「生」と「死」を考える
-- 臨床工学の視点から -情報サイエンス学科
臨床工学コース
小林郁夫
生命維持装置を知っていますか?
救急車で
患者が到着
心肺停止状態だったが
蘇生に成功?
心肺機能が
回復しない
心肺機能の
代行
治療機器 /
生命維持装置
人工呼吸器
 自発呼吸がなくても、機械が酸素化した空気を送ってくる。
除細動器
 電気ショックで止まっている心臓を動かす機械
血液浄化装置
 腎機能が悪くなっても、血液中の老廃物を除去してくれる。
体外循環装置
 心臓が止まっても大丈夫!!?
こうした機械の適用分野は・・・
心臓外科手術のように、「一時的」な使用であ
ることがわかっている場合
血液透析やペースメーカのように、治療で日常
生活が維持できる場合
「急性期」を過ぎれば回復の見込みがある患者
 とにかく、急場をしのぎたい。
場合によってはこんなことも・・・
 回復の見込みはないが、家族が到着するまで心臓を動か
しておきたい
でも
 暖かい体に触れると、「機械は外して欲しくない」と思う。
ある病院のある事例
 高齢の元会社役員
 会社に貢献した人だったため、会社は本人に感謝するため「生きている限り、毎月
1千万円(仮)を支払う」契約を締結した。
 やがて持病が悪化し、意識がなくなった。
 「生命維持装置」だけで生きている状態となった。
 普通なら、ここで「生命維持装置」を外す判断
 家族が「生命維持装置」を外すことを拒否
 「生命維持」に毎月200万円かかっても、「収入」がある。
 数年間、この状態が続いた。
第一の質問
深く考えずに、
5秒以内に答えを出して
YES / NOを答えて下さい。
 (正解のある質問ではありません)
家族が望むなら、
意識がなくなって
機械によって生かされて
いるだけの状態でも、
人は生きているべきだ。
第二の質問
これも深く考えずに、
5秒以内に答えを出して
YES / NOを答えて下さい。
 (正解のある質問ではありません)
恋人が植物状態になった。
話しかけても返事はない。
元に戻る希望もない。
でも、ぬくもりはある。
ずっとこのまま生かしておきたい。
ちょっと話は逸れますが・・・
 石ノ森章太郎という漫画家を知っていますか?
 代表作は?(というより、有名なのは?)
 仮面ライダー
 サイボーグ009
サイボーグって何?
 サイボーグ(cyborg)は、サイバネティック・オーガニズム
(Cybernetic Organism)の略
 広義の意味では生命体(organ)と自動制御系の技術
(cybernetic)を融合させたものを指す。
 具体例として、人工臓器等の人工物を身体に埋め込む等、
身体の機能を電子機器をはじめとした人工物に代替させた
ものがある。
 国内では『サイボーグ009』の出版以降、一般に知られるよう
になったため、人間や動物が身体機能の補助や強化を行っ
た場合を言うことが多い。
人工臓器って何?
 人工腎臓(人工透析)
 人工視覚、人工聴覚、人工網膜
 人工血管、人工骨、人工皮膚、人工乳房
 人工心臓、人工肺、人工膵臓、人工肝臓
経皮的心肺補助装置(PCPS)
人工肺/体外循環装置
心臓外科手術(人工大動脈弁)
人工腎臓(人工透析)
人工骨/人工皮膚/人工乳房
(臨床工学の守備範囲外)
人工骨
http://d.hatena.ne.jp/uttlounge/20070913/p1
人工皮膚の手と握手
人工乳房
義手/義足(臨床工学の守備範囲外)
義手(人工の上肢)
義足(人工の下肢)
http://blog.livedoor.jp/orimo2005/archives/cat
_50022812.html
人工視覚
http://www.io.mei.titech.ac.jp/research/retina/device-j.html
人工血管
機械にどこまで出来る?
脳以外は、全部置き換えが可能
 なんて訳、ないじゃない。当然でしょ!
 少なくとも、今は無理
 じゃあ、将来可能になったらやってもいいの?
 「機械の体をタダでもらえる星を目指して旅をする」のが・・・
人工臓器にはQOLの要素もある。
QOLって何?
Quaolity Of Life
「人」をどうやって生かしておくのか
 人の手による世話
 介護、ケア (シモの世話、食事の世話、清拭など)
 余談だが、栄養チューブによる点滴だけなら、導尿すると大便は出ないため
扱いやすくなる!?
 人工臓器
 前述した、「生命維持装置」を使う。
 持病の薬を飲み続ける。
 免疫抑制剤
 高血圧の薬、etc
第三の質問
これも深く考えずに、
5秒以内に答えを出して
YES / NOを答えて下さい。
 (正解のある質問ではありません)
私の病気を抑えるためには、毎日
2000円分の薬を飲み続けることが必
要だ。毎月6万円の出費だが、
先進国だからできる。
先進国に生まれたから私は生きてい
ける。途上国なら死んでいた。
でも私は何も間違ってはいない。
「命」の重さは違う!?
 発展途上国と、先進国とで「命」の重さが違う?
 「生きている価値」も違うのか?
 例えば透析患者には、概算で毎月40万円がかかる。
 http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=magsample&category=JJCD&vol=26&no=8
 コストは年々減少はしているものの、人数は増加
 本人負担は1万円
 国民が透析患者の命を支えている!?
第四の質問
これも深く考えずに、
5秒以内に答えを出して
YES / NOを答えて下さい。
 (正解のある質問ではありません)
私は病気のため仕事の種類が限ら
れ、毎月の収入は、薬代を差し引くと
生活費がかろうじて残るだけである。
薬のために仕事をしていると言っても
過言ではないが、それでも私には生
きている価値がある。
第五の質問
これも深く考えずに、
5秒以内に答えを出して
YES / NOを答えて下さい。
 (正解のある質問ではありません)
植物状態になった恋人を
私が費用負担して生かしてい
る。元に戻る希望はないが
私には、大切な存在である。
恋人も、生きていて嬉しいと思
うだろう。
第四の質問と第五の質問は・・・
本質的に同じ・・・だろうか?
 違うとしたら、どこが違う?
本人に決定権がある、という問題
 救急医療では、意識のない患者が搬送されるケースが少
なくない。
 意識のない患者でも、医療従事者は治療する。
 生と死を分ける状況下では、本人の意向に無関係に救急措置を施す。
 頼んでもいないのに勝手に助けやがって、俺は治療費は払わん・・・
 「救急」ではない場合は、どうなのか?
 この話題は、一旦保留にしておきます。
第六の質問
(今度はじっくり考えて下さい。)
持病の薬を飲み続けるのと、機械を
体に埋め込むのとを比べてみて・・
両方とも「アリ」ですか?
片方だけ「アリ」ですか?
両方とも「ナシ」ですか?
持病の薬を飲み続けるのと、機械を体に埋め
込むのとを比べてみて・・・
 どちらも、自然に行って構わない医療行為だ。
 薬は昔からあるので自然だけれど、機械は自然じゃないからダメ
 体の外で使う機械と、体の中に埋め込む機械は同じ。これだけ色々な
機器があるのだから、機械だって自然
 どちらも、なんだか、本当はやってはいけない行為のような気がする。
(両方ナシ)
「主体」によって答えは違うか?
 「自分」が、という問いの場合は、Yesが多数ではないか。
 「家族が」「恋人が」という問いにすると、答えが分かれる?
 問題となるのは「意識」の有無、だろうか・・・
「生」とは「意識」があること?
 生きていて「意味」があるか、という問いに、意識の有無は重要な要素
となっている。
 だとしたら、「生きている」とは「意識がある」ことだと言ってしまって構
わないだろうか?
 違うとしたら、どこがどう違うのだろうか。
先進国と途上国の「生」の重みの違い
 「命」の価値は、世界中どこでも同じはず。
 それなのに、「先進国なら生きられて、途上国だと助からない」ケース
は少なくない。
 「生かしておく」技術(臨床工学の機械も、薬も含めて)は
「命」の価値に「差」をつけているのだろうか?
第七(最後)の質問
10秒程度で最初に何を思い
浮かべるか、それを答えとし
て下さい。
 (正解のある質問ではありません)
自分にとって、「生きていてよ
かった」と思えたことに、
どんなことがあったか。
その中での、一番というのは
何だっただろうか。
この質問(第7回)への回答に・・・
発展途上国だから「答えがない」とか、先進
国だから「答えがある」ということがあるだろ
うか?
よくわからない人は、是非「青年海外協力隊」
へ!
http://www.jica.go.jp/volunteer/
ここから先のスライドの内容は・・
講師自身の考えによります。
ここから先のスライドの内容は・・。
「生」と「死」
 自分としての「意識」を持っていて、誰かに働き
かけることができる、ということは「生」を構成
する重要な要素ではないだろうか。
 → 自分の「生」の価値は、自分だけで決めら
れる問題ではない。
途上国、先進国に限らず、与えられた環境を
受け入れ、活用することが大切だと、考える
べきではないか。
 →与えられた環境で、何を主体的に行動するか
を「価値」とするならば、条件はどちらも同じ
→つまり、「命」の価値も同じ
「生」と「死」
簡単に答えが出る問題ではありません。
(古来、どれほど多くの人が悩み、考
え続けて来たか)
ただ、簡単に答えを出そうとせずに、
仕事を通じて考え続けることには、意
味があるはず。(たぶん)
医療職として
自分の行為が相手(患者様/お客様)の
「生死」に直結する可能性は、
忘れないで欲しい。
相手(患者様/お客様)は、
自分の「生死」に関わる問題を
解決するために自分(あなた)の
ところに来ていることも、
忘れないで欲しい。
ダウンロード

生と死を考える - 臨床工学の視点から