静止膜電位の成り立ちと活動電位の発生
等価回路
モデル
ゴールドマン
の式
不均衡なイオン分布はどうして発生す
る?
カエルの骨格筋
静止電位 = - 90 mV
活動電位 = + 35 mV
平衡電位 (mV)
細胞内 (mM)
外液 (mM)
Na+
15
110
+ 50
K+
125
2.6
- 97
Cl-
1.2
77
- 54
不均衡なイオン分布はどうして発生す
る?
STEP1:細胞膜がイオンを自由に通す単純な殻だとしたら
K+
K+
+
Na
時間が
経てば
Cl
むりやり不均衡に
配置しても・・・
Na+
ClK+
Na+
Cl-
拡散して
均一になる
不均衡なイオン分布はどうして発生す
る?
STEP2:細胞内にはマイナスに荷電したタンパク質がある
しかもタンパク質は外へ出ることはできない
−
−
タンパク
−
−
Na+
−
−
タンパク
−
−
K+
Cl-
Na+ K+
Cl-
−
−
タンパク
−
−
電気的に
釣り合いたい
Na+
Na+
−
−
タンパク
−
−
K+
K+
Cl-
Cl-
不均衡なイオン分布はどうして発生す
る?
STEP3:細胞内の浸透圧を下げ、細胞をパンクさせない
−
−
タンパク
−
−
Na+
Na+
−
−
タンパク
−
−
K+
K+
Cl-
Cl-
−
−
タンパク
−
−
浸透圧を
調整するために
Na+
Na+
−
−
タンパク
−
−
K+
K+
Cl-
Cl-
不均衡なイオン分布はどうして発生す
る?
STEP4:電気的なバランスでさらなるイオンの動きが起こる
−
−
タンパク
−
−
Na+
Na+
−
−
タンパク
−
−
K+
K+
Cl-
Cl-
−
−
タンパク
−
−
Na+
電気的な
引き合い
による動き
+
Na
−
−
タンパク
−
−
K+
K+
Cl-
Cl-
平衡電位とはなんだろう?
細胞内
K+
細胞外
細胞内
K+
Na+
濃度勾配
電位勾配
細胞外
Na+
静止膜電位の成り立ち
細胞内
細胞外
濃度勾配
+
K
K+
電位勾配
ポンプ
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション