています。
•
すべてのリンクの右クリック メニュー(P.9-3)
•
特定リンクの右クリック メニュー(P.9-3)
•
リンク テーブル(P.9-7)
関連項目
•
リンクへの注釈の付加(P.9-69)
•
SGM クライアント プリファレンスの設定値の変更(P.21-3)
•
テーブル カラムのサイズ変更、ソート、および非表示(P.2-61)
•
SGM Main Menu の使用方法(P.2-10)
•
リンクの詳細情報の表示(P.9-11)
•
リンクの注釈の表示(P.9-70)
•
リンクについて(P.9-1)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-2
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
すべてのリンクの右クリック メニュー
すべてのリンクに対する右クリック メニューを表示するには、左ペインで Links
を選択して、右クリックします。すべてのリンクの右クリック メニューでは、次
のオプションを使用できます。
メニュー コマンド
説明
Show In New Window
新しいウィンドウで Link Window を開きます。
Sort Tree By Status
各オブジェクトのステータスを基準として、左ペインのツリー全体を
ソートします。
Sort Tree By Name
各オブジェクトの名前を基準として、左ペインのツリー全体をソート
します。
Back > List of Windows
このセッションで表示された前のウィンドウに戻ります。
SGM は、最大 10 個の Back ウィンドウのリストを保持できます。
Forward > List of Windows
このセッションで表示される次のウィンドウに進みます。
SGM は、最大 10 個の Forward ウィンドウのリストを保持できます。
特定リンクの右クリック メニュー
Link Window では、SGM Main Menu の一部を右クリック メニューとして使用で
きます。このメニューを表示するには、リンクを 1 つ選択し、右クリックしま
す。特定リンクの右クリック メニューでは、次のオプションを使用できます。
メニュー コマンド
説明
Edit Notes
選択されたリンクに関する Edit Notes Dialog を開きます。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用で
きるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザです。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-3
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
メニュー コマンド
説明
Clear Event Icon
選択されたリンクに関するイベント アイコン(オレンジ色の三角形)
を SGM の表示から削除します。この処理は、この SGM クライアント
だけに適用されます。実際のイベントが SGM から削除されるわけでは
ありません。この SGM クライアントで選択されたリンクに関するイベ
ント アイコンだけが削除されます。
選択されたリンクに関連付けられているイベント アイコンが存在しな
い場合、このオプションはグレイアウトされます。
現在選択されているリンクを SGM データベースから削除します。
Confirm Deletion ダイアログが表示されます。
Delete
•
選択されたリンクを削除するには、Yes をクリックします。リンク
が SGM データベースから削除され、Confirm Deletion ダイアログが
閉じます。
•
選択されたリンクを保持するには、No をクリックします。リンク
が SGM データベースに保持され、Confirm Deletion ダイアログが閉
じます。
•
SGM で Confirm Deletion ダイアログを表示しないようにするには、
Do not show this again チェックボックスをオンにします。
(注)
Do not show this again チェックボックスをオンにして、その後、
SGM で Confirm Deletion ダイアログの表示を再開する場合は、
Preferences ウィンドウの General GUI 設定で Confirm Deletions
チェックボックスをオンにする必要があります。詳細について
は、P.21-7 の「Startup/Exit Settings」の Confirm Deletions チェッ
クボックスの説明を参照してください。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用で
きるのは、Network Administrator (Level 4) 以上の認証レベルを持つユー
ザです。
Go To > Linkset
こ の リ ン ク に 関 連 付 け ら れ て い る リ ン ク セ ッ ト に 関 す る Linkset
Window を表示します。
両端がモデル内にあれば、2 つの Go To > Linkset リンクが表示されま
す。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-4
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
メニュー コマンド
説明
Go To > SP
このリンクに関連付けられているシグナリング ポイントに関する
Signaling Point Window を表示します。
両端がモデル内にあれば、2 つの Go To > SP リンクが表示されます。
Go To > Node
このリンクに関連付けられているノードに関する Node Window を表示
します。
両端がモデル内にあれば、2 つの Go To > Node リンクが表示されます。
Back > List of Windows
このセッションで表示された前のウィンドウに戻ります。
SGM は、最大 10 個の Back ウィンドウのリストを保持できます。
Forward > List of Windows
このセッションで表示される次のウィンドウに進みます。
SGM は、最大 10 個の Forward ウィンドウのリストを保持できます。
View > Configuration Details 選択されたリンクに関する Configuration Data パネルを表示します。
View > Notes
選択されたリンクに関する Notes パネルを表示します。
選択されたリンクに関連付けられている注釈が存在しない場合、この
オプションはグレイアウトされます。
View > Events
選択されたリンクに関する Recent Events パネルを表示します。
View >
Real-Time Data and Charts
選択されたリンクに関する Statistics Details Window パネルを表示しま
す。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用で
きるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザです。
リンクのステータスが Blocked、Failed、または Unknown であるか、ま
たはリンクが Virtual リンクである場合、このオプションは使用できま
せん。
View > Center in Topo
Topology Window を開き、選択されたリンクに関連付けられたリンク
セットに焦点を当ててズーム表示します。
選択されたリンクが複数のビューに含まれている場合、SGM は、それ
らのビューのいずれか 1 つを選択するように要求するプロンプトを表
示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-5
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
メニュー コマンド
説明
Event History >
Status Change Messages
SGM Network Status Log for Status Change Messages を Web ブラウザに表
示します。ここに表示されるのは、選択されたリンクだけに対応する
メッセージです。
Event History >
SNMP Trap Messages
SGM Network Status Log for SNMP Trap Messages を Web ブラウザに表示
します。ここに表示されるのは、選択されたリンクだけに対応するメッ
セージです。
Event History >
Status and Trap Messages
SGM Network Status Log for Status Change Messages and SNMP Trap
Messages を Web ブラウザに表示します。ここに表示されるのは、選択
されたリンクだけに対応するメッセージです。
Event History >
Network Status Metrics
SGM Network Status Log for Metrics を Web ブラウザに表示します。ここ
に表示されるのは、選択されたリンクだけに対応するメッセージです。
Ignore
次回のポーリング サイクルで、選択されたリンクを無視します。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用で
きるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザです。
次回のポーリング サイクルで、選択されたリンクを無視する機能を停
止します。
Unignore
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用で
きるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザです。
Latest Reports >
Link Statistics
リンクに関する最新の Link Statistics: Hourly Report を Web ブラウザに
表示します。
Latest Reports > Link Peaks
リンクに関する最新の Link Utilization Peaks - Rolling 30 Days Report を
Web ブラウザに表示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-6
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
リンク テーブル
リンク テーブルは、
SGM によって検出されたリンクに関する情報を表示します。
テーブルの各カラムについてマウス オーバー ヘルプ ポップアップを表示するに
は、カラム ヘッダーの上にカーソルを置きます。
セルが小さいためにデータ全体を表示できない場合は、そのセルの上にカーソル
を置くと、完全なデータがマウス オーバー ヘルプ ポップアップに表示されます。
各カラムのサイズを変更したり、いずれか 1 つのカラムの情報を基準にテーブル
をソートしたりすることもできます。デフォルトでは、このテーブルは Status で
ソートされ、SGM はリンク テーブルのカラムのうち Internal ID、Congestion
Level、および Last Status Change を除くカラムをすべて表示します。
•
非表示のカラムを表示するには、テーブル ヘッダーで右クリックし、表示
するカラムのチェックボックスをオンにします。
•
カラムを非表示にするには、テーブル ヘッダーで右クリックし、非表示に
するカラムのチェックボックスをオフにします。
カラムのサイズ変更、ソート、表示、非表示の詳細については、P.2-61 の「テー
ブル カラムのサイズ変更、ソート、および非表示」を参照してください。
リンク テーブルには、次のカラムがあります。
カラム
説明
Internal ID
リンクの内部 ID。内部 ID は各オブジェクトの一意の ID であり、SGM に
よって割り当てられ、SGM の内部で使用されます。また、内部 ID は、TAC
が問題をデバッグする際にも役立ちます。
Node
リンクに関連付けられているノードの名前。
Signaling Point
リンクに関連付けられているシグナリング ポイントの名前。
Linkset
リンクに関連付けられているリンクセットの名前。
SLC
リンクのシグナリング リンク コード(SLC)ID。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-7
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
カラム
説明
Type
リンクのタイプ。取り得るリンク タイプは次のとおりです。
Congestion Level
•
HSL:このリンクは SS7-over-ATM(非同期転送モード)高速プロト
コルを使用します。
•
SCTPIP:このリンクは Stream Control Transmission Protocol(SCTP)IP
トランスポート プロトコルを使用します。
•
Serial:このリンクはシリアル SS7 シグナリング プロトコルを使用し
ます。
•
Virtual:このリンクは仮想リンクです。同じデバイス上で使用されて
いるシグナリング ポイントのインスタンスを接続します。SGM は仮
想リンクをポーリングしません。また、仮想リンクのリアルタイム
データやアカウンティングの統計情報も表示しません。
リンクで輻輳が発生しているかどうかを示します。輻輳が発生するのは、
リンクに非常に多くの送信待ちパケットがある場合です。このような状態
になる原因としては、ネットワーク要素の障害が考えられます。
Congestion Level フィールドの取り得る値は、None(輻輳なし)、および 1
∼ 7(最も軽い(1)∼最も重い(7)までの輻輳レベル)です。
Ignored
SGM ステータス情報を集約および表示する際にリンクを含めるかどうか
を示します。
•
リンクを含めるには、チェックボックスをオフにします。これがデ
フォルトの設定です。
•
リンクを除外するには、チェックボックスをオンにします。
このフィールドを編集できるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベル
を持つユーザです。
Notes
リンクに関連付けられている注釈が存在するかどうかを示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-8
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
カラム
説明
Events
リンクに関連付けられている最近のイベントが存在するかどうかを示し
ます(サーバが、リンクに関連付けられているイベントをすべて削除して
も、SGM はこのフィールドにイベント アイコンを表示し続けます)
。
•
特定のリンクに関するイベント アイコン(オレンジ色の三角形)を
SGM の表示から削除するには、リンクを選択し、アイコンをクリック
します。
•
すべてのリンクに関するイベント アイコンを SGM の表示から削除す
るには、SGM Main Menu から Edit > Clear All Events を選択します。
(注)
Discovery の実行中に、SGM はほとんどのリンクにイベント アイ
コンを付ける場合があります。イベント アイコンが非常に複雑に
入り組んでいる場合は、Edit > Clear All Events メニュー オプショ
ンを使用して、それらのイベント アイコンを削除します。
Last Status Change
リンクのステータスが最後に変更された日付と時刻。
Status
リンクの現在のステータス。取り得る値は次のとおりです。
Active(緑)
Blocked(赤)
Failed(赤)
InhibitLoc(青)
InhibitRem(青)
Shutdown(青)
Unknown(赤)
Warning(黄色)
各ステータスの詳細な定義については、P.A-5 の「リンクのステータス定
義」を参照してください。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-9
第9章
リンクについて
リンクの基本情報の表示
カラム
説明
Status Reason
シグナリング ゲートウェイ メイテッド ペアの現在のステータスに関する
理由。
考えられる理由の完全なリストについては、stateReasons.html ファイルを
参照してください。
•
SGM をデフォルト ディレクトリの /opt にインストールした場合、こ
のファイルは /opt/CSCOsgm/apache/share/htdocs/eventHelp ディレクト
リに作成されます。
•
SGM を別のディレクトリにインストールした場合は、ヘルプのディレ
クトリとファイルはそのディレクトリに作成されます。
セルが小さいためにステータス理由全体を表示できない場合は、そのセル
の上にカーソルを置くと、完全なステータス理由がマウス オーバー ヘル
プ ポップアップに表示されます。
ステータス理由は、重大度の降順に一覧表示されます。複数の理由が当て
はまる場合は、最も高い重大度の理由が表示されます。
ステータス理由が Unsupported Configuration の場合は、その設定を修正
し、sgm cleandiscover コマンドを入力して現在のネットワーク データをす
べて削除してから、ITP ネットワークのクリーン ディスカバリを開始しま
す。それでもステータス理由が Unsupported Configuration のままの場合
は、sgm clean コマンドを入力して SGM サーバを「クリーン」状態(たと
えば SGM の新規インストール後の状態)に復元します。これらのコマン
ドの使用方法の詳細については、P.C-1 の「SGM コマンド リファレンス」
を参照してください。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-10
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
リンクの詳細情報の表示
SGM を使用すると、選択したリンクについて、関連付けられているノード、ス
テータス、その他の情報などを含む詳細情報を表示できます。
リンクの詳細情報を表示するには、次のいずれかの手順に従います。
•
SGM Main Window の左ペインで Links を選択し、右ペインでリンクを右ク
リックして、
右クリック メニューの View > Configuration Details を選択しま
す。
•
SGM Main Window の左ペインで Links の横にあるターナーを選択し、リン
クを 1 つ選択します。
Link Details Window が表示されます。
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての詳細情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の詳細情報が右のカラムに表示されます。
SGM サーバから受信したリンクのアップデートが自動的にこのウィンドウに反
映されます。
Link Details Window は、次のセクションで構成されています。
•
Link Details: 右クリック メニュー(P.9-12)
•
Link Details: Configuration Data(P.9-15)
•
Link Details: Notes(P.9-22)
•
Link Details: Recent Events(P.9-22)
関連項目
•
リンクについて(P.9-1)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-11
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Link Details: 右クリック メニュー
Link Details Window には、右クリック メニューがあります。リンクに対するこ
のメニューを表示するには、左ペインのリンクを選択し、右クリックします。リ
ンク詳細の右クリック メニューでは、次のオプションを使用できます。
メニュー コマンド
説明
Show In New Window
選択されたリンクに関する Link Details Window を新しいウィンド
ウで開きます。
Edit Notes
選択されたリンクに関する Edit Notes Dialog を開きます。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使
用できるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザ
です。
Clear Event Icon
選択されたリンクに関するイベント アイコン(オレンジ色の三角
形)を SGM の表示から削除します。この処理は、この SGM クライ
アントだけに適用されます。実際のイベントが SGM から削除され
るわけではありません。この SGM クライアントで選択されたリン
クに関するイベント アイコンだけが削除されます。
選択されたリンクに関連付けられているイベント アイコンが存在
しない場合、このオプションはグレイアウトされます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-12
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
メニュー コマンド
説明
Delete
現在選択されているリンクを SGM データベースから削除します。
Confirm Deletion ダイアログが表示されます。
•
選択されたリンクを削除するには、Yes をクリックします。リ
ンクが SGM データベースから削除され、Confirm Deletion ダイ
アログが閉じます。
•
選択されたリンクを保持するには、No をクリックします。リン
クが SGM データベースに保持され、Confirm Deletion ダイアロ
グが閉じます。
•
SGM で Confirm Deletion ダイアログを表示しないようにするに
は、Do not show this again チェックボックスをオンにします。
(注)
Do not show this again チェックボックスをオンにして、そ
の後、SGM で Confirm Deletion ダイアログの表示を再開す
る 場 合 は、Preferences ウ ィ ン ド ウ の General GUI 設 定 で
Confirm Deletions チェックボックスをオンにする必要があ
ります。詳細については、P.21-7 の「Startup/Exit Settings」の
Confirm Deletions チェックボックスの説明を参照してくだ
さい。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使
用できるのは、Network Administrator (Level 4) 以上の認証レベルを
持つユーザです。
Go To > Linkset
このリンクに関連付けられているリンクセットに関する Linkset
Window を表示します。
両端がモデル内にあれば、2 つの Go To > Linkset リンクが表示され
ます。
Go To > SP
このリンクに関連付けられているシグナリング ポイントに関する
Signaling Point Window を表示します。
両端がモデル内にあれば、2 つの Go To > SP リンクが表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-13
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
メニュー コマンド
説明
Go To > Node
このリンクに関連付けられているノードに関する Node Window を
表示します。
両端がモデル内にあれば、2 つの Go To > Node リンクが表示されま
す。
Back > List of Windows
このセッションで表示された前のウィンドウに戻ります。
SGM は、最大 10 個の Back ウィンドウのリストを保持できます。
Forward > List of Windows
このセッションで表示される次のウィンドウに進みます。
SGM は、最大 10 個の Forward ウィンドウのリストを保持できます。
View > Configuration Details
選択されたリンクに関する Configuration Data パネルを表示します。
View > Notes
選択されたリンクに関する Notes パネルを表示します。
選択されたリンクに関連付けられている注釈が存在しない場合、こ
のオプションはグレイアウトされます。
View > Events
選択されたリンクに関する Recent Events パネルを表示します。
View >
Real-Time Data and Charts
選択されたリンクに関する Statistics Details Window パネルを表示し
ます。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使
用できるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザ
です。
リンクのステータスが Blocked、Failed、または Unknown であるか、
またはリンクが Virtual リンクである場合、このオプションは使用
できません。
View > Center in Topo
Topology Window を開き、選択されたリンクに関連付けられたリン
クセットに焦点を当ててズーム表示します。
選択されたリンクが複数のビューに含まれている場合、SGM は、そ
れらのビューのいずれか 1 つを選択するように要求するプロンプト
を表示します。
Event History >
Status Change Messages
SGM Network Status Log for Status Change Messages を Web ブラウザ
に表示します。ここに表示されるのは、選択されたリンクだけに対
応するメッセージです。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-14
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
メニュー コマンド
説明
Event History >
SNMP Trap Messages
SGM Network Status Log for SNMP Trap Messages を Web ブラウザに
表示します。ここに表示されるのは、選択されたリンクだけに対応
するメッセージです。
Event History >
Status and Trap Messages
SGM Network Status Log for Status Change Messages and SNMP Trap
Messages を Web ブラウザに表示します。ここに表示されるのは、選
択されたリンクだけに対応するメッセージです。
Event History >
Network Status Metrics
SGM Network Status Log for Metrics を Web ブラウザに表示します。
ここに表示されるのは、選択されたリンクだけに対応するメッセー
ジです。
Ignore
次回のポーリング サイクルで、選択されたリンクを無視します。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使
用できるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザ
です。
次回のポーリング サイクルで、選択されたリンクを無視する機能を
停止します。
Unignore
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使
用できるのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザ
です。
Latest Reports > Link Statistics
リンクに関する最新の Link Statistics: Hourly Report を Web ブラウザ
に表示します。
Latest Reports > Link Peaks
リンクに関する最新の Link Utilization Peaks - Rolling 30 Days Report
を Web ブラウザに表示します。
Link Details: Configuration Data
Link Details: Configuration Data セクションは、次のサブセクションで構成されて
います。
•
Naming Information(P.9-16)
•
Status Information(P.9-17)
•
Interface Information(P.9-19)
•
Local IP Address Information (SCTP リンクのみ)(P.9-20)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-15
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Remote IP Address Information (SCTP リンクのみ)(P.9-21)
•
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての設定データが左
のカラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについ
ての設定データが右のカラムに表示されます。
Naming Information
Naming Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Node
リンクに関連付けられているノードの名前。
Signaling Point
リンクに関連付けられているシグナリング ポイントの名前。
Linkset
リンクに関連付けられているリンクセットの名前。
SLC
リンクのシグナリング リンク コード(SLC)ID。
Type
リンクのタイプ。取り得るリンク タイプは次のとおりです。
Association ID
•
HSL:このリンクは SS7-over-ATM(非同期転送モード)高速プロトコル
を使用します。
•
SCTPIP:このリンクは Stream Control Transmission Protocol(SCTP)IP ト
ランスポート プロトコルを使用します。
•
Serial:このリンクはシリアル SS7 シグナリング プロトコルを使用しま
す。
•
Virtual:このリンクは仮想リンクです。同じデバイス上で使用されてい
るシグナリング ポイントのインスタンスを接続します。SGM は仮想リン
クをポーリングしません。また、仮想リンクのリアルタイム データやア
カウンティングの統計情報も表示しません。
リンクのタイプが HSL、Serial、または Virtual の場合、このフィールドの値
は 0 です。
リンクのタイプが SCTP の場合は、SNMP SCTP アソシエーション テーブル
内のインデックスです。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-16
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Status Information
Status Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Is Ignored
リンクが Ignored に設定されているかどうか(つまり、SGM ステータス情報
を集約および表示する際にリンクを含めるかどうか)を示します。
Last Status Change
リンクのステータスが最後に変更された日付と時刻。
Status
リンクの現在のステータス。取り得る値は次のとおりです。
Active(緑)
Blocked(赤)
Failed(赤)
InhibitLoc(青)
InhibitRem(青)
Shutdown(青)
Unknown(赤)
Warning(黄色)
各ステータスの詳細な定義については、P.A-5 の「リンクのステータス定義」
を参照してください。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-17
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
フィールド
説明
Status Reason
リンクの現在のステータスに関する理由。
考えられる理由の完全なリストについては、stateReasons.html ファイルを参照
してください。
•
SGM をデフォルト ディレクトリの /opt にインストールした場合、この
ファイルは /opt/CSCOsgm/apache/share/htdocs/eventHelp ディレクトリに作
成されます。
•
SGM を別のディレクトリにインストールした場合は、ヘルプのディレク
トリとファイルはそのディレクトリに作成されます。
セルが小さいためにステータス理由全体を表示できない場合は、そのセルの
上にカーソルを置くと、完全なステータス理由がマウス オーバー ヘルプ ポッ
プアップに表示されます。
ステータス理由は、重大度の降順に一覧表示されます。複数の理由が当ては
まる場合は、最も高い重大度の理由が表示されます。
ステータス理由が Unsupported Configuration の場合は、その設定を修正し、
sgm cleandiscover コマンドを入力して現在のネットワーク データをすべて削
除してから、ITP ネットワークのクリーン ディスカバリを開始します。それで
もステータス理由が Unsupported Configuration のままの場合は、sgm clean コ
マンドを入力して SGM サーバを「クリーン」状態(たとえば SGM の新規イ
ンストール後の状態)に復元します。これらのコマンドの使用方法の詳細につ
いては、P.C-1 の「SGM コマンド リファレンス」を参照してください。
Congestion Level
リンクで輻輳が発生しているかどうかを示します。輻輳が発生するのは、リ
ンクに非常に多くの送信待ちパケットがある場合です。このような状態にな
る原因としては、ネットワーク要素の障害が考えられます。
Congestion Level フィールドの取り得る値は、None(輻輳なし)
、および 1 ∼
7(最も軽い(1)∼最も重い(7)までの輻輳レベル)です。
Receive Utilization
リ ン ク の 平 均 が、設 定 さ れ た 受 信 利 用 率 の し き い 値 よ り も 低 い か
(UnderThreshold)、またはそのしきい値を超えているか(OverThreshold)を
示します。
Send Utilization
リ ン ク の 平 均 が、設 定 さ れ た 送 信 利 用 率 の し き い 値 よ り も 低 い か
(UnderThreshold)、またはそのしきい値を超えているか(OverThreshold)を
示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-18
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Interface Information
Interface Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Interface Name
(HSL、Serial、および Virtual のリンクのみ)インターフェイスの名前。
Interface Index
(HSL、Serial、および Virtual のリンクのみ)SNMP インターフェイス テー
ブル内のインデックス。
QoS
(SCTP リンクのみ)リンクの Quality of service(QoS)クラス。
Configured Local Port
(SCTP リンクのみ)リンクが設定されたローカル ポート。
Local Port
(SCTP リンクのみ)リンクがアクティブな場合、リンクにより現在使用さ
れているローカル ポート。リンクがアクティブでない場合、0 と表示され
ます。
Configured Remote Port (SCTP リンクのみ)リンクが設定されたリモート ポート。
Actual Remote Port
(SCTP リンクのみ)リンクがアクティブな場合、リンクにより現在使用さ
れているリモート ポート。リンクがアクティブでない場合、0 と表示され
ます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-19
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Local IP Address Information (SCTP リンクのみ)
Local IP Address Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
IP Address
リンクにより使用されているローカル IP アドレス、またはリンクに対して
設定されたプライマリ IP アドレス、あるいはその両方。
プライマリ IP アドレスは、ITP に最初に設定される CS7 ローカル IP アド
レスです。たとえば、次のような IP アドレスが ITP に設定されているとし
ます。
cs7 local-peer 4180
local-ip 128.3.0.77
local-ip 128.3.0.254
この場合、SGM は 128.3.0.77 をプライマリ IP アドレスとして使用します。
その IP アドレスが任意の時点で ITP 設定から削除された場合、または新し
い IP アドレスがリストの先頭に追加された場合、SGM は変更を検出し、
このフィールドを自動的に更新して、新しいプライマリ IP アドレスを反映
します。
Interface Name
IP アドレスが割り当てられているインターフェイスの名前。リンクにイン
ターフェイス名がない場合、このフィールドはブランクです。
Status
IP アドレスの現在のステータス。取り得る値は次のとおりです。
Active(緑):IP アドレスは現在完全に機能しています。
Inactive(赤):IP アドレスは現在機能していません。
Cfg
このローカル IP アドレスがリンクに対して設定されているかどうかを示
します。取り得る値は次のとおりです。
•
Yes:これは、設定済みのローカル IP アドレスであり、リンクによっ
て現在使用されています。
• (ブランク)
:これは、設定済みのローカル IP アドレスではありません。
Actual
このローカル IP アドレスがリンクによって現在使用されているかどうか
を示します。取り得る値は次のとおりです。
•
Yes:この IP アドレスは、リンクによって使用されています。
• (ブランク)
:この IP アドレスは、リンクによって使用されていません。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-20
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Remote IP Address Information (SCTP リンクのみ)
Remote IP Address Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
IP Address
リンクに関連付けられているリモート IP アドレス。
Type
これがリンクに対して指定されたプライマリ IP アドレス(Primary)か、現
在リンクにより使用されている IP アドレス(Effective)か、あるいはその両
方(Primary/Effective)かを示します。
通常、同一の IP アドレスは Primary と Effective の両方です。ただし、プライ
マリ IP アドレスが何らかの理由でダウンしている場合、リンクによって別の
IP アドレスが使用され、Effective とラベル付けされます。
Status
IP アドレスの現在のステータス。取り得る値は次のとおりです。
Active(緑)
:IP アドレスは現在完全に機能しています。
Inactive(赤):IP アドレスは現在機能していません。
Cfg
(12.2(4)MB10 以降)このリモート IP アドレスがリンクに対して設定されてい
るかどうかを示します。取り得る値は次のとおりです。
•
Yes:これは、設定済みのリモート IP アドレスであり、リンクによって現
在使用されています。
• (ブランク)
:これは、設定済みのリモート IP アドレスではありません。
•
N/A:SGM は、これが設定済みのリモート IP アドレスであるかどうかを
判別できません。
12.2(4)MB10 より前の Cisco IOS ソフトウェア リリースの場合、このフィール
ドには必ず N/A と表示されます。
Actual
このリモート IP アドレスがリンクによって現在使用されているかどうかを示
します。取り得る値は次のとおりです。
•
Yes:この IP アドレスは、リンクによって使用されています。
• (ブランク)
:この IP アドレスは、リンクによって使用されていません。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-21
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
Link Details: Notes
Link Details: Notes セクションには、次の情報が表示されます。
•
左のカラムで選択したリンクに関連付けられている注釈。
•
右のカラムの隣接するリンクに関連付けられている注釈。
•
各リンクに関連付けられている注釈が最後に更新された日付と時刻。また
は、リンクに関連付けられている注釈が存在しない場合は、Not Set という
フレーズ。
•
リンクに関連付けられている注釈が存在しない場合は、No Notes というフ
レーズ。
Link Details: Recent Events
Link Details: Recent Events テーブルでは、リンクに関連付けられている最近のす
べてのイベントに関する情報が表示され、フィルタの設定やイベントへの応答な
ど、イベント関連のタスクを実行できます。
テーブルの各カラムについてマウス オーバー ヘルプ ポップアップを表示するに
は、カラム ヘッダーの上にカーソルを置きます。
セルが小さいためにデータ全体を表示できない場合は、そのセルの上にカーソル
を置くと、完全なデータがマウス オーバー ヘルプ ポップアップに表示されます。
各カラムのサイズを変更したり、いずれか 1 つのカラムの情報を基準にテーブル
をソートしたりすることもできます。デフォルトでは、SGM はテーブルのカラ
ムのうち Internal ID、Note、Message Name、Ack By、Ack Time、Node、SP、Linkset、
Link、SGMP、ASP、AS、ASPA、Probe Conn、および Probe Link を除くカラ
ムをすべて表示します。
•
非表示のカラムを表示するには、テーブル ヘッダーで右クリックし、表示
するカラムのチェックボックスをオンにします。
•
カラムを非表示にするには、テーブル ヘッダーで右クリックし、非表示に
するカラムのチェックボックスをオフにします。
カラムのサイズ変更、ソート、表示、非表示の詳細については、P.2-61 の「テー
ブル カラムのサイズ変更、ソート、および非表示」を参照してください。
Link Details: Recent Events テーブルには、次のツールバー ボタンとカラムがあり
ます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-22
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
ツールバー ボタン
またはカラム
説明
Set Filter
Event Filter ダイアログを開きます。
Apply Filter
Event Filter ダイアログで指定されたイベント フィルタを有効および無効
にします。
または
Remove Filter
•
フィルタが有効になっている場合、SGM は、フィルタを通過したイベ
ントだけを表示します。
•
フィルタが無効になっている場合、SGM はすべてのイベントを表示し
ます。
•
SGM Main Window にあるオブジェクトの Recent Events テーブルで
フィルタを有効にした場合、そのフィルタは、SGM Main Window にあ
る他のすべてのオブジェクトのすべての Recent Events テーブルで有
効になります。Show In New Window ウィンドウまたは Real-Time Data
and Charts ウィンドウにある Recent Events テーブルでは有効になりま
せん。
Pause
テーブルを一時停止または再開します。
または
テーブルが一時停止している間、SGM はそのテーブルに新しいイベント
を表示しません(ただし、ユーザがイベント フィルタを適用するか、イベ
ント プリファレンスを編集した場合はこの限りではありません)。テーブ
ルが再開すると、テーブルの一時停止以降に発生した新しいイベントはす
べて表示に追加されます。
Resume
テーブルが一時停止している間にイベントが削除された場合、それらのイ
ベントはテーブルから削除されません。代わりに、それらのイベントはグ
レイアウトされ、応答や編集が不可能になります。削除されたイベントは、
テーブルの再開時にテーブルから削除されます。
Acknowledge
選択されたイベントを応答済みにします。
Unacknowledge
選択されたイベントを未応答にします。
Event Properties
Event Properties ウィンドウを開きます。
Edit Notes
Edit Event Dialog を開きます。
Time Difference
2 つのイベント間の差異(日数、時間数、分数、秒数)を表示します。
Find
イベント テーブル内の特定のテキストを検索します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-23
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
ツールバー ボタン
またはカラム
説明
Create Sound Filter
Event Sound Filters ダイアログおよび Event Sound Filters List ダイアログを
開きます。このとき、これらのダイアログには、選択されたイベントに基
づいてデータが読み込まれます。
Adjust Row Height
次の操作によって、テーブルの行の高さを調節したり、メッセージ テキス
トを折り返したりします。
•
行の高さを 2 倍にしてメッセージ テキストを折り返すには、1 回ク
リックします。
•
行の高さを 3 倍にしてメッセージ テキストを折り返すには、もう一度
クリックします。
•
行の高さを通常に戻してメッセージ テキストを折り返さないように
するには、もう一度クリックします。これがデフォルトの設定です。
この設定は、プリファレンスに自動的に保存されます。
Help for Event
選択されたイベントの状況依存ヘルプを個別の Web ブラウザに表示しま
す。
Internal ID
イベントの内部 ID。内部 ID は各オブジェクトの一意の ID であり、SGM
によって割り当てられ、SGM の内部で使用されます。また、内部 ID は、
TAC が問題をデバッグする際にも役立ちます。
Ack
イベントが応答済みかどうかを示します。
•
未応答のイベントに応答するには、Acknowledge ツールバー ボタンを
使用します。
•
応答済みのイベントを未応答にするには、Unacknowledge ツールバー
ボタンを使用します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-24
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
ツールバー ボタン
またはカラム
説明
Category
イベントのタイプ。デフォルトの値は次のとおりです。
•
Create:Creation イベント(シード ファイルの作成など)
。
•
Delete:Deletion イベント(オブジェクトやファイルの削除など)。
•
Discover:Discovery イベント(Discovery の開始など)。
•
Edit:Edit イベント。ユーザがオブジェクトを編集しました。
•
Ignore:Ignore イベント。ユーザがリンクまたはリンクセットを無視
しました。
•
Login:Login イベント。ユーザが SGM にログインしました。
•
LoginDisable:LoginDisable イベント。SGM へのログイン試行に失敗
した回数が多過ぎるため、SGM がユーザの User-Based Access 認証を
ディセーブルにしました。
•
LoginFail:LoginFail イベント。ユーザによる SGM へのログイン試行
が失敗しました。
•
Logout:Logout イベント。ユーザが SGM からログアウトしました。
•
OverWrite:OverWrite イベント。既存のファイル(シード ファイルや
ルート ファイルなど)が上書きされました。
•
Poll:Poll イベント(SNMP ポーリングなど)
。
•
Purge:Purge イベント。ユーザが Delete Existing Data チェックボック
スをオンにして Discovery を要求し、SGM が既存の SGM データベー
スを削除しました。
•
Status:ステータス変更メッセージが生成されました。
•
Trap:SNMP トラップ メッセージが生成されました。
このフィールドはカスタマイズが可能です。詳細については、P.5-47 の「イ
ベント カテゴリの変更」を参照してください。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-25
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
ツールバー ボタン
またはカラム
説明
Severity
イベントの重大度。デフォルトの値は次のとおりです。
•
Admin:デフォルトの色はシアンです。
•
Error:デフォルトの色はコーラル(珊瑚色)です。
•
None:デフォルトの色は白です。
•
Normal:デフォルトの色は薄緑です。
•
Warning:デフォルトの色は黄です。
このフィールドはカスタマイズが可能です。詳細については、P.5-49 の「イ
ベントの重大度と色の変更」を参照してください。
Note
イベントに関連付けられている注釈が存在するかどうかを示します。
Message Name
イベントに対応するユーザ指定のメッセージ名であり、SGM によってト
ラップ転送に使用されます。デフォルトのメッセージ名は SGM です。
ユーザ指定のメッセージ名およびトラップ転送の詳細については、P.5-68
の「他のホストへのトラップとしてのイベントの転送」を参照してくださ
い。
Time
イベントがロギングされた日付と時刻。
Ack By
SGM User-Based Access を実装していない場合は、イベントに最後に応答
したデバイスの名前です。
SGM User-Based Access を実装している場合は、イベントに最後に応答し
たユーザの名前です。
だれもイベントに応答していない場合は、このフィールドはブランクで
す。
Ack Time
イベントが最後に応答済みまたは未応答にされた日付と時刻。
Node
イベントに関連付けられているノードの名前。イベントに関連付けられて
いるノードが存在しない場合は、None と表示されます。
SP
イベントに関連付けられているシグナリング ポイントの名前。イベントに
関連付けられているシグナリング ポイントが存在しない場合は、None と
表示されます。
Linkset
イベントに関連付けられているリンクセットの名前。イベントに関連付け
られているリンクセットが存在しない場合は、None と表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-26
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの詳細情報の表示
ツールバー ボタン
またはカラム
説明
Link
イベントに関連付けられているリンクの名前。イベントに関連付けられて
いるリンクが存在しない場合は、None と表示されます。
SGMP
イベントに関連付けられているシグナリング ゲートウェイ メイテッド ペ
アの名前。イベントに関連付けられているシグナリング ゲートウェイ メ
イテッド ペアが存在しない場合は、None と表示されます。
ASP
イベントに関連付けられているアプリケーション サーバ プロセスの名前。
イベントに関連付けられているアプリケーション サーバ プロセスが存在
しない場合は、None と表示されます。
AS
イベントに関連付けられているアプリケーション サーバの名前。イベント
に関連付けられているアプリケーション サーバが存在しない場合は、
None と表示されます。
ASPA
イベントに関連付けられているアプリケーション サーバ プロセス アソシ
エーションの名前。イベントに関連付けられているアプリケーション サー
バ プロセス アソシエーションが存在しない場合は、
None と表示されます。
Probe Conn
イベントに関連付けられているプローブ接続の名前。イベントに関連付け
られているプローブ接続が存在しない場合は、None と表示されます。
Probe Link
イベントに関連付けられているプローブ リンクの名前。イベントに関連付
けられているプローブ リンクが存在しない場合は、None と表示されます。
Message
メッセージのテキスト。
このフィールドはカスタマイズが可能です。詳細については、P.5-40 の
「SGM のイベント処理方法の変更」を参照してください。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-27
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
リンクのリアルタイム データの表示
SGM を使用すると、選択したリンクについての詳細な統計情報を表示できます。
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての詳細情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の詳細情報が右のカラムに表示されます。
リンクに関する詳細な統計情報を表示するには、SGM Main Window の左ペイン
で Links を選択し、右ペインでリンクを右クリックして、右クリック メニュー
の View > Real-Time Data and Charts を選択します。Statistics Details Window for
a Link が表示されます。
SGM サーバから受信したリンクのアップデートが自動的にこのウィンドウに反
映されます。
このウィンドウで行った変更は、次回のポーリング(デフォルトでは 15 秒間隔)
が実行されるまでの間、SGM 全体に反映されない可能性があります。ポーリン
グ間隔の変更の詳細については、P.9-30 の「Link Statistics Details: Poll Settings」を
参照してください。
(注)
各リンクは、そのシグナリング リンク コード ID (SLC)により識別されます。
アスタリスクは、リンクが設定されていないか、ポーリングでリンクのデータを
取得していないことを示します。
アスタリスクが SLC の左側または右側のどちらに配置されているかにより、選
択されたリンクセットまたはその隣接リンクセットのどちらに不明なリンクが
関連付けられているかが示されます。たとえば、SLC (*)3 は、SLC 3 に対して選
択されたリンクセットに関連付けられているリンクが存在しないことを意味し、
SLC 3(*) は、SLC 3 に対して選択された隣接リンクセットに関連付けられている
リンクが存在しないことを意味します。
いずれかの SLC を選択します。そのリンクに関する Statistics Details Window for
a Link が表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-28
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
(注)
このウィンドウは、ネットワークを定期的にポーリングします。ネットワーク上
で不要なトラフィックが発生しないようにするために、このウィンドウは、参照
する必要がなくなったら閉じてください。
Statistics Details Window for a Link は、次のセクションで構成されています。
•
Link Statistics Details: Poll Settings(P.9-30)
•
Link Statistics Details: 右クリック メニュー(P.9-31)
•
Link Statistics Details: Configuration Data(P.9-32)
•
Link Statistics Details: Notes(P.9-32)
•
Link Statistics Details: Recent Events(P.9-32)
•
Link Statistics Details: Status Details(P.9-32)
•
Link Statistics Details: Statistics(P.9-38)
•
Link Statistics Details: Q.752 Measurements(P.9-42)
•
Link Statistics Details: Interface Details(P.9-44)
•
Link Statistics Details: SCTP Assoc. Config Details(P.9-47)
•
Link Statistics Details: SCTP Assoc. Stats Details(P.9-50)
•
Link Statistics Details: Charts(P.9-52)
関連項目
•
リンクセットのリアルタイム データの表示(P.8-31)
•
リンクについて(P.9-1)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-29
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Link Statistics Details: Poll Settings
Link Statistics Details Window のポーリング設定を表示または変更するには、左ペ
インで Poll Settings を選択します。右ペインに Link Statistics Details Poll Settings
パネルが表示されます。
Link Statistics Details Poll Settings パネルには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Poll Interval (secs)
Link Statistics Details Window の新しいポーリング間隔(秒)。
このフィールドに新しいポーリング間隔を入力します。有効な範囲は
15 秒以上で、上限はありません。デフォルトの値は 15 秒です。
Current Poll Interval
Link Statistics Details Window の現在のポーリング間隔(秒)。
Number of Polls Received
Link Statistics Details Window のポーリングが開始されてから受信した
ポーリングの総数。
Running Time
Link Statistics Details Window のポーリングが開始されて以降の合計経
過時間。
Last Message
Link Statistics Details Window のポーリングが前回行われた日付と時刻。
Poll Counter Mode
ポーリング カウンタの現在のモード、およびカウンタが最後にリセッ
トされた日付と時刻を表示します。取り得るモードは次のとおりです。
Reset Counters
•
Since Reboot:カウンタは、ITP の最後のリブート以降、または ITP
が最後にカウンタをリセットして以降の集約を表示します。
•
Since Last Poll:カウンタは、最後のポーリング以降の集約を表示
します。
•
Since User Reset:カウンタは、ユーザが最後にカウンタをリセッ
トして以降の集約を表示します。
SGM Reset Counters Dialog を開きます。ここで、SGM ポーラーとカウ
ンタの設定を変更できます。詳細については、P.2-86 の「リアルタイム
ポーラーおよびカウンタの設定変更」を参照してください。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-30
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Link Statistics Details: 右クリック メニュー
Statistics Details Window for a Link には、右クリック メニューがあります。リン
クに対するこのメニューを表示するには、Statistics Details Window for a Link の左
ペインのリンクを選択し、右クリックします。リンク統計詳細の右クリック メ
ニューでは、次のオプションを使用できます。
メニュー コマンド
説明
Delete Item
現在選択されているリンクを SGM データベースから削除します。Confirm
Deletion ダイアログが表示されます。
•
選択されたリンクを削除するには、Yes をクリックします。リンクが
SGM データベースから削除され、Confirm Deletion ダイアログが閉じ
ます。
•
選択されたリンクを保持するには、No をクリックします。リンクが
SGM データベースに保持され、Confirm Deletion ダイアログが閉じま
す。
•
SGM で Confirm Deletion ダイアログを表示しないようにするには、Do
not show this again チェックボックスをオンにします。
(注)
Do not show this again チェックボックスをオンにして、その後、
SGM で Confirm Deletion ダ イ ア ログ の 表 示 を再 開 す る場 合 は、
Preferences ウ ィ ン ド ウ の General GUI 設 定 で Confirm Deletions
チェックボックスをオンにする必要があります。詳細については、
P.21-7 の「Startup/Exit Settings」の Confirm Deletions チェックボッ
クスの説明を参照してください。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用でき
るのは、Network Administrator (Level 4) 以上の認証レベルを持つユーザで
す。
Ignore Item
次回のポーリング サイクルで、選択されたリンクを無視します。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用でき
るのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザです。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-31
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
メニュー コマンド
説明
Unignore Item
次回のポーリング サイクルで、選択されたリンクを無視する機能を停止し
ます。
SGM User-Based Access を実装している場合、このオプションを使用でき
るのは、Power User (Level 2) 以上の認証レベルを持つユーザです。
Link Statistics Details: Configuration Data
Link Statistics Details: Configuration Data セクションで表示される情報は、
P.9-15 の
「Link Details: Configuration Data」で説明されている情報と同じです。
Link Statistics Details: Notes
Link Statistics Details: Notes セクションで表示される情報は、P.9-22 の
「Link Details:
Notes」で説明されている情報と同じです。
Link Statistics Details: Recent Events
Link Statistics Details: Recent Events セクションで表示される情報は、P.9-22 の
「Link Details: Recent Events」で説明されている情報と同じです。
Link Statistics Details: Status Details
Link Statistics Details: Status Details セクションには、次の情報が表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-32
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
カラム
説明
Protocol State Details
このリンクのプロトコルのステータスに関する詳細情報。取り得る値は次の
とおりです。
•
Changeback control (TCBC): Changeback control is buffering data on this link
•
Changeover control (TCOC): Changeover control is buffering data on this link
•
Link availability control (TLAC): Adjacent Signalling point is restarting
•
Link availability control (TLAC): Emergency changeover is in progress on this
link
•
Link availability control (TLAC): Changeback is in progress on this link
•
Link availability control (TLAC): Changeover is in progress on this link
•
Link availability control (TLAC): The last changeover operation failed on this link
•
Link availability control (TLAC): Inhibit command will be retried
•
Link availability control (TLAC): Management request in progress for this link
•
Link availability control (TLAC): Signalling point is in the process of a restart
•
Signalling routing control (TSRC): Changeover request is complete
•
Signalling routing control (TSRC): Adjacent Signalling Point is restarting
•
Link availability control (TLAC): Link has been inhibited by a local management
operation
•
Link availability control (TLAC): LInk has been inhibited by a remote
management operation
•
Link availability control (TLAC): Link is blocked because of a local processor
outage
•
Link availability control (TLAC): Link is blocked because of a remote processor
outage
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-33
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
カラム
説明
Link Test Results
リンク テストの結果を示します。考えられる結果は次のとおりです。
•
No Errors:リンクはエラーを検出しませんでした。
•
Undefined OPC(Origination Point Code)
:未定義の OPC を持つシグナリ
ング リンク テスト メッセージを受信しました。シリアル リンクが正しく
接続されていない場合、または SCTP リンクが正しく設定されていない場
合に、発生することがあります。これは、シグナリング ポイントが問題
のポイント コードを認識していないため、Incorrect OPC とは異なりま
す。ポイント コードは、この ITP 上にあるどのリンクセットに対しても
定義されません。
•
Incorrect OPC (Origination Point Code)
:誤った OPC を持つシグナリン
グ リンク テスト メッセージを受信しました。
シリアル リンクが正しく接
続されていない場合、または SCTP リンクが正しく設定されていない場合
に、発生することがあります。シグナリング ポイントが問題のポイント
コードを認識しており、ポイント コードがこの ITP 上のリンクセットに
対して定義されていますが、このポイント コードが現在のリンクセット
に対して正しくないことから、これは Undefined OPC とは異なります。
•
Undefined SLC (Signaling Link Code)
:未定義の SLC を持つシグナリン
グ リンク テスト メッセージを受信しました。
シリアル リンクが正しく接
続されていない場合、または SCTP リンクが正しく設定されていない場合
に、発生することがあります。リンクは正しいリンクセットに接続され
ていますが、このリンクセットは問題の SLC に対する定義を持っていま
せん。
•
Incorrect SLC (Signaling Link Code):誤った SLC を持つシグナリング
リンク テスト メッセージを受信しました。シリアル リンクが正しく接続
されていない場合、または SCTP リンクが正しく設定されていない場合
に、発生することがあります。リンクは正しいリンクセットに接続され
ていますが、そのリンクセット内の間違ったリンクに接続されています。
つまり、シグナリング テストは間違ったリンクのテスト パケットを受信
します。
•
Incorrect NI (Network Indicator)
:誤った NI を持つシグナリング リンク
テスト メッセージを受信しました。リンクが正しいリンクセットとリン
クに接続されていても、2 つの隣接するポイント コードの NI が同じでな
い場合に発生することがあります。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-34
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
カラム
Link Test Results
(続き)
Link Fail Reason
説明
•
Bad Pattern:正しくないテスト パターンを持つシグナリング リンク テス
ト メッセージを受信しました。このエラーは、テスト パターンが壊れて
いる場合に発生します。通常これは、物理リンク上のバリアントの不一
致や誤った定義により発生するリンク上のデータの物理フォーマットに
関連したハードウェアや設定の問題を示します。
•
Non Adjacent:隣接していないノードからのシグナリング リンク テスト
メッセージを受信しました。
•
Failed:テストを実行できないか、または指定した間隔で応答が受信され
ませんでした。
リンクがリンク テストに失敗した場合、失敗の理由を示します。考えられる
理由は次のとおりです。
•
None:理由の詳細は不明。
•
Changeover in progress:切り替え実行中。このメッセージは、障害が発
生したリンクからトラフィックを迂回する場合に使用されます。
•
Management disconnect request:MTP3 がリンクを停止する要求を送信し
ました。
•
Link alignment lost:リンク アラインメントが失われました。
シグナル ユニットが順番に受信され、正しいオクテット数である場合、リ
ンクは調整されています。シグナル ユニットは、全長が 8 ビットの倍数
である必要があります。シグナル ユニットが 8 ビットの倍数でない場合、
またはシグナリング情報フィールド(SIF)が 272 オクテットのキャパシ
ティを超えた場合、シグナリング ユニットでエラーが発生していると考
えられます。リンク上でエラーが過剰に発生した場合は、調整が困難に
なります。
M2PA リンクの場合、M2PA 調整タイマー T1 の期限が切れたときにこの
ステータス理由が生成されます。リモート リンクのシャットダウンや IP
接続が断続的に切れる問題が発生している可能性があります。
•
Link connection lost:リンク接続が失われました。
•
Local Disconnect:リンクを切断する要求を受信しましたが、リンクはす
でに切断されています。
•
Remote Disconnect:リモート切断要求を受信しました。
•
Signal unit error rate monitor failure:シグナル ユニット エラー率モニタ
で障害が発生しました。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-35
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
カラム
説明
Link Fail Reason
(続き)
•
T1 timeout no FISU received:T1 timeout no FISU を受信しました。このタ
イマーは、切り替え中のメッセージの順序が変わらないようにします。
•
T2 timeout no SIO received:T2 timeout no SIO を受信しました。このタイ
マーは切り替えの確認応答を待ちます。
•
T3 timeout no SIN received:T3 timeout no SIN を受信しました。このタイ
マーは、迂回による遅延を制御して、切り戻しの順序が変わらないよう
にします。
•
T6 timeout excessive congestion:T6 タイムアウト超過輻輳を受信しまし
た。このタイマーは、制御された再ルーティングでメッセージの順序が
変わらないようにします。
•
T7 timeout excessive acknowledgement delay:T7 タイムアウト超過確認応
答の遅延を受信しました。T7 タイマーは、シグナリング ポイントが確認
応答または否定応答を長期間待たないように制御します。通常、確認応
答は、シグナリング ポイントがアイドルになったり、送信するトラフィッ
クがなくなったりした場合に送信されます。シグナリング ポイントで輻
輳が発生する、トラフィック量が極度に多い、といった問題がある場合
は、T7 のタイムアウトが発生し、メッセージの再送信が発生したと考え
られます。
•
Link proving failure:リンク検証の障害が発生しました。
•
Abnormal BSN received:異常な Backward Sequence Number(BSN)を受
信しました。
•
Abnormal FIB received:異常な Forward Indicator Bit(FIB)
を受信しました。
•
Abnormal SIB received:異常な Status Indicator Busy(SIB)を受信しました。
•
Abnormal LSSU received:異常な Link Status Signal Unit(LSSU)を受信
しました。
•
Peer not ready:MTP3 は、停止した後、クリーニング アップ中のリンク
の起動を試行しました。MTP3 はリンク障害の後で切り替わらない場合が
あるため、M2PA/SCTP は発生しないイベントを待つことになります。
MTP3 が再度リンクの起動を試行する場合、まず、前回の制御構造をク
リーンアップする必要があります。M2PA が MTP3 から開始要求を受信し
た時点で前回の構造を保持している場合、M2PA はそれをクリーン アッ
プして、MTP3 層に「PEER NOT READY」を送信します。MTP3 層から
リンクを起動する要求が続けて送信されると、リンクが起動します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-36
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
カラム
Link Fail Reason
(続き)
説明
•
Communication lost:M2PA/SCTP は、リモート エンド シグナリング ポイ
ントには到達できないと判断しました。考えられる理由は次のとおりで
す。
− パケットのリトライ回数が最大数に達した。
− データがない状態でリトライの最大数に達した場合、SGM が、ハー
トビートに応答するハートビート ACK の受信に失敗した。
•
No Listen posted:MTP3 はリンクを開始しようとしましたが、リンクに関
連したローカルピア ポートを使用できません。設定に問題がある可能性
があります。
•
Unable to allocate buffer:M2PA/SCTP は、パケットの送受信に使用する
バッファを取得できません。バッファの問題は、一時的な場合も、継続
する場合もあります。一時的なバッファの問題は、通常ほとんど悪影響
を及ぼすことなく解決します。継続的なバッファ問題の場合は、リンク
セットやリンクで障害が発生する場合があります。
•
Link card removed:リンク カードが取り外されています。
•
Link card inserted:リンク カードが挿入されています。
•
False link congestion:リンク CI (輻輳表示)の失敗を受信しました。
•
Configuration downloading:設定がダウンロードされています。
•
Locally inhibited:リンクがオペレータの要求によりローカルで阻止され
ています。
•
Locally uninhibited:リンクがオペレータの要求によりローカルで阻止さ
れていません。
•
Remotely inhibited:リンクがオペレータの要求によりリモートで阻止さ
れています。
•
Remotely uninhibited:リンクがオペレータの要求によりリモートで阻止
されていません。
•
Locally blocked:リンクがローカルでブロックされています。
•
Locally unblocked:リンクがローカルでブロックされていません。
•
Remotely blocked:リンクがリモートでブロックされています。
•
Remotely unblocked:リンクがリモートでブロックされていません。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-37
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Link Statistics Details: Statistics
Link Statistics Details: Statistics セクションは、次のサブセクションで構成されて
います。
•
Packet Information(P.9-38)
•
Bit Information または Byte Information(P.9-39)
•
LSSU Information(P.9-39)
•
Utilization Information(P.9-40)
•
Service Information(P.9-42)
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての統計情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の統計情報が右のカラムに表示されます。
Packet Information
Packet Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Sent Per Sec
リンクによって 1 秒あたりに送信されたパケット数。
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズが
表示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM は、
算出された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Received Per Sec
リンクによって 1 秒あたりに受信されたパケット数。
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズが
表示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM は、
算出された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Drops
リンクによって破棄されたパケットの総数。
Transmit Queue Depth
リンクによる送信待ちパケット数。
Transmit Queue High Depth
ITP の最後のリブート以降、または不良データにより ITP が最後に平均
をリセットして以降、送信キューにより到達した最高レベル。
Transmit Queue High Reset
リンクが送信キューをリセットするレベル。リンクが送信キューをリ
セットしない場合、このフィールドには Never と表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-38
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールド
説明
Signal Link Test
テスト パケットがリンクに送信されているかどうかを示します。有効
な値は次のとおりです。
•
true (1):テスト パケットは送信されています。
•
false (2):テスト パケットは送信されていません。
Bit Information または Byte Information
Bit Information サブセクション(Preferences Window で Show Details in Bits Instead
of Bytes チェックボックスをオフにした場合は、
Byte Information サブセクション)
には、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
リンクによって 1 秒あたりに送信されたビット数またはバイト数
(Preferences ウィンドウでの設定による)
。
Sent Per Sec
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズが表
示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM は、算出
された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
リンクによって 1 秒あたりに受信されたビット数またはバイト数
(Preferences ウィンドウでの設定による)
。
Received Per Sec
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズが表
示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM は、算出
された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
LSSU Information
Links Status Signal Unit (LSSU) Information サブセクションには、次のフィールド
があります。
フィールド
説明
LSSU Packets Sent
リンクによって送信された LSSU パケットの総数。
LSSU Packets Received
リンクによって受信された SS7 Message Transfer Part Layer 2(MTP2)LSSU
パケットの総数。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-39
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Utilization Information
Utilization Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Send Plan Capacity
計画したリンクの送信キャパシティ(ビット / 秒)。
•
リンクのタイプが Serial または HSL の場合、リンクに使用可能な帯域
幅。
•
リンクのタイプが SCTPIP の場合、plan-capacity CS7 リンク設定コマ
ンドを使用して ITP に設定します。
このリンクの Send Plan Capacity が ITP に設定されていない場合、こ
のフィールドには 0 と表示されます。
•
Send Utilization
リンクのタイプが Other の場合、このフィールドには常に 0 と表示さ
れます。
リンクの送信キャパシティの使用量(Preferences ウィンドウの設定によっ
て、百分率または Erlang で表されます)
。次の公式に従って計算されます。
Send Utilization = (Bits Sent Per Sec)/Planned Capacity
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズが表
示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM は、算出
された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Send Threshold %
•
リンクのタイプが SCTPIP の場合、このリンクに対して Send Plan
Capacity が ITP 上に設定されていなければ、このフィールドには Set
Plan Capacity on ITP というフレーズが表示されます。
•
リンクのタイプが Other の場合、このフィールドには常に Set Plan
Capacity on ITP というフレーズが表示されます。
リンクに対して cItpSpLinkSentUtilChange が生成されるタイミングを、送信
キャパシティの総数に対する割合として示します。たとえば、Send Plan
Capacity が 64000 ビット / 秒で、Send Threshold % が 50 の場合、リンク
が 64000 ビット / 秒の 50% に相当する 32000 ビット / 秒に達すると、
cItpSpLinkSentUtilChange 通知が生成されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-40
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールド
説明
Receive Plan Capacity
計画したリンクの受信キャパシティ(ビット / 秒)。
•
リンクのタイプが Serial または HSL の場合、リンクに使用可能な帯域
幅。
•
リンクのタイプが SCTPIP の場合、plan-capacity CS7 リンク設定コマ
ンドを使用して ITP に設定します。
このリンクの Receive Plan Capacity が ITP に設定されていない場合、
このフィールドには 0 と表示されます。
•
Receive Utilization
リンクのタイプが Other の場合、このフィールドには常に 0 と表示さ
れます。
リンクの受信キャパシティの使用量(Preferences ウィンドウの設定によっ
て、百分率または Erlang で表されます)
。次の公式に従って計算されます。
Receive Utilization = (Bits Received Per Sec)/Receive Plan Capacity
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズが表
示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM は、算出
された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Receive Threshold %
•
リンクのタイプが SCTPIP の場合、このリンクに対して Receive Plan
Capacity が ITP 上に設定されていなければ、このフィールドには Set
Plan Capacity on ITP というフレーズが表示されます。
•
リンクのタイプが Other の場合、このフィールドには常に Set Plan
Capacity on ITP というフレーズが表示されます。
リンクに対して cItpSpLinkRcvdUtilChange が生成されるタイミングを、受
信キャパシティの総数に対する割合として示します。たとえば、Receive
Plan Capacity が 64000 ビット / 秒で、Receive Threshold % が 50 の場合、
リンクが 64000 ビット / 秒の 50% に相当する 32000 ビット / 秒に達すると、
cItpSpLinkRcvdUtilChange 通知が生成されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-41
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Service Information
Service Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Duration In Service %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセット以
降、リンクがサービス中になっていた時間の割合。
Duration Out Of Service %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセット以
降、リンクがサービス停止中になっていた時間の割合。
Link Statistics Details: Q.752 Measurements
Link Statistics Details: Q.752 Measurements セクションは、次のサブセクションで
構成されています。
•
Error Information(P.9-42)
•
Inhibited Information(P.9-43)
•
Retransmitted Information(P.9-43)
•
Congested Information(P.9-43)
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての統計情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の統計情報が右のカラムに表示されます。
Error Information
Error Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Link Failure Count
シグナリングにリンクを使用できなかった回数。
Alignment Error Count
リンクの調整中に検出されたエラーの数。リンクの調整は、起動時ま
たは失敗したリンクを再起動する際に行われます。
Negative ACKs Count
リンクの応答中に検出されたエラーの数。
Status Indicator Busy Count
Status Indicator Busy が受信された回数。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-42
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Inhibited Information
Inhibited Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Local Inhibit Onset
ローカルの ITP アドミニストレータがリンクを阻止した回数(つまり、
トラフィックが流れないようにリンクが設定されている)
。
Local Inhibit Duration %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセット以
降、リンクがローカルで阻止された時間の割合。
Remote Inhibit Onset
リモートの ITP アドミニストレータがリンクを阻止した回数。
Remote Inhibit Duration %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセット以
降、リンクがリモートで阻止された時間の割合。
Retransmitted Information
Retransmitted Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Packets Retransmitted per Sec
リンクによって 1 秒あたりに再送信されたパケット数。
Bytes Retransmitted per Sec
リンクによって 1 秒あたりに再送信されたバイト数。
Local Automatic Change Over Count
検出された「ローカルの自動切り替え」イベント数。
Local Automatic Change Back Count
検出された「ローカルの自動切り替え戻し」イベント数。
Congested Information
Congested Information サブセクションには、次のフィールドとカラムがあります。
フィールドまたはカラム
説明
Congestion Occurrences
輻輳がリンクで発生した回数。
Congestion Duration %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリ
セット以降、リンクで輻輳が発生した時間の割合。
Congestion Level
輻輳のレベル(1、2、または 3)。
Packets Lost
各レベルの輻輳の結果として、リンクが失ったパケット数。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-43
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはカラム
説明
Packets Lost per Sec
各レベルの輻輳の結果として、1 秒あたりにリンクが失ったパ
ケット数。
Times At Level With Packet Loss
リンクで輻輳が発生し、各レベルでパケットを失った回数。
Link Statistics Details: Interface Details
Link Statistics Details: Interface Details セクションは、次のサブセクションで構成
されています。
•
Configuration Information(P.9-44)
•
Status Information(P.9-45)
•
Statistics Information(P.9-46)
•
Errors Information(P.9-47)
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての統計情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の統計情報が右のカラムに表示されます。
Configuration Information
Configuration Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Type
インターフェイスのタイプ(Ethernet など)
。
MTU
インターフェイス上で送受信可能な最大データグラムのサイズ(バイト)。
Speed (Bits/Sec)
インターフェイスの現在の帯域幅を見積った値(ビット / 秒)。インター
フェイスの帯域幅が変化しない場合、または正確な見積りができない場
合、このフィールドには公称の帯域幅が表示されます。
IP Address
(SCTP リンクのみ)メディア依存型「物理」アドレスに対応する IP アド
レス。インターフェイスにそのようなアドレスがない場合(たとえばシリ
アル ライン)、このフィールドには N/A と表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-44
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールド
説明
IP Mask
(SCTP リンクのみ)メディア依存型「物理」アドレスに対応するサブネッ
ト マスク。インターフェイスにそのようなアドレスがない場合(たとえば
シリアル ライン)、このフィールドには N/A と表示されます。
Physical Address
(SCTP リンクのみ)プロトコル スタックでネットワーク層のすぐ「下」に
あるプロトコル層でのインターフェイスのアドレス。インターフェイスに
そのようなアドレスがない場合(たとえばシリアル ライン)、このフィー
ルドには N/A と表示されます。
Status Information
Status Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
ITP Uptime
リンクがアップしている期間(日数、時間数、分数、秒数)
。
Admin Status
インターフェイスの望ましい状態。取り得る値は次のとおりです。
Operational Status
•
Up
•
Down
•
Testing
インターフェイスの現在の稼動状態。取り得る値は次のとおりです。
•
Up
•
Down
•
Testing
•
Unknown
•
Dormant
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-45
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールド
説明
Line Protocol Status
ライン プロトコルの現在の状態。取り得る値は次のとおりです。
•
Up:ライン プロトコルを処理するソフトウェア プロセスは、ライン
が使用可能である(つまり、キープアライブが成功している)と見な
しています。
•
Down:ライン プロトコルを処理するソフトウェア プロセスは、ライ
ンが使用不可能であると見なしています。
Line Protocol と Operational Status を一緒に使用すると、インターフェイ
ス接続の問題をトラブルシューティングできます。たとえば、Operational
Status が Up で Line Protocol が Down の場合、インターフェイスは物理層
でキャリアを検出しましたが、クロッキングまたはフレーミングの問題が
あります。
Statistics Information
Statistics Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Bytes In per Sec
インターフェイス上で 1 秒あたりに受信されたバイト数。フレーミング文
字を含みます。
Bytes Out per Sec
インターフェイス上で 1 秒あたりに送信されたバイト数。フレーミング文
字を含みます。
Packets In per Sec
1 秒あたりに上位層プロトコルに配送されたパケット数。
Packets Out per Sec
上位層プロトコルが 1 秒あたりにネットワークに送信するよう要求したパ
ケットの総数。廃棄されたものや送信されなかったものも含みます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-46
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Errors Information
Errors Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
In Discards
上位層プロトコルへの配送を妨げるエラーが検出されなかったにもかか
わらず、廃棄された着信パケットの数。たとえば、パケットはフリー バッ
ファ領域に廃棄される場合があります。
Out Discards
上位層プロトコルへの配送を妨げるエラーが検出されなかったにもかか
わらず、廃棄された発信パケットの数。たとえば、パケットはフリー バッ
ファ領域に廃棄される場合があります。
In Errors
上位層プロトコルへの配送を妨げるエラーを含んでいた着信パケットの
数。
Out Errors
エラーが原因で送信されなかった着信パケットの数。
Link Statistics Details: SCTP Assoc. Config Details
Link Statistics Details: SCTP Assoc. Config Details セクションは、次のサブセクショ
ンで構成されています。
•
Configuration Information (SCTP リンクのみ)(P.9-48)
•
Local IP Address Information (SCTP リンクのみ)(P.9-48)
•
Remote IP Address Information (SCTP リンクのみ)(P.9-49)
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての統計情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の統計情報が右のカラムに表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-47
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Configuration Information (SCTP リンクのみ)
Configuration Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
Status
SCTP アソシエーションの現在のステータス。取り得る値は次のとおりで
す。
•
Closed
•
CookieWait
•
CookieEchoed
•
DeleteTCB
•
Established
•
ShutdownAckSent
•
ShutdownPending
•
ShutdownReceived
•
ShutdownSent
各ステータスの詳細については、RFC 2960「Stream Control Transmission
Protocol」を参照してください。
Uptime
リンクがアップしている期間(日数、時間数、分数、秒数)
。
Remote Port
SCTP アソシエーション用のリモート ポート番号。
Local Port
SCTP アソシエーション用のローカル ポート番号。
Primary IP Address
SCTP アソシエーション用に指定されたプライマリ IP アドレス。
Effective IP Address
SCTP アソシエーションによって現在使用されている IP アドレス。
Local IP Address Information (SCTP リンクのみ)
Local IP Address Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
IP Address
リンクに関連付けられているローカル IP アドレス。
Uptime
リンクに関連付けられている各ローカル IP アドレスがアップしている期
間(日数、時間数、分数、秒数)
。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-48
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Remote IP Address Information (SCTP リンクのみ)
Remote IP Address Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
IP Address
リンクに関連付けられているリモート IP アドレス。
Uptime
リンクに関連付けられている各リモート IP アドレスがアップしている期
間(日数、時間数、分数、秒数)
。
Retry Timeout (msecs)
現在の SCTP 再送信タイムアウト(T3-rtx timer)。
Maximum Retries
この IP アドレスが非アクティブと見なされるまでに許可される再送信の
最大数。
Retries
現在の再送信回数。
Transmission Configuration Information
Transmission Configuration Information サブセクションには、次のフィールドがあ
ります。
フィールド
説明
MTU
こ の SCTP ア ソ シ エ ー シ ョ ン に よ っ て 使 用 さ れ る Maximum
Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)サイズ。これは、SCTP
アソシエーションによって使用されるすべての IP アドレスでサ
ポートされている最小 MTU サイズです。
In Streams
SCTP アソシエーションが開始したときにネゴシエートされたとお
りの着信ストリーム。
Out Streams
SCTP アソシエーションが開始したときにネゴシエートされたとお
りの発信ストリーム。
Maximum Retries
SCTP アソシエーション コンテキストにおけるデータ再送信の最大
数。
Local Receive Window Size
この SCTP アソシエーション用の現在のローカル受信ウィンドウ サ
イズ。
Remote Receive Window Size
この SCTP アソシエーション用の現在のローカル送信ウィンドウ サ
イズ。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-49
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールド
説明
Initial Retry Timeout (msecs)
SCTP 実装によってリトライ タイムアウト用に許可された初回タイ
ムアウト値(ミリ秒)。
Minimum Retry Timeout (msecs) SCTP 実装によってリトライ タイムアウト用に許可された最小タイ
ムアウト値(ミリ秒)。
Maximum Retry Timeout
(msecs)
SCTP 実装によってリトライ タイムアウト用に許可された最大タイ
ムアウト値(ミリ秒)。
Bundle Chunks
単一のデータグラムへのチャンクのバンドルを SCTP プロトコルが
許可するかどうかを示します。有効な値は次のとおりです。
•
true (1):チャンクはバンドルされます。
•
false (2):チャンクはバンドルされません。
同一のデータグラムで伝送できるようにデータ チャンクが蓄積さ
れるまで待機する時間(ミリ秒)。
Bundle Timeout (msecs)
Link Statistics Details: SCTP Assoc. Stats Details
Link Statistics Details: SCTP Assoc. Stats Details セクションは、次のサブセクショ
ンで構成されています。
•
Remote IP Address Information (SCTP リンクのみ)(P.9-50)
•
Statistics Information (per sec) Rates(P.9-51)
選択したリンクセットと関連付けられているリンクについての統計情報が左の
カラムに表示され、隣接するリンクセットと関連付けられているリンクについて
の統計情報が右のカラムに表示されます。
Remote IP Address Information (SCTP リンクのみ)
Remote IP Address Information サブセクションには、次のフィールドがあります。
フィールド
説明
IP Address
リンクに関連付けられているリモート IP アドレス。
Smoothed Round Trip Time
(msecs)
ある IP ネットワーク上のローカル システムとリモート システム間で
の全ラウンドトリップ時間の平均(ミリ秒)
。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-50
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールド
説明
Failure Count
リモート IP アドレスの障害がマークされた回数。
Heartbeat Status
リモート IP アドレスに関連付けられているハートビートの現在のス
テータス。有効な値は Active および Inactive です。
IP Status
リモート IP アドレスの現在のステータス。有効な値は Active および
Inactive です。
Statistics Information (per sec) Rates
Statistics Information (per sec) Rates サブセクションには、次のフィールドがありま
す。
フィールド
説明
Packets Sent
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された IP デー
タグラムの数。
Packets Received
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された IP デー
タグラムの数。
Control Chunks Sent
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された制御
チャンクの数。
Control Chunks Received
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された制御
チャンクの数。
Ordered Chunks Sent
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された順序付
きチャンクの数。
Ordered Chunks Received
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された順序付
きチャンクの数。
Unordered Chunks Sent
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された順序な
しチャンクの数。
Unordered Chunks Received
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された順序な
しチャンクの数。
Retransmitted Chunks
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに再送信されたチャ
ンクの数。
Retransmitted Fast Chunks
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに再送信された高速
チャンクの数。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-51
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Link Statistics Details: Charts
Link Statistics Details: Charts セクションは、次のサブセクションで構成されてい
ます。
•
ReceivedUtilization(P.9-52)
•
SendUtilization(P.9-55)
•
PktsRcvdPerSec(P.9-57)
•
PktsSentPerSec(P.9-60)
•
BitsRcvdPerSec または BytesRcvdPerSec(P.9-62)
•
BitsSentPerSec または BytesSentPerSec(P.9-64)
•
Drops(P.9-67)
ReceivedUtilization
SGM では、選択したリンクについて、リアルタイムの ReceivedUtilization 情報を
表示できます。情報を表示するには、Statistics Details Window for a Link の Charts
タブを選択してから、ReceivedUtilization タブを選択します。ReceivedUtilization
チャートが表示されます。
ReceivedUtilization チャートには、次のフィールドとボタンがあります。
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Received Utilization Chart に表示される時間の長さを指定するためのド
ロップダウン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-52
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
説明
Received Utilization Chart
リンクセット上のすべてのリンクに関する平均の Receive Utilization %
だけでなく、リンクに関する Receive Utilization % を時間の関数として
表示します。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関する受信利用率です。
(注)
Cisco 7507 および 7513 シリーズ ルータ上のシリアル リンクと
HSL リンクの場合、表示される利用率データは、実際の利用率
から最大 5% 変動することがあります。そのため、100% を超え
る利用率データが表示されることもあります。この相違は、
7500 シリ ー ズ ル ータ の Versatile Interface Processor(VIP)の
CPU と Route Switch Processor(RSP)の CPU の間のレイヤ 2 カ
ウンタの同期によって生じます。この相違は、Cisco 2600、7200、
または 7300 シリーズ ルータのリンクでは発生しません。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-53
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
Received Utilization Chart
(続き)
説明
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
SLC
色分けされたアイコンが、次のように最大 17 個まで表示されます。
•
Received Utilization Chart 内の各リンク(SLC)に対応するアイコ
ン(合計で最大 16 個)
•
すべての SLC の平均を表すアイコン
リンクまたは平均に関するデータをチャートに追加するには、この
フィールド内のアイコンをクリックします。チャートからデータを削
除するには、アイコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-54
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
SendUtilization
SGM では、選択したリンクについて、リアルタイムの SendUtilization 情報を表
示できます。情報を表示するには、Statistics Details Window for a Link の Charts
タブを選択してから、SendUtilization タブを選択します。SendUtilization チャー
トが表示されます。
SendUtilization チャートには、次のフィールドとボタンがあります。
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Send Utilization Chart に表示される時間の長さを指定するためのド
ロップダウン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Send Utilization Chart
リンクセット上のすべてのリンクに関する平均の Send Utilization % だ
けでなく、リンクに関する Send Utilization % を時間の関数として表示
します。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関する送信利用率です。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-55
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
Send Utilization Chart
(続き)
説明
(注)
Cisco 7507 および 7513 シリーズ ルータ上のシリアル リンクと
HSL リンクの場合、表示される利用率データは、実際の利用率
から最大 5% 変動することがあります。そのため、100% を超え
る利用率データが表示されることもあります。この相違は、
7500 シリ ー ズ ル ータ の Versatile Interface Processor(VIP)の
CPU と Route Switch Processor(RSP)の CPU の間のレイヤ 2 カ
ウンタの同期によって生じます。この相違は、Cisco 2600、7200、
または 7300 シリーズ ルータのリンクでは発生しません。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-56
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
説明
SLC
色分けされたアイコンが、次のように最大 17 個まで表示されます。
•
•
Send Utilization Chart 内の各リンク(SLC)に対応するアイコン
(合計で最大 16 個)
すべての SLC の平均を表すアイコン
リンクまたは平均に関するデータをチャートに追加するには、この
フィールド内のアイコンをクリックします。チャートからデータを削
除するには、アイコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
PktsRcvdPerSec
SGM では、選択したリンクについて、1 秒あたりの受信パケット情報をリアル
タイムに表示できます。情報を表示するには、Statistics Details Window for a Link
の Charts タブを選択してから、PktsRcvdPerSec タブを選択します。
PktsRcvdPerSec チャートが表示されます。
PktsRcvdPerSec チャートには、次のフィールドとボタンがあります。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-57
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Packets Received Chart に表示される時間の長さを指定するためのド
ロップダウン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Packets Received Chart
このリンクに関する Packets Received Per Sec を時間の関数として表示
します。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関する 1 秒あたりの受信パケット
数です。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-58
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
Packets Received Chart
(続き)
説明
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
SLC
Packets Received Chart 内のリンク(SLC)別に色分けされたアイコン
が最大 16 個まで表示されます。
リンクに関するデータをチャートに追加するには、このフィールド内
のアイコンをクリックします。チャートからデータを削除するには、ア
イコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-59
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
PktsSentPerSec
SGM では、選択したリンクについて、1 秒あたりの送信パケット情報をリアル
タイムに表示できます。情報を表示するには、Statistics Details Window for a Link
の Charts タブを選択してから、
PktsSentPerSec タブを選択します。
PktsSentPerSec
チャートが表示されます。
PktsSentPerSec チャートには、次のフィールドとボタンがあります。
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Packets Sent Chart に表示される時間の長さを指定するためのドロップ
ダウン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Packets Sent Chart
このリンクに関する Packets Sent Per Sec を時間の関数として表示しま
す。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関する 1 秒あたりの送信パケット
数です。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-60
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
Packets Sent Chart
(続き)
説明
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
SLC
Packets Sent Chart 内のリンク(SLC)別に色分けされたアイコンが最
大 16 個まで表示されます。
リンクに関するデータをチャートに追加するには、このフィールド内
のアイコンをクリックします。チャートからデータを削除するには、ア
イコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-61
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
BitsRcvdPerSec または BytesRcvdPerSec
SGM では、選択したリンクについて、1 秒あたりの受信ビット情報(Preferences
Window で Show Details in Bits Instead of Bytes チェックボックスをオフにした場
合は 1 秒あたりの受信バイト情報)をリアルタイムに表示できます。情報を表示
す る に は、Statistics Details Window for a Link の Charts タ ブ を 選 択 し て か ら、
BitsRcvdPerSec タブまたは BytesRcvdPerSec タブを選択します。BitsRcvdPerSec
または BytesRcvdPerSec チャートが表示されます。
BitsRcvdPerSec チャー ト(Preferences Window で Show Details in Bits Instead of
Bytes チェックボックスをオフにした場合は、BytesRcvdPerSec チャート)には、
次のフィールドとボタンがあります。
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Bits Received Chart または Bytes Received Chart に表示される時間の長
さを指定するためのドロップダウン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-62
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
説明
Bits Received Chart
または
Bytes Received Chart
このリンクに関する Bits Received Per Sec または Bytes Received Per Sec
を時間の関数として表示します。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関する 1 秒あたりの受信ビット数
またはバイト数(Preferences ウィンドウでの設定による)です。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-63
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
説明
SLC
Bits Received Chart または Bytes Received Chart 内のリンク(SLC)別
に色分けされたアイコンが最大 16 個まで表示されます。
リンクに関するデータをチャートに追加するには、このフィールド内
のアイコンをクリックします。チャートからデータを削除するには、ア
イコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
BitsSentPerSec または BytesSentPerSec
SGM では、選択したリンクについて、1 秒あたりの送信ビット情報(Preferences
Window で Show Details in Bits Instead of Bytes チェックボックスをオフにした場
合は 1 秒あたりの送信バイト情報)をリアルタイムに表示できます。情報を表示
す る に は、Statistics Details Window for a Link の Charts タ ブ を 選 択 し て か ら、
BitsSentPerSec タブまたは BytesSentPerSec タブを選択します。BitsSentPerSec
チャートまたは BytesSentPerSec チャートが表示されます。
BitsSentPerSec チ ャ ー ト(Preferences Window で Show Details in Bits Instead of
Bytes チェックボックスをオフにした場合は、BytesSentPerSec チャート)には、
次のフィールドとボタンがあります。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-64
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Bits Sent Chart または Bytes Sent Chart に表示される時間の長さを指定
するためのドロップダウン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Bits Sent Chart
または
Bytes Sent Chart
このリンクに関する Bits Sent Per Sec または Bytes Sent Per Sec を時間
の関数として表示します。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関する 1 秒あたりの送信ビット数
またはバイト数(Preferences ウィンドウでの設定による)です。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-65
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
Bits Sent Chart
または
Bytes Sent Chart
(続き)
説明
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
SLC
Bits Sent Chart または Bytes Sent Chart 内のリンク(SLC)別に色分け
されたアイコンが最大 16 個まで表示されます。
リンクに関するデータをチャートに追加するには、このフィールド内
のアイコンをクリックします。チャートからデータを削除するには、ア
イコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-66
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
Drops
SGM では、選択したリンクについての破棄情報を表示できます。情報を表示す
るには、Statistics Details Window for a Link の Charts タブを選択してから、Drops
タブを選択します。Drops チャートが表示されます。
Drops チャートには、次のフィールドとボタンがあります。
フィールドまたはボタン
説明
Linkset
データ表示の対象となるリンクセットを選択するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
デフォルトでは、選択されたリンクセットに関するデータが表示され
ます。隣接リンクセットに関するデータを表示するには、このリスト
ボックスで隣接リンクセットを選択します。
Time Window (mins)
Drops Chart に表示される時間の長さを指定するためのドロップダウ
ン リスト ボックス。
有効な選択肢は、1、2、5、10、20、40、または 60 分です。デフォル
トの選択肢は 5 分です。
Drops Chart
このリンクに関する Drops を時間の関数として表示します。
データ ポイントの正確な時間とデータの座標を表示するには、データ
ポイントを左クリックします。座標は、(hh:mm:ss, dd.dd) という形式で
表示されます。
•
hh:mm:ss は、そのデータ ポイントの時間(時、分、秒)です。
•
dd.dd は、そのデータ ポイントに関するドロップ数です。
SLC フィールドに複数のリンクが表示される場合、色分けされたアイ
コンをクリックすると、他の 1 つ以上のリンクと表示データを比較で
きます。他のリンクに関するデータを削除するには、そのアイコンを
もう一度クリックします。
チャートに表示される合計時間は、Time Window (mins) フィールドで
指定されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-67
第9章
リンクについて
リンクのリアルタイム データの表示
フィールドまたはボタン
Drops Chart
(続き)
説明
新しいデータ ポイントはチャートの右側に追加されます。チャートが
Time Window の終わりに達したとき(たとえば、Time Window (mins)
フィールドが 5 に設定されている場合は 5 分後)
、新しいデータ ポイン
トは引き続きチャートの右側に追加され、同時に古いデータ ポイント
はチャートの左側から「脱落」します。
ポーリングが(たとえば SNMP タイムアウトによって)失われた場合、
SGM は、欠落したデータ ポイントを無視してチャートの作図を停止
し、次の有効なデータ ポイントを待ってからチャートの作図を再開し
ます。
チャートを上下左右にスクロールするには、Ctrl キーとマウスの左ボ
タンを押した状態でカーソルをドラッグします。
チャートの一部分にズームインするには、Shift キーとマウスの左ボタ
ンを押した状態でカーソルをドラッグします。
デフォルトの表示とスケールにリセットするには、Reset をクリックし
ます。
SLC
Drops Chart 内のリンク(SLC)別に色分けされたアイコンが最大 16 個
まで表示されます。
リンクに関するデータをチャートに追加するには、このフィールド内
のアイコンをクリックします。チャートからデータを削除するには、ア
イコンをもう一度クリックします。
SGM では、リアルタイム データ チャートのデータ ポイントに割り当
てる記号、線の種類、および色をカスタマイズできます。詳細につい
ては、P.21-19 の「Charts 設定」を参照してください。
Reset
チャートをスクロールまたはズーム表示した場合に、デフォルトの表
示とスケールにリセットします。
Grid On
チャートにグラフ用のグリッドを重ねて表示します。グリッドを表示
すると、データが見やすくなります。
Grid Off
チャートからグラフ用のグリッドを削除します。
Help
現在のウィンドウに関するオンライン ヘルプを表示します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-68
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクへの注釈の付加
リンクへの注釈の付加
SGM では、リンクに説明的な文字列を付加することで、注釈を付けることがで
きます。
リンクに注釈を付加するには、ウィンドウ内のリンクを右クリックした後、右ク
リック メニューで Edit Notes を選択します。
リンクに関する Edit Notes Dialog が表示されます。
リンクに関する Edit Notes Dialog には、次のフィールドとボタンがあります。
フィールドまたはボタン
説明
Name
リンクの名前。このフィールドは編集できません。
Note Last Updated
このリンクの Notes フィールドが最後に更新された日付と時刻。現在こ
のリンクに関連付けられている注釈が存在しない場合、このフィール
ドには Not Set という値が表示されます。
このフィールドは編集できません。
Notes
このリンクに関連付ける注釈。このフィールドには、詳細な説明や位
置、サービス履歴など、リンクに関する重要情報を入力できます。
Save
リンクの注釈に対する変更を保存し、変更を反映するためにすべての
SGM ウィンドウを更新してダイアログを終了します。
Cancel
変更を保存せずにダイアログを閉じます。
Help
ダイアログに関するオンライン ヘルプを表示します。
関連項目
•
リンクの注釈の表示(P.9-70)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-69
第9章
リンクについて
リンクの注釈の表示
リンクの注釈の表示
SGM では、リンクに関連付けられた注釈を表示できます。
リンクに対する注釈を表示するには、ウィンドウ内のリンクを右クリックした
後、右クリック メニューで View > Notes を選択します(選択したリンクに関連
付けられた注釈が存在しない場合、Notes オプションはグレイアウトされます)
。
選択されたリンクに関する Notes パネルが表示されます。このパネルには、次の
情報が表示されます。
•
リンクに関連付けられている注釈。
•
リンクに関連付けられている注釈が最後に更新された日付と時刻。または、
リンクに関連付けられている注釈が存在しない場合は、Not Set というフ
レーズ。
•
リンクに関連付けられている注釈が存在しない場合は、No Notes というフ
レーズ。
関連項目
•
リンクへの注釈の付加(P.9-69)
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-70
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの削除
リンクの削除
Discovery の実行後に、ネットワーク内のリンクは SGM によって確認され、SGM
データベースに追加されます。リンクをネットワークから物理的に削除すること
は、SGM データベースから削除することとは異なります。次の項では、リンク
をネットワークから削除することと SGM データベースから削除することの違い
と、それぞれの操作を行うための手順について説明します。
•
ネットワークからのリンクの削除(P.9-71)
•
SGM データベースからのリンクの削除(P.9-71)
ネットワークからのリンクの削除
既知のリンクをネットワークから物理的に削除しても、そのリンクは SGM デー
タベースに残り、SGM によって Unknown というラベルが付けられます。SGM
データベースからの削除を選択した場合、削除を行うのはシステム管理者の責任
です。さらに Link Details Window で Xmit Queue フィールドに -1 が表示されま
す。SGM は、関連付けられているすべてのオブジェクトに対して、Warning と
いうラベルを付けます。
リンクを再定義する場合(つまり、元のリンクと同じシグナリング リンク コー
ド ID(SLC)でリンクを定義した場合)、SGM はリンクを再検出して、適切なス
テータス(たとえば Active など)のラベルを付けます。
SGM データベースからのリンクの削除
一般に、次のいずれかの理由により SGM データベースからリンクを削除します。
•
ネットワークから物理的にリンクを削除した場合。これは、SGM データベー
スからリンクを削除する最も一般的な理由です。
•
リンクのステータスが Blocked、Failed、または Unknown であり、その理由
を認識していて、SGM に表示しないようにする場合。たとえば、ネットワー
クから削除されたリンクセットに関連付けられていたリンクである場合、ま
たはテスト用の実験デバイスに関連付けられた、以前に検出されたリンクで
ある場合です。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-71
第9章
リンクについて
リンクの削除
既知のリンクをネットワークから物理的に削除した場合に SGM からそのリンク
を削除すると、そのリンクは SGM データベースに存在しなくなります。SGM
ウィンドウには表示されず、Discovery を実行しても検出されません。
既知のリンクをネットワークから物理的に削除していない場合に SGM からその
リンクを削除すると、SGM は次回のポーリングでそのリンクを検出し、適切な
ステータスを設定して SGM データベースに戻します。この状態が発生した場合
は、リンクを再度削除しないでください。代わりに、Ignored に設定してくださ
い。詳細については、P.9-73 の「リンクの無視」を参照してください。
(注)
SGM データベースからリンクを削除した場合、その SGM サーバに接続されたす
べての SGM クライアントとビューに対するリンクが削除されます。
SGM データベースからリンクを削除するには、次のいずれかの手順に従います。
•
Link Details ウィンドウでリンクを選択した後、SGM Main Menu から Edit >
Delete を選択します。
•
Link Details ウィンドウでリンクを右クリックした後、右クリック メニュー
から Delete を選択します。
削除の確認を求められます。
•
選択したリンクを削除するには、Yes を選択します。SGM は、このリンクを
SGM データベースから削除します。ただし、リンクがネットワークから物
理的に削除されない場合、SGM は次回のポーリングでリンクを検出し、適
切なステータスを設定して、SGM データベースに再度追加します。
•
SGM データベースからリンクを削除せずに Link Details ウィンドウに戻るに
は、No を選択します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-72
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
リンクの無視
リンクの無視
SGM がネットワーク データを集約して表示する際に特定のリンクを無視するよ
うに SGM に指示することができます。リンクを Ignored に設定すると、既知の
リンクの問題が、関連付けられているオブジェクトの SGM 表示に影響を与える
ことを防止できます。つまり、既知の問題に煩わされることなく、より緊急性の
高いネットワークの問題に集中できるようになります。
たとえば、メンテナンスのためにリンクをシャットダウンする前に、リンクを
Ignored に設定できます。
(注)
リンクを Ignored に設定した場合、このリンクはその SGM サーバに接続された
すべての SGM クライアントとビューから無視されます。
また、リンクを Ignored に設定した場合は、その変更を書き留めて、問題を修正
し、メンテナンスを完了した後で、必ずそのリンクをリセットしてください。
リンクを Ignored に設定するには、Link Details ウィンドウでリンクを右クリック
して、右クリック メニューから Ignore を選択します。
無視されたリンクの表示
Ignored に設定されているリンクをすべて表示するには、Link Window を表示し
て、Ignored カラム ヘッダーをクリックします。無視されたすべてのリンクが
テーブルの上部に表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-73
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
SGM では、Web ブラウザを使用してリンクについて次の情報を表示できます。
•
ネットワーク ステータス リンク ダッシュボードの表示(P.9-74)
•
ITP リンクのステータスの表示(P.9-75)
•
リンクの Q.752 パフォーマンス測定の表示(P.9-82)
•
リンクのインターフェイス詳細の表示(P.9-85)
•
リンクの SCTP アソシエーション詳細の表示(P.9-89)
ネットワーク ステータス リンク ダッシュボードの表示
SGM Link Dashboard ページには、検出されたすべてのリンクが一覧表示され、
メッセージへのリンクと各リンクに対するメトリックが表示されます。
SGM Link Dashboard ペ ー ジ に ア ク セ ス す る に は、SGM Server Home Page で
Network Status Dashboard を選択した後、Link Dashboard をクリックします。
Link Dashboard テーブルには、次のカラムがあります。
カラム
説明
Server Name
(ヘッダーに表示)
リンクに関連付けられている SGM サーバの名前。
Update Interval
(ヘッダーに表示)
ページの自動更新の間隔。None の場合、ページの自動更新は行われ
ません。
Last Update
(ヘッダーに表示)
ページの情報が SGM によって最後に更新された日付と時刻。
SGM により検出されたリンク。
Links
Links カラムの情報を基準にテーブルをソートできます。詳細につ
いては、P.2-61 の「テーブル カラムのサイズ変更、ソート、および
非表示」を参照してください。
Drill-Down Links: Messages
リンクに関する Network Status: Last X Status Change and Trap
Messages Web ページを開きます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-74
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
カラム
説明
Drill-Down Links: Metrics
リンクに関する Network Status Messages: Metrics Web ページを開き
ます。
Drill-Down Links:
Q.752 Measurements
リンクに関する SGM Q.752 Measurements Web ページを開きます。
Drill-Down Links:
Interface Details
リンクに関する SGM Interface Details Web ページを開きます。
Drill-Down Links:
SCTP Association Details
リンクに関する SGM SCTP Association Details Web ページを開きま
す。
このリンクは、仮想リンクに関しては表示されません。
このフィールドが表示されるのは、選択されたリンクが仮想リンク
でなく、ステータスが Active または Warning であり、ITP デバイス
に接続している場合だけです。
このフィールドが表示されるのは、選択されたリンクが仮想リンク
でなく、ステータスが Active または Warning であり、ITP デバイス
に接続している場合だけです。
Latest Reports: Link Statistics
(ITP ノードのみ)リンクに関する最新の Link Statistics: Hourly Report
を Web ブラウザに表示します。
Latest Reports: Link Peaks
(ITP ノ ー ド の み)リ ン ク に 関 す る 最 新 の Link Utilization Peaks Rolling 30 Days Report を Web ブラウザに表示します。
ITP リンクのステータスの表示
SGM Link Status Summary ページは、単一のリンクに関するステータス情報を表
示します。
SGM Link Status Summary ページにアクセスするには、
SGM ITP Linkset Status ペー
ジでリンクセット名をクリックして SGM Linkset Details ページを表示し、ページ
下部のリンクの横にある Summary をクリックします。SGM Link Status Summary
ページが表示されます。
SGM Link Status Summary テーブルは、選択したリンクに関して次の情報を表示
します。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-75
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Node Name、Signaling Point
Name、Linkset Name、および
SLC
(ヘッダーに表示)
リンクに関連付けられているノード、シグナリング ポイント、リン
クセットの名前、およびリンクの SLC。
Server Name
(ヘッダーに表示)
リンクに関連付けられている SGM サーバの名前。
Update Interval
(ヘッダーに表示)
ページの自動更新の間隔。
Last Update
(ヘッダーに表示)
ページの情報が SGM によって最後に更新された日付と時刻。
Node
リンクに関連付けられているノードの名前。ノードに関する詳細情
報を表示するには、ノードの名前をクリックします。
Signaling Point
リンクに関連付けられているシグナリング ポイントの名前。シグナ
リング ポイントに関する詳細情報を表示するには、シグナリング ポ
イントの名前をクリックします。
Linkset
リンクに関連付けられているリンクセットの名前。リンクセットの
詳細情報を表示するには、リンクセットの名前をクリックします。
Link SLC
リンクのシグナリング リンク コード(SLC)ID。
Drill-Down Links: Messages
リ ン ク に 関 す る Network Status: Last X Status Change and Trap
Messages Web ページを開きます。
Drill-Down Links: Metrics
リンクに関する Network Status Messages: Metrics Web ページを開き
ます。
Drill-Down Links:
Q.752 Measurements
リンクに関する SGM Q.752 Measurements Web ページを開きます。
Drill-Down Links:
Interface Details
リンクに関する SGM Interface Details Web ページを開きます。
このリンクは、仮想リンクに関しては表示されません。
このフィールドが表示されるのは、選択されたリンクが仮想リンク
でなく、ステータスが Active または Warning であり、ITP デバイス
に接続している場合だけです。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-76
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Drill-Down Links:
SCTP Association Details
リンクに関する SGM SCTP Association Details Web ページを開きま
す。
このフィールドが表示されるのは、選択されたリンクが仮想リンク
でなく、ステータスが Active または Warning であり、ITP デバイス
に接続している場合だけです。
Latest Reports: Link Statistics
(ITP ノードのみ)リンクに関する最新の Link Statistics: Hourly Report
を Web ブラウザに表示します。
Latest Reports: Link Peaks
リンクに関する最新の Link Utilization Peaks - Rolling 30 Days Report
を Web ブラウザに表示します。
Type
リンクのタイプ。取り得るリンク タイプは次のとおりです。
•
HSL:このリンクは SS7-over-ATM(非同期転送モード)高速プ
ロトコルを使用します。
•
SCTPIP:このリンクは Stream Control Transmission Protocol
(SCTP)IP トランスポート プロトコルを使用します。
•
Serial:このリンクはシリアル SS7 シグナリング プロトコルを
使用します。
•
Virtual:このリンクは仮想リンクです。同じデバイス上で使用
されているシグナリング ポイントのインスタンスを接続しま
す。SGM は仮想リンクをポーリングしません。また、仮想リン
クのリアルタイム データやアカウンティングの統計情報も表
示しません。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-77
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Status
リンクの現在のステータス。各ステータスの背景は色分けされてい
ます。取り得る値は次のとおりです。
Active(緑)
Blocked(赤)
Failed(赤)
InhibitLoc(青)
InhibitRem(青)
Shutdown(青)
Unknown(赤)
Warning(黄色)
各ステータスの詳細な定義については、P.A-5 の「リンクのステー
タス定義」を参照してください。
Unshut ステータスおよび No Shut ステータスはありません。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-78
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Status Reason
シグナリング ゲートウェイ メイテッド ペアの現在のステータスに
関する理由。
考えられる理由の完全なリストについては、stateReasons.html ファイ
ルを参照してください。
•
SGM をデフォルト ディレクトリの /opt にインストールした場
合、このファイルは /opt/CSCOsgm/apache/share/htdocs/eventHelp
ディレクトリに作成されます。
•
SGM を別のディレクトリにインストールした場合は、ヘルプの
ディレクトリとファイルはそのディレクトリに作成されます。
セルが小さいためにステータス理由全体を表示できない場合は、そ
のセルの上にカーソルを置くと、完全なステータス理由がマウス
オーバー ヘルプ ポップアップに表示されます。
ステータス理由は、重大度の降順に一覧表示されます。複数の理由
が当てはまる場合は、最も高い重大度の理由が表示されます。
ステータス理由が Unsupported Configuration の場合は、その設定を
修正し、sgm cleandiscover コマンドを入力して現在のネットワーク
データをすべて削除してから、ITP ネットワークのクリーン ディス
カ バ リ を 開 始 し ま す。 そ れ で も ス テ ー タ ス 理 由 が Unsupported
Configuration のままの場合は、sgm clean コマンドを入力して SGM
サーバを「クリーン」状態(たとえば SGM の新規インストール後
の状態)に復元します。これらのコマンドの使用方法の詳細につい
ては、P.C-1 の「SGM コマンド リファレンス」を参照してください。
Last Status Change
リンクのステータスが最後に変更された日付と時刻。
Congestion Level
リンクで輻輳が発生しているかどうかを示します。輻輳が発生する
のは、リンクに非常に多くの送信待ちパケットがある場合です。こ
のような状態になる原因としては、ネットワーク要素の障害が考え
られます。
Congestion Level フィールドの取り得る値は、None(輻輳なし)、お
よび 1 ∼ 7(最も軽い(1)∼最も重い(7)までの輻輳レベル)です。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-79
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Receive Utilization
リンクが、設定された受信利用率のしきい値よりも低いか
(UnderThreshold)
、またはそのしきい値を超えているか
(OverThreshold)を、利用率または Erlang の数(Preferences ウィン
ドウで設定)で示します。
Send Utilization
リンクが、設定された送信利用率のしきい値よりも低いか
(UnderThreshold)
、またはそのしきい値を超えているか
(OverThreshold)を、利用率または Erlang の数(Preferences ウィン
ドウで設定)で示します。
Receive Plan Capacity
計画したリンクの受信キャパシティ(ビット / 秒)
。
•
リンクのタイプが Serial または HSL の場合、リンクに使用可能
な帯域幅。
•
リンクのタイプが SCTPIP の場合、plan-capacity CS7 リンク設
定コマンドを使用して ITP に設定します。
このリンクの Receive Plan Capacity が ITP に設定されていない
場合、このフィールドには 0 と表示されます。
•
Send Plan Capacity
リンクのタイプが Other の場合、このフィールドには常に 0 と
表示されます。
計画したリンクの送信キャパシティ(ビット / 秒)
。
•
リンクのタイプが Serial または HSL の場合、リンクに使用可能
な帯域幅。
•
リンクのタイプが SCTPIP の場合、plan-capacity CS7 リンク設
定コマンドを使用して ITP に設定します。
このリンクの Send Plan Capacity が ITP に設定されていない場
合、このフィールドには 0 と表示されます。
•
Receive Threshold
リンクのタイプが Other の場合、このフィールドには常に 0 と
表示されます。
リンクに対して cItpSpLinkRcvdUtilChange が生成されるタイミング
を、受信キャパシティの総数に対する割合として示します。たとえ
ば、
Receive Plan Capacity が 64000 ビット/秒で、
Receive Threshold %
が 50 の場合、リンクが 64000 ビット / 秒の 50% に相当する 32000
ビット / 秒に達すると、cItpSpLinkRcvdUtilChange 通知が生成されま
す。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-80
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Send Threshold
リンクに対して cItpSpLinkSentUtilChange が生成されるタイミング
を、送信キャパシティの総数に対する割合として示します。たとえ
ば、Send Plan Capacity が 64000 ビット / 秒で、Send Threshold %
が 50 の場合、リンクが 64000 ビット / 秒の 50% に相当する 32000
ビット / 秒に達すると、cItpSpLinkSentUtilChange 通知が生成されま
す。
Ports
リンクのローカル ポートとリモート ポート。
Local Addresses
リンクに関連付けられているローカル IP アドレスとそのステータ
ス。
Remote Addresses
リンクに関連付けられているリモート IP アドレスとそのステータ
ス。
QoS
リンクの Quality of service(QoS)クラス。
Ignored
リンクが Ignored に設定されているかどうか(つまり、SGM ステー
タス情報を集約および表示する際にリンクを含めるかどうか)を示
します。
Signal Link Test
このリンクがデータを伝送する能力をテストする Signal Link Test
Message(SLTM)に応答しているかどうかを示します。
Packets Received Per Sec.
リンクによって 1 秒あたりに受信されたパケット数。
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズ
が表示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM
は、算出された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Packets Sent Per Sec.
リンクによって 1 秒あたりに送信されたパケット数。
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズ
が表示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM
は、算出された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Bits Received Per Sec.
リンクによって 1 秒あたりに受信されたビット数。
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズ
が表示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM
は、算出された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-81
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Bits Sent Per Sec.
リンクによって 1 秒あたりに送信されたビット数。
このフィールドには、最初に Waiting for second poll というフレーズ
が表示されます。2 回のポーリング サイクルが終了した後に、SGM
は、算出された実際のレートをこのフィールドに読み込みます。
LSSU Packets Received
リンクによって受信された SS7 Message Transfer Part Layer 2(MTP2)
Links Status Signal Unit(LSSU)パケットの総数。
LSSU Packets Sent
リンクによって送信された LSSU パケットの総数。
Drops
リンクによって破棄されたパケットの総数。
Transmit Queue Depth
リンクによる送信待ちパケット数。
Configured Local IP Address
リンクに関連付けられている設定済みのローカル IP アドレス。
リンクの Q.752 パフォーマンス測定の表示
SGM Q.752 Measurements ページは、ITU-T Recommendation Q.752 に基づいて、リ
ンクに関するネットワーク パフォーマンス測定を表示します。
SGM Q.752 Measurements ページにアクセスするには、次の手順に従います。
ステップ 1
SGM ITP Linkset Status ページでリンクセット名をクリックして、SGM Linkset
Details ページを表示します。
ステップ 2
ページ下部のリンクの横にある Summary をクリックして、SGM Link Status
Summary ページを表示します。
ステップ 3
Q.752 Measurements をクリックして、SGM Q.752 Measurements ページを表示し
ます(図 9-1)
。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-82
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
図 9-1
SGM Q.752 Measurements ページ
SGM Q.752 Measurements テーブルは、選択したリンクに関して次の情報を表示
します。
フィールド
説明
Server Name
(ヘッダーに表示)
このリンクに関連付けられている SGM サーバの名前。
Update Interval
(ヘッダーに表示)
ページの自動更新の間隔。
Last Update
(ヘッダーに表示)
ページの情報が SGM によって最後に更新された日付と時刻。
Node
このリンクに関連付けられているノードの名前。ノードに関する詳
細情報を表示するには、ノードの名前をクリックします。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-83
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Signaling Point
このリンクに関連付けられているシグナリング ポイントの名前。シ
グナリング ポイントに関する詳細情報を表示するには、シグナリン
グ ポイントの名前をクリックします。
Linkset
このリンクに関連付けられているリンクセットの名前。リンクセッ
トの詳細情報を表示するには、リンクセットの名前をクリックしま
す。
Link SLC
リンクのシグナリング リンク コード(SLC)ID。
リンクの詳細情報を表示するには、リンクの名前をクリックしま
す。
Link Failure Count
シグナリングにリンクを使用できなかった回数。
Alignment Error Count
リンクの調整中に検出されたエラーの数。リンクの調整は、起動時
または失敗したリンクを再起動する際に行われます。
Negative ACKs Count
リンクの応答中に検出されたエラーの数。
Status Indicator Busy Count
Status Indicator Busy が受信された回数。
Local Inhibit Onset
ローカルの ITP アドミニストレータがリンクを阻止した回数(つま
り、トラフィックが流れないようにリンクが設定されている)。
Local Inhibit Duration %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセッ
ト以降、リンクがローカルで阻止された時間の割合。
Remote Inhibit Onset
リモートの ITP アドミニストレータがリンクを阻止した回数。
Remote Inhibit Duration %
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセッ
ト以降、リンクがリモートで阻止された時間の割合。
Packets Retransmitted per Sec
リンクによって 1 秒あたりに再送信されたパケット数。
Bytes Retransmitted per Sec
リンクによって 1 秒あたりに再送信されたバイト数。
Local Automatic Change Over
Count
検出された「ローカルの自動切り替え」イベント数。
Local Automatic Change Back
Count
検出された「ローカルの自動切り替え戻し」イベント数。
Congestion Occurrences
輻輳がリンクで発生した回数。
Congestion Duration
ITP の最後のリブート以降、または ITP の最後のカウンタのリセッ
ト以降、リンクで輻輳が発生した時間の割合。
Congestion Level
輻輳のレベル(1、2、または 3)。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-84
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Packets Lost
各レベルの輻輳の結果として、リンクが失ったパケット数。
Packets Lost per Sec
各レベルの輻輳の結果として、1 秒あたりにリンクが失ったパケッ
ト数。
Times At Level With Packet Loss リンクで輻輳が発生し、各レベルでパケットを失った回数。
リンクのインターフェイス詳細の表示
SGM Interface Details ページは、それぞれのリンクのインターフェイスに対して
1 カラムの情報をつけて、リンクに関する詳細なインターフェイス情報を表示し
ます。
SGM Interface Details ページにアクセスするには、次の手順に従います。
ステップ 1
SGM ITP Linkset Status ページでリンクセット名をクリックして、SGM Linkset
Details ページを表示します。
ステップ 2
ページ下部のリンクの横にある Summary をクリックして、SGM Link Status
Summary ページを表示します。
ステップ 3
Interface Details をクリックして、SGM Interface Details ページを表示します(図
9-2)。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-85
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
図 9-2
SGM Interface Details ページ
SGM Interface Details テーブルは、選択したリンクに関して次の情報を表示しま
す。
フィールド
説明
Node Name、Signaling Point リンクに関連付けられているノード、シグナリング ポイント、リンク
Name、Linkset Name、およ セットの名前、およびリンクの SLC。
び SLC
(ヘッダーに表示)
Server Name
(ヘッダーに表示)
リンクに関連付けられている SGM サーバの名前。
Update Interval
(ヘッダーに表示)
ページの自動更新の間隔。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-86
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
Last Update
(ヘッダーに表示)
Node
説明
ページの情報が SGM によって最後に更新された日付と時刻。
リンクに関連付けられているノードの名前。
ノードに関する詳細情報を表示するには、ノードの名前をクリックし
ます。
Signaling Point
リンクに関連付けられているシグナリング ポイントの名前。
シグナリング ポイントに関する詳細情報を表示するには、シグナリン
グ ポイントの名前をクリックします。
Linkset
リンクに関連付けられているリンクセットの名前。
リンクセットの詳細情報を表示するには、リンクセットの名前をク
リックします。
Link SLC
リンクのシグナリング リンク コード(SLC)ID。
リンクの詳細情報を表示するには、リンクの名前をクリックします。
説明
インターフェイスの情報を含むテキスト文字列。
IP Address
(SCTP リンクのみ)メディア依存型「物理」アドレスに対応する IP ア
ドレス。インターフェイスにそのようなアドレスがない場合(たとえ
ばシリアル ライン)
、このフィールドには N/A と表示されます。
Mask
(SCTP リンクのみ)メディア依存型「物理」アドレスに対応するサブ
ネット マスク。インターフェイスにそのようなアドレスがない場合(た
とえばシリアル ライン)、このフィールドには N/A と表示されます。
Type
インターフェイスのタイプ(Ethernet など)
。
MTU
インターフェイス上で送受信可能な最大データグラムのサイズ(バイ
ト)
。
Speed (Bits/Sec)
インターフェイスの現在の帯域幅を見積った値(ビット / 秒)。インター
フェイスの帯域幅が変化しない場合、または正確な見積りができない
場合、このフィールドには公称の帯域幅が表示されます。
Physical Address
(SCTP リンクのみ)プロトコル スタックでネットワーク層のすぐ「下」
にあるプロトコル層でのインターフェイスのアドレス。インターフェ
イスにそのようなアドレスがない場合(たとえばシリアル ライン)
、こ
のフィールドには N/A と表示されます。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-87
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
ITP Uptime
インターフェイスがアップしている期間(日数、時間数、分数、秒数)。
Admin Status
インターフェイスの望ましい状態。取り得る値は次のとおりです。
Operational Status
Line Protocol Status
•
Up
•
Down
•
Testing
インターフェイスの現在の稼動状態。取り得る値は次のとおりです。
•
Up
•
Down
•
Testing
•
Unknown
•
Dormant
ライン プロトコルの現在の状態。取り得る値は次のとおりです。
•
Up:ライン プロトコルを処理するソフトウェア プロセスは、ライ
ンが使用可能である(つまり、キープアライブが成功している)と
見なしています。
•
Down:ライン プロトコルを処理するソフトウェア プロセスは、ラ
インが使用不可能であると見なしています。
Line Protocol と Operational Status を一緒に使用すると、インターフェ
イ ス 接 続 の 問 題 を ト ラ ブ ル シ ュ ー テ ィ ン グ で き ま す。た と え ば、
Operational Status が Up で Line Protocol が Down の場合、
インターフェ
イスは物理層でキャリアを検出しましたが、クロッキングまたはフ
レーミングの問題があります。
Bytes In per Sec
インターフェイス上で 1 秒あたりに受信されたバイト数。フレーミン
グ文字を含みます。
Bytes Out per Sec
インターフェイス上で 1 秒あたりに送信されたバイト数。フレーミン
グ文字を含みます。
Packets In per Sec
1 秒あたりに上位層プロトコルに配送されたパケット数。
Packets Out per Sec
上位層プロトコルが 1 秒あたりにネットワークに送信するよう要求し
たパケットの総数。廃棄されたものや送信されなかったものも含みま
す。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-88
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
In Discards
上位層プロトコルへの配送を妨げるエラーが検出されなかったにもか
かわらず、廃棄された着信パケットの数。たとえば、パケットはフリー
バッファ領域に廃棄される場合があります。
Out Discards
上位層プロトコルへの配送を妨げるエラーが検出されなかったにもか
かわらず、廃棄された発信パケットの数。たとえば、パケットはフリー
バッファ領域に廃棄される場合があります。
In Errors
上位層プロトコルへの配送を妨げるエラーを含んでいた着信パケット
の数。
Out Errors
エラーが原因で送信されなかった着信パケットの数。
リンクの SCTP アソシエーション詳細の表示
SGM SCTP Association Details ページは、リンクに関する詳細な SCTP アソシエー
ション情報を表示します。
SGM SCTP Association Details ページにアクセスするには、次の手順に従います。
ステップ 1
SGM ITP Linkset Status ページでリンクセット名をクリックして、SGM Linkset
Details ページを表示します。
ステップ 2
ページ下部のリンクの横にある Summary をクリックして、SGM Link Status
Summary ページを表示します。
ステップ 3
SCTP Association Details をクリックして、SGM SCTP Association Details ページ
を表示します(図 9-1)
。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-89
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
図 9-3
SGM SCTP Association Details ページ
SGM SCTP Association Details テーブルは、選択したリンクに関して次の情報を表
示します。
フィールド
説明
Node Name、Signaling Point リンクに関連付けられているノード、シグナリング ポイント、リンク
Name、Linkset Name、および セットの名前、およびリンクの SLC。
SLC
(ヘッダーに表示)
Server Name
(ヘッダーに表示)
この SCTP アソシエーションの所属先である SGM サーバの名前。
Update Interval
(ヘッダーに表示)
ページの自動更新の間隔。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-90
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
Last Update
(ヘッダーに表示)
説明
ページの情報が SGM によって最後に更新された日付と時刻。
Node
この SCTP アソシエーションの所属先であるノードの名前。ノードに関
する詳細情報を表示するには、ノードの名前をクリックします。
Signaling Point
この SCTP アソシエーションの所属先であるシグナリング ポイントの
名前。シグナリング ポイントに関する詳細情報を表示するには、シグ
ナリング ポイントの名前をクリックします。
Linkset
この SCTP アソシエーションの所属先であるリンクセットの名前。リン
クセットの詳細情報を表示するには、リンクセットの名前をクリック
します。
Link SLC
Status
この SCTP アソシエーションが対応するシグナリング リンク コード
(SLC)ID。
SCTP アソシエーションの現在のステータス。取り得る値は次のとおり
です。
•
Closed
•
CookieWait
•
CookieEchoed
•
DeleteTCB
•
Established
•
ShutdownAckSent
•
ShutdownPending
•
ShutdownReceived
•
ShutdownSent
各ステータスの詳細については、RFC 2960「Stream Control Transmission
Protocol」を参照してください。
Uptime
リンクがアップしている期間(日数、時間数、分数、秒数)
。
Remote Port
SCTP アソシエーション用のリモート ポート番号。
Local Port
SCTP アソシエーション用のローカル ポート番号。
Primary IP Address
SCTP アソシエーション用に指定されたプライマリ IP アドレス。
Effective IP Address
SCTP アソシエーションによって現在使用されている IP アドレス。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-91
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Local IP Address
Configuration: IP Address
リンクに関連付けられているローカル IP アドレス。
Local IP Address
Configuration: Uptime
リンクに関連付けられている各ローカル IP アドレスがアップしている
期間(日数、時間数、分数、秒数)。
Remote IP Address
Configuration: IP Address
リンクに関連付けられているリモート IP アドレス。
Remote IP Address
Configuration: Uptime
リンクに関連付けられている各リモート IP アドレスがアップしている
期間(日数、時間数、分数、秒数)。
Remote IP Address
Configuration: Retry
Timeout (msecs)
現在の SCTP 再送信タイムアウト(T3-rtx timer)。
Remote IP Address
Configuration: Maximum
Retries
この IP アドレスが非アクティブと見なされるまでに許可される再送信
の最大数。
Remote IP Address
Configuration: Retries
現在の再送信回数。
Remote IP Address Status:
IP Address
リンクに関連付けられているリモート IP アドレス。
Remote IP Address Status:
Smoothed Round Trip Time
(msecs)
ある IP ネットワーク上のローカル システムとリモート システム間で
の全ラウンドトリップ時間の平均(ミリ秒)
。
Remote IP Address Status:
Failure Count
リモート IP アドレスの障害がマークされた回数。
Remote IP Address Status:
Heartbeat Status
リモート IP アドレスに関連付けられているハートビートの現在のス
テータス。有効な値は Active および Inactive です。
Remote IP Address Status:
IP Status
リモート IP アドレスの現在のステータス。有効な値は Active および
Inactive です。
Packets Sent per Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された IP デー
タグラムの数。
Packets Received per Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された IP デー
タグラムの数。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-92
OL-5805-01-J
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Control Chunks Sent per Sec. この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された制御
チャンクの数。
Control Chunks Received per この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された制御
Sec.
チャンクの数。
Ordered Chunks Sent per
Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された順序付
きチャンクの数。
Ordered Chunks Received
per Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された順序付
きチャンクの数。
Unordered Chunks Sent per
Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに送信された順序な
しチャンクの数。
Unordered Chunks Received
per Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに受信された順序な
しチャンクの数。
Retransmitted Chunks per
Sec.
この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに再送信されたチャ
ンクの数。
Retransmitted Fast Chunks この SCTP アソシエーションによって 1 秒あたりに再送信された高速
per Sec.
チャンクの数。
MTU
この SCTP アソシエーションによって使用される MTU サイズ。
これは、
SCTP アソシエーションによって使用されるすべての IP アドレスでサ
ポートされている最小 MTU サイズです。
In Streams
SCTP アソシエーションが開始したときにネゴシエートされたとおり
の着信ストリーム。
Out Streams
SCTP アソシエーションが開始したときにネゴシエートされたとおり
の発信ストリーム。
Maximum Retries
SCTP アソシエーション コンテキストにおけるデータ再送信の最大数。
Local Receive Window Size
この SCTP アソシエーション用の現在のローカル受信ウィンドウ サイ
ズ。
Remote Receive Window Size この SCTP アソシエーション用の現在のローカル送信ウィンドウ サイ
ズ。
Initial Retry Timeout (msecs) SCTP 実装によってリトライ タイムアウト用に許可された初回タイム
アウト値(ミリ秒)
。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
OL-5805-01-J
9-93
第9章
リンクについて
Web ブラウザを使用したリンク情報の表示
フィールド
説明
Minimum Retry Timeout
(msecs)
SCTP 実装によってリトライ タイムアウト用に許可された最小タイム
アウト値(ミリ秒)
。
Maximum Retry Timeout
(msecs)
SCTP 実装によってリトライ タイムアウト用に許可された最大タイム
アウト値(ミリ秒)
。
Bundle Chunks
単一のデータグラムへのチャンクのバンドルを SCTP プロトコルが許
可するかどうかを示します。有効な値は次のとおりです。
Bundle Timeout (msecs)
•
true (1):チャンクはバンドルされます。
•
false (2):チャンクはバンドルされません。
同一のデータグラムで伝送できるようにデータ チャンクが蓄積される
まで待機する時間(ミリ秒)
。
Cisco Signaling Gateway Manager ユーザ ガイド
9-94
OL-5805-01-J
ダウンロード

リンクについて